吉岡 郁哉(王子)|ドラフト・レポート

吉岡 郁哉(王子)

ここでは、「吉岡 郁哉(王子)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



吉岡 郁哉(王子)

176cm80kg 右左 三塁・遊撃 遠投90m 50m6秒5 智弁学園→法大 1年目
広角に長打を飛ばすミート力のある左のスラッガー。田嶋大樹から2安打。立田将太から左越え2ラン。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15春:          出場無し
   15秋:          出場無し
   16春:          出場無し
   16秋: 1 .000  1  0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000
   17春:          出場無し
   17秋: 7 .286  7  2 0 0 0 1 2 1 0  .375  .286
   18春: 6 .222  18  4 0 0 0 2 4 0 0  .222  .222
   18秋: 11 .259  27  7 0 0 1 3 6 2 0  .310  .370
   通算: 25 .245  53 13 0 0 1 6 12 3 0  .286  .302

 【 全国大会 】
     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   18神: 1 .000  2  0 0 0 0 1 0 1 0  .333  .000
   通算: 1 .000  2  0 0 0 0 1 0 1 0  .333  .000

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14春: 2 .375  8  3 1 0 0 2 0 1 0  .444  .500
   14夏: 1 .250  4  1 1 0 0 0 0 0 0  .250  .500
   通算: 3 .333 12  4 2 0 0 2 0 1 0  .385  .500

  最新記事

 ■ 法大・吉岡が代打サヨナラ打(スポーツ報知) 18/9/17

 法大が明大にサヨナラ勝ちし、1勝1分けとした。同点の9回無死二、三塁で、吉岡郁哉内野手が、代打で左前にサヨナラ打を放った。吉岡が初球の変化球を強振。「初球からフルスイングできるのが自分の持ち味。変化球だけを狙って、外野まで飛ばそうと思ってました」と胸を張った。智弁学園時代、2年秋は吉岡が3番で岡本が4番。だが、岡本が勝負を避けられるケースが増え、得点圏打率の高さを買われて3年春のセンバツからは3、4番が入れ替わった。「基本的にチャンスでは打ってましたね」と言い切るハートの強さが大きな魅力だ。来年からは社会人野球の王子でプレーする予定で、将来的にはプロ入りが目標だ。

 ■ 法大、関東学院大とのオープン戦初戦に勝利(SANSPO) 18/2/25

 法大は24日、川崎市のグラウンドで関東学院大とオープン戦を行い、14-3で勝利した。今春のオープン戦初戦で、主将の向山基生外野手の左中間への3ランで先制し、吉岡郁哉内野手の右越え2ラン、中村浩人捕手の左越えソロなどで14点を奪い、4投手の継投で抑えた。

 ■ 智弁学園・岡本、ライバル対決制す/奈良(日刊スポーツ) 14/7/27

 智弁学園・岡本和真内野手(3年)と大和広陵・立田将太投手(3年)のライバル対決で、決勝に駒を進めたのは智弁学園だった。好投手・立田が制球を欠き、自身初の2桁失点。岡本との対決は、4打数2安打1四球2三振1打点だった。4回表2死二塁で3度目の打席の岡本に回る。これを岡本が、高いフライで遊撃の前へ落ちる適時打を放ち1点返す。続く4番の吉岡郁哉内野手(3年)が左翼スタンドへ2点本塁打を放ち、勝ち越しに成功した。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   14夏予: 5 .333 18  6 2 0 1 8 0 4 3  .455  .611

