岡田 耕太(駒大)

岡田 耕太(駒大)

ここでは、「岡田 耕太(駒大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



岡田 耕太(駒大)

174cm82kg 右右 捕手・一塁・外野 遠投100m 50m6秒2 敦賀気比
広角に強い打球を放つ強打者。4年春に打率.410本3でベストナイン受賞。満弾、サヨナラ弾を放った。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15春: 11 .343  35 12 3 2 1 7 6 5 0  .425  .629(10位)
   15秋: 11 .125  24  3 2 0 0 3 4 2 0  .192  .208
   16春: 7 .071  14  1 1 0 0 0 5 2 0  .188  .143二部 
   16秋: 1 .000  0  0 0 0 0 0 0 1 0 1.000 1.000二部
   17春: 13 .317  41 13 2 1 1 7 10 7 0  .417  .488二部(7位)
   17秋: 10 .179  28  5 1 1 0 3 7 6 2  .324  .286二部
   18春: 11 .410  39 16 1 1 3 13 9 7 2  .500  .718( 2位)
   一部: 33 .316  98 31 6 3 4 23 19 14 2  .402  .561
   二部: 31 .229  83 19 4 2 1 10 22 16 2  .354  .361

    ※ 15春:新人賞 18春:ベストナイン(一塁)

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏: 5 .500 18  9 1 0 1 5 2 9 0  .667  .722

 【 国際大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   18U: 2 .000  1  0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000 

  最新記事

 ■ 駒大・岡田耕太、プロ注目中大・伊藤からサヨナラ弾(日刊スポーツ) 18/5/22

 駒大・岡田耕太内野手が、サヨナラ3ランを放ち、劇的な勝利を飾った。1点を追う9回1死一、二塁、中大・伊藤優輔投手の初球の変化球を左翼席に運んだ。「消極的になるよりも積極的にいこうと。(球種は)何を打ったかわからないです。今までの本塁打で一番気持ち良かった」と笑顔で話した。

    1号:諏訪  洸(亜 大)  15/ 4/22  決勝の左越えソロ
    2号:椎野  新(国士大)  17/ 4/18  左越え満塁本塁打
    3号:新村 佳汰(立正大)  18/ 4/ 9  左越え満塁本塁打
    4号:伊藤 優輔(中央大)  18/ 5/22  サヨナラ左3ラン
    5号:畠中 優大(中央大)  18/ 5/23  左越え先制2ラン

 ■ 駒大 岡田 3戦打率・615 “ライバル”の活躍に「負けてたまるか」(スポニチ) 18/4/17

 今季のチームはあきらめないのがモットー。その中心となっているのが4番に座る岡田耕太だ。 開幕週の立正大1回戦では満塁本塁打で1部復帰の勝利に貢献。3試合で13打数8安打の・615と好スタートを切っている。「まだ早いですがベストナインを獲りたいんです。だからきょうは燃えました」。第1試合で同じ一塁を守る亜大の頓宮裕真が満弾、3ランと爆発。“ライバル”の活躍に「負けてたまるか」の気持ちで打席に立ったという。入学時は太田誠元監督が「すばらしい選手が入ったぞ」と期待をかけた。1年春はそれなりの結果を出したものの、それ以降はなかなか結果が出せず、ベンチを外されることもあった。「それまで自分の打撃フォームが固まってなかったんです。コーチの方と相談しながらやってきて、やっと自分の形ができてきました。ラストシーズンだし、悔いのないようにやっています」。まだ初戦を落としただけ。「挑戦者の気持ちで向かいます」と2回戦での雪辱を誓っていた。

 ■ 駒大・岡田耕、満塁本塁打も「勝てて一安心」(SANSPO) 18/4/10

 駒大が5季ぶりに1部での白星をつかんだ。久しぶりの1部とあってOBでプロ野球DeNAの監督を務めた中畑清氏も観戦に訪れた。大先輩の前で四回に左越え満塁本塁打を放った岡田耕は「来てるとは分からなかったけど打てて良かった。まずは勝てて一安心」と話した。

過去記事

 ■ 神宮にも敦賀気比旋風!駒大1年岡田“凄い仕事”9回V弾(スポニチ) 15/4/23

 駒大は今春センバツを制した敦賀気比出身の岡田耕太捕手(1年)が同点の9回に決勝の左越えソロを放ち、2―1で亜大を下した。1―1の9回。先頭・岡田が3球目の直球を振り抜くと、打球は左翼席に吸い込まれた。開幕6打席目で放ったリーグ戦1号が値千金の決勝弾。「気持ち良かった。こんなに早くホームランを打てるとは」と思わずガッツポーズして喜んだ。昨夏甲子園に「4番・捕手」で出場し4強入り。2回戦の春日部共栄戦でバックスクリーン弾を放つなど高校通算36発の長打力を武器に駒大へ進学した。木製バットにもすぐに適応指名打者としてリーグ戦初先発で起用に応えた1年生を西村亮監督は「凄い仕事をしてくれた」と称えた。ただ、これで満足はしていない。「いつか正捕手になりたい」と岡田はレギュラー奪取を誓った。

