堀内 謙伍(静岡)

ここでは、「堀内 謙伍(静岡)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



堀内 謙伍(静岡)

176cm80kg 右左 捕手 遠投100m 50m6秒2
広角に鋭い打球を放つ左打ち捕手。二塁送球タイム1.9秒台。好リードでU18W杯準Vに貢献した。
2015年東北楽天4位(契約金4000万円、年俸600万円)

  動 画

  打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏: 1 .250  4  1 0 0 0 0 2 0 0  .250  .250
   15春: 3 .200 10  2 0 0 0 2 3 2 0  .333  .200
   15夏: 1 .500  4  2 1 0 0 1 0 1 1  .600  .750
   通算: 5 .278 18  5 1 0 0 3 5 3 1  .381  .333

  最新記事

 ■ 静高・堀内選手が楽天と契約(中日新聞) 15/11/14

 楽天から四位指名を受けた静岡高校三年の堀内謙伍選手が十三日、静岡市駿河区のホテルで球団と契約を結んだ。契約後の会見で「楽天の選手としてようやくスタートラインに立った。正捕手の嶋(基宏)選手を目標として頑張りたい」と決意を新たにした。堀内選手は「ドラフト当日はうれしかったが、今は野球選手として早く自立したい気持ちが強い」と心境の変化を語り、帽子と真新しいユニホームを身につけた。山田潤・東海北陸地区担当スカウトは「星野仙一球団副会長や同じ捕手出身の梨田昌孝新監督を含め、球団として野球センスや身体能力を高く評価している。将来的にはチームの柱になってほしい」と大きな期待を寄せた。球団によると、契約金は四千万円、年俸は六百万円(いずれも推定)。背番号は未定。十二月一日に仙台市で入団会見を行う。
 山田潤スカウトは「素晴らしいセンスを持っているので、けがをしない体作りをして将来的にはチームの柱になってほしい」と期待した。(読売新聞)

 ■ ドラ4堀内、“ポスト嶋”弟子入り志願「息の長い選手に」(スポーツ報知) 15/10/31

 楽天にドラフト4位指名されたU―18代表捕手・堀内謙伍は、静岡市葵区の同校でスカウトのあいさつを受け、この日、FA権を行使せず残留を表明した嶋基宏捕手への“弟子入り”を志願した。気持ちはすでに楽天の一員だ。えんじ色の帽子を山田潤スカウトから贈られた堀内は「仙台の人に愛される、息の長い選手になりたい」と気を引き締め直した。将来のチームリーダーとして、球団の評価は高い。1年秋から注目していた山田スカウトは、技術面に加えて「先輩を引っ張っていくハートの強さ」を特徴に挙げた。この日、レギュラー捕手の嶋が残留を表明したが、「数年後に正捕手を背負う力を持っています。いずれは嶋を超えてもらわないと困る」と、「ポスト嶋」に指名した。その言葉を聞いた堀内も「そうなれるよう、しっかりやりたい」と意気込んだ。高1で捕手に転向したときからプロ選手のキャッチングなどをネットの動画サイトで見て研究しており、嶋もその対象だった。「生でプレーを見て、すべての面で勉強したい。そしてライバルとして戦えるよう頑張りたい」。強肩と打撃センス、そして度胸の良さでプロの世界に挑む覚悟だ。
 楽天の山田潤スカウト(44)は堀内選手について、「1年の秋から捕手として試合に出ていたことで、臆せずに年次が上の先輩を引っ張ってきた」と評価。「堀内君なら嶋捕手の次世代の正捕手として、主力を担ってくれるはず」と期待を寄せた。(読売新聞)
 1年の秋から堀内選手を見てきた山田スカウトは「高校生としての大舞台を経験しており、堂々としている体、心の強さ、フットワークの良さなど数年後正捕手としてやっていける」と潜在能力の高さを重ねて評価。(産経新聞)
 山田スカウトは指名の理由について「強肩、キャッチング、木製バットへの対応力など総合的に評価した」と説明。U―18(18歳以下)ワールドカップで一流投手たちをリードし、大舞台で力を発揮したハートの強さに好印象を受けたという。「焦らず土台をつくり、いずれは嶋を超える選手に」と期待した。(静岡新聞)

