西山 天翔(九州産業大)|ドラフト・レポート

西山 天翔(九州産業大)

ここでは、「西山 天翔(九州産業大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



182cm76kg 右左 外野手 50m6秒0 熊本工
コースに逆らわず広角に弾き返す左の好打者。センスの良さが魅力の中堅手。長身に俊足を備える。

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15春:          出場無し
   15秋: 2 .000  1  0 0 0 0 1 0 1 0  .500  .000
   16春: 12 .326  46 15 1 0 0 6    0     .348
   16秋: 8 .212  33  7 1 0 0 6    1     .242
   17春: 11 .341  44 15 4 2 1 16    5     .591
   17秋: 9 .321  28  9 5 0 0 7    2     .500(9位)
   18春: 12 .375  48 18 4 2 1 11    6     .604(9位)
   18秋:          出場無し              
   通算: 54 .320 200 64 15 4 2 47    14     .465
    ※ 17春秋18春:ベストナイン

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16選: 2 .333  9  3 0 0 0 0 2 0 0  .333  .333
   17選: 3 .333 12  4 0 0 0 3 3 1 0  .385  .333
   通算: 5 .333 21  7 0 0 0 3 5 1 0  .364  .333

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13夏: 2 .250  8  2 1 0 0 0 1 0 0  .250  .375

  最新記事

 ■ 九産大 ケムナ攻略で逆転(西日本スポーツ) 17/11/2

 第24回九州大学野球選手権は1日、福岡市のヤフオクドームで決勝トーナメントの準決勝2試合が行われた。九産大は同点の9回、広島3位指名の日本文理大・ケムナを攻略して逆転勝利を収めた。今秋外野手でリーグのベストナインに選ばれた同学年の西山が、今大会開幕前に腰を痛めて戦線離脱。代役として奮闘中の後藤勇は、「西山の分まで打ちたかった」と声を弾ませる。

  プロフィール

 熊本県熊本市出身。
 西山 天翔(にしやま・てんしょう)外野手。
 中学時代は神村学園シニアで内野手兼投手としてプレー。
 小学校時代までは陸上競技でも活躍し、脚力を生かして県2位の実績を残した。

 熊本工では1年秋から遊撃手でレギュラー。
 翌2年夏の予選で11の5、本0点5の活躍を演じ、7番・三塁手として4年ぶりの優勝を経験する。
 完全男・本田建都が相手の決勝・文徳戦で2点スリーベースなど3安打を記録。
 甲子園全2試合に3番・セカンドとして出場し、各試合1安打、8打数2安打の結果を残した。
 1回戦・鳥取城北戦(4対3)で高めストレートを三塁線に流し打ったツーベース。
 続く作新学院戦で朝山広憲の外134㌔直球をショート右にはじき返す中前打を放っている。
 2年秋の県大会を3回戦敗退で終え、3年春に1番・ショートで九州大会進出。
 3年夏の予選は16打数4安打1打点と目立てず、城北高に2対8で敗れベスト4敗退に終わった。
 当時のチームメイトとして主将・工藤誠也ら。

 九州産業大では1年秋からリーグ戦に出場。
 翌2年春のリーグ戦で1番・中堅手の座を掴み、46打数で15安打、打率.326点6の実績を残す。
 以降、正中堅手(4年春レフト)を担い、計64安打、打率.320本2点47をマーク。
 1番を経て3年春から5番(4年春7番)に座り、3年春秋、4年春の3度ベストナインを獲得した。
 3年春に自己最多となる1季16打点(福教2回戦で3ランを含む5打点)を記録。
 主に7番・レフトを務めた4年春に3割7分5厘(18安打7長打)の自己最高打率を残している。
 全国大会には2年春(2回戦敗退)、3年春(ベスト8)の全日本選手権に出場。
 全5戦で中堅手(2年春1番、3年春5番)を務め、21打数で7安打、打率.333点3を記録した。
 二塁内安、右安、左安と、2年春2回戦・福祉戦で、5打数3安打の活躍を披露。
 翌3年春の選手権初戦・文理大戦で高めの球をライトにはじき返すタイムリー2本を放っている。
 通算54試合、打率.320、64安打、2本塁打、47打点、14盗塁。

 182cm76kg、好打俊足の長身外野手。
 対応力ある打撃が持ち味の左打者。クセの少ないスイングでコースに逆らわず広角に弾き返す。
 50m走6秒0、一塁到達タイム4.2秒前後のまずまずの俊足を備えた1、5番打者。
 4年春の福六リーグ戦12試合で、打率.375本1点11盗6、18安打7長打の好結果を残した。
 熊本工時代はサード、セカンドを経て、2年秋の新チームから遊撃手としてプレー。
 2年夏の甲子園で二塁手として二遊間深い打球に追いつく好守(送球逸れてセーフ)を見せた。
 大学では中堅手を務める。センスの良さが魅力。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況





 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する