横浜DeNAベイスターズ/ドラフト2015

ここでは、「横浜DeNAベイスターズ/ドラフト2015」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



こちらでは横浜2015年ドラフト情報をまとめて掲載しています。

  2014年指名選手

 【1位】山崎(亜 大)投 【2位】石田(法政大)左 【3位】倉本(日新薬)内 
 【4位】福地(MHPS横)左 【5位】山下(国学大)内 【6位】百瀬(松本一)
 【7位】飯塚(日文理)投 【育1】亀井(日星高)捕 
  過去記事:2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年
  過去ドラフト指名選手

  注目選手リスト・リンク

 【1位】 今永(駒沢大)左 
     上原(明治大)左 高橋(県岐商)投 小笠原(東相)
 【上位】 山本(九国付)
 【候補】 吉田(東相模)投 加藤(上総マ)左 吉持(大商大)内 横尾(慶応大)
     吉田(青学大)外 オコエ(関東)外 木下(トヨタ)捕 平沼(敦賀気)
     沼田(群馬DP)投 町田(群馬DP)投 河本(元徳島)投 唐仁原(福大)左×
 
-- コメント ----------------------------
 【右】 関谷(JR東)  岡田(大商大) | 與那原(普天)  望月(創学館) 
     近藤(松下電)  桜井(立命大) | 綾部(霞ヶ浦)  松本(三松聖)×
     熊原(仙台大)  與座(関国大)×| 難波(PL学園)×
 【左】 中川(東海大)         | 
 【捕】                 | 堀内(静岡高)   
 【内】 北村(亜 大)  濱田(専修大) | 平沢(仙台育)  檜村(木更総)×
     茂木(早 大)         | 
 【外】 高山(明治大)  谷田(慶応大) | 青柳(大阪桐)  山田(桐生一)×
-- 視察情報 ---------------------------- 
 【右】 原 (東洋大)  小畑(大阪ガ) | 中村(ルーテル学)  茶谷(帝京三)
     栄 (日文理)  田中(日文理) | 横山(宮崎学)× 竹田(金沢高)×
     横山(NTT 東)         | 前田(中部商)× 森下(大分商)×
                    | 内村(取手松)× 井手吉(米原)×
 【左】 宮谷(JR東)         |   
 【捕】 北川(創価大)         | 青木(山形中)    
 【内】 大城(立教大)  岡下(福島H) | 
 【外】                | 勝俣(東菅生)

  最新記事

 ■ DeNA隠し玉!BC群馬の155キロ腕・沼田の指名検討(スポニチ) 15/10/22

 DeNAがルートインBCリーグ・群馬に所属する沼田拓巳投手(21)のドラフト指名を検討していることが分かった。沼田は1メートル85の恵まれた体から最速155キロの直球を投げ込む右腕。注目すべきは波瀾万丈の球歴だ。大垣日大から進学した名古屋産大を1年夏に中退。クラブチーム・エディオン愛工大BLITZに進み、13年9月にドジャースとマイナー契約を結んだ。この際にプロ球団と契約前に必要な社会人登録を抹消していなかったため、日本野球連盟から規約違反で除名処分を受けて波紋を呼んだ。ドジャース傘下1Aから今年6月に自由契約となり、7月に群馬入り。ラミレス新監督もかつて在籍した球団で12試合に投げて3勝0敗、防御率3・51の成績を残した。4球団から調査書が届いており、動向が注目される。

 ■ 育成枠検討 元独立L徳島 河本ロバート(スポーツ報知) 15/10/22

 DeNAが育成枠で、今年2月まで四国IL・徳島に所属した河本ロバート投手(29)の指名を検討していることが21日、分かった。米国人とのハーフ右腕で、亜大卒業後の07年12月には米ドジャースとマイナー契約。BCリーグ・新潟や台湾球界を渡り歩き、最速156キロと大化けする可能性を秘めている。河本と並ぶ”隠し玉“として、BCリーグ・群馬の右腕、町田翔司投手(25)もリストアップ。過去の育成枠では万谷や砂田らが1軍戦力として開花しているだけに、戦力発掘へ視野を広げていく。

