高橋 樹也(花巻東)

ここでは、「高橋 樹也(花巻東)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



高橋 樹也(花巻東)

176cm74kg 左左 MAX146km スライダー・カーブ・チェンジ・フォーク
最速146㌔の直球とスライダー、チェンジアップ。3年夏に甲子園16強入り。制球重視の投球を見せた。
2015年広島3位(契約金5000万円、年俸540万円)

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

   15夏     回数 被安 奪三 四死 自責
   専大松戸 先   9  8  10  1  0 140㌔ ○
   敦賀気比     4  7  1  0  0 139㌔
   仙台育英     8  8  6  4  2 143㌔
           21  23  17  5  2 防0.86
       被安打率9.86 奪三振率7.29 四死球率2.14

  最新記事

 ■ 花巻東高橋投手 仮契約結ぶ(NHK盛岡放送局) 15/11/7

 高橋投手は7日夕方、岩手県花巻市のホテルで両親が同席するなか、広島の球団関係者と交渉に臨みました。そして、いずれも推定で、契約金5000万円、年俸540万円で合意し、仮契約を結びました。花巻市出身の高橋投手はコーナーを突くコントロールが持ち味の左ピッチャーで、ことしの夏の甲子園ではエースとしてチームをベスト16に導き、18歳以下のワールドカップでも日本の準優勝に貢献しました。仮契約の後に開かれた会見で高橋投手は、「高い評価を頂き、すごく嬉しいです。期待に応えられるように早く1軍に上がってチームの勝利に貢献できるようになりたい」と抱負を語りました。広島の近藤芳久スカウトは、「チームに左ピッチャーが少ない分、力があれば1年目、2年目でも登板するチャンスは十分にある先発完投型のピッチャーになって欲しい」と期待を示しました。
 近藤スカウトは「プロは力さえあれば早く(1軍に)上がれる。カープは左の先発投手が少ないので十分チャンスがある。先発完投型の投手になってほしい」、白武部長も「投球フォームがいいからコントロールがいい。(投げ方で)直すところはない。球速も150キロくらいまで出そうだし、3、4年後が楽しみ」と期待を寄せた。(岩手日日新聞社)

 ■ ドラ3高橋オレが一番!純平には負けん(デイリースポーツ) 15/10/31

 広島にドラフト3位指名された高橋樹也投手が30日、岩手県花巻市の同校で指名あいさつを受けた。指名あいさつを終え「雄星さんが目標なのは変わらないが、今度は自分が目標とされる投手になりたい。今は楽しみな気持ちです」と、目を輝かせた。1位指名の同世代にはライバル心をむき出しにした。U-18W杯代表の同僚で、3球団競合の末、ソフトバンクに1位指名された高橋純平の名を挙げ「一緒にプレーして直球も変化球もすごかった。でも同じ学年には負けたくない。早く1軍で投げられるよう頑張りたい。(同世代で)突き抜けたい」と、言い切った。担当の近藤スカウトは「高校生離れの投球術があり、試合をつくれる先発で頑張ってほしい。広島は左の先発日本人がいないから」と期待。高橋と菊池は同じ左腕だが、「彼は雄星よりも高橋尚成タイプ。左右のコースを突いて抑える」と、今季限りで現役を引退した同じ“高橋”の元大リーガーを挙げた。引退後も連日練習を続けており、ロッテ3位の成田(秋田商)から教わった縦スライダーの習得に意欲を見せている。
 面談後、近藤スカウトは3位指名した理由を「コースを投げ分ける制球力が優れ、高校生離れしている」と話し、「先発して完投できる投手になってほしい」と期待を込めた。苑田スカウト統括部長も、高橋投手の長所を「打たれた後もくじけない負けん気の強さ」だとし、「まずは二軍で起用し、着実に育てていきたい」と育成方針を語った。(読売新聞)
 懇談後の会見で近藤スカウトは「気が強い印象を受けた。大舞台でプレーをするには大切」と評価。2年時から高橋の投球をチェックしていたといい「制球力がある。先発完投型の投手に育てたい」と語った。(岩手日報)