 ■ U18W杯出場の静岡・堀内、週明けにもプロ志望届(日刊スポーツ) 15/9/12

 野球のU18W杯で準優勝した日本代表メンバーで、静岡の堀内謙伍捕手が来週中にプロ志望届を出すことが11日、分かった。栗林俊輔監督によると、週明けにも正式な書類を県高校野球連盟に提出する見込みだという。同杯終了後に「プロでやりたい気持ちが強くなった」と、プロ志望を表明していた“世界一の捕手”が、ついにプロ入りへの正式な手続きを踏むことになった。堀内は同日、放課後に静岡高校で全校生徒を前に「報告会」に臨んだ。数多くの生徒の拍手に包まれながら、銀メダルを胸に登壇すると「大会を通して本当に良い経験ができた。この貴重な経験をこれからの野球人生に生かして、将来は侍ジャパンに選ばれるような選手になっていきたい」との決意を示した。同杯では、7試合で16打数7安打5打点をマークした。大会ベストナインにも選出された活躍をみせ、プロ入りへの夢が現実味を帯びてきた。帰静直後の8日から既に、同校野球部の練習に合流。後輩たちと汗を流している。運命のドラフト会議は10月22日。堀内は、次なるステージを見据え、着実に準備を整えていく。
 今後も毎日、野球部の練習に参加する予定課題とする打撃の力不足を補いたい堀内は「(日本代表で)一番、パワーが強かったのが清宮(早実)。1年生にしてはすごいと言われたりもしていたが、あの中にいても飛距離は一番。キヨ(清宮)ばりのパワーをつけたい」と話した。(スポーツ報知)

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18UW杯: 6 .438 16  7 0 2 0 5 1 2 0  .500  .688

過去記事

 ■ 静岡堀内も提出へ(日刊スポーツ) 15/9/6

 今大会で正捕手を務める静岡・堀内謙伍捕手も大会終了後にプロ志望届を提出することになった。社会人野球に進む選択肢もあったが、代表での活躍で決意を固めたとみられる。今大会は5試合で先発マスクをかぶり投手陣を支える。この日も2試合連続のマルチ安打を放つなど打撃も好調だ。
 捕手で大会ベストナインに選出された堀内謙伍は「社会人のトヨタが熱心。指名を検討する複数のプロ球団と綱引きが始まっている」(前出のスカウト)。(日刊ゲンダイ)

 ■ 堀内2安打&上野完封リード「いい投手」U18W杯(日刊スポーツ) 15/9/4

 静岡・堀内謙伍捕手がリードと2安打2打点で中京大中京(愛知)上野翔太郎投手を援護した。外角に少し広めなストライクゾーンも利用して韓国打線から10三振を奪い、バッテリーでの無失点イニングを8月26日の1次リーグ開幕戦・ブラジル戦から通算13イニングに伸ばした。「上野はコントロールがいいし、自分でも考えて投げてくる。いい投手です」と強い信頼感を口にした。

 ■ 静岡・堀内1打点 プロ消極的(スポーツ報知) 15/8/8

 乱打戦の末に敗れ、優勝候補の一角が初戦で姿を消した。4番を打つプロ注目の大型捕手・堀内謙伍は、初回に左越えの同点二塁打を放つなど2安打1打点。中堅から逆方向に打ち返す力強い打撃と、素早いスローイングでスカウトの評価を高めたが「今の実力だったら通用しない。大学か社会人で実力をつけてから行きたい」と、今秋のプロ志望届提出は消極的だった。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15夏予: 6 .500 22 11 4 1 0 8 3 6 1  .607  .773

 ■ プロが惚れた 静岡高・堀内謙伍捕手(東京中日スポーツ) 15/3/23

 静岡高の4番・堀内謙伍捕手は守備で見せ場をつくった。1回に先制された後の2回の守備だった。2死二塁。立命館宇治の9番・山下の打席で二塁走者が飛び出したのを見逃さなかった素早い動作と自慢の肩で二塁に送球。挟殺でピンチを切り抜けると、3回に4点を奪う逆転劇につなげた。「あそこで切れたので流れが来た。相手のミスを逃さずに刺せた」と堀内。中日・中田スカウト部長は「送球が安定している。これまで何度か見ているが、キャッチングも良くなった」と堀内の成長を見て取った。捕球から二塁到達までの送球タイムはコンスタントに1秒9台をマークする。中田部長は「肩がずばぬけて強いわけではない」というが、フットワークとストライク送球できるコントロールの良さは光っている。東海大翔洋中の軟式野球部では最速135キロをマークする投手だった。だが、「自分で試合をコントロールできる」と捕手を希望高校入学後に本格転向しただけに、伸びしろもある。ヤクルト、古田敦也さんの本を読んで配球を研究するなど、努力家でもある。高校通算10本塁打の打撃は無安打に終わった。左打ちの4番は予想外の内角攻めに戸惑ったが、3回には1死一、三塁で勝ち越し犠飛。「きょうはタイミングが合わなかったが、パワーはある。自分のツボを持っている軸がくるっと回って軌道のいいスイングをする」と担当の清水スカウト。50メートルを6秒2で駆ける俊足で、昨秋は11試合で6盗塁を決めた。スピードも魅力の1つだ。昨年は春江工・栗原や九州国際大付・清水ら、有望な高校生捕手が多かった。今大会では高崎健康福祉大高崎・柘植と並び、打てる捕手の1人として堀内の名前が挙がる。「行ける時にプロに行きたい」。希望進路はプロ1本に絞っている。

