藤岡 雅俊(福井ミラクルエレファンツ)

ここでは、「藤岡 雅俊(福井ミラクルエレファンツ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



176cm78kg 右右 MAX147km スライダー・フォーク・チェンジ・カーブ 桐蔭学園→中大 23歳
最速147㌔の直球とスライダー、フォーク。2年目に10勝マーク。新潟戦で2安打初完封勝利を挙げた。

  動 画

  投手成績

     試合   勝敗    回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14年: 32  1勝5敗10S  32.1  30  38  15  17  4.73
   15年: 22 10勝2敗1S  121.2  89 108  40  25  1.85(3位)
   16年: 28  4勝7敗    73.2  70  51  18  24  2.93(9位)
   通算: 82 15勝14敗11S 227.2 189 197  73  66  2.61  
            被安打率7.47 奪三振率7.79 四死球率2.89

  最新記事

 ■ エレファンツ、投手戦を制す 新潟に1―0、首位と0・5差(福井新聞) 15/6/14

 福井ミラクルエレファンツは13日、東地区首位の新潟アルビレックスBCと対戦。息詰まった投手戦は、福井先発藤岡が1点を守り抜き、1−0で勝利した。福井は先発藤岡が、新潟打線をほぼ完ぺきに封じて完投。打線がもぎ取った1点を守り抜き、接戦をものにした。藤岡は序盤から打たせて取る投球で、許した出塁は4度のみ。散発2安打、1四球、3奪三振と文句なしの内容で123球を投げ抜き、付け入る隙を一切与えなかった。

 ■ 夢のNPB入りへ全力 密着・福井ミラクルエレファンツ遠征(福井新聞) 14/5/3

 新潟県のホテルを出たバスは、午前9時前には群馬ダイヤモンドペガサスとの連戦に挑むため群馬県へ向かった。過酷なスケジュールで疲れはピークに達しているはず。それなのに、練習や試合では一変する。「今、夢に思っているNPB選手になれる保証はないし正直不安でも追い込まれているから、死に物狂いでやれるんです」。大学を中退し入団した最年少の投手、藤岡雅俊は打ち明ける。今季移籍してきた投手の清水信寿も「NPBはもっと厳しい。だから、今やらないと意味がないし、環境は言い訳にはしない」と決意する。

   11夏予      回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:藤沢清流   2  0       0
   3回戦:横須賀大   1  1       0
   4回戦:茅ケ崎西   2  3       2
   5回戦:川崎工科   1  1  1  0  0
   準々決:武  相  2.2  1  2  0  0 145㌔
   準決勝:桐光学園  4.1  5  4  0  3 142㌔
             13  11  18     5 防3.46(失点から計算)

  プロフィール

 神奈川県横須賀市出身。
 藤岡 雅俊(ふじおか・まさとし)投手。
 城北小3年時から軟式野球を始め、衣笠中時代は逗子シニアに所属。

 桐蔭学園では1年秋から控え投手としてベンチ入り。
 主戦・石垣永悟を擁して県大会準Vを果たし、救援で関東大会(ベスト8進出)を1試合経験する。
 最速145㌔の控えとしてチームを支え、3年夏に内海との継投で4強入りを達成。
 中継ぎ・抑えで全試合に登板し、合計13イニングで18奪三振、11安打5失点の結果を残した。
 延長12回の接戦を3対2で制した準々決・武相戦で自己最速の145㌔を計測。
 準決勝でも4.1回4Kと力投したが、5回に同点打、6回に2ランを浴び、惜しくも4対5逆転で敗れた。
 県準V、関東ベスト8が最高成績。甲子園経験は無し。

 卒業後は中大中退を経て、2014年から福井でプレー。
 1年目から32試合をこなし、32.1回で38奪三振、1勝5敗10S(3位)、防御率4.73の実績を残す。
 2年目に主に先発で10勝(2完投2完封)、防御率1.85(2位)の好成績を記録。
 6月の新潟戦で2安打3K初完投初完封勝利、8月の信濃戦で散発6安打完封勝利を挙げた。
 82試合、15勝(2完投2完封)14敗11S、227.2回、防御率 2.61。  

 176cm78kg、先発・救援をこなす本格派右腕。
 セットポジションから上体を傾けて重心を下げ、肘を柔らかく使い上から振り下ろす最速147㌔、
 常時130㌔台後半から140㌔台前半の球速以上に伸びのあるストレートと、
 120㌔前後のスライダー、120㌔台のフォーク、100㌔台のチェンジアップ、100㌔台のカーブ。
 直球とフォークが武器。2年目に10勝(3位)、108奪三振(2位)を記録した。
 内外に投げ分ける投球を見せるが、直球が高めに浮くなど、コントロールにはバラツキが残る。
 通算227.2回で189奪三振(率7.79)。50m5秒8。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-02-17(金)|独立リーグ候補 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:独立リーグ候補 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