福田 光輝(法大)

ここでは、「福田 光輝(法大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野



福田 光輝(法大)

175cm70kg 右左 遊撃手 遠投105m 50m6秒4 大阪桐蔭
守備力が光る細身の遊撃手。広角に打ち分ける3番打者。1年秋から強豪で遊撃レギュラーを務める。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春: 6 .000  7  0 0 0 0 0 4 0 0  .000  .000
   通算: 6 .000  7  0 0 0 0 0 4 0 0  .000  .000

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13夏: 1   -  0  0 0 0 0 0 0 1 0 1.000   - 
   14夏: 6 .150 20  3 0 0 0 3 5 2 0  .227  .150
   15春: 4 .231 13  3 0 0 1 2 1 2 0  .333  .462
   通算: 11 .182 33  6 0 0 1 5 6 5 0  .289  .273

  最新記事

 ■ 大阪桐蔭主将、たった1人の行進「“忘れ物”は上の舞台で」(産経WEST) 15/8/6

 6日行われた第97回全国高校野球選手権大会の開会式で、前回覇者の大阪桐蔭を代表し、福田光輝主将が1人で大会優勝旗の返還を行った。大阪桐蔭は今夏、大阪大会準々決勝で大阪偕星学園に敗れ、4年ぶりに甲子園出場を逃した。開会式で福田主将は、出場49代表校を先行する形で深紅の大優勝旗を掲げて力強く入場行進した。夏の甲子園には2年連続で出場した福田主将。1人で参加した開会式にも「最後まで大阪桐蔭の主将としての仕事はできた」と胸を張ったが、「甲子園でやり残したことがある。上の舞台で忘れ物を取り返すことができれば」と話した。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 長打率
   15夏予: 5 .375 16  6 1 0 0 2  .438

 ■ 大阪桐蔭 ライバル圧倒で大阪29連勝(デイリースポーツ) 15/5/10

 大阪桐蔭が最大のライバル・履正社を17安打10得点で圧倒した。一昨年の秋季大会で同校にコールド負けを喫して以降、激戦区の大阪で負け無しの29連勝。それでも西谷監督は「まだまだ足りないところが多い」と言う。「このチームは去年の8月と3月に練習試合の数が少なかった」と課題に挙げたのが戦力層。だが春の主戦投手に指名した2年生左腕の高山が成長の兆しを見せ、野手陣は主将の福田を右手首の故障で欠く穴を感じさせない。

 ■ 大阪桐蔭逆転4強 福田が主将3代連続弾(日刊スポーツ) 15/3/30

 大阪桐蔭は福田光輝主将(3年)の反撃弾、吉沢一翔内野手(2年)の3安打1打点などの活躍で、常総学院(茨城)を終盤に逆転。史上5校目の夏春連覇にあと2勝に迫った。1-3の5回1死、福田が右中間へ反撃の高校16号ソロ7回は2死から同点につながる中前打を放った。2安打1打点2得点。打撃不振で2回戦・八戸学院光星(青森)戦から7番に下がった“元3番打者”は「自分の1本で流れを変えたかった」。復活の千金弾をそう振り返った。2回戦でファウルを打った際、右手首を痛めた。テーピングをして試合に臨み、上昇への手応えもつかんだ。

過去記事

 ■ 大阪桐蔭、ダブルヘッダー快勝も監督「物足りない」(日刊スポーツ) 15/3/8

 史上5校目の甲子園夏春連覇を目指す大阪桐蔭が対外試合解禁日の8日、大阪・枚方市内で桜宮と対戦した。ダブルヘッダーを行い、第1試合はエース田中誠也(2年)が5回2安打無失点と好投。第2試合は福田光輝主将(同)がダメ押し弾を放つなど、昨夏の全国制覇メンバーが活躍した。

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14秋: 9 .185 27  5 3 0 0 2 2 7 0  .353  .296