 ■ DeNAラミレス新監督、初仕事22日ドラフト会議(日刊スポーツ) 15/10/20

 DeNAが19日、2代目監督に球団OBのアレックス・ラミレス氏(41)が就任すると発表した。近日中にも横浜市内で就任会見が行われる。新監督の初仕事は22日のドラフト会議になりそうだ。1位指名候補は県岐阜商・高橋純平投手を筆頭に駒大・今永昇太投手らが有力。高田GMは「その年の一番いい選手にいく。1位に関してはドラフト戦略はない」と競合を辞さない構えを見せている。抽選のくじ引き役は新監督が任せられる可能性が高い。現役時代の持ちネタの“ゲッツ”とばかりに新人を引き当てる。

過去記事

 ■ 競合覚悟!DeNA、ドラ1候補に小笠原&純平らリストアップ(SANSPO) 15/10/16

 DeNAは15日、横浜市内の球団事務所でスカウト会議を開き、22日のドラフト会議の1位指名候補選手として東海大相模高の小笠原慎之介投手、県岐阜商高の高橋純平投手らをリストアップした。今季は2桁投手が不在で、本来なら完成された大学、社会人の即戦力がほしいところ。しかし、高田GMは「高校生は2、3年かかるけど、小笠原、高橋が即戦力なのは間違いない。今年は(西武・高橋光ら)高校生でも1年目から戦力になっている選手もいる」と評価した。特に小笠原は、神奈川県出身で、チームに少ない左腕というのも魅力。「力が同じという評価なら、地元の選手を優先的に行く」と口にした。目玉選手となれば競合は必至。それでも高田GMは「一本釣りという戦略もあるだろうが、うちは今まで競合を避けていない。一番ほしい人、評価した人に行っている」と競合覚悟で即戦力獲りに動く。
 DeNAが22日のドラフト会議に向け、駒大・今永昇太投手を1位指名の最有力候補に絞り込んだことが分かった。15日に横浜市内の球団事務所でスカウト会議を開き、上位指名候補をビデオで確認。高田繁GMは「将来性を考えて(1位は)高校生にいきたいが、なかなかそうはいかない」とした上で、「投手になると思う。うちのドラフトは競合を避けていない。一番評価する人にいっている」と即戦力投手の指名を明言した。今永のほか、1位候補に県岐阜商・高橋、東海大相模・小笠原もリストアップ。「高校生でも高橋、小笠原は即戦力だと考えている」と高田GMは高評価を口にした。ドラフト前日の21日に開くスカウト会議で指名リストを最終確認する。(スポニチ)
 中畑前監督が退任し、問題は誰がクジを引くか。池田球団社長は「私はないです」と話しており、高田GMも「オレはクジ運がない」と拒否。南場オーナー“登板”説もあったが、同GMは「オーナーは来ないんじゃないか、クジを引く人がいないぞ」と苦笑した。また、補強ポイントの内野手、捕手をリストアップし、育成ドラフトで数人を指名することも確認した。(西日本スポーツ)

 ■ DeNA中畑監督が辞任へ 失速の責任(デイリースポーツ) 15/10/2

 DeNAの中畑清監督(61)が辞任する意向であることが1日、分かった。今季最終戦となる3日の巨人戦で南場智子オーナー(53)に辞意を伝える。今季は日本一になった98年以来となる首位ターンを果たしたが、その後は失速。9月29日の阪神戦(甲子園)で最下位に転落した。悩んだ末の決断だった。「誰かが責任を取らないといけない」。前半戦を終えた7月17日に、南場オーナーから続投要請を受けた。返事は保留していたが、続投への強い意欲はあった。納得できる布陣で来季、最後の勝負をしたい思いもあった。首位ターンから最下位で終われば、史上初。現実に直面して葛藤が生まれた。「最下位になったら、さすがに続けるわけにはいかないだろう」と周囲に漏らした。9月30日に高田繁GMと来季に向けての話し合いをしたが、平行線に終わったことも追い打ちをかけた。優勝の可能性が消滅した9月15日の夜だった。師と仰ぐ巨人・長嶋茂雄終身名誉監督からの電話を受けた。「キヨシ、絶対に辞めるな」。熱い言葉を授かった。「オヤジ(長嶋氏)に逆らったことは一度もないんだけどな」。今は寂しそうにつぶやく姿があった。昨季は楽天の星野監督(当時)に、「絶対に自分から辞めるな」というメッセージを受けた。請われる限り、指揮を執り続ける。それは中畑監督の指針でもあったが、今季は“責任”の2文字の方が重くなった。12年に監督に就任して以来、有形無形の貢献をしてきた。ファンへのあふれるサービス精神もあって、観客動員は年々右肩上がり。今季は球団最多の大入り42回を記録。年間180万人超えを確実にした。南場オーナーは「(続投要請は)変わりません。(監督を)代える理由もありません」と続投方針を強調した。3日に行われる会談で説得に動く構え。それでも、中畑監督の決意は重く、固い。

