齋藤 弘志(日本新薬)

ここでは、「齋藤 弘志(日本新薬)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



169cm72kg 左左 MAX144km スライダー・チェンジ 大産大附→中部学院大 2年目
最速144㌔の切れの良い直球とスライダー、チェンジアップ。JR東日本戦で1対0初完封勝利を挙げた。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合   勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   12秋: 3  0勝1敗   3  3  1  1  4 12.00
   13春: 5  4勝0敗   29  15  34  0  3  0.93
   13秋: 3  1勝0敗   14  11  8  3  1  0.64
   14春: 5  3勝2敗  34.2  28  38  11  5  1.30
   14秋: 6  5勝1敗   45  29  44  12  6  1.20
   15春: 5  2勝3敗  31.2  28  9  12  7  1.99
   15秋: 8  1勝1敗   16  11  8  5  2  1.13
   岐阜: 35 16勝8敗 173.1 125 142  44  28  1.45
          被安打率6.49 奪三振率7.37 四死球率2.28

    ※【岐阜】13春:最優秀投手 14秋:ベストナイン 
     【決勝】13春:ベストナイン 13春秋14秋:最優秀投手

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   13選: 1    2.2  1  3  1  1 142㌔ 福岡大
   13神: 1 先   6  6  7  4  2 139㌔ 桐蔭大
   14神: 2    12  7  6  2  4
        先   6  2  4  0  1 139㌔ 九産大
        先   6  5  2  2  3 142㌔ 駒澤大 ●
   通算: 4   20.2  14  16  7  7 防3.05
       被安打率6.10 奪三振率6.97 四死球率3.05

投手成績詳細

   12秋       回数 被安 奪三 四死 自責
   岐阜:岐阜大     1  1  1  0  0
     :岐経大     1  2  0  1  4 ●
     :中京学     1  0  0  0  0
             3  3  1  1  4 防12.00

   13春       回数 被安 奪三 四死 自責
   岐阜:岐阜大 先   5  1  5  0  0 ○
     :岐聖徳 先   5  1  11  0  0 ○
     :朝日大 先   9  7  13  0  1 ○
     : 〃      1  1  0  0  0
     :中京学 先   9  5  5  0  2 ○
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   決勝:日国際 先   9  6  8  2  0 ○封
             38  21  42  2  3 防0.71
         被安打率4.97 奪三振率9.95 四死球率0.47

   13秋       回数 被安 奪三 四死 自責
   岐阜:朝日大    4.2  3  4  0  1
     :中京学    0.1  0  0  0  0
     : 〃  先   9  8  4  3  0 ○封
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   決勝:四日市 先   9  5  3  1  0 ○封
   中部:中京大 先   9  4  7  5  0 ○封
             32  20  18  9  1 防0.28
         被安打率5.63 奪三振率5.06 四死球率2.53

   14春       回数 被安 奪三 四死 自責
   岐阜:岐阜大 先  6.2  5  7  2  3 ●
     :岐聖徳 先   9  6  10  3  0 ○封
     :中京学 先   7  7  8  2  0 ○封
     :岐経大 先   7  5  10  1  0 ○封
     :朝日大 先   5  5  3  3  2 ●
            34.2  28  38  11  5 防1.30
         被安打率7.27 奪三振率9.87 四死球率2.86

   14秋       回数 被安 奪三 四死 自責
   岐阜:岐阜大 先  10  7  16  2  3 ○
     :岐聖徳 先   7  6  5  3  1 ○
     : 〃  先   6  2  8  1  0 ○
     :中京学 先   8  6  2  0  1 ○
     :朝日大 先   6  4  5  1  1 ○
     : 〃  先   8  4  8  5  0 ●
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   決勝:静岡大 先   7  2  4  2  0 ○封
     :朝日大 先   9  7  6  2  2 ○
   中部:愛院大 先   7  6  2  1  2
     :中部大 先   9  8  4  1  1 ○
             77  52  60  18  11 防1.29
         被安打率6.08 奪三振率7.01 四死球率2.10

   15春       回数 被安 奪三 四死 自責
   岐阜:岐経大 先   8  6  2  3  1 ○
     :中京学 先   6  6  1  1  1 ●
     :岐聖大 先   7  4  4  1  0 ○
     :朝日大 先  1.2  1  1  4  2 ●
     : 〃  先   9  11  1  3  3 ●
            31.2  28  9  12  7 防1.99
         被安打率7.96 奪三振率2.56 四死球率3.41

   15秋       回数 被安 奪三 四死 自責
   岐阜:岐阜大 先   6  1  5  0  0 ○
     :岐聖大 先   5  5  3  3  0
     :中京学    0.1  0  0  0  0
      : 〃      1  2  0  0  1 ●
     : 〃      0  1  0  0  0
     :朝日大    0.2  0  0  0  0
     : 〃      3  1  0  1  1
     :岐経大     0  1  0  1  0
             16  11  8  5  2 防1.13
         被安打率6.19 奪三振率4.50 四死球率2.81