 ■ 花巻東左腕エース高橋樹也、プロ一本に絞る(日刊スポーツ) 15/10/6

 花巻東の左腕エースで、今夏甲子園、U18W杯で活躍した高橋樹也が進路をプロ一本に絞ったことが5日、分かった。強豪社会人チームのオファーがあったが、本人のプロへの気持ちは強く、今日6日にプロ志望届を岩手県高野連に提出することになった。高橋は最速146キロの直球に加え、スライダー、チェンジアップ、90キロ台のカーブなど多彩な変化球を持つ。今夏の岩手県決勝で延長13回190球完投するなど、スタミナにも定評がある。

過去記事

 ■ 高橋樹「ストレートはまだ力が及ばない」(日刊スポーツ) 15/9/8

 野球の第27回U18ワールドカップに出場した東北勢5人が、決勝から一夜明けた7日、日本代表の解団式に出席し、長い夏を終えた。高橋樹也(3年=花巻東)は、3戦6回を投げ無失点。いずれも中継ぎだが、鋭く曲がるスライダーを使った安定感あるピッチングで、試合を引き締めた。「いいピッチャーばかりで、自分もしっかり投げないとと思って臨んだ。このメンバーで野球ができて良かった」と振り返った。初めて世界と戦いストレートはまだ力が及ばない」と、課題も見つかったプロに行きたい気持ちがあるが、複数の社会人からもオファーがあり、進路はまだ未定だ。「帰って(佐々木洋)監督さんと相談します」と話した。

   18UW杯  回数 被安 奪三 四死 失点
   AUS    2  0  2  1  0 140㌔
   MEX    2  0  4  0  0 136㌔ ○
   CUB    2  2  1  0  0 137㌔
          6  2  7  1  0 防0.00
     被安打率3.00 奪三振率10.50 四死球率1.50

 ■ 花巻東プロ注目左腕“雄星2世”高橋涙(デイリースポーツ) 15/8/17

 仙台育英が花巻東との東北対決を制して準々決勝に進んだ。プロ注目左腕の花巻東・高橋は1点ビハインドの二回から登板したが、いきなり失点。「あそこで抑えておけば試合はわからなかった」と涙を流した。OBの菊池(西武)の腰の使い方を参考にキレを磨いた「雄星2世」。進路については「今までチームのことしか考えられなかったので、今後ゆっくり考えたい」と話した。

 ■ “雄星2世”高橋10K 花巻東クロスファイアの系譜(スポニチ) 15/8/8

 1回戦4試合が行われ、第1試合では花巻東が専大松戸を4―2で撃破した。今秋ドラフト候補に挙がる高橋樹也(みきや)投手が8安打10奪三振2失点で完投勝利をマーク。右打者が6人並んだ専大松戸打線。左腕・高橋のテーマは、クロスファイアだった。「角度をつけて、甘く入らないように意識した」。その言葉通りに、胸元を突いた。相手の胸を目掛けて投げるのがキャッチボールの基本とされる。だが、花巻東の投手は、少し異なる。左投手は相手の左肩を狙うことを徹底する。肩慣らしの段階から、クロスファイアの角度を意識するためだ。味方が追加点を挙げた直後の6回は3者連続三振。2死で代打起用された右打者の永井には、136キロを内角いっぱいに決め、見逃し三振を奪った。「球速が出ていても甘くなったら打たれる。制球を重視して投げた」。9回2死一、二塁のピンチではプロ注目の1番・渡辺の懐をえぐり、最後はチェンジアップ。「意識付け」が実り、10個目の三振で締めた。09年センバツで菊池を擁して準優勝。当時小6だった高橋は、テレビ観戦し「雄星さんみたいになりたい」と思った。腰の回転を早くするフォームは大先輩を参考にした。最速は140キロ止まりだったが、129球を投げての完投勝利。4回に3失策が絡んで2失点したが、自責点は0だった。日本ハム・今成泰章スカウトは「投球術は大谷よりもいいものを持っているんじゃないか」と話し、オリックス・中川隆治スカウトも「腕の振りがいい。面白い素材」と評価した。
 制球重視のため140キロ台を記録したのは、129球のうち2球。それでも巨人・山下スカウト部長は「左投手で左右(のコース)に投げ分けられている。高校生離れしている」と評価した。(スポーツ報知)
 ヤクルト・鳥原チーフスカウトは「高校生の左腕なのに、淡々と冷静に投げるのがいい。コントロールに全く苦しまないのもいい」と制球のよさを評価。楽天・長島スカウト部長は「腕のしなり、指先の感覚の鋭さがあるから(球を)器用に操れる高校生左腕として完成しているように思う」と分析した。(SANSPO
 ロッテ・松本編成統括は「体はまだできてないけど投げるセンスがある」と評価する。(デイリースポーツ)

