小藤 翼(早大)

ここでは、「小藤 翼(早大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野



小藤 翼(早大)

181cm80kg 右左 捕手 遠投115m 50m6秒1 日大三高
二塁到達1.8秒を計測する正確な送球が売り。広角にライナー性の打球を放つ左打者。プロ注目。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春:          出場無し
   16秋: 14 .325  40 13 3 0 0 8 15 4 0  .386  .400(7位)
   17春: 4 .200  5  1 0 0 0 0 0 2 0  .429  .200
   通算: 18 .311  45 14 3 0 0 8 15 6 0  .392  .378

  最新記事

 ■ 早大1年小藤 3打点で明大V阻止 捕手でも完封リレー引き出す(スポニチ) 16/10/17

 2回戦2試合が行われた。早大は小藤翼捕手(1年)が2安打3打点をマーク。2季連続優勝に王手をかけていた明大を4―0で下して、明大の開幕連勝を7で止めた。今秋から先発マスクをかぶる1年生の早大・小藤が攻守で活躍した。延長戦の末に敗れた1回戦では自らのミスで敗れただけに「取り返したかった」と5回の先制打など2安打3打点と奮起。守っても好リードで完封リレーを引き出した。日大三時代にドラフト候補にも挙がった逸材は「明日も思い切りやるだけ」と力を込めた。

 ■ 甲子園未経験の逸材たち 日大三・小藤 強肩も魅力(デイリースポーツ) 15/6/17

 今春の東京大会で6戦5発と大爆発したのが、日大三・小藤翼捕手だ。182センチ、81キロの恵まれた体格。打撃もさることながら、遠投115メートル二塁送球1秒80の強肩に、プロのスカウトも「あれだけ柔らかくて素早いスローイングはなかなかない」と注目する。1日1000スイングをこなし、フォーム修正に励んでいる小藤は「今までやってきたことを出し切れれば優勝できると思う。挑戦者の気持ちで行く」と、2年ぶりの夏切符に照準を合わせている。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15夏予: 5 .357 14  5 0 0 0 5 5 5 0  .526  .357

 ■ 日大三 プロ注目の小藤捕手が3戦連発(日刊スポーツ) 15/4/26

 日大三はプロ注目の小藤翼捕手(3年)の2本塁打などで、関東第一を下した。プロ注目捕手、小藤の猛打が止まらない。2打席目に右中間へ3試合連続のソロ4打席目にも右翼へ高校通算12本目を放り込んだ。今大会は7安打のうち5本塁打という驚異の本塁打男。「冬に振り込んだ効果でバットを振り切れるようになった。効果が表れて自信もつきました」。守備でも二塁送球1・8秒の強肩でオコエの二盗を阻止。存在感を見せた。
 オコエ瑠偉内野手は悔しい敗戦となった。自慢の足を生かせず盗塁死1つ、併殺打も2つ。「刺されたのは今年初めて。スタートの瞬間はセーフと思ったのに」と首をかしげた。

過去記事

 ■ 日大三 4発で4強!!(日刊スポーツ) 15/4/19

 4本塁打で今春センバツ出場の二松学舎大付を8回コールドで破り、4強に進出した。6回無死から、プロ注目の6番小藤翼捕手が2試合連続となるソロを右翼スタンドに運んだ。今大会3本目の1発に「打ったのは肩口から入ってくるスライダー。張ってました」と涼しい顔だった。

 ■ 日大三が8強進出 プロ注目の小藤9回に3ラン(日刊スポーツ) 15/4/12

 日大三が聖パウロ学園に勝利し8強入りを決めた。プロ注目の小藤翼捕手(3年)が9回に3ランを放つなど大量13得点を奪って快勝した。捕ってから二塁送球が1・8秒という強肩捕手の小藤は「ちょっと内寄りにきたスライダーを打ちました。コールドがなくなって、何としても(9回に)得点を取りたいと思いました。肩には自信があります」と言った。

