小竹 一樹(シティライト岡山)

ここでは、「小竹 一樹(シティライト岡山)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



179cm115kg 右右 一塁手 遠投95m 50m6秒6 青森山田高→日本橋学館大 2年目
飛距離を売りとする右のパワーヒッター。右方向にも長打を放つ。4年春の2部リーグ戦で6本塁打。

  動 画

  プロフィール

 茨城県八千代町出身。
 小竹 一樹(こたけ・かずき)一塁手。
 西豊田小2年から軟式野球を始め、八千代東中までは投手として活躍。

 青森山田高時代3年夏はベンチ外。
 チームも準決勝・光星戦を2対6で落とし、7年連続となる夏甲子園出場を逃した。
 甲子園経験は無し(チームは1・2年夏に出場)。

 日本橋学館大では1年春から千葉3部リーグ戦に出場。
 2年春秋の2シーズン連続で3部DH賞を獲得し、秋に創部11年目で初めての2部昇格を果たす。
 3年時春秋の2部リーグ戦を5位で終え、4年春に勝ち点4での2位浮上を達成。
 4番・DHとして6本塁打(左2・中1・右3)を放ち、2部リーグ戦でもDH賞のタイトルを受賞した。
 プロからも注目される存在となったが、その後8月の打撃練習で左手首を骨折。
 秋季リーグ第3節・千葉大戦から戦列復帰し、2回戦で1試合2本塁打の活躍を見せている。
 その後千経戦・千工戦でもアーチをかけ、2カードを欠場しながらも4発をマーク。
 隠し玉「和製AJ」としてスカウトからも注目され、志望届を提出したがドラフト指名漏れとなった。
 大学通算24本塁打(3部リーグを含む)。全国経験は無し。

 シティライト岡山では1年目から公式戦に出場。
 指名打者、又は一塁手レギュラーとして活躍し、中国地区・最優秀新人選手のタイトルに輝く。
 都市対抗2次予選・JR西日本戦で4番・指名打者として3ラン本塁打をマーク。
 9月の日本選手権中国予選・JR西日本戦で6番・一塁手として同点のソロ本塁打を記録した。
 二大大会(都市対抗、日本選手権)出場経験は無し。

 179cm115kg、どっしりした体格の一塁手。
 未完成ながらも飛距離が魅力の右のパワーヒッター。スイングスピードが速く、広角に長打を放つ。 
 大学職員・河野和洋氏(専大時代に21発)の指導によって急成長を果たした。
 スイングを改善した4年時に量産ペースを上げ、年間10本塁打(春6、秋4)を積み上げている。 
 大学時代は打力を生かして主に指名打者として活躍。守備力に課題を残す。
 ベンチプレス170㌔。遠投95m、50m6秒6。大学通算24本塁打。4年時にキャプテンを経験した。
 社会人ではキャッチャーとして登録されている。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-02-15(月)|2016年社会人野手 | 千葉県大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年社会人野手 | 千葉県大学 コメント(0) Page Top↑