吉田 大喜(日本体育大)

ここでは、「吉田 大喜(日本体育大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm77kg 右右 MAX146km スライダー・カーブ・フォーク 大冠高
最速146㌔直球とスライダー、カーブ。高3夏に公立7年ぶりの4強入り。3回戦で毎回18Kを記録した。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   16春:         登板無し
   16秋: 7  3勝1敗   26  25  24  8  5  1.73(4位)
   17春: 4  0勝0敗   5.1  7       3  5.06
   通算: 11  3勝1敗  31.1  32       8  2.30 

投手成績詳細

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   帝京大 先   5  7       0 ○
   東海大    2.1  1       0
   桜美林 先  5.2  7       1
   城西大 先   5  6       4 ●
           3  1       0 ○
   筑波大     2  2  1  0  0
           3  1  4  0  0 ○
          26  25  24  8  5 防1.73
      被安打率8.65 奪三振率8.31 四死球率2.77

  最新記事

 ■ 大冠 25年ぶりの夢が…(デイリースポーツ) 15/7/30

 東山監督は序盤の失点を悔やんだ。渋谷以来25年ぶりとなる公立校の優勝を目指し、控えの寺地で一回りをしのいで、エース吉田大喜につなぐ作戦を立てたが「はじき飛ばされましたね。選手に申し訳ない」。プロ入りを希望する吉田は「公立でここまで来たのはすごいことだと思う。これからは負けないピッチャーを目指す」と声を振り絞った。

   17春    回数 被安 奪三 四死 自責
   筑波大    2.2  3  3  2  3
   桜美大    0.2  2       0
           1  1       0
   明星大     1  1       0
          5.1  7       3 防5.06

   15夏予         回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:枚方なぎさ 先   5  4  4  1  1
   3回戦:香 里 丘 先   9  5  18  2  2
   4回戦:八尾翠翔高    1.2  0       0
   5回戦:門なみはや 先   9  6  11  4  1
   準々決:汎   愛 先   9  6  8  4  1 143㌔
   準決勝:大阪偕星高     5  9       7
               38.2  30       12 防2.79(失点から計算)

 ■ 大冠・吉田完投で4強 公立校7年ぶり(デイリースポーツ) 15/7/29

 ドラフト候補のエース・吉田大喜が9回1失点の好投でチームを公立校7年ぶりの4強へ導いた。最速143キロの直球に加え、左打者の外角から食い込んでくるバックドアを効果的に投げ「このボールを投げられるようになりたかった。直球もスピードガンより、キレを意識して」と納得の表情を浮かべていた。

 ■ ドラフト候補の大冠・吉田5回4K「打倒・私学でやっていきたい」(スポニチ) 15/7/16

 大冠が枚方なぎさに5回コールド勝ち。ドラフト候補にも挙がる右腕・吉田は5回1失点で4三振を奪った。試合中に右手中指のマメをつぶしたが、視察したロッテの下敷領悠太スカウトは「直球に勢いがある」と評価した。公立校で昨夏は3回戦で大阪桐蔭に4―9で敗戦。9失点した吉田は「その大阪桐蔭が日本一になった。打倒・私学でやっていきたい」と意気込んだ。

過去記事

 ■ プロ注目144キロ右腕 吉田はタフになる!!(デイリースポーツ) 14/9/17

 大冠の屋台骨を支えるのがエース・吉田大喜投手だ。プロも注目するMAX144キロ右腕は、着実に成長中だ。東山監督は「たまに球速が出る、というのではなく、安定的に130キロ後半以上を投げられるようになった。何より大阪桐蔭戦で変わった」と評価する。本人も「自分の悪いところがたくさん見つかりました」という。2点リードの五回に「併殺を取れるところで味方にエラーが出て、そこから動揺して、気持ち的に負けた」。思考はクリアだ。「やはり府立は、後半に弱さが目立ちます。私立は後半強い」。選手層、戦略その他から感じ取った差を、「僕らは練習内容で縮めていくしかない」と分析し、心身両面でのスタミナ増に取り組んでいる。自らも躍進の大きな力になったとはいえ「前の代でこれだけ注目された(春季大阪大会3位)など」。周りも期待するでしょうし『まぐれ』と言われないためにも、上まで行きたい」と、リセットして再び、強豪私立という大きな壁に臨む。「まずはセンバツです」と吉田は力を込めた。

  プロフィール

 大阪府茨木市出身。
 吉田 大喜(よしだ・だいき)投手。
 小学5年時から軟式野球を始め、東雲中では軟式野球部に所属。
 中学2年の時に外野手から投手へ転向した。

 大冠では1年時から控え投手としてベンチ入り。
 救援中心に夏予選全4試合、12.2回に登板し、2回戦で7回コールド1失点完投勝ちを収める。
 翌2年春の大阪大会で初の3位進出(上宮太子、PLなど強豪を撃破)を経験。
 準々・上宮太子戦(6対5)に3番手で登板し、11回サヨナラを呼ぶ6回3失点の粘投を見せた。
 翌履正社戦に4回1死から登板するも、1.2回4失点と打たれ5回0対13で大敗。
 続いて行われた三位決定戦・PL学園戦で、9回171球、9安打8対7完投勝利を挙げている。
 主戦の座を獲得した2年夏の府大会は、V校・大阪桐蔭に4対9で3回戦敗退。
 同年秋の16強進出、3年春の初戦敗退を経て、3年夏に公立7年ぶりの4強進出を達成した。
 7試合中6試合(先発4)に登板し、4完投勝利、38.2回30安打12失点をマーク。
 3回戦・香里丘高戦で毎回18奪三振、5安打2四死球、9回2失点完投の快投を演じている。
 阪神・日ハム・広島・オリなどが視察に訪れた準々決で1失点完投勝ちを記録。
 準決・大阪偕星戦は温存策が裏目で6回0対11(救援で5回9安打7失点)の大敗に終わった。
 大阪大会4強が最高成績。甲子園経験は無し。

 日本体育大では1年秋からリーグ戦に出場。
 先発3試合を含む7試合に登板し、計26回で3勝(0完投)、防御率1.73(4位)の実績を残した。
 リーグ通算11試合、3勝1敗、31.1回、防御率2.30。

 175cm77kg、プロ注目の146㌔本格派右腕。
 ノーワインドアップからゆっくり足を上げ、上体を傾けて重心を下げ、肘を柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速146㌔のストレートと、2種類のスライダー、2種類のカーブ。
 インサイドを突く攻めのピッチングが持ち味。高3夏3回戦・香里丘戦で毎回18奪三振を記録した。
 プロ複数球団から注目される好資質の持ち主。

  スカウトコメント

千葉ロッテ・下敷領悠太スカウト|15/7/16
 「直球に勢いがある」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-06-29(木)|2019年大学生投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