 ■ DeNA、山本功児Jr獲りへ 右の大砲 上位指名の可能性も(スポニチ) 15/9/26

 DeNAが今秋ドラフトへ向けて九州国際大付・山本武白志内野手をリストアップしていることが分かった。球団関係者は「球を遠くへ飛ばす能力が高校生離れしている。プロに入って技術を磨けば大成する素材」と評価。他球団の動向次第では上位指名の可能性もある。山本は1メートル88、89キロの恵まれた体格から繰り出す力強いフルスイングが持ち味で、高校通算24本塁打。今夏の甲子園では大阪偕星学園との2回戦での2打席連続アーチを含む3発を記録した。DeNAは右の長距離砲育成が急務になっている。主軸を担う梶谷、筒香はいずれも左打者。今季138試合を消化してチーム本塁打はリーグトップの105だが、日本人の右打者は白崎の6本塁打が最多と物足りない。父・功児氏(63)と中畑監督の結びつきも深い。75年ドラフトで巨人に同期入団。1軍での活躍を夢見て共に汗を流した。父がかつて監督を務めたロッテなども注目する中、「ハマっ子」の大型内野手を獲得できれば、大砲として育成していく構えだ。

 ■ 高田GM退任へ(西日本スポーツ) 15/9/24

 DeNAの高田繁ゼネラルマネジャー(GM、70)が今季限りで退任する意向を固めていることが23日、分かった。年齢による体力面の不安も抱えており、親しい関係者には「あとを頼む」などと伝えているという。後任には吉田孝司編成部長(69)が就任する方向で調整されている。

 ■ 12球団スカウティング事情(週刊ベースボール) 15/9/23

 2ケタ勝利投手がいない惨状を考えればDeNAは今年も投手中心のオーソドックスな戦略を立てるはずだ。石田健大、砂田毅樹と和解左投手が出てきたとはいえ、特に先発投手の補強は急務。高校生なら地元・東海大相模高の小笠原慎之介、大学生では駒大・今永昇太、明大・上原健太とサウスポーが1位候補だろう。二遊間では大商大・吉持亮汰、強打の三塁手として慶大・横尾俊建らをリストアップ。固定できなかった捕手も可能性を探ることになりそうだ。

 ■ DeNA、スカウト会議で指名候補精査 高田GM「当然投手中心」(SANSPO) 15/9/19

 DeNAは18日、横浜市内の球団事務所でスカウト会議を開き、10月22日のドラフト会議での指名候補100人近くを精査した。高田繁ゼネラルマネジャー(70)は「足りない部分を考えれば、当然投手中心」と説明。今永昇太投手(駒大)、小笠原慎之介投手(東海大相模高)らが1位指名候補に挙がったもよう。

 ■ 即戦力の先発左腕(週刊ベースボール) 15/5/7

 先発左腕が絶対的に不足している。14年シーズン、11試合に先発したサウスポーの戦績は0勝7敗。15年は高橋尚が1度先発のマウンドに上がったのみ(4月30日現在)。この課題の解消が最優先事項になる。となると、狙うは駒大・今永昇太、明大・上原健太のアマチュア球界屈指の即戦力左腕だ。今季はともにケガで出遅れているが、今永は昨秋、大学日本一に輝いており、上原も潜在能力の高さをすでに証明している。競合覚悟で指名に踏み切る可能性は大いにある。ほかにも新日鉄住金かずさマジック・加藤貴之、福岡大・唐仁原志貴らが候補に上がっている。