   15夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:盛岡中央 先   9  1  14  1  0封
   4回戦:盛岡市立    4.2  3  10  1  0
   準々決:花 巻 農    0.1  0  0  0  0
   決 勝:一関学院 先  13  16  7  9  8 141㌔
               27  20  31  11  8 防1.67
          被安打率6.67 奪三振率10.33 四死球率3.67

 ■ 花巻東、2年ぶり8度目の甲子園!延長13回の死闘制す(スポーツ報知) 15/7/25

 延長13回の死闘を制した花巻東が、2年ぶり8度目となる夏の甲子園出場を決めた。エース左腕の高橋樹也(みきや、3年)が延長13回を16安打8失点(自責5)と、本来の投球はできなかったものの、190球の熱投で完投。打線が18安打で9得点と援護し、強打の一関学院に競り勝った。魂を込めた190球目で3時間36分の死闘にピリオドを打つと、花巻東・高橋は主将の佐藤唯斗一塁手(3年)と抱き合った。「(OBで西武の菊池)雄星さんが活躍した甲子園に行きたくて、小6の時に『自分も(花巻東で)甲子園に行くんだ』と決めていた。本当にうれしいです」。立ち上がりから苦しんだ。生命線のスライダーが低めに決まらない。3点リードの3回、一関学院の4番・小又怜左翼手(3年)に左翼へ同点3ランを浴びた。「スライダーが高めに浮いてしまった。本日、自分は本当に情けない投球をしてしまった。点を取ってくれた野手に感謝です」。背番号1は反省と感謝の言葉を繰り返した。7回の打席で右太ももの外側に死球を受け、倒れ込んだ。走ることができず臨時代走が送られたが、その裏のマウンドに歯を食いしばって登った。「(死球の影響で)ちょっと足は上げにくくなりましたけど、カツが入りました」。内容は悪くても、評価は高い。楽天・長島スカウト部長は「いろいろな球種を投げる器用さがあり、腕の振りも柔らかい伸びしろに魅力を感じる」と話した。2005年夏から1年おきに甲子園に出場する“隔年の法則”も続いた。佐々木洋監督(39)は「引っ張りすぎた気もするけど、樹也に託して、助けられました」と、エースをたたえた。
 スタンドで楽天ソフトバンクなどのスカウトが見守る中、変化球の切れが悪く、最速146キロを誇る速球も141キロ止まり。(日刊スポーツ)

 ■ 花巻東・高橋1安打完封勝利、毎回の14K/岩手(日刊スポーツ) 15/7/16

 花巻東のプロ注目左腕、高橋樹也(みきや=3年)が今夏初登板して、1安打の完封勝利で16強入りした。スライダー、チェンジアップがさえ、毎回の14三振を奪った。「低めに決まれば打たれない。ワンバウンドでもいいと思って投げた」と笑顔を見せた。普段は試合当日に先発を伝えられるが、甲子園経験がある盛岡中央戦で、前日15日に佐々木洋監督(39)が言い渡した。佐々木監督は「樹也に勝たせてもらった」と難敵撃破を喜んでいた。

 ■ 花巻東ピンチでエース高橋投入ピシャリ(スポーツ報知) 15/5/16

 苦しい局面でも表情一つ変えず、高橋がアウトを重ねていった。1-1の7回から3番手で登板。プレッシャーのかかる展開で被安打1、無失点の好投に「役割を考え、しっかり(失点)ゼロに抑えられた」と納得の表情だ。気温が約13度と低く、強い風も吹き「寒さで直球が走らなかった」(高橋)と苦しんだ。以前なら力んで失投となる場面だが、カーブなどの変化球中心で対応。「本調子ではなかったがよく投げてくれた」と佐々木洋監督も評価した。9日の浦和学院との練習試合で、自己最速の146キロを記録。この日は3球団のスカウトが視察した。