  プロフィール

 栃木県栃木市出身。
 小藤 翼(こふじ・つばさ)捕手。
 栃木第五小2年時に軟式野球を始め、栃木西中時代は小山ボーイズに所属。
 捕手として中3春の全国大会に出場した。

 日大三高では1年秋から背番号13でベンチ入り。
 下位打線で5試合6安打4長打の活躍を演じ、正捕手として東京大会ベスト4入りを経験する。
 都昭和戦で左中間三塁打を放つなど、左右に打ち分けるバッティングを披露。
 左中間タイムリー二塁打、右前適時打と、準々決・大成戦で2安打2打点の活躍を見せた。
 2年夏の予選は東海大菅生に逆転負けで4強敗退(5試合で13打数3安打)。
 6回の攻撃で4点を勝ち越したが、終盤3回で11点を失い、6対12で史上初の4連覇を逃した。
 2年秋から背番号2、5番打者を任され、3年春に東京V(関東1回戦)を達成。
 準決勝・関東一高戦で2本塁打を放つなど、都大会6試合で右越え弾5発をマークしている。
 3年夏の西東京大会は早稲田実業に0対2、3安打完封負けで準決勝敗退。
 準々決で二塁到達1秒92(外し気味)を計測し、準決で同1秒86(外高め)の好送球を見せた。
 同学年のチームメイトとして田村孝之介投手兼外野手ら。

 早大進学後は1年秋からリーグ戦に出場。
 1年生で正捕手(主に7番打者)の座を獲得し、打率.325点8の活躍で打撃十傑入りを果たす。
 2安打0封された早慶3回戦で加藤の外直球を左中間に飛ばす2塁打を記録。
 15Kを喫しながらも13安打(二塁打3本)を放ち、下位打線でチーム2位の8打点を積み上げた。
 通算18試合、打率.311、14安打、0本塁打、8打点。

 181cm80kg、強肩が魅力の左打ち捕手。
 高校通算14本塁打、癖の少ないスイングで左右にライナー性の打球を打ち分ける左打者。
 1年秋のリーグ戦2戦目から正捕手としてプレー。7、8番の下位で起用された。
 低い軌道の正確な送球が売り。遠投115mの地肩を備え、二塁到達1秒80を計測する。
 高3春の都大会で関東一高・オコエ瑠偉の二盗を阻止する好送球を見せた。
 小倉全由監督からの東京No.1捕手と評され、プロスカウトからも注目される資質の持ち主。 
 キャッチング、ワンバン処理技術も向上しつつある。

  スカウトコメント

プロスカウト|15/6/17
 「あれだけ柔らかくて素早いスローイングはなかなかない」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-07-13(木)|2019年大学生野手 | 東京六大学 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
六大学秋季リーグ、早大はまず法大とぶつかりました。
でも、先発捕手の吉見がキャッチングだらしない・・・。
投手陣を立て直すこともできず、5回だったかに代えられました。そこで出てきたのがこの小藤選手。
高校時代を知らない選手だったので、投球練習後の2塁スローで「…肩だいぶよくね??」くらいの感想でした。
で、翌日は先発出場。スタンド野球部の後ろに座れたので、小藤選手のこと色々聞いてみたんですが、
キャッチングうまい。肩はヤバい。2塁到達1秒台。
とのことです。
その後2盗阻止見ましたけどね、マウンドあたりから送球がホップした気がしましたw
送球コース自体はだいぶミス。3塁側高めにグラブ伸ばしてとってたけども、らっく楽のアウト。
これは早実の加藤もコンバートするわ。
申し訳ないが、吉見の出番は相当頑張らないと、卒業までなさそうです…。
| ココアット | 2016年09月17日(Sat) 14:15 | URL #- [ 編集]
早大では正捕手道端が卒業なので
1年生から小藤がポジションを奪う可能性がある。

大学全日本の捕手も坂本、宇佐見、北村と卒業なので
早大でレギュラーになれれば
いきなり全日本に招集されるかも

それくらい期待させる選手
| 匿名 | 2016年01月18日(Mon) 14:15 | URL #GCA3nAmE [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生野手 | 東京六大学 コメント(2) Page Top↑