山田 遥楓(佐賀工)

ここでは、「山田 遥楓(佐賀工)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



山田 遥楓(佐賀工)

179cm72kg 右右 MAX144km 遊撃手 遠投115m 50m6秒1
守備力の高いプロ注目ショート。グラブ捌きが柔らかく守備範囲が広い。最速144㌔を計測する強肩。
2014年西武5位(契約金2500万円、年俸600万円)

  最新記事

 ■ 「実感湧いてきた」山田(佐賀工)、西武と仮契約(佐賀新聞) 14/11/8

 プロ野球・西武からドラフト5位指名を受けた佐賀工高の山田遥楓(はるか)選手=179センチ、75キロ、右投げ右打ち=が7日、佐賀市内で球団との仮契約を結んだ。契約金2500万、年俸600万円で、背番号は未定。山田選手は「西武の一員になれたという実感が湧いてきた」と胸を躍らせた。佐賀市内で仮契約を終えた山田選手は「守備の一歩目の速さと肩の強さには自信がある」と話し、「鬼崎選手のような三拍子そろった選手になりたい」と目標を掲げた。今季5位と低迷したチームの力になるために、「まずプロの世界に慣れて、二軍で結果を残す。そして一軍で活躍したい」と意気込んだ。西武の野田浩輔九州・沖縄地区担当スカウトは「運動能力の高さ。見るたびに成長しているのが分かった」と高く評価。「元気の良さは人を引きつける。そこをアピールして試合に出てほしい」と期待を寄せた。山田選手は来年1月初旬に選手寮へ入り、直後に始まる新人合同自主トレに合流する予定。入団発表は12月上旬に行われる。(金額は推定)

 ■ ドラフト5位・山田(佐賀工高)に西武が指名あいさつ(佐賀新聞) 14/10/29

 プロ野球・西武からドラフト5位指名を受けた佐賀工高の山田遥楓(はるか)が29日、佐賀市の同校で球団から指名あいさつを受けた。西部の野田浩輔九州・沖縄担当スカウトは「高い守備力を生かして、走攻守三拍子そろった選手になってほしい」と語り、山田は「これからが勝負。自信のある守備力をさらに磨いて1軍を目指したい」と意気込みを語った。野田スカウトは「3月頃に初めて練習を見たとき、下半身のバネと瞬発力に、ビビッっときた」と身体能力の高さを評価。さらに、「あの頃より体も一回り大きくなっている。まずは2軍でしっかり力をつけて、上を目指してほしい」と期待を寄せた。また、野田スカウトは、田辺徳雄監督が山田宛てに「頑張れ」と書いた色紙などを手渡し、「元気もいいし、人を魅力する力がある選手だと信じている。学校の先輩である鬼崎裕司選手を目標に、将来的にはチームの中心を担うような選手になってほしい」と期待の大きさを示した。山田は入団に前向きな姿勢を見せている。正式な契約発表は、11月上旬に佐賀市内で行われる予定。

 ■ 努力し主軸打者に成長--山田遥楓主将=佐賀工3年(毎日jp) 14/7/24

 「背番号『20』は、佐賀工では、3年間で一番努力した選手に与えられる特別な番号なんだ」。3年前、同校OBの兄晟雅さん(20)に教わった。兄は高校最後の夏、背番号20を付けて、ベンチに入った。「選手を大切にする素晴らしい高校だ。このチームに入ろう」。県外強豪校から入学の誘いを断り、佐賀工への進学を決めた先天的に右耳の聴力がない。3歳児健診で分かった時には、母裕佳子さんは「この子は将来どうなるんだろう」と心配した。小学2年の時に野球を始めると聞いた時には「本当に大丈夫なんだろうか。もしもう片方の耳も聞こえなくなったら……」と不安になった。だが息子は「野球をやるのが本当に楽しい」と白球を追い続けた。中学時代は、「音が聞こえなくて、全く打てなかった」という。「本当に屈辱だった。絶対打てるようになって見返したい」とバットを振り込み続けた。高校最後の夏は主軸打者に成長した。1点を勝ち越された直後の延長十回、安打を放ち出塁。塁上でも「まだまだ、これからだ!」とチームを鼓舞し続けた。しかし、あと一歩で夢の甲子園切符を逃した。「監督の最後の夏を飾れなくて本当に悔しい」。裕佳子さんは「3歳の頃は、この成長した姿が考えられなかった。すごい努力をしてきた。よく頑張った」と涙を流す息子を、スタンドから誇らしげに見つめた。
 強肩生かした広範囲の遊撃守備 評価:(日刊スポーツによる全国ピカイチ打者49人)