  最新記事

 ■ 中部学院大が逆転連覇 三連盟王座戦(中日新聞) 14/11/5

 名古屋市瑞穂区の瑞穂公園野球場で四日に行われた大学野球の東海・北陸・愛知三連盟王座決定戦の決勝で、中部学院大(関市)は中部大(愛知)を5-1で破り、二年連続二度目の優勝を果たした。中盤の集中打で見事な逆転劇を演じ、十四日から東京で開かれる明治神宮野球大会への切符を手にした。先発の斎藤弘志投手(三年)は、毎回のように走者を背負う苦しい投球ながら要所を抑え、1失点で完投した。最後も直球に決めていた。準決勝に続いて先発した中部学院大の斎藤弘志投手(三年)。前日に118球を投げたばかりで「体が重かった」というが、「気合で行こう」と自らを奮い立たせてマウンドに立った。斎藤投手が絶対の自信を持つのが、最速144キロのストレート。井上大輔捕手(四年)からは前日の夜、仲間と三人でラーメンを食べに行ったときに「明日は直球主体で行く」と告げられたという。そこには井上捕手なりの気配りもあった。準決勝では「変化球主体のリードで逃げ腰だった」と、持ち味を生かせていなかったことを反省。中部大打線は直球に強いという情報も頭に入っていたが、「真っすぐを待っている打者に、あえて直球で勝負する。斎藤らしい投球で自信をつけさせたい」と強気で挑んだ。決勝では、序盤こそ変化球を織り交ぜたが「七回にストレートで三振を取ったときから走りが良くなった」と斎藤投手。最後はその得意球で見逃し三振に仕留めた。

   17年東京    回数 被安 奪三 四死 自責
   JR東日本 先   9  3  4  6  0 ○封

  プロフィール

 大阪府八尾市出身。
 齋藤 弘志(さいとう・ひろし)投手。
 八尾市立久宝寺中学校時代は八尾ペッカーズでプレー。

 大産大附では3年夏に大阪8強入りを経験。
 5試合中4試合に先発ピッチャーとして登板し、25回を24安打6失点に抑える粘投を見せた。
 大阪大会8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 中部学院大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 2年春のリーグ戦で東谷に次ぐ先発の座をつかみ、4勝無敗、防0.93で最優秀投手を獲得する。
 続く代表決定戦(日大国関を8K完封)で最優秀投手賞、ベストナインを受賞。
 同年秋の東海選手権決勝、中部王座決勝を完封で制し、初の神宮大会進出を達成した。
 四日市戦で5安打完封(最優秀投手)、中京大戦で5四死球7K完封を記録。
 翌3年春のリーグ戦から主戦を務め、3年秋に5勝1敗、防1.20で岐阜ベストナインを獲得した。
 続く東海選手権で2勝、王座決定戦で1勝を挙げ、シーズン8勝(5完)をマーク。
 東海選手権決勝戦、王座決定戦決勝戦で、それぞれ完投勝ち(4対2、5対1)を収めている。
 全国大会には2年春の全日本選手権、2年・3年秋の明治神宮大会に出場。
 2年春1回戦・福岡大戦に2番手として登板し、同点弾含む2.2回2失点デビューを経験した。
 見逃し三振を奪った外角低め直球(7回裏二死満塁を脱出)で142㌔を計測。
 2年秋・桐蔭大戦で6.0回5失点(6回2失点)、3年秋・九産戦で6回1失点の力投を演じている。
 42試合、22勝(14完投8完封)8敗、232.1回、防御率1.28。

 日本新薬では1年目から公式戦に出場。
 2年目東京大会で社会人3度目の先発を務め、JR東日本相手に1対0初完封勝利を収めた。
 二大大会(都市対抗、日本選手権)での登板機会は無し。

 169cm72kg、小柄なスリークォーター左腕。
 ワインドアップから重心を下げてインステップし、テイクバック大きく肘を使った腕の振りから繰り出す
 最速144㌔、常時130㌔台前半から後半の切れの良いストレートと、
 110㌔台から120㌔前後のスライダー、右打者外角に120㌔前後で沈むチェンジアップ。
 小柄ながら短いイニングであれば最速140㌔超を計測するサウスポー。
 まずまずの制球で内外に投げ分ける。桐蔭横浜大からいずれも直球で7三振(6.0回)を奪った。
 通算22勝(先発21)。奪三振率6.82 四死球率2.25。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-03-14(火)|2017年社会人投手 | 東海地区大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年社会人投手 | 東海地区大学 コメント(0) Page Top↑