岩本 喜照(日本新薬)

ここでは、「岩本 喜照(日本新薬)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



188cm85kg 右右 MAX149km スライダー・カット・カーブ・フォーク 常葉菊川→九共大 1年目
切れの良い149㌔直球を持つ長身細身の右腕。制球力も持ち味。2年秋にベストナインを受賞した。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   13春: 5  1勝1敗   19  22  14  12  7  3.32
   13秋:         登板無し
   14春: 7  3勝0敗  25.1  14  24  7  1  0.36(1位)
   14秋: 5  4勝0敗   32  22  24  9  5  1.41(4位)
   15春: 6  4勝1敗   39  31  42  13  10  2.31(5位)
   15秋: 5  3勝0敗   33  18       4  1.09(3位)
   16春: 3  0勝1敗   5  6       4  7.20
   16秋: 4  1勝1敗  17.1  14       8  4.15
   通算: 35 16勝4敗 170.2 127       39  2.06
          被安打率6.95 奪三振率8.12 四死球率3.20(3年春まで)
    ※ 14秋:ベストナイン

投手成績詳細

   13春    回数 被安 奪三 四死 自責
   福教大 先  5.2  5  2  2  1 ○
   九工大     2  1  1  2  0
   福工大 先   3  3  4  3  2 ●
   日経大 先  1.1  2  3  3  1
   九産大 先   7  11  4  2  3
          19  22  14  12  7 防3.32
      被安打率10.42 奪三振率6.63 四死球率5.68

   14春    回数 被安 奪三 四死 自責
   九産大     1  1  0  4  0
   日経大     3  1  6  1  0
           2  0  2  0  0
   福教大    3.1  4  4  0  0 ○
           0  0  0  0  0
       先   9  3  8  1  0 ○封
   九工大 先   7  5  4  1  1 ○
         25.1  14  24  7  1 防0.36
      被安打率4.97 奪三振率8.53 四死球率2.49

   14秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   日経大 先   8  8  5  3  4 ○
   九工大 先   7  2  3  2  1 ○
   九産大 先   7  3  6  0  0 ○
   福工大 先   5  2  7  1  0 ○封
   福教大 先   5  7  3  3  0
          32  22  24  9  5 防1.41
      被安打率6.19 奪三振率6.75 四死球率2.53

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   福教大     4  2  4  0  0 ○
       先   6  3  6  5  1 ○
   日経大 先   9  4  12  2  2 ○ 
   九工大 先   9  4  11  3  0 ○
   九産大 先  7.1  10  4  0  2 ●
   福工大 先  3.2  8  5  3  5
          39  31  42  13  10 防2.31
      被安打率7.15 奪三振率9.69 四死球率3.00

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   福教大 先   7  3  5  2  1
   九工大 先   7  2  9  2  0 ○封
   福工大 先   6  5  3  2  1 ○
   九産大 先   4  3       2
   日経大 先   9  5  7  2  0 ○147㌔
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   九産大     2  0       0 ○…優勝決定戦(延長13回4対3)
          35  18       4 防1.03

   15秋代決  回数 被安 奪三 四死 失点 自責
   九国大 先  7.1  3  10  2  3  0 ●…7回まで2安打、6連続含む9Kの快投

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責
   福工大     2  1       0
           1  1       0
   九産大     2  4       4 ●
           5  6       4 防7.20

  最新記事

 ■ 常葉菊川OB岩本 吹石監督門下でプロ入り再挑戦(スポニチ) 17/1/6

 日本新薬に内定している九州共立大の岩本喜照投手が2年後のプロ再チャレンジへ力を蓄える。MAX149キロの即戦力右腕としてマウンドに立ち、夏の都市対抗から始まる全国を目指す。昨季は3月に痛めた右肘の影響で本来の力を発揮できなかったソフトバンクなど2球団から調査書が届き、「指名されると思って記者会見の準備までしていました」と苦い秋を振り返る。新天地は「ドラフト待ち」を承諾してくれ、昨夏練習に参加した際の雰囲気も良かった。「凄く良い会社で、わがままを聞いていただいてありがたかった」と感謝を結果で示すつもり。「4年の一番大事な時期にチームの力になれなかった」悔しさが今後の大きなバネになる。

