寺沢 星耶(上武大)

寺沢 星耶(上武大)

ここでは、「寺沢 星耶(上武大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



寺沢 星耶(上武大)

179cm80kg 左右 MAX144km スライダー・カーブ・チェンジ・カット 佐久長聖高
最速144㌔の直球とスライダー。3年秋に防御率1位を記録。全国大会9試合33.2回で37Kを奪った。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   15春: 2 0勝0敗  1.2  2  1  2  2 10.80
   15秋: 3 0勝0敗   6  5  10  2  2  3.00
   16春: 4 2勝0敗  23  12  25  10  4  1.57
   16秋: 3 2勝0敗 16.1  6  18  7  2  1.10
   17春: 2 0勝0敗   7  7  7  5  2  2.57
   17秋: 5 2勝0敗 26.2  18  17  6  2  0.68(1位)
   通算: 19 6勝0敗 80.2  50  78  32  14  1.56
         被安打率5.58 奪三振率8.70 四死球率3.57

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   15神: 2     8  4  12  2  2
            1  0  3  0  0 141㌔(神宮) 道都大
        先   7  4  9  2  2 142㌔(神宮) 早 大 ●
   16選: 3    14  12  15  3  5
           3.1  2  3  2  0 139㌔(東ド) 福工大
        先  8.1  6  9  1  3 141㌔(神宮) 東福大
        先  2.1  4  3  0  2 141㌔(神宮) 中央学 ●
   16神: 1 先   4  6  0  1  2 136㌔(神宮) 明治大 ●
   17選: 3    7.2  8  10  6  4
           0.2  1  0  0  0 139㌔(神宮) 福工大
        先   5  4  5  4  2 137㌔(神宮) 和歌大 ○
            2  3  5  2  2 138㌔(神宮) 国武大
   通算: 9   33.2  30  37  12  13 防3.48
       被安打率8.02 奪三振率9.89 四死球率3.21

 ■ 甲子園成績

   14夏     回数 被安 奪三 四死 自責
   東海甲府 先   6  5  5  0  1 140㌔ ○
   聖光学院 先   5  5   1  2  3 141㌔ ●
           11  10  6  2  4 防3.27
       被安打率8.18 奪三振率4.91 四死球率1.64

  最新記事

 ■ 上武大が始動、左腕寺沢は再起決意「悔しさ返して」(日刊スポーツ) 18/1/8

 昨年の関甲新秋季リーグ戦で最多となる7季連続優勝を飾った上武大が8日、伊勢崎市内の同大グラウンドで始動した。最速144キロ左腕の寺沢星耶投手(3年)、昨春に左肩痛を発症し、トータルで満足のいく投球ができなかった。「接戦で投げて負けたのは何か1つ足りないからだと思う。悔しさを返して、チームを日本一にしたい」と言った。

 ■ 上武大、早大に雪辱ならず…谷口監督「悔しいけどいいゲーム」(スポニチ) 15/11/17

 上武大は6月の全日本大学選手権に続いて、準決勝で早大に敗れた。谷口監督は「悔しいけど、いいゲームだった。若い選手がよくやってくれて収穫のある内容だった」と、2失点と好投した寺沢とリードした吉田の1年生バッテリーを褒めた。同監督は試合前、選手に「周囲はリベンジと言うけど、自分たちの成長を見てもらえることに感謝しよう」と呼びかけたそうで「それにしても早稲田は能力の高い選手が多い」と続けた。

   15秋代決  回数 被安 奪三 四死 失点
   創価大 先  6.2  3  3  1  2 ○ 140㌔

 ■ 佐久長聖・寺沢 両腕の苦難乗り越えた(デイリースポーツ) 14/8/20

 競い合い、助け合ったライバル両角との継投もむなしく聖地を去る。「チームメートに支えてもらって、連れて来てもらった。精一杯投げて打たれたので、悔いはない」。佐久長聖(長野)の寺沢星耶投手(3年)の目に涙はない。だが、その両腕には苦難の歴史があった。右腕は3歳の時。ストーブに手を置いてやけどを負い、右利きが左利きになった。そんな記憶も「左になったから佐久長聖に入れたし、最高の仲間と甲子園に来られた」と明るく振り返る。高校では1年から背番号1を付けたが、今度は左腕を苦難が襲う。2年秋の練習試合中に左肘を疲労骨折。夏に間に合うか微妙だったが、野球を続けるために手術を決断した。2カ月の入院後はリハビリ。4月に復帰したが、「思ったところに投げられない」と故障前とのギャップに悩んだ。復活を支えたのは両親や監督、部長、チームメート。「今ここにいるのは、その人たちのおかげ」と感謝した。この日、4失点した自身をリリーフし、無失点に抑えた両角とは「よく遊ぶし、負けたくない意地もある」という関係。「両角がいたから安心して投げられた。ありがとうと言いたい」と、夏に背番号1を譲ったライバルにも感謝した。試練を乗り越えて迎えた高校最後の夏は、感謝にあふれて終わった。「野球が好きなので」と、今後は大学で野球を続ける