 ■ 今秋ドラフトの主役は左投手!“雄星2世”花巻東・高橋に注目(スポニチ) 15/1/3

 今秋ドラフトの主役は「左投手」だ。花巻東(岩手)の高橋樹也(みきや)投手(2年)は昨秋に最速144キロを計測し「菊池雄星2世」として注目が集まる。6年前、小学6年生だった高橋は、テレビの画面にくぎ付けになった。花巻東のエース・菊池(現西武)が09年センバツでブレーク。同校初の準優勝に導く姿に引かれた。「同じ左投手の雄星さんに憧れて高校は決めた。自分もプロで活躍できる投手になりたい」。西南中では「腰の回転を速くするところを参考にフォームを固めた」と振り返る。花巻東では1年秋からベンチ入りを果たすと、昨秋からエースナンバーを背負った。延長15回引き分け再試合となった秋季東北大会2回戦、東日本国際大昌平(福島)戦では5回途中から救援し10回1/3を1安打無失点投球。ネット裏のスカウトからは「腕の振りがいい」と評価された。最速144キロの直球を軸に、鋭い変化を見せるスライダー、チェンジアップ、フォークを操る東北大会では24回1/3を投げ24奪三振。わずか3四死球と制球力も光った。佐々木洋監督は「今の時期だと、雄星よりも安定している。スピードもまだ出る」と期待する。冬場は走り込み、ウエートトレーニングと並行して食事トレにも着手。朝から丼で3杯を平らげ、体重は入学時から5キロ増の75キロになった。「今年は150キロを投げて、変化球の精度も高くしたい」と高橋。高校ラストイヤーで飛躍的に伸びた先輩同様に「雄星2世」は、貪欲に夢を追う。

   14秋東北       回数 被安 奪三 四死 自責
   2回戦:東日昌平    10.1  1  7  2  0(延長15回引き分け)
   準々決:大曲工業     10  5  11  1  1(延長15回引き分け)
   再試合:大曲工業     4  6  6  0  2
              24.1  12  24  3  3 防1.11
          
被安打率4.44 奪三振率8.88 四死球率1.11

 ■ 花巻東初V 背番「17」高橋初完封(日刊スポーツ) 15/1/3

 花巻東が盛岡三との史上初の岩手県勢対決を制し、春秋通じ初の東北王者に輝いた。先発左腕高橋樹也(2年)が2安打11奪三振で初完投初完封。準決勝でエース左腕細川稔樹(3年)が左肩に打球を受けて投げられない中自己最速141キロをマークするなど、ベストピッチングをみせて勝利に導いた。初回に自己最速の141キロを計測。走る直球にタイミングをずらすカーブなど変化球をうまく織り交ぜ、盛岡三打線から11三振を奪った。四球は1つのみと制球も抜群。継投を考え、3年生右腕佐々木竜次を早い段階から準備させていた佐々木洋監督(39)は「見事だった。間違いなく今までで一番」と、予想以上の働きをうれしそうにたたえた。西武の菊池雄星、日本ハム大谷と同期で慶大の小原大樹、現在のエース細川。花巻東の左腕が代々つけてきた伝統の背番号17を昨秋から背負う。「責任がある」と重みを感じながら何度も登板機会に恵まれたが、これまで投げた最長は5イニング。すぐ球が高く浮き、持たなかった。前日8日の八戸学院光星戦できっかけをつかんだ。エース細川のアクシデントで8回から緊急登板したにもかかわらず、光星打線を2回無安打とほぼ完璧に抑えた。「変化球で空振りが取れると自信がついた」。左肩の腫れが引かずに投げられない細川の分も「絶対抑える」。強い気持ちで期待に応え、チームに初優勝をもたらした。
  最速141キロの直球と90キロ台のカーブを使った緩急も有効で、的を絞らせない。「変化球でカウントを取れたのが良かった」と、満足の投球を振り返った。盛岡三の柴田監督も「全てのボールが良かった」と脱帽するしかなかった。(河北新報)

   14春東北       回数 被安 奪三 四死 自責
   2回戦:青森山田 先   4  3  3  1  0
   準決勝:八戸光星     2  0  2  1  0
   決 勝:盛岡三高 先   9  2  11  1  0封141㌔
               15  5  16  3  0 防0.00
          
被安打率3.00 奪三振率9.60 四死球率1.80

  プロフィール

 岩手県花巻市出身。
 高橋 樹也(たかはし・みきや)投手。
 笹間一小3年から軟式野球を始め、西南中時代は軟式野球部に所属。
 3年夏に県大会ベスト8入りを経験した。