 ■ キヨシDeNA、ドラフト最上位候補に県岐阜商・高橋!(SANSPO) 15/1/1

 中畑監督が率いるDeNAが、今秋のドラフト最上位候補に県岐阜商高の高橋純平投手(2年)をリストアップすることが31日、分かった。「間違いなく上位で指名される存在。今年、どれだけ成長するかも含め、注目していくことになる」と球団関係者も期待を込めた。また、神奈川・東海大相模高の吉田凌投手(2年)にも熱視線を注いでいく。昨夏の神奈川大会決勝で大会タイ記録の20奪三振を記録した右腕。地元のスター候補生獲得はチームの悲願であり、巨人・原監督の後輩とあっても、簡単には引き下がらない。

 ■ 【DeNA】「大学NO1左腕」駒大・今永をリストアップ(スポーツ報知) 14/12/18

 DeNAが来秋のドラフト1位候補に、大学NO1左腕の駒大・今永昇太投手(21)をリストアップしていることが17日、分かった。東都大学リーグ通算18勝は現役最多。チームは先発左腕不足が深刻。中畑監督直系の後輩獲得を狙う。今永は最速148キロの直球を軸に、スライダー、チェンジアップを両コーナーに集める完成度の高い投球が武器。今秋のリーグ戦で7勝を挙げ、最優秀選手、最優秀投手、ベストナインの3冠を獲得。チームを26季ぶりの優勝に導くと、続く明治神宮大会でも2勝を挙げて13年ぶりVの立役者に。15日に行われた優勝祝賀会では、指揮官が「来年の超目玉でしょう」とラブコールを送っていた。「左の先発が欲しい今永は頭一つ抜けた存在で、即戦力となるのは間違いない。彼を中心に見ていくことになる」と球団関係者。今季は左腕の先発勝利がゼロだっただけに、絶対的な補強ポイント。最速151キロを誇る明大の190センチ左腕・上原健太(20)と併せてマークしていく。

 ■ 中畑監督、駒大・今永はドラフトの超目玉(日刊スポーツ) 14/12/15

 DeNA中畑清監督(60)が15日、母校駒大の秋季リーグ、明治神宮大会優勝祝賀会に出席し「絶好調トーク」を発揮した。OB紹介で登壇すると、司会進行を務め「おれも優勝祝賀会をやりたいよ!」と、ほえた。来秋のドラフト1位候補に挙がるエースの今永昇太投手(3年=北筑)について「来年の(ドラフトの)超目玉になるんじゃないの」と、大絶賛していた。

  スカウトコメント

小笠原慎之介(東海大相模)|高田GM|15/10/16
 「力が同じという評価なら、地元の選手を優先的に行く」
小笠原慎之介(東海大相模)・高橋純平(県岐阜商)|高田GM|15/10/16
 「高校生は2、3年かかるけど、小笠原、高橋が即戦力なのは間違いない。今年は(西武・高橋光ら)高校生でも1年目から戦力になっている選手もいる」
山本武白志(九国大付)|球団関係者|15/9/26
 「球を遠くへ飛ばす能力が高校生離れしている。プロに入って技術を磨けば大成する素材」
高橋純平(県岐阜商)|球団関係者|15/1/1
 「間違いなく上位で指名される存在。今年、どれだけ成長するかも含め、注目していくことになる」
今永昇太(駒大)|球団関係者|14/12/18
 「左の先発が欲しい。今永は頭一つ抜けた存在で、即戦力となるのは間違いない。彼を中心に見ていくことになる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-10-22(木)|球団別情報 | コメント(16) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
まあ青柳のところが谷田だったら100点だったかなあと
| ちなDe | 2015年10月30日(Fri) 02:56 | URL #- [ 編集]
名無しさんたち5位の綾部と7位の野川パーフェクト!
| 梅っつあん | 2015年10月22日(Thu) 23:57 | URL #147.G6T2 [ 編集]
1位 今永昇太 駒大
2位 横尾俊健 慶大
3位 関谷亮太 JR東日本
4位 清水翔太 日本生命
5位 綾部翔  霞ヶ浦
6位 北川利生 創価大
7位 大川貴将 香川
| 名無し | 2015年10月22日(Thu) 16:37 | URL #- [ 編集]
支配下選手
1位 今永昇太(駒澤大学)投手
2位 関谷亮太(JR東日本)投手
3位 山本武白志(九州国際大学付属高校)内野手
4位 中川皓太(東海大学)投手
5位 若林篤志(関東学院大学)投手
6位 茶谷健太(帝京三高校)外野手
育成選手
1位 船崎星矢(松商学園高校)外野手
2位 松井佑二(松山フェニックス)投手
3位 河本ロバート(元徳島インディゴソックス)投手