 ■ 九共大連勝発進 岩本喜照2季ぶり白星(西日本スポーツ) 16/9/5

 味方に3点のリードをもらって上がった初回のマウンド。九共大の岩本は力みを隠せなかった。2死無走者から相手3番打者に被弾。「先発が久々すぎて…。ど真ん中の失投でした」。続く打者も歩かせるなど、不安定な立ち上がりだった。それでもエースらしく修正した。「上半身に力が入っていたので、下半身を使って低めを意識して投げた。5回以降はわずか1安打。9三振を奪い、真っすぐも最速145キロをマークした。「自己採点は前半20点。後半よくなったのでトータルで80点ぐらい」。8回を1失点にまとめた岩本は、昨年10月以来のリーグ戦白星を振り返った。春先に右肘を痛め、春のリーグ戦の序盤はベンチから外れた。チームも宿敵の九産大に覇権を譲った。精神的にも落ち込み、肝心のトレーニングにも身が入らなかったが、肘に負担がかからないようにフォームを見直してから光が差し込んだ。「あの経験のおかげで今がある」。変化球の制球もよくなり、この日は3与四球にとどめた。「きょうは(失点)ゼロにこだわってほしかった」。上原忠監督の厳しい言葉も期待の裏返しだ。ネット裏ではソフトバンク阪神中日日本ハムなどプロ8球団のスカウトが注目。「初回はちょっと気になってしまった」と岩本は苦笑いを浮かべたが、ここからが本当の勝負なのは分かっている。「リズムよく投げて攻撃につながる投球をしたい」。大黒柱の真価が問われるのは今からだ。

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   福工大 先   8  3  9  3  1 ○145㌔
   日経大 先  4.1  6       6 ●
   福教大     1  1       0
   九工大 先   4  4       1
         17.1  14       8 防4.15

 ■ 九共大エース・岩本 復活の秋(西日本スポーツ) 16/9/3

 誰よりも秋のリーグ戦の開幕を待っていた。コンディションは万全。「楽しみです。今までで一番て応えがある」。九共大のエース岩本は自信ありげな笑みを浮かべた。春の登板はわずか3試合、5イニングに終わった。オフの2月の練習で疲労性の右肘痛で投げられなくなり、全く試合で登板できないままリーグに突入。九産大との優勝争いまでに投げられるようにと急ピッチで調整したが、本来の投球には程遠かった。春のリーグ戦終了後から練習を順調にこなしてきた。右肘の不安もなくなり、オープン戦では社会人のチームを相手に3~5イニングを投げ1失点以下で抑える好投を続けている。球速は自己最速タイの147キロを記録した。「今までオープン戦で最速が出たことはなかった。今は7~8割の力で投げているのに以前の10割と同じ力が出ている」と自分でも驚いている。野球人生で一番大きな故障を経験して体のメンテナンスに気を配るようになった。試合後の調整もトレーナーについてストレッチなどをきっちり行う。また食事も変えた。バランスを考えて取るようになり、サプリメントなども活用。岩本が見据えるのは明治神宮大会出場だ。「自分たちが下を連れて行って経験させてあげたい」と最高学年、エースとしての責任感がある。もちろん、プロ入りへアピールも頭に入れている。「これが最後の舞台。しっかりアピールしていきたい」。ラストシーズンを笑って終わらせるつもりだ。

過去記事

 ■ 「神宮」かけ直接対決 九共大VS九産大(西日本スポーツ) 16/5/20

 昨春以来のリーグ制覇を狙う九産大と2季連続優勝を目指す九共大。今季はともに8勝1敗の勝ち点4で並ぶ。最終週の直接対決は、両チームのエース復活が鍵を握りそうだ。九共大は右肘痛で第3週までベンチを外れていたエース岩本が、前週の福工大戦で復帰。2試合で計3回を無失点に抑えており、上原監督も「ぶっつけ本番だったが、思ったより良かった。九産大戦で岩本がいると全員が心強い」と喜んだ。

 ■ 岩本不在で一丸 2季連続優勝へ(西日本スポーツ) 16/4/13

 九共大は2季連続優勝へ向け、厳しいスタートになりそうだ。昨秋チームトップの3勝を挙げたエース岩本が右肘を痛め、開幕戦の登板は絶望的になった。「リーグ後半に岩本が復帰するまで、下級生に踏ん張ってもらうしかない」と上原監督は奮起に期待する。