 ■ 攻守の大黒柱、信頼厚く−−堀内謙伍(ほりうち・けんご)捕手(2年)(毎日新聞) 15/1/29

 軟式野球部に所属していた中学時代は、球速130キロ台後半の速球派のエースだった。それでも「打者の裏をかいて打ち取った時の方がうれしい」と、高校から捕手を希望。めきめきと力をつけ、1年秋から正捕手の座を勝ち取った。本塁から二塁までの送球タイムは約1・9秒。「走られても絶対に刺す」と自信満々だ。リード面では、村木文哉投手が「アドバイスも的確で、安心して投げられる」と信頼の厚い女房役だ。昨年12月に台湾へ遠征した県選抜チームでは主将を任された。「(静高の)安本(竜二主将)の大変さが分かった」と年明けからは積極的に声を出したり、周囲への気遣いを見せるなど精神面で一回り成長した。打者としても「強打・静高」の中心的存在。県、東海大会では2本の本塁打をたたき出した。一方、明治神宮大会の東海大菅生(東京地区代表)戦では3三振を喫し、課題も残した。「打ち損じを無くしていきたい。試合の流れを変える一打を打てるように練習を重ねたい」。攻守の大黒柱はセンバツ必勝に燃えている。

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14秋公式: 11 .462 39 18 4 3 2 14 7 9 6  .563  .872
   14秋東海: 3 .429 14  6 1 0 1 5 3 2 1  .500  .714

 ■ 静岡4強進出 クリーンアップ3者連発(日刊スポーツ) 14/10/19

 静岡(静岡1位)がクリーンアップ3者連発で土岐商(岐阜3位)を粉砕した。3-2の3回表、先頭の内山竣中堅手から堀内謙伍捕手、主将の安本竜二遊撃手(いずれも2年)の3人がアーチをかけた。ベンチで3連発を見届けた、2本目を打った堀内は「『まじかよ』とみんなでびっくりしました」と笑顔。安本は続く4回の打席でも本塁打を放った。

  プロフィール

 静岡県静岡市出身。
 堀内 謙伍(ほりうち・けんご)捕手。
 内田小1年時から軟式野球を始め、東海大翔洋中では野球部で投手。
 肘の手術を乗り越えて135㌔右腕として活躍した。

 静岡高校では1年秋に正捕手の座を獲得。
 5番・キャッチャーとして東海大会(4強)に出場し、2試合で8打数7安打3打点の好成績を残す。
 2年春から4番・捕手の大黒柱を務め、2年夏に3年ぶり23度目の県大会制覇。
 続く甲子園初戦(4対5)で岩下大輝から鋭い中前安打(外角高め142㌔直球)を記録した。
 同年秋には11試合打率.462本2点14の活躍で県大会V、東海大会Vを達成。
 中前安打、右越えソロ、中越えの三塁打と、静岡大会決勝で3安打1打点をマークしている。
 東海大会初戦2回戦・土岐商戦で右越えソロ本塁打など4安打3打点1盗塁。
 神宮大会は勝俣翔貴の前に無安打3三振(縦スラ2、内直球1)2四球で初戦敗退となった。
 3年春の選抜では初戦で勝ち越し犠飛、2回戦で詰まった同点左前打を記録。
 平沼翔太が相手の準々決・敦賀気比戦は、無安打2K(内直球、沈むチェンジ)に終わった。
 夏予選で打率5割、点8の活躍を演じ、4番として3季連続甲子園出場を達成。
 甲子園(初戦敗退)で左翼線適時2塁打(外141㌔)、遊安、補殺(1.97秒)を記録している。
 大会後は日本代表の正捕手(スタメンマスク5試合)としてU18W杯準Vを経験。
 好リードで投手を支えると共に、7安打(左4・中2・右1)を放ち、捕手ベストナインに選出された。
 同学年のチームメイトとして安本竜二内山竣ら。

