峯本 匠(JFE東日本)|ドラフト・レポート

峯本 匠(JFE東日本)

ここでは、「峯本 匠(JFE東日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



峯本 匠(JFE東日本)

173cm73kg 右左 二塁手 遠投90m 50m6秒0 大阪桐蔭→立大 1年目
広角に鋭い打球を放つ攻撃型2番・セカンド。果敢な走塁も魅力。高3夏の甲子園で左中間2ラン。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15春: 4 .000  6  0 0 0 0 0 3 4 0  .400  .000
   15秋:          出場無し
   16春:          出場無し
   16秋: 2 .000  2  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000
   17春: 7 .167  18  3 1 0 0 2 7 3 2  .286  .222
   17秋: 6 .269  26  7 2 0 0 3 8 0 1  .269  .346
   通算: 19 .192  52 10 3 0 0 5 19 7 3  .288  .250

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13春: 2 .444  9  4 0 0 1 2 0 1 0  .500  .778 
   13夏: 3 .250 12  3 0 0 1 1 1 2 0  .357  .500
   14夏: 6 .500 22 11 2 0 1 5 1 8 1  .633  .727 
   通算: 11 .419 43 18 2 0 3 8 2 11 1  .537  .674

 【 国際大会 】
       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率
   U18アジア: 5 .222 18  4 1 1 0 4 4 1  .263  .389

  最新記事

 ■ 立大が早大に逆転勝ち 峯本、1イニングでタイムリー三塁打2本(スポーツ報知) 16/6/2

 立大は、4回に峯本匠二塁手(2年)が1イニング2本の適時三塁打を放つなど、一挙8点を奪って逆転勝ちした。2点を追う4回無死一塁で、左打席から左中間にはじき返す適時三塁打。暴投で同点のホームを踏んだ。この回2四球と犠打を挟み、6連続長短打で6点を挙げて逆転すると、なお2死一、二塁では、右中間に2点三塁打。この回2本のスリーベースで駆け回り、「だいぶ疲れました」と肩を上下させた。立大では1年春にリーグ戦デビューしたが、無安打。木製バットへの順応に苦しみ、同秋と今春は出場機会がなかった連日のティー打撃で手首の返しを改良し、「打球が速くなった」と手応えをつかんだ。「二塁のポジションを取るのは難しいけど、狙える範囲。リーグ戦でも結果を出さないといけない」。2本の三塁打を飛躍の足かがりにする。

 ■ 大阪桐蔭・香月プロ志望!正随は進学へ(デイリースポーツ) 14/8/26

 プロ注目の大阪桐蔭の3選手も日本一の喜びに浸った。2安打の峯本は「自分の仕事はできたかな」と満足そうに振り返り、「大学で一からやりたい」と決意を新たにした。三回に一時同点とする犠飛を放った香月は「できればプロに行きたい」と次の舞台を見据えた。正随は無安打ながら不慣れな一塁を守り抜いた。最後は体を投げ出してウイニングボールをつかみ捕り、「絶対捕ると思って手を伸ばした」と笑顔をはじけさせた。正随は進学を希望している。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏予: 8 .400 35 14 1 1 3 12 0 3 3  .447  .743

 ■ 大阪桐蔭「リベンジ」完結 内角攻め克服(asahi.com) 14/8/19

 「打球への寄りが遅い」。大阪桐蔭の峯本は、相手の中堅手を見た。加速して、一塁を蹴る。1回1死。単打にしかならないような中前への当たりで、一気に二塁を陥れた。次打者の香月は「併殺がなくなった。思い切って自分のスイングに集中できた」。初球。明徳義塾のエース岸が得意とするカットボールを振り抜く。バットの先。だが、打球は逆風を切り裂き、右翼席へ届いた。1年前の夏。大阪桐蔭は明徳義塾に1―5で敗れた。2年生だった岸に直球で内角を突かれ、8安打1得点に抑えられた。峯本と香月は昨夏のメンバー。今春の選抜出場も逃し、打撃の基礎から見直した。「打てなかった内角をずっと練習してきた」と香月。この日、明徳バッテリーは1年前と同じ内角を積極的に突いてきた。だが、大阪桐蔭打線は1年前と違う。3回も峯本、香月の連打から2点。2人が放った4安打は、全て真ん中から内寄りの球だった。

