渡邉 雄大(新潟アルビレックスBC)

ここでは、「渡邉 雄大(新潟アルビレックスBC)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



186cm85kg 左左 MAX143km スライダー・カーブ・スクリュー・ツーシーム 中越→青学大 26歳
手足の長い長身サイドハンド。独特な球筋が武器。143㌔直球にスライダー、ツーシームを織り交ぜる。

  動 画

  投手成績

      試合   勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14年: 19  7勝2敗  77.1  59  70  25  25  2.91( 7位)
   15年: 33  6勝3敗  87.1  82  51  35  27  2.78(10位)
   16年: 32  3勝1敗1S  26.2  19  37  15  8  2.70
   17年: 46  1勝2敗16S 55.2  46  66  18  8  1.29( 1位)
   通算: 130 17勝8敗17S  247 206 224  93  68  2.48
           被安打率7.51 奪三振率8.16 四死球率3.39

  最新記事

 ■ オリックス、ドラフト候補にBC新潟の変則左腕浮上(日刊スポーツ) 17/10/16

 オリックスが今秋ドラフトの指名候補に、BCリーグ新潟の横手投げ左腕、渡辺雄大(ゆうた=26)をリストアップしていることが15日、分かった。渡辺は最速143キロの直球とスライダー、カーブ、ツーシームなどの変化球を操り、主に抑えで活躍変則の投球フォームも大きな武器だ。青学大でリーグ戦の登板はなく、BC新潟で頭角を現した。昨年までは主に左打者専門の中継ぎだったが、オフにオーストラリアのウインターリーグに参加し、右打者との対戦経験を積んでNPBへの道が開けてきた

 ■ こちらもプロ注目 横手左腕渡辺15S(日刊スポーツ) 17/9/4

 プロ注目横手左腕のクローザー・渡辺雄大投手が9回に4番手で登板。先頭打者に左前打を許したが、その後は3人で抑えて15セーブ目。「調子は良くなかった。変化球の曲がり方が大きすぎた。キレが出るように意識した」と悪いながらも、結果を出した。ソフトバンク阪神などが注目する中、ドラフトが迫ってきた。「できる準備をして、持っているものを出すだけ」。最後のアピールに妥協はしない。

 ■ BC新潟渡辺雄が5戦自責点0 NPB入りアピール(日刊スポーツ) 17/4/24

 BCリーグ新潟の中継ぎ左腕がドラフト候補としてアピールした。新潟は6-9で武蔵に敗れた。12安打9失点と乱れた投手陣の中で、4番手で登板した横手の左腕・渡辺雄大(25)が1回1/3を無安打3奪三振の無失点に抑えた。「右打者も抑えられたことは収穫」と言う。昨季は左打者専門の中継ぎだった。オフにオーストラリアのウインターリーグに参加した。右打者とも多く対戦し、駆け引きとツーシームを習得。それが武器になっている。26歳になる今季は「NPB入りに向けて勝負の年」と位置付けている。キャンプ中、加藤博人監督から「今季は50、60試合は投げてもらうぞ」と言われた。プロで活躍する中継ぎはそのくらいはノルマ、という激励だ。それを受け止め、今季は自宅で毎日4、5時間のストレッチ。体調を万全にしている。スタンドには阪神の吉野誠スカウトが視察に訪れていた。

  プロフィール

 新潟県三条市出身。
 渡邉 雄大(わたなべ・ゆうた)投手。
 三条市立第一中学校時代は軟式野球部でプレー。

 中越高では3年春にエースとして北信越準Vを達成。
 県大会1回戦から8連投、5完投の健闘を見せ、北信越1回戦で12K4失点完投勝利を収める。
 接戦となった準決・長野日大戦で、延長10回完投、4対3サヨナラ勝利を記録。
 3年夏は全6試合登板、2完投の奮闘も及ばず、日本文理高に敗れ惜しくも準優勝となった。
 初回1死からの5連打でノックアウトされ、2回裏から再登板するも4対12の大敗。
 4回戦・直江津で5安打6四死球完封勝利、続く新潟戦で8安打2失点完投勝ちを挙げている。
 県準V、北信越準Vが最高成績。甲子園経験は無し。

 青山学院大では4年間を通してリーグ戦での登板機会なし。
 2年時冬にスリークォーターからサイドに転向し、4年時12月に新潟から地元枠指名を受けた。
 当時のチームメイトに齋藤英輔東條大樹杉本裕太郎ら。

 新潟アルビレックスBCでは1年目からリーグ戦に出場。
 先発救援の両面で19試合に登板し、計77.1回で防2.91、7勝(全て先発)2完封の実績を残す。
 7月に入ってスクリューボールを習得し、リーグ7位タイの70三振(率8.15)を奪取。
 4/29の信濃戦(8.2回1失点)で初勝利を収め、9/5の群馬戦で4安打9三振0封を記録した。
 2年目前期に先発5勝の結果を残し、同7月から救援左腕としてチームに貢献。
 福井ME戦で10回2対1完投勝ちを収めるなど、5月に先発4勝(2完投)の活躍を演じている。
 3年目を左専門の中継ぎとして過ごし、同年オフに右対策のツーシームを習得。
 4年目2017年のシーズンに抑え投手として臨み、防1.29の好成績で最優秀防御率を獲得した。
 通算130試合、17勝(4完投2完封)8敗17S、247回、防御率2.48。

 186cm85kg、手足の長い長身サイドハンド。
 インステップして左横手投げから繰り出す最速143㌔の真っすぐとスライダー、ツーシームが武器。
 球速(当初136㌔)アップ次第でNPB入りを狙える素材として期待されている。
 体型を生かした変則フォームによる独特の球筋、打ちづらさが持ち味。先発・救援で活躍した。
 4年目の奪三振率10.67。遠投100m、50m6秒0。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-10-16(月)|独立リーグ候補 | 東都大学 コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
今年はすごいとおもう。
外国で積んできた
ものがでるとおもう。
| 匿名 | 2017年03月08日(Wed) 11:51 | URL #- [ 編集]
すごいらです!
| ☆彡 | 2016年05月04日(Wed) 16:22 | URL #- [ 編集]
チャンピオンシップで143㎞だしたそうです
| 我流 | 2015年10月05日(Mon) 16:37 | URL #SpwnCme2 [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:独立リーグ候補 | 東都大学 コメント(3) Page Top↑