浜田 朋彦(バイタルネット)

ここでは、「浜田 朋彦(バイタルネット)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



184cm83kg 右左 一塁手 遠投110m 50m6秒1 佐賀学園→横浜商大 3年目
高校通算42発。ヘッドスピードが速い左のスラッガー。4年秋に指名打者で初のベストナイン受賞。

  打撃成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 長打率
   11春: 10 .286 28  8 3 0 0 4  .393
   11秋: 12 .348 23  8 1 1 0 3  .478 
   12春: 8 .267 15  4 2 0 0 2  .400
   12秋: 10 .346 26  9 1 2 0 5  .538
   通算: 40 .315 92 29 7 3 0 14  .457(1・2年時除く)
    ※ 12秋:ベストナイン(指名打者)

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   11選: 1 .000  2 0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000

  最新記事

 ■ 浜田”奮投”実らず 5失点(佐賀新聞) 08/7/17

 初回、被安打1で2失点。2回にもバックの乱れもあり3失点。なおも一死一、二塁のピンチ。それでも佐学園のエース浜田朋彦は、ミスをした選手をかばうように白球に一層の力を込めた。気迫の投球で中軸打線をねじ伏せると、それ以後、九回途中でマウンドを降りるまで追加点を許さなかった。打っては4番。初回は犠飛できっちりと1点を返し反撃ののろしを上げた。しかし接戦となった後半は、勝負を避けられ3四球。悔しさをかみしめるしかなかった。最後の夏は3試合で6打数5安打4打点、7四球。投げては23イニング⅔で自責点2

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 球 出塁率 長打率
   08夏予: 3 .833  6  5 1 1 0 4 7  .923 1.333

 3試合で7四球、13回打席に立ち12回出塁、出塁率.923は凄いですね。
 大学1年秋は数打席の出場でしたが、春のリーグでは本塁打、三塁打含む4安打6打点と
 いった試合もあったようです。183cm85kgというプロフィールよりは細く見える選手ですね。

 ■ 浜田(佐賀学園)完封&猛打賞(西日本スポーツ) 08/7/10

 エースで4番、プロ注目の浜田が高い潜在能力でゲームを支配した。2回に右前へのチーム初安打、3回2死一、三塁では右中間を痛烈に破る先制の2点三塁打を放つ。高校通算42発の力を見せつけると、5回2死二塁のチャンスでは相手がたまらず敬遠。7回は体勢を崩され、泳ぎながらの軽いスイングで両翼99.1メートルの右翼フェンス寸前まで運ぶ二塁打。スクワット220キロ、ベンチプレス110キロとチーム1の怪力を証明した。本塁打ならサイクル安打となる8回の第4打席は「狙った分、力が入った」と二飛に終わったが、3安打2打点に「初球から思い切り振れた」と満足顔だ。投げても厳木打線を寄せ付けなかった。本格的に投球を始めたのは2年夏だから、高校での投手歴は1年に満たない。130キロ台後半の速球に縦と横のスライダーを効果的に使い9奪三振。三塁も踏ませない3安打完封だ。183センチ、85キロの堂々たる体格にして50メートル6秒1の脚力。佐賀商との昨秋の県大会決勝では、弾丸ライナーで122メートル先の中堅フェンス直撃のシングルを放つなど、けた外れのパワーはプロ7球団が関心を寄せている。本人も「野球でメシが食いたい」とプロ志向は強く、中学時代から週3回のジム通いで鋼の体を築き上げてきた。

  プロフィール

 佐賀県佐賀市出身。
 浜田 朋彦(はまだ・ともひこ)一塁手。
 思斉中時代は藤本ベースボールクラブに所属。

 佐賀学園では1年時から4番を務め、2年夏から投手を始める。
 三塁手レギュラーで通算42発を放ち、2年秋に県準V、九州8強入りを達成した。
 3年夏は4番エースとしてチームを牽引するも、鳥栖高に3対5で県大会準々決勝敗退。
 3試合7四球と厳しくマークされながらも、6打数5安打(2長打)、4打点の好成績を残している。
 投手としては137㌔直球と縦横スライダーを武器に23.2回19奪三振、防御率0.76を記録。
 打者としてプロ7球団スカウトから注目され、志望届を提出したが指名漏れとなった。
 県大会準優勝、九州大会8強が最高成績。甲子園出場実績は無し。
 当時のチームメイトに井上翔夢投手(現JR九州)ら。

 横浜商大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 開幕鶴見大戦で三塁打、右越え3ラン含む4安打を放ち、6打点の活躍でデビューを飾る。
 以降4年春までの7シーズンで打撃十傑入り、タイトル獲得などの実績はなし。
 7番一塁手で先発出場した3年春の大学選手権は、2打数無安打に終わり途中交代となった。
 4年秋に規定打席不足ながら打率.346をマークし、DHベストナインを獲得している。

 184cm83kg、恵まれた体格の内野手。
 確実性に課題が残るが、ヘッドスピードが速く長打力のある左のスラッガー。
 高校通算42本塁打、神奈川リーグ通算1本塁打。スクワット220キロ、ベンチプレス110キロ。
 大学4年秋は主にDHで出場。その他に一塁手、三塁手、右翼手で起用された。
 50m6秒1、一塁到達タイム4.3秒前後から4.3秒台と脚力はまずまず。
 遠投110m、投手として最速137㌔をマークした強肩。4年春に主将を経験した。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2013-02-27(水)|2015年社会人野手 | 神奈川大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
多分地元のSBと西側からでは広島&阪神&オリ&中日&巨人&楽天と予想も外れも有るかも?
| 広鯉! | 2008年09月01日(Mon) 10:43 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人野手 | 神奈川大学 コメント(1) Page Top↑