川越 誠司(北海学園大)

ここでは、「川越 誠司(北海学園大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



174cm80kg 左左 MAX149km 投手兼外野手 遠投120m 50m5秒9 北海高
最速149㌔誇る本格派左腕。通算3発の4番としても活躍。秋の北翔大戦で1失点初完投勝利。
2015年西武2位(契約金7000万円、年俸1200万円)

  動 画

  打撃成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 長打率
   13秋: 10 .256 39 10 1 0 1 4  .359(10位)
   14秋: 10 .400 40 16 4 0 1 9  .575( 3位)
   通算: 20 .329 79 26 5 0 2 13  .468(不明分除く)
    ※ 13春:優秀選手 13秋14秋:ベストナイン 14秋:特別賞

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   11春: 3 .500 12  6 2 0 1 2 1 0 0  .500  .917
   11夏: 1 .250  4  1 0 0 0 1 0 0 0  .250  .250
   通算: 4 .438 16  7 2 0 1 3 1 0 0  .438  .750

  最新記事

 ■ 祖父&父は消防士 西武ドラ2川越に“火消し役”を期待(スポニチ) 15/11/17

 西武からドラフト2位で指名された北海学園大の川越が札幌市内のホテルで入団交渉し、契約金7000万、年俸1200万仮契約を結んだ背番号は26に決まった。最速149キロ左腕は祖父、父がともに消防士。水沢英樹スカウトから「厳しい場面で投げてくれるのかな」とリリーフとしての期待をかけられ、「任されるなら大事なところを抑えられる投手になりたい」と“火消し役”に名乗りを上げた。

 ■ 渡辺SDが2位指名“秘話”ドラ2川越に昨秋ホレた(スポーツ報知) 15/11/6

 西武から2位指名された北海学園大の川越誠司投手が5日、同大会議室で球団の鈴木葉留彦本部長、渡辺久信シニアディレクターらから指名あいさつを受けた。渡辺SDは「野性味があり、先発、中継ぎ、抑えと何でもできる」とMAX148キロ左腕を評価。上位指名のいきさつを明らかにした。紺のピンストライプのスーツに身を包んで会見に臨んだ川越が緊張した面持ちで言った。「まだ、実感は湧かないけど、球界を代表する中継ぎ、抑え投手を目指したい川越を初めて見た時から、渡辺SDの心は動いていた。昨年9月、1軍の札幌遠征に来た時に北海高グラウンドを訪れた。目的は戸川大輔外野手(2014年ドラフト育成1位指名)の調査だったが、その近くでシート打撃に登板する大学生投手のボールを見て驚いた。「速いし、切れがあった。野性味があり、ポテンシャルも高そう。こりゃあ、棚からぼたもちだと思いましたね」。これが川越だった。ドラフトはサプライズの2位指名に見えるが、実は、昨年から西武の上位指名リストに名を連ねていたのだ。「上位指名を決めたのはドラフト前日ですが、他球団は野手としても評価しており、3位だと危ないと思った。うちは左投手として潜在能力を高く評価し2位で行った」と鈴木本部長は明かした。偉大な投手だった渡辺SDと初対面した川越は「でかいな。すごい人の前にいるんだと思った。もう投手一本で頑張ります」と興奮気味に言った。

 ■ 北海学園大・川越がプロ志望届提出 注目“二刀流”(スポーツ報知) 15/10/7

 MAX149キロ左腕で、打でもプロから注目される“二刀流”の北海学園大・川越誠司投手が6日、全日本大学野球連盟にプロ志望届を提出した。大学生の志望届提出は道内から4人目。50メートル走6秒0。遠投120メートルと、走攻守3拍子そろっていて、プロで通用する力はある。今秋の札幌6大学野球リーグ戦は、初戦の北翔大戦で右太もも裏の肉離れを起こし、その後の試合は出場機会がなかった。川越自身も「プロ入りなら即、活躍できないとダメ」と提出を迷っていたが、熟慮の末、決断した。11球団が興味を示し、ソフトバンク中日オリックスロッテの4球団からは投手、野手両面の調査書が届いている。プロ野球ドラフト会議は22日。北海学園大から初のプロ選手が誕生するか注目される。

過去記事

 ■ 北海学園大・プロ注目の二刀流、川越出番なし(日刊スポーツ) 15/9/28

 プロ注目の二刀流、北海学園大・川越誠司(4年=北海)は大学生活最後の公式戦で出番はなかった今季は開幕戦で右太もも裏を肉離れし、離脱。この日はベンチ入りし、代打として待機していたが、8回途中で降雨コールドで試合が終了し、出場機会はなかった。最速149キロ左腕で野手としても1年春から4番を務めていた。10月8日締め切りのプロ志望届提出について「ギリギリまで考えたい」と迷える胸中を明かした。