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   14夏予: 6 .348 23  8 2 0 0 2 1 1 2  .375  .435

   14夏予      回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:佐 賀 農  1.2  1  5  1  0
   3回戦:伊 万 里   1  0  2  0  0
   準々決:神埼清明   3  2  3  3  0
   準決勝:佐賀学園   1  0  0  1  1
   決 勝:佐 賀 北  3.1  1  4  0  1
             10  4  14  5  2 防1.80(失点から計算)
         被安打率3.60 奪三振率12.60 四死球率4.50

過去記事

 ■ 監督最後の夏、大舞台へ(毎日jp) 14/7/2

 攻守の要は山田主将。特に高い身体能力を生かした広い守備範囲と強肩プロのスカウトからも注目される。確実性のある打撃と走力もあり、吉丸監督も「チームの大黒柱」と信頼を置く。山田主将と二遊間を組む二塁手・西岡活智選手(3年)も守備が堅く、鉄壁の内野陣をつくる。

  プロフィール

 佐賀県佐賀市出身。
 山田 遥楓(やまだ・はるか)遊撃手。
 鍋島中時代はフレッシュリーグ・佐賀藤本BBCに所属していた。

 佐賀工高に進学後は1年秋にレギュラーの座を獲得。
 8番・セカンドとして2年春の九州大会に出場し、夏の県大会で14打数7安打の好成績を残す。
 2回戦・唐津東戦で3安打1盗塁、準々決・杵島商戦で3安打2打点をマーク。
 2年秋・3年春はそれぞれ2回戦・1回戦にとどまり、3年夏に3番・ショートで県準Vを達成した。
 3回戦・伊万里戦での先制左前打など、23打数8安打、2打点2盗塁を記録。
 抑えとして6試合中5試合に起用され、4安打2失点、10回14奪三振の力投を披露している。
 8回1死1、2塁から登板した佐賀農戦で、1.2回1安打5三振無失点の好救援。
 2塁打含む2安打、3.1回1安打4K1失点と、敗れた決勝・佐賀北戦でも投打の奮闘を見せた。
 県大会V、九州2回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 179cm72kg、身体能力の高い遊撃手。
 シュアな打撃が持ち味の右の好打者。50m6秒1を記録する瞬発力で1、3番打者を務めた。
 守備力光る堅守の遊撃手。グラブ捌きが柔らかく、守備範囲の広さが売り物。
 遠投115m、3年5月に行われた練試で自己最速144㌔を計測した強い地肩を兼備する。
 先天性右耳難聴のハンデを克服し、主将・ショート兼ピッチャーとして活躍した。
 投手としては最速144㌔のストレートと切れの良いスライダーが武器。本格派のリリーフ右腕。
 キャプテンとしてもチームを牽引した大黒柱。

  スカウトコメント

西武・野田浩輔九州沖縄地区担当スカウト|14/11/8
 「運動能力の高さ。見るたびに成長しているのが分かった。元気の良さは人を引きつける。そこをアピールして試合に出てほしい」
西武・野田浩輔スカウト|14/10/29
 「高い守備力を生かして、走攻守三拍子そろった選手になってほしい。3月頃に初めて練習を見たとき、下半身のバネと瞬発力に、ビビッっときた。あの頃より体も一回り大きくなっている。まずは2軍でしっかり力をつけて、上を目指してほしい」
 「元気もいいし、人を魅力する力がある選手だと信じている。学校の先輩である鬼崎裕司選手を目標に、将来的にはチームの中心を担うような選手になってほしい」
西武・編成部(アマチュア担当)|14/10/23
 「運動能力に優れ、守備に魅力のある気合いと根性の入った選手。これからどんな壁にぶち当たっても乗り越えてくれると信じている」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2014-11-08(土)|2014年ドラフト指名選手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
>>中学時代は、「音が聞こえなくて、全く打てなかった」

これどういう意味かな。
僕も方耳が聞こえないけど
バッティングに不自由したことはないけどなぁ
飲み会で人の言ってることが聞こえなくて苦労はするけど
| なぱ | 2014年10月30日(Thu) 19:04 | URL #HfMzn2gY [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2014年ドラフト指名選手 | コメント(1) Page Top↑