過去記事

 ■ センバツ:智弁学園の吉岡遊撃手「4番の役割を果たせた」(毎日jp) 14/3/28

 「4番ではなくて、4番目(よんばんめ)」。智弁学園の吉岡郁哉遊撃手(3年)。自らに何度も言い聞かせ、肩の力を抜いた。2点を追う八回1死一、三塁のチャンスで、「4番目の打者」に打席は回ってきた。2球目に狙っていた外角のスライダーが来ると、バットをうまく合わせて左前へ鋭い打球を放つ。逆転勝利へ夢をつなぐ一打だった。昨秋の公式戦は、主砲・岡本の前を打つ3番打者だった。三重との1回戦では1番に座ったが、三重戦で2本塁打を放った岡本がマークされるのは必至。「岡本の後ろに吉岡がいれば相手は嫌なはず」(小坂監督)との狙いで打順が変わった。2安打1四球と結果を残し、公式戦初の4番起用に応えてみせた。岡本ばかりに注目が集まることに、複雑な思いを抱いていた。「岡本だけのチームではない。活躍したいし、負けたくない」。八回の攻撃は、岡本も含め5本の短打がつながったもの。「チーム全員で得点できた。(自分も)『4番』の役割を果たせたと思う。楽しかった」。重責を全うし、充実感に浸った。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   13秋公: 7 .370 27 10 1 0 2 11 1 2 2  .414  .630

  プロフィール

 奈良県大和高田市出身。
 吉岡 郁哉(よしおか・ふみや)三塁手。
 陵西小学校時代に軟式野球を始め、高田西中では五條ドラゴンズに所属。

 智弁学園では1年秋から三塁手でレギュラー。
 2年秋の新チームで遊撃手(3番)の座を獲得し、打率.370本2の活躍で近畿8強入りを果たす。
 7回コールド勝ちを収めた近畿1回戦で右中間を破る2点適時二塁打をマーク。
 翌3年春の選抜に1、4番・ショートとして出場し、2試合8打数で3安打2打点の結果を残した。
 初戦・三重戦で外角高めスライダーを左越え(逆方向)に弾き返す適時2塁打。
 中安(高めスライダー)、左安(低め外スラ)と、田嶋大樹相手の2回戦で2安打を放っている。
 同年夏の大会で4番(3番・岡本)を担い、甲子園を含む6試合で4長打を記録。
 県大会準決で勝ち越し左2ラン(立田)を放ち、11-6逆転での大和広陵高撃破に貢献した。
 甲子園初戦で擁する明徳と当たり、7回・8回に合計6失点(4対10)で敗退。
 内高めカットを一塁線に飛ばす2塁打を記録し、巨人スカウトから有望選手として評価を受けた。
 当時のチームメイトに岡本和真(巨人2014年1位)ら。

 法大では2年秋からリーグ戦に出場。
 在籍4年で計25試合(スタメン10)に起用され、53打数で13安打、打率.245本1の実績を残した。
 最終学年になって春(5・6番・一塁)秋(7番・三塁)各5試合のスタメンを経験。
 4年秋の慶大2回戦でリーグ戦初アーチとなる右翼ポール際ソロ(内角変化球)を放っている。
 全国大会には4年秋の第49回明治神宮大会(IPUに敗れ初戦敗退)に出場。
 7番サードとしてスタメンを務めたが、2打数0安打と目立てず、チームも2対4で惜しくも競り負けた。
 通算25試合、打率.245、13安打、1本塁打、6打点。

 176cm80kg、打撃センスに優れた三塁手。
 高校通算25発超、足を高く上げるフォームから広角にライナー性の長打を飛ばす左のスラッガー。
 智弁学園では巨人・岡本和真とクリーンアップを結成。甲子園を2度経験した。
 プロから評価を受けるミート力、バットコントロールに加え、逆方向に放り込む長打力を備える。
 法大では4年時になって出場数が増加、年間10試合にスタメンとして出場した。
 高校時代はサードを経て2年秋からショート。内野守備を堅実(3年夏6試合で1失策)にこなす。
 肩の強さ・脚力は、共にまずまず。遠投90m、50m6秒5。

  スカウトコメント

巨人・山下スカウト部長|14/8/18
 「ミート力の高い智弁学園・吉岡郁哉もいい」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2018-11-18(日)|2020年社会人野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年社会人野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