 ■ 北海学園大・川越 “最後の秋”は打撃に集中(日刊スポーツ) 15/8/26

 30日開幕の札幌6大学野球秋季リーグ戦で、投手と外野手の二刀流、北海学園大の川越誠司(4年=北海)が、“最後の秋”を試金石とする。最速148キロ左腕、川越は、この秋、打撃に集中する。昨秋は投手として3試合に登板し、打っては打率4割、1本塁打、9打点の二刀流でプロの評価を上げたが、今春は開幕前に左肘に違和感を覚えたため登板なし5月の練習中に肉離れした右太もも裏の状態も考慮し、秋も序盤は「4番DH」で出場を予定している。人生を決めるシーズンとなる。プロ志望届提出には、まだ迷いがある。「小学校からの夢」とプロ入りへの思いは強いが「出すなら自信を持って出したい」。万全ではない現状に悩み、2年後の挑戦も頭の片隅にある。「バッティングの調子は良い。打つ方で貢献したい。自分の納得がいくパフォーマンスができれば…」。この秋の結果次第で、卒業後に進む道を選ぶつもりだ。

 ■ 北海学園大・川越にプロ6球団スカウト集結(日刊スポーツ) 15/5/1

 プロ注目の二刀流、北海学園大の川越誠司(4年=北海)が、今季初戦の北大戦に4番DHで先発出場した。昨秋は、打っては打率4割、1本塁打、9打点。投げては3試合に登板し、北翔大戦では1失点完投勝ちも。特別賞とベストナインをダブル受賞した外野手兼投手を目当てに、この日は6球団のスカウトが集まった。結果は4打席目の9回先頭で放った中前打1本の5打数1安打だったが「力が入ると思っていたので、しょうがない。個人的に1本が出たのはこれからの試合で大きい」と前向きだった。チームでは、まず「不動の4番」としての働きが求められる最速148キロ左腕は「打って、引っ張っていきたい」と主砲の覚悟を示した。

 ■ 2015年ドラフト候補 北海学園大・投手 川越誠司(日刊スポーツ) 15/1/3

 投げては148キロ、打っても昨秋の打率4割という、投手で4番の“二刀流”左腕。北海高時代に、肩の炎症で野手転向も、大学2年の秋から投手に復帰した。約3年のブランクがありながら昨春の練習試合で自己最速を更新。スカウトからは伸びしろに期待する声が多い。天性のバネを誇り一塁到達タイム3秒8遠投120メートルと俊足強肩の外野手としても高評価。「150キロ台を出すのが目標」という注目株だ。

 ■ 大谷翔平の2年目 番外編 打てる投手、アマに浸透(北海道新聞) 14/12/5

 投打の二刀流というプロ野球では道なき道に挑む大谷が、若いアマチュア選手に影響を与えている。札幌六大学野球で戦う北海学園大3年の川越誠司(21)は、今春から外野手と投手の二刀流に挑戦。「大谷選手がいたから、やってみようと思った。彼がいなければ、両方やるイメージはわかなかった」 。中学で左腕投手だった川越は北海高入学直後、左肩を痛めて投手を断念した。2年から外野手として練習。3年春は4番右翼手で甲子園大会に出場し、1回戦で決勝本塁打。夏の甲子園でも適時打を放つ活躍を見せた。 大学進学後も外野手だったが、本塁へ好返球ができるようになると、「投げる楽しさ」がよみがえった。2年秋の公式戦後、首脳陣のすすめもあり、本格的に投手と野手の練習を両立し始めた。 3年春の練習試合で最速148キロの直球を投げ、プロのスカウトを驚かせた。春季リーグは10試合中、「3番・投手」での2度の先発を含む計4試合に登板秋季リーグでは「4番・投手」として3試合に先発した。本塁打も放つなど投打での活躍が評価され、秋季リーグの特別賞にも選ばれた。 守備と打撃練習の合間に投球練習をした。休む間もなく、最初はきつくて音を上げそうになった。そんな時、プロで活躍する大谷が目に入った。「トップクラスで二刀流をやっている。革命と言えるぐらいすごい。自分も負けていられない」。背中を押された。 川越は「三振を奪う時と、遠くに打球を飛ばす時の両方楽しめる」と魅力を語る。これは大谷にも共通する。「完投してマウンドにいる時、ホームランを打った時。僕は楽しみが人より多い」 。二刀流を目指す選手が増えていることを聞いた大谷は「野球を幅広く楽しめる。他の人にはないやりがいを感じられるのが一番」。20歳のパイオニアはうれしそうだった。