 ■ 【東都】駒大・岡田が入寮、巨人ドラ1岡本とエール交換(スポーツ報知) 15/2/1

 東都大学リーグ・駒大の新入生が1日、東京・世田谷区の合宿所に入寮した。U18高校野球日本代表にも選出された岡田耕太捕手(18)=敦賀気比=は同じ奈良県出身の巨人のドラフト1位・岡本和真内野手(18)に刺激を受け、4年後のプロ入りを目指すことを誓った。昨年末に無料通信アプリ「LINE」で、プロと大学で場所は違うが「お互い頑張ろう」とエール交換。「同級生で出身も同じ。正直、負けたくない」とライバル心は隠さない。高校通算36発の打撃を売りにする右のスラッガーは「どんどんアピールして春からベンチ入りしたい」と同じ舞台での活躍を夢見て練習に打ち込んでいく。

 ■ 敦賀気比が2戦連続の2桁得点!(MSN産経) 14/8/17

 今大会は北信越5校がいまだ負け知らず。その中でも目を見張るのが敦賀気比の打力だ。初戦の坂出商戦で16点を奪った勢いそのままに、センバツ覇者の龍谷大平安を下した春日部共栄からも10得点。好投手の立ち上がりを一気に攻めた。流れを引き寄せたのは4番の一発だ。一回2死三塁で岡田がバックスクリーンへ飛び込む先制2ランを放ち、「完璧だった。気持ちよかった」と笑顔をみせた。胸囲100センチの分厚い胸にパワーが潜む。冬場に最大200キロ負荷のスクワットで足腰を鍛え抜き「土台がしっかりとしてきた」。あこがれの舞台での一発につながった。チームは二回にも打者一巡で4点を奪い、エース平沼の投球に余裕を生み出した。岡田は捕手としても2年生の平沼を引っ張る。前日は後輩の誕生日でもあり、約束していた通りに先制点をプレゼントできた。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏予: 5 .500 20 10 4 1 0 3 2 2 1  .545  .800

 ■ 第85回センバツ:敦賀気比・選手紹介 岡田耕太捕手(毎日jp) 13/2/17

 打撃はシャープなスイングでミートがとてもうまく、外野の頭を越すパワーも持っています。捕手としては強肩で送球が安定しています。がっちりした体格ですが、とても素早い動きができます。積極的に自主練習に取り組む努力家。学校ではトップクラスの成績で、文武両道を実践していて尊敬します。

  プロフィール

 奈良県平群町出身。
 岡田 耕太(おかだ・こうた)捕手。
 平群町立平群中時代は硬式・香芝ボーイズでプレー。

 敦賀気比では1年秋から背番号12でベンチ入り。
 4強に進出した翌2年春の選抜を出場無く終え、喜多亮太が抜けた2年秋から正捕手を務める。
 1番打者として計7安打6長打を放ち、県4位での北信越(1回戦)進出を達成。
 翌3年夏の県大会全5戦に4番として出場し、打率.500点3の活躍で5年ぶりVを成し遂げた。
 外高め直球を右越え二塁打にするなど、甲子園1回戦で3安打2打点を記録。
 続く2回戦で金子大地の外高めチェンジアップを中越えに放り込む36号2ランをマークしている。
 守備でも3度二盗を刺す好プレーを見せ、攻守両面で19年ぶり4強入りに貢献。
 この活躍で高校日本代表メンバー入りを果たし、控え捕手としてU18アジア選手権に出場した。
 同期に浅井洸耶(現青学大)、峯健太郎(現日体大)ら。

 駒大進学後は1年春からベンチ入り。
 主に5番DHとして12戦中9戦にスタメンで出場し、打率.343点7の好成績で新人賞を獲得する。
 6番・DHとして初スタメンを果たした亜大1回戦で決勝の左越えソロ弾をマーク。
 中大1回戦で先制2塁打を含む4安打を放ち、2回戦で二・三塁打を含む3安打を記録した。
 2年春秋と活躍できず3年春に4、5番・左翼兼一塁で4季ぶり十傑入りを達成。
 椎野新と対戦した国士1回戦で大和スタジアム左翼席にたたき込む満塁アーチを放っている。
 5季ぶり1部の翌4年春(4番・一塁)に打率.410本3点13でベストナインを受賞。
 開幕・立正1回戦で左越えの満塁弾を記録し、最終週・中大1回戦でサヨナラ左3ランを放った。
 通算64試合、打率.276、50安打、5本塁打、33打点。

 174cm82kg、ガッチリした体格の小柄な捕手。
 リーグ通算5発、高校通算36発、力強いスイングから広角に強い打球を弾き返す右の強打者。
 甲子園のバックスクリーン(中堅118m)にライナーで叩きこんだ長打力の持ち主。
 胸囲100センチ。スクワット200kg、ベンチプレス170kg(高校時代)を記録するパワーを備える。
 高校進学後に二塁からキャッチャーに転向。視野が広く強気のリードが持ち味。
 ガッチリ体型ながら動きは機敏。素早く安定した送球で二塁到達タイム1.9秒台を計時する。
 甲子園で5試合3補殺(2回戦1秒75、3回戦1秒92、準決1秒97)を記録した。
 遠投100m、50m6秒2。右打者で一塁到達タイム4.3秒台。大学ではDH、左翼、一塁を担う。
 7季で51試合(一21、左15、DH9)に先発起用された。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-06-02(土)|2018年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