選択終了
| 秋桜 | 2015年10月22日(Thu) 16:13 | URL #- [ 編集]
河本取るならテスト受けに来てた新潟の間曽のほうがマシだと思うねんけどなあ
| ちなDe | 2015年10月22日(Thu) 12:28 | URL #- [ 編集]
河本ロバート、沼田拓巳&町田翔司(群馬ダイヤモンドペガサス)

上記の3名が新聞等の記事に掲載されてました。
ロバート・ブースはノーマークでしたね。
群馬DPの2投手はプロでは厳しいかと思っておりました。
| 梅っつあん | 2015年10月22日(Thu) 11:36 | URL #147.G6T2 [ 編集]
1位今永投駒大
2位横尾内慶大
3位加藤投かずさマジック
4位杉本外JR西日本
5位川端捕同大
6位畔上外法大
7位野川投鷲宮製作所
| 名無し | 2015年10月05日(Mon) 10:44 | URL #- [ 編集]
一位は今永か小笠原で確定か
俺は地元の小笠原でいってほしいが
| 横浜命 | 2015年09月20日(Sun) 16:43 | URL #- [ 編集]
1位 今永昇太 投手 駒澤大
2位 吉持亮汰 内野手 大阪商業大
3位 関谷亮太 投手 JR東日本
4位 山本武白志 内野手 九州国際大付属高
5位 足立祐一 捕手 パナソニック
6位 望月惇志 投手 横浜創学館高
育成1位 岡下大将 内野手 福島ホープス
育成2位 山下祐輝 投手 東京農業大
| 梅っつあん | 2015年09月07日(Mon) 01:16 | URL #147.G6T2 [ 編集]
1位今永投駒大
2位木下捕トヨタ自動車
3位北村内亜細亜大
4位狭間投ホンダ熊本
5位大滝外花咲徳栄
6位小室投エネオス
| 投げ | 2015年09月02日(Wed) 22:04 | URL #- [ 編集]
1位 今永 左投手(駒澤大学)
2位 加藤 左投手(新日鉄住金かずさマジック)
3位 江口 右投手(JX-ENEOS)
4位 横尾 三塁手(慶應大学)
5位 原   外野手(専大松戸)
6位 北村 二塁手(亜細亜大学)
| 匿名 | 2015年08月29日(Sat) 07:28 | URL #GCA3nAmE [ 編集]
やっぱり地元ということで小笠原いってほしいけど
| 匿名 | 2015年08月10日(Mon) 15:56 | URL #EB29KFfw [ 編集]
仙台大熊原投手、大商大岡田投手。
この2人はドラフト1位指名ありそうですね。
駒大今永投手、明大上原投手は秋に持ち直してくれば1位指名あるでしょう。
大学野球選手権で登板しなかった富士大多和田投手も秋次第。
高校生では県岐阜商の高橋純平投手が抜き出てます。

この辺りを1位指名できれば十分でしょう。
| ハマノ | 2015年06月10日(Wed) 18:35 | URL #- [ 編集]
2位北村とか冗談でもやめてくれ。本当にやったら発狂するわ
| ちなDe | 2015年05月09日(Sat) 02:08 | URL #- [ 編集]
1位今永投駒大
2位北村内亜大 
3位上西外日本生命
4位星 外日本文理
5位斉藤投鷲宮製作所
6位江藤内セガサミー
7位坂口投奈良大付

育成
1位捕手
| 匿名 | 2015年01月27日(Tue) 01:07 | URL #- [ 編集]
気が早すぎるけど来年のドラフト予想です。

1 今永昇太(駒澤大学)投手
2 オコエ瑠偉(関東第一高校)外野手
3 桜井俊貴(立命館大学)投手
4 船本一樹(JX-ENEOS)投手
5 山下翼(亜細亜大学)外野手
6 足助章(松本第一高校)投手
7 吉持亮汰(大阪商業大学)内野手

最近の傾向としては地元企業枠、東都枠、法政枠、九州枠、関西枠、広島枠、長野松本枠、在日枠が考えられますね。
それらに該当する選手を補強ポイントと照らし合わせて予想してみました。
| RX | 2014年12月16日(Tue) 14:41 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:球団別情報 | コメント(16) Page Top↑