 ■ 2015年ドラフト注目株 大阪桐蔭福田 “西岡2世”だ(デイリースポーツ) 15/1/3

 “西岡2世”との呼び声が高いのが、センバツ出場が有力となっている大阪桐蔭で主将を務める福田だ。2年生ながら昨夏の甲子園では全国制覇を経験。打撃以外にも遊撃の守備も高いレベルにある。昨秋の大会では27打数5安打、打率.185とスランプに陥ったが、能力は高いだけに一気に注目を集める可能性はある。

 ■ 大阪桐蔭・福田、最後の守備で冷や汗「力んでしまった」(SANSPO) 14/8/25

 第96回全国高校野球選手権大会第14日決勝(三重3-4大阪桐蔭、25日、甲子園)最後の打球を処理した大阪桐蔭の2年生の遊撃手、福田は冷や汗をかいた。九回2死一、二塁で、三重の3番宇都宮は三遊間の打球が多いと判断して三塁寄りに守っていた。その通りのゴロをさばいたが、送球はそれてワンバウンド。一塁手の正随が体を目いっぱいに伸ばして何とか捕った。「送球で力んでしまった。正随さんに謝りました」。2安打1打点と活躍した8番打者は「新チームは自分が引っ張って、来年の春も夏も新しい桐蔭を見てもらいます」と誓った。(共同)

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏予: 8 .419 31 13 4 0 1 5 2 1 1  .438  .645

  プロフィール

 大阪府大阪市出身。
 福田 光輝(ふくだ・こうき)遊撃手。
 兄の影響で小学3年時から硬式野球を始め、新東淀中時代は大阪東淀川ボーイズに所属。
 主将・1番・遊撃手として全国大会Vを成し遂げた。

 大阪桐蔭では1年夏から背番号17でベンチ入り。
 甲子園1回戦で代打デビュー(1四球)を経験し、同年秋の大会から遊撃手レギュラーを務める。
 1年秋の大阪3回戦で右中間ソロ弾、2年春・近畿決勝で左中間2点三塁打
 2年夏に4試合続けてノーヒット、打率.150と苦しみながらも、8番で2年ぶり日本一を経験した。
 準決・敦賀気比戦で大会初安打を放ち、決勝で右前適時打、中前打を記録。
 秋から主将・3番・ショートの中心選手を任され、打率.185ながら近畿8強入りを達成している。
 翌3年春選抜で打撃アピールとはならず、2回戦から下位打線(7、6番)に降格。
 右中間ソロ(真ん中直球)、中安(高め外スラ)と、準々決・常総学院戦で2安打をマークした。
 1回戦・東海大菅生戦で内寄り高め直球を一二塁間に弾き返すライト前ヒット。
 イレギュラーに対応するグラブ捌き、安定したスローイングと、遊撃手として存在感を示している。
 続く春季大会の大部分をケガで欠場し、夏の大会で7、6番としてスタメン復帰。
 打率.375(16打数6安打)の好成績を残したが、準々決勝で大阪偕星に敗れ甲子園を逃した。
 同学年のチームメイトとして青柳昴樹藤井健平ら。

 175cm70kg、守備を売り物とする細身の遊撃手。
 通算16発、広角に打ち分ける打撃が持ち味の左打者。甲子園では2季とも低打率に沈んだ。
 1年秋に水谷友生也(法大)の後を受けて強豪校の遊撃レギュラーを獲得。
 守備範囲の広い遊撃守備が最大の売り物。グラブさばきが良く、一歩目の反応が速い。
 軽快な動きで打球を処理。機敏に併殺を完成させる。スローイングも安定。
 2年秋・PL学園戦で三遊間深い位置の打球をノーバウンド送球でアウトにする好守を見せた。
 50m6秒4、一塁到達4.3秒台と脚力はまずまず。遠投105m。

  スカウトコメント

中日・中田スカウト部長|15/3/27
 「センスがある」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-09-27(日)|2019年大学生野手 | 東京六大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
法政大学で打撃覚醒中
| 匿名 | 2016年03月22日(Tue) 19:59 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生野手 | 東京六大学 コメント(1) Page Top↑