  プロフィール

 北海道札幌市出身。
 川越 誠司(かわごえ・せいじ)投手兼外野手。
 豊平小学校時代から軟式野球を始め、八条中では札幌豊平東シニアで投手。

 北海高では4番・右翼手として活躍。
 左肩痛により2年時から外野手の練習を始め、秋に玉熊将一を擁して神宮8強進出を果たす。
 4番・右翼手として計9試合で打率.400点4、10安打14四死球の活躍を披露。
 3年春選抜で3戦6安打3長打2打点を記録し、1963年以来となるベスト8入りを成し遂げた。
 初戦で右前先制打(低め変化球)、中堅右への2塁打、右越え勝ち越しソロ。
 続く2回戦・天理高戦(1対0の完封勝ち)で唯一の得点に繋がるバント安打を記録している。
 3年夏に出場した甲子園は明徳義塾に2対3サヨナラ負けで惜しくも初戦敗退。
 1対1の同点で迎えた5回二死1、3塁のチャンスで、一時勝ち越しとなるライト前適時打を放った。
 当時1学年下に玉熊将一松本桃太郎ら。

 北海学園大では外野手としてレギュラーを獲得。
 2年春に優秀選手賞(打率.341)、秋にベストナインを受賞し、2年冬から投手の練習を始める。
 プロスカウトが訪れていた3年春の練習試合で自己最速更新の148㌔を計測。
 4番・外野手兼投手として出場した同年秋に、投打の活躍が評価されて特別賞を獲得した。
 10試合40打数16安打、打率.400本1点9で2度目の外野ベストナインを受賞。
 先発陣の一角として10試合中3試合を任され、北翔大戦で1失点初完投勝ちを収めている。
 開幕前に左肘違和感を発症した影響で4年春リーグ戦での登板機会は無し。
 続く4年秋の開幕戦で右太もも肉離れを負い、目立った活躍ができずに最終シーズンを終えた。
 札幌学生リーグ2位が最高成績。全国経験は無し。

 174cm80kg、高い脚力を備える投手兼外野手。
 最速149㌔ストレートを武器とする本格派左腕。投手経験が浅く今後の飛躍に期待がかかる。
 高校2年時に肩痛で野手転向となり、大学2年秋から再び投手を始めた。
 力強いスイングから鋭い打球を放つ左打者。内角への対応など確実性にやや課題が残る。
 リーグ通算3本塁打、甲子園右中間最前列に放り込んだ実績の持ち主。
 高3夏の甲子園では本塁ダイレクト返球を見せた(逸れてセーフ)。遠投120mの強肩右翼手。
 50m5秒9、一塁到達4.0秒台の脚力を兼ね備える。

  スカウトコメント

西武・水沢英樹スカウト|15/11/17
 「厳しい場面で投げてくれるのかな」
西武・渡辺久信シニアディレクター|15/11/6
 「野性味があり、先発、中継ぎ、抑えと何でもできる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-11-17(火)|2015年ドラフト指名選手 | 札幌学生 コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
やはり飛距離とフォロースルーは魅力ですよね。
| フラワー | 2015年05月21日(Thu) 22:04 | URL #- [ 編集]
5月20日、北大戦見てきました。
スタメンではなく、7回2アウト満塁の場面で代打で登場。
右中間フェンス直撃のヒット。何か足を痛めている様子で走者は、一掃されたが、打った本人は、一塁止まり。その後、代走が起用されてました。
投げるところが見たかったが、今季は、見られないかもしれない。
| 匿名 | 2015年05月21日(Thu) 19:20 | URL #FiTIGrrw [ 編集]
札幌六大学野球春季リーグ初戦、北海学園大vs北大の試合観てきました。川越は4番DHで出場。①フルカウントから見逃し三振②遊撃フライ③一塁ライナー④センター前ヒット⑤フルカウントから空振り三振…でした。追い込まれる前に仕留めたいような印象を受け、狙い球がストライクゾーンに来たら好球必打で手を出します。ハイボールヒッターなのか、一塁ライナー、センター前ヒットは高めのボール。遊撃フライでは滞空時間が手元のストップウォッチで6秒を超え、眠った長打力が垣間見えました。センター前ヒットでの一塁へのランニング、柳田悠岐を彷彿とさせるフォーム、鋭い打球など、非常に高いポテンシャルを感じました。ネット裏にスカウトらしき人もいたみたいです。今後が非常に楽しみです。
| フラワー | 2015年04月30日(Thu) 21:15 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年ドラフト指名選手 | 札幌学生 コメント(3) Page Top↑