過去記事

 ■ 佐久長聖・寺沢、気迫の投球 「外角への制球良かった」(MSN産経) 14/8/14

 気迫を前面に出した投球で佐久長聖の寺沢が六回まで無四球の5安打1点に抑えた。「外角への制球がよかった。変化球の調子がよくなくて納得はしていないが、勝てたのでよかった」と自らの活躍よりもチームの初戦突破を喜んだ。傷めていた左手人さし指の爪のひび割れが途中から悪化し、マウンドを両角に譲ったが「ちゃんとつなげられた」と、ほっと息をついた。昨夏左肘に違和感を覚え、秋に骨折が判明。医師からは「もう投げられない」とまで言われた。手術、リハビリを経て実戦復帰を果たしたのは今年の5月。「手術したのは甲子園に立つため。投げられてうれしかった」と感慨深げだった。
 寺沢は1歳の頃、ストーブの上に右手を置いてしまい、やけどを負った利き腕の右手が2か月間、包帯で巻かれ、自然と左手を使い始めた。小学3年で野球を始めたが、その時から左投げ右打ち。この日は、その左腕で左打者7人を並べた東海大甲府打線を封じた。父の浩之さん(43)は「ケガの功名とよく言われます」と苦笑いした。(スポーツ報知)

 ■ 佐久長聖・寺沢 左ひじ骨折も間に合った(日刊スポーツ) 14/7/4

 日刊スポーツ記者がお勧めする全国の有望選手にスポットを当てる「ピカイチ投手編」。エース左腕が最後の夏に間に合った。佐久長聖(長野)・寺沢星耶投手(3年)は昨年10月の練習試合中に左肘を疲労骨折し、春の県大会はメンバーから外れていた。患部にスクリューを残したまま5月下旬から本格的な投球を始め、直球は自己最速の143キロを計測。1年秋から守り続けた背番号1を再び背負う。「投げられなくて迷惑をかけた。支えてくれたチームのためにも」と2年ぶりの甲子園を狙う。

   14夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:田  川 先   5  5       1
   4回戦:創造学園 先  7.2  5       3 
   準々決:地球環境 先  8.1  5       0
   決 勝:長 野 商 先   1  4  0  3  6
               22  19  15  9  10 防4.09
           被安打率7.77 奪三振率6.14 四死球率3.68

  プロフィール

 長野県高森町出身。
 寺沢 星耶(てらさわ・せいや)投手。
 高森中時代は軟式野球部に所属し、3年春にエースとして全国大会を経験。
 同年10月に南信州K-CLUBでKB全国大会に出場した。

 佐久長聖では1年秋から公式戦に出場。
 1年生ながら主戦投手としてチームを引っ張り、県決勝・上田西戦で3安打完封勝利を収める。
 中村擁する福井商に0対3完封(5回4安打1失点)で敗れ北信越1回戦敗退。
 翌2年夏の県大会で31回6失点と好投したが、上田西に0対3で敗れ惜しくも準Vに終わった。
 6試合中5試合(先発4試合)に起用され、準決で3安打1対0完封勝利を記録。
 その後10月の練習中に肘の疲労骨折を負い、手術を経て翌3年5月になって復帰を遂げた。
 左肘にスクリューが入ったままの状態で、ストレートの自己最速を143㌔に更新。
 同年夏に県大会4試合22回10失点の粘投で、2年ぶり6度目の甲子園出場を果たしている。
 決勝・長野商業戦で1.0回6失点KOを喫し、続く甲子園から背番号10に降格。
 主戦格として同初戦・東海甲府戦に先発し、直球主体に6回5奪三振1失点の力投を見せた。
 当時のチームメイトに両角優(現立教大)ら。

 上武大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 同年秋の横浜市長杯・創価戦で初先発を遂げ、7回途中3安打2失点の好投で白星を収める。
 翌2年春の開幕・関学大2回戦でリーグ戦初勝利となる4対0完封勝ちを記録。
 3年間で計19試合(先発12)80.2回に登板し、通算6勝(2完2封)、防1.56の実績を残した。
 3年春に発症した左肩痛を乗り越え、同年秋に初の規定投球回到達を達成。 
 5戦(先発3、救援2)26.2回で17三振、18安打2失点、防0.26(1位)の好成績を残している。
 全国大会には2・3年春の大学選手権及び1・2年秋の明治神宮大会に出場。
 先発救援で9試合(先5)に起用され、計33.2回で37三振、1勝3敗、防御率3.48を記録した。
 1年秋の神宮2回戦・道都大戦で9回1イニング3者連続Kの全国大会デビュー。
 早稲田・小島和哉と投げ合った翌準決勝(1対2)で7回4安打9K2失点の好投を演じている。
 翌2年春の福祉大戦(5-4サヨナラ)で8回0封(9回途中3失点)の力投を披露。
 2年冬に大学代表候補チーム入りを果たしたが、その後怪我もあって本代表22名入りを逃した。
 通算19試合、6勝(2完投2完封)0敗、80.2回、防御率1.56。

 179cm80kg、三振の取れる本格派左腕。
 ノーワインドアップから重心を下げてインステップし、テイクバック小さめに遅れて出てくる腕の振りから
 投げ込む最速144㌔、常時130㌔台(ケガ明けの3年春)の伸びのある直球と、
 110㌔台から120㌔前後のスライダー、100㌔台のカーブ、120㌔前後の外角チェンジアップ。
 球速以上に感じさせる直球で内角を突き、スライダー、カーブを織り交ぜて行く。
 チームNo.1と評価される度胸の持ち主。甘く入るボールも見られるが、両サイド低めに投げ分ける。
 全国大会33.2回で37K(直球25)を奪った。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-04-12(木)|2018年大学生投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