吉田 慶司郎(新日鉄住金かずさマジック)

ここでは、「吉田 慶司郎(新日鉄住金かずさマジック)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



189cm83kg 右右 MAX147km スライダー・カーブ 仙台育英→常磐大 1年目
角度のある147㌔直球を持つ大型スリークォーター右腕。リーグ戦での実績はまだ乏しい。プロ注目。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   13秋: 5 0勝5敗  38.2         15  3.49( 8位)
   14春: 5 1勝4敗   31  37  20  25  20  5.81( 9位)
   14秋: 4 0勝1敗  23.2  23  10  18  9  3.42(予選)
   14秋: 4 1勝1敗   25  17  23  14  9  3.24(決勝)
   15秋: 5 2勝0敗  30.2  18  26  5  5  1.47( 3位)二部
   一部: 18 2勝11敗 118.1         53  4.03

  プロフィール

 福島県郡山市出身。
 吉田 慶司郎(よしだ・けいじろう)投手。
 郡山市立郡山七中時代は、軟式野球部に所属していた。

 仙台育英では2年秋に控えとして東北4強を経験。
 大震災による3年春の大会開催中止を経て、3年夏の大会になってエースナンバーを獲得した。
 いずれも先発として全4試合に起用され、23回で17安打6失点の力投を披露。
 3試合34得点の援護を受けて勝ち上がったが、仙台商に1対5で敗れ県大会8強敗退となった。
 当時から最速142㌔を計測。甲子園出場実績は無し。

 常磐大進学後1年時は2部リーグに所属。
 2年春から3シーズンぶりに1部リーグ戦復帰となり、秋に防3.49(8位)で投手十傑入りを果たす。
 上武大戦で安達大貴と投手戦を演じ、4安打4失点完投(完封負け)を記録。
 佐野泰雄と投げ合った平国大戦(5失点完投で敗戦)で5回1安打無失点の好投を見せた。
 3年春のリーグから先発1番手を任され、作新学院大1回戦で初勝利をマーク。
 3年秋の決勝リーグ・関東学園大戦で5安打3失点初完投勝利(通算2勝目)を収めている。
 4年春のリーグ戦を全敗の最下位で終え、入替戦2連敗で2部リーグに再降格。
 最速147㌔長身右腕としてスカウトから注目され、志望届を出したがドラフト指名漏れとなった。
 リーグ通算23試合、4勝11敗、149回、防御率3.50(不明分除く)。

 189cm83kg、長身スリークォーター右腕。
 ワインドアップから投げ下ろす最速147㌔の角度のあるストレートとスライダー、カーブ。
 実績乏しいながらも資質の良さをプロ複数球団から注目されている。
 同時期の小野寺力、矢貫俊之以上として、石川清一監督から高評価されていた。
 3年時の被安打率8.70、奪三振率5.99、四死球率6.44。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-04-15(金)|2017年社会人投手 | 関甲新学生 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
新日鉄住金かずさマジックへ
| 匿名 | 2016年01月23日(Sat) 11:41 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年社会人投手 | 関甲新学生 コメント(1) Page Top↑