過去記事

 ■ 大阪桐蔭・峯本、2本塁打の活躍「たまたまです」(SANSPO) 14/7/21

 大阪大会2回戦で、大会3連覇を目指す大阪桐蔭が豊中を7-3、八回降雨コールドで下した。「2番・二塁」の峯本匠(たくみ)二塁手(3年)が2本塁打の活躍でチームをけん引した。八回一死、真ん中高めの直球を捉えた峯本の打球は、豪快にバックスクリーンに突き刺さった。「たまたまです。打った瞬間でした。あまりに(当たりが)良すぎて」。この試合、2本目の本塁打を自画自賛。自身、昨秋の練習試合以来の1試合2発となった。第1打席で二塁打、二回の第2打席では右翼に本塁打。六回の第4打席は三塁前へ詰まったゴロも、50メートル6秒0の快足を生かし内野安打とした。まさに硬軟自在。八回の打席は三塁打が出ればサイクル安打だったが「(三塁打を)狙ってたけど、本塁打の方が大きい」と笑顔をみせた。昨年の春夏は甲子園で大活躍。それぞれ1本ずつランニングホームランを放つなど、持ち味をいかんなく発揮した。しかし、同9月の近畿大会・大阪予選で履正社に1-13の五回コールド負け。自身も好機で凡退し、早々に甲子園への道を絶たれた。この敗戦が、きっかけとなった。選抜大会に出られない分、徹底的な体力強化に励んだ。走り込みに加え、毎日ウエート・トレーニングを続けた。ベンチプレスは昨年まで60キロしか上がらなかったのが、今や90キロを上げるまでに。寮の食堂で仲間と昨年の試合の映像を見ると「腕が太くなったな」と言われるという。「力強い打球が、去年より全然打てるようになっています」。大阪桐蔭といえば中田(日本ハム)や浅村(西武)、森(同)ら強打のOBが名を連ねる。しかし今年は、ひと味違う。大技小技の利く「恐怖の2番打者」が、3年連続の聖地へ導く。

 ■ V3へ号砲!大阪桐蔭・峯本が先制弾「入るとは」(SANSPO) 14/7/17

 大阪桐蔭が大阪1回戦で千里青雲に9-0の七回コールド勝ち。大会3連覇に向け、快勝した。峯本匠二塁手(3年)が先制弾を含む4打数3安打4打点の活躍。打線も12安打9得点3本塁打と爆発した。「初戦で緊張していた。入るとは思わなかった。みんなで勝って甲子園に行きたい」と峯本。50メートル走を6秒ジャストの快足男がチームを引っ張る。

  プロフィール

 兵庫県伊丹市出身。
 峯本 匠(みねもと・たくみ)二塁手。
 摂陽小3年で投手として野球を始め、伊丹西中時代は忠岡ヤングに所属。

 大阪桐蔭では1年秋から背番号4でベンチ入り。
 2番・セカンドで打率.326点11盗4の活躍を演じ、府大会2位での近畿ベスト4進出を経験する。
 2年春センバツでも2番・二塁手を務め、9打数4安打、1本塁打2打点を記録。 
 初戦の初打席で内寄りのストレートを弾き返し、中越えに先制ランニングホームランを放った。
 続く3回戦では外低め変化球に合わせ、9回2死4対5からレフト前ヒットで出塁。
 中前打で二塁からホームを突き、タックルで落球させるも、守備妨害判定を受け敗れている。
 1番・左翼手を務めた同年夏の甲子園は、12打数3安打1打点で3回戦敗退。
 敗れた明徳義塾戦1回表に低めフォークを捉え、岸潤一郎から中越ランニング弾を記録した。
 3年夏予選では打率4割3本塁打12打点の力強さを増したバッティングを披露。
 2回戦・豊中戦で右越えソロ弾、バックスクリーン2ランなど、4安打3打点の活躍を演じている。
 甲子園(優勝)でも11安打8四死球で打率.500、出塁率.633の好成績を記録。
 前年敗戦した明徳戦で岸潤一郎から2安打(中前二塁打、右前打)を放つ活躍を見せた。
 遊撃内安(4.15秒)、右安、中安、3四死球と、3回戦・八頭戦で全6打席出塁。
 左中間2ラン、中安、右安(内角直球)、2四球と、準々決勝でも全打席出塁を果たしている。
 守っては明徳戦7回裏2死満塁のピンチで中前への飛球を見事に背走キャッチ。
 大会後は高校日本代表の2番・二塁手レギュラーとしてU18アジア選手権・準優勝を経験した。
 同期に香月一也(ロッテ14年5位)、正随優弥(現亜大)ら。

 173cm73kg、三拍子揃った小柄な二塁手。
 バットコントロールが良く広角に鋭い打球を放つ左の好打者。高校通算14発、攻撃型の2番。
 一塁到達4.2秒前後の脚力を兼ね備え、積極果敢な走塁で長打を記録する。
 高3夏の甲子園・明徳義塾戦ではセンター前への打球で二塁を陥れる好走塁を見せた。
 2年秋以降の体力強化によりベンチプレス90キロを上げるまでに力強さが向上。
 3年春近畿大会決勝・報徳戦、夏予選2回戦・豊中戦でバックスクリーン弾を放っている。
 甲子園でも外寄りの136㌔真っ直ぐを左中間スタンドに叩き込む2ランをマーク。
 守っては堅実な内野守備でチームに貢献。フットワークの良い二塁手。50m6秒0、遠投90m。
 大阪桐蔭時代からプロスカウトに注目されていた。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2016-06-03(金)|2020年社会人野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年社会人野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