 176cm80kg、ガッチリした体格の左打ち捕手。
 通算10発、広角に鋭い打球を弾き返す4番打者。落ちる球、内角球への対応などに課題を残す。
 甲子園、神宮では6試合で8三振(内直球3、縦スラ2、フォーク1、チェンジ1)を喫した。
 インサイドワークに優れた捕手。リード、キャッチングに良さがあり、ワンバウンド処理もまずまず。
 二塁送球1.9秒台から2.0秒前後の強肩を備える。志願してキャッチャーに転向した。
 捕手ながら50m6秒2の脚力を兼備。夏の予選7試合で7盗塁、秋11試合で6盗塁を記録している。
 日本代表の正捕手として国際大会でも活躍した。

  スカウトコメント

東北楽天・山田潤東海北陸地区担当スカウト|15/11/14
 「星野仙一球団副会長や同じ捕手出身の梨田昌孝新監督を含め、球団として野球センスや身体能力を高く評価している。将来的にはチームの柱になってほしい」
 「素晴らしいセンスを持っているので、けがをしない体作りをして将来的にはチームの柱になってほしい」
東北楽天・山田潤スカウト|15/10/31
 「1年の秋から捕手として試合に出ていたことで、臆せずに年次が上の先輩を引っ張ってきた。堀内君なら嶋捕手の次世代の正捕手として、主力を担ってくれるはず」
 「高校生としての大舞台を経験しており、堂々としている。体、心の強さ、フットワークの良さなど数年後正捕手としてやっていける」
 「強肩、キャッチング、木製バットへの対応力など総合的に評価した。焦らず土台をつくり、いずれは嶋を超える選手に」
東北楽天・山田潤スカウト|15/10/22
 「2年後、3年後、4年後にいま正捕手の嶋選手を追い抜き、レギュラーとしてやっていける素材の捕手だと思っています。捕手としての最大の武器は、肩の強さ、正確性だと思います。ジャパンの正捕手も務めたりで、プロと同じ木製のバットにも馴れていて、上手く対応して広角にライナー性の打球を打てる、アベレージを残せるバッターではないかと思います。楽天の正捕手として長く活躍できる、そんな選手に一日でも早くなってほしいと思います」
DeNA・稲嶺スカウト|15/9/24
 「今年の高校生捕手のなかではトップクラス」
ヤクルト・小田スカウト|15/8/28
 「バッティングがいいですね。馬力もありますし。キャッチャーとしても、いい内面を持っています」
中日・中原スカウト|15/8/28
 「一番の魅力は打撃です。『打てるキャッチャー』というのは、なかなかいませんから。キャッチャーとしても地肩があって、捕ってから投げるまでが速いです」
巨人・山下哲治スカウト部長|15/8/13
 「捕手では、高崎健康福祉大高崎・柘植世那、静岡・堀内謙伍が攻守にまとまっている」
中日・中田スカウト部長|15/3/23
 「(肩がずばぬけて強いわけではないが)送球が安定している。これまで何度か見ているが、キャッチングも良くなった」
中日・清水スカウト|15/3/23
 「きょうはタイミングが合わなかったが、パワーはある。自分のツボを持っている。軸がくるっと回って軌道のいいスイングをする」
ヤクルト・小田義人スカウト|15/2/25
 「最初から進路希望としてプロを明確としたのは、高木(康成、元巨人ほか)以来だと思う。そういう高い意識でいるのは頼もしいこと。打撃が良いし、地肩も強い。甲子園でどこまで見せてくれるか楽しみです」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-11-14(土)|2015年ドラフト指名選手 | コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
個人的に、今年の高校生捕手で1番 心配なサイズはロッテ田村が参考になると思われる
肩が強いはわりに送球ミスがない 選抜の初戦で、打たれだしたら配球パターンを変えて試合の作ったリードは見事だったし、本人もリードの面白みを感じているように見える
トヨタ入りで木下の後継有力とされるが、トーナメントではなく、同じ相手と何度も対戦するプロでやってほしい
| soke | 2015年09月12日(Sat) 11:58 | URL #- [ 編集]
今年の高校生捕手の中では攻守両面でスケールの大きさを一番感じます。
ファームでしっかり育てていける球団に指名されたら将来が楽しみ。
| バファローバル | 2015年09月06日(Sun) 20:46 | URL #- [ 編集]
本人が進学、社会人野球入りを表明している中横槍を入れる様で少々気が引けますが
それでも敢えて言わせて貰うと、即プロ入りでもかなり良い線でやれそうな気はしますけどね…

只安易に測れないポジションである以上、その本人が自身をそう評価しているのならば、悪意なしにそれだけ冷静であると言えるのかもしれませんね。
| nyal | 2015年09月04日(Fri) 22:14 | URL #frfcpIqI [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年ドラフト指名選手 | コメント(3) Page Top↑