 花巻東では1年秋から背番号17でベンチ入り。
 2年春の東北大会で創部初の優勝を成し遂げ、3試合15イニングで16K無失点の実績を残す。
 盛岡三高相手に2安打11奪三振1四球初完封の好投で胴上げ投手を経験。
 2年秋に主戦の座を掴み、肩痛を抱えながらも、東北大会24.1回で24K3四死球を記録した。
 2回戦・東日大昌平戦(15回2対2で引き分け)で10.1回1安打無失点リリーフ。
 準々決・大曲工戦(15回4対4で引き分け)で10回5安打11K1失点の好救援を演じている。
 3年夏に4試合(先発2)27回31三振8失点の活躍で2年ぶり県大会Vを達成。
 盛岡中央戦で1安打14K完封の快投を見せ、決勝で13回190球、9対8完投勝ちを挙げた。
 甲子園3試合(先発1)21回に登板し、23安打4失点の粘投でベスト16に進出。
 初戦・専大松戸戦で2失点完投勝ちを収め、制球力・投球術でプロから評価を受けている。
 4回7安打無四球無失点リリーフで平沼翔太擁する春V校・敦賀気比に勝利。
 敗れた3回戦・仙台育英戦でも2回表から8回を8安打6三振2失点にまとめる粘投を見せた。
 この活躍により日本代表入りを果たし、U18W杯(日本開催)で準優勝を経験。
 いずれも中継ぎとして3試合、計6回に起用され、2安打7奪三振1四球無失点リリーフを見せた。
 同学年のチームメイトとして佐藤唯斗三塁手ら。

 176cm74kg、プロ注目のスリークォーター左腕。
 ノーワインドアップからインステップ気味に踏み出し、着地早めにヒジを柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速146㌔、常時130㌔台中盤から後半の伸びのあるストレートと、
 100㌔台から120㌔前後のキレの良いスライダー、110㌔台のチェンジアップ、90㌔台のカーブ。
 直球とスライダーとのコンビネーションが持ち味。右打者外角にチェンジアップ。
 制球重視の投球で甲子園16強入りを果たし、左右の投げ分け、投球術をプロから評価された。
 1年秋に141㌔、2年秋に144㌔、3年春に146㌔を計測している。

  スカウトコメント

広島・白武部長|15/11/8
 「投球フォームがいいからコントロールがいい。(投げ方で)直すところはない。球速も150キロくらいまで出そうだし、3、4年後が楽しみ」
広島・近藤芳久スカウト|15/11/7
 「チームに左ピッチャーが少ない分、力があれば1年目、2年目でも登板するチャンスは十分にある。先発完投型のピッチャーになって欲しい」
広島・近藤スカウト|15/10/31
 「高校生離れの投球術があり、試合をつくれる。先発で頑張ってほしい。広島は左の先発日本人がいないから。彼は雄星よりも高橋尚成タイプ。左右のコースを突いて抑える」
 「気が強い印象を受けた。大舞台でプレーをするには大切。制球力がある。先発完投型の投手に育てたい」
広島・苑田スカウト統括部長|15/10/31
 「(長所は)打たれた後もくじけない負けん気の強さ。まずは二軍で起用し、着実に育てていきたい」
巨人・山下スカウト部長|15/8/8
 「左投手で左右(のコース)に投げ分けられている。高校生離れしている」
ヤクルト・鳥原チーフスカウト|15/8/8
 「高校生の左腕なのに、淡々と冷静に投げるのがいい。コントロールに全く苦しまないのもいい」
楽天・長島スカウト部長|15/8/8
 「腕のしなり、指先の感覚の鋭さがあるから(球を)器用に操れる。高校生左腕として完成しているように思う」
日本ハム・今成泰章スカウト|15/8/8
 「投球術は大谷よりもいいものを持っているんじゃないか」
オリックス・中川隆治スカウト|15/8.8
 「腕の振りがいい。面白い素材」
楽天・長島スカウト部長|15/7/25
 「いろいろな球種を投げる器用さがあり、腕の振りも柔らかい。伸びしろに魅力を感じる」
プロスカウト|15/1/3
 「腕の振りがいい」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-11-08(日)|2015年ドラフト指名選手 | コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
気になっていたので安心しました!プロでの活躍を楽しみにしてます(^_^)v
| ドゥルレ | 2015年10月23日(Fri) 00:28 | URL #- [ 編集]
良い投手に見える。動画を見る限りは、ですけどね
| nyal | 2015年05月21日(Thu) 16:43 | URL #XAfC0IV6 [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年ドラフト指名選手 | コメント(2) Page Top↑