 ■ 岩本1失点完投(西日本スポーツ) 15/10/4

 福岡六大学野球の秋季リーグ戦の最終週1日目は3日、福岡市の福工大野球場で3試合があり、九共大が日経大に2-1で逆転サヨナラ勝ちした。この日は3年生の右腕岩本喜照が自己最速を2キロ更新する最速147キロをマークして、9回1失点の完投勝利。九産大が福工大と引き分け、7勝1敗1分けで並んだ。

 ■ 九共大・岩本7回零封 三塁踏ませず(西日本スポーツ) 15/9/13

 九共大の右腕岩本が7回を散発2安打の無失点に封じた。初回の先頭打者に許した左前打で「あれで気が引き締まった」と力投。きっちり後続を断つと、9奪三振で三塁を踏ませずに今季初勝利を挙げた。この夏は変化球を決め球に使えるように重点的に練習。「今日は直球が良くなかったけど、変化球で三振を狙って取れたのが良かった」と納得の表情だった。

 ■ 九共大・岩本が九産大止める(西日本スポーツ) 14/9/21

 2季連続優勝を狙う九産大の連勝を、九共大の岩本が止めた。プロのスカウトが熱視線を送った浜田智と投げ合い、7回を散発3安打。「今までで一番気合が入りました」。8回から登板した2番手の岡本拓との継投で、今春2連敗を喫したライバルを零封した。188センチの大型右腕は今春の防御率1位。「ふがいない投球はできない」と意地を見せた。「変化球の制球に苦しんだ序盤は直球で押し、後半から変化球を交えて打ち取った。最速は144キロだが、「自分の持ち味は制球力と球のキレ」と、力より丁寧な投球を心掛けた。

  プロフィール

 静岡県掛川市出身。
 岩本 喜照(いわもと・きしょう)投手。
 城北小学校3年時から軟式野球を始め、掛川北中時代は浜松南シニアに所属。
 
 常葉菊川では1年夏からベンチ入り。
 県準々決勝・静岡市商業戦で初先発を務め、3安打4K無四球の好投で完封勝利を収める。
 秋の大会からエースナンバーを任され、2年春に静岡V・東海大会進出を達成。 
 県大会決勝で5失点完投の粘投を見せたが、東海大会は登板機会なく初戦敗退となった。
 野村亮介と投げ合った夏準々決勝で、8安打8三振2失点完投勝利をマーク。
 3年夏は4戦30回22安打8失点の活躍及ばず、静清に0対3完投負けで県大会8強に留まった。
 県大会V、東海1回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 九共大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 開幕週・福岡教育大2回戦の先発に抜擢され、6回途中1失点でリーグ戦初勝利を記録する。
 主に救援を務めた2年春に25.1回5失点(自責1)で防御率1位(0.36)を獲得。
 主戦として5季ぶりVを果たした2年秋に、負けなしの4勝、防1.41でベストナインを初受賞した。
 浜田智博と投げ合った九産大1回戦で7回3安打無四球、完封リレーを記録。
 翌3年秋(日経大1回戦で147㌔をマーク)に九産大とのPOを制して2季ぶりVを果たしている。
 続く九州選手権決勝戦・九国大戦は、8回表一挙5失点、2対5で逆転負け。
 7回を6連続含む9K、2安打無失点に抑えたが、死球をキッカケに8回途中3失点KOとなった。
 翌年2月に疲労性の右肘痛を発症し、4年時のリーグ戦で目立った実績はなし。
 4年秋の福工大2回戦で最速145㌔をマークし、8回9K1失点の好投で唯一の勝ち星を挙げた。
 通算35試合、16勝(6完投3完封)4敗、170.2回、防御率2.06。

 188cm85kg、長身細身の本格派右腕。
 ワインドアップから足を上げて溜めを作り、早めに着地し、テイクバック小さめに柔らかい腕の振りから
 投げ込む最速149㌔のストレートと、スライダー、カットボール、カーブ、フォーク。
 切れの良い149㌔直球を武器とする188センチ長身右腕。低めへの制球力も持ち味のひとつ。
 75kgほどだった体重を進学後に85kgまで増量。最速9km/hアップを果たした。
 強豪校で先発1番手(2・3年秋)として活躍。福六通算16勝(6完投3完封)の実績を残している。
 3年春の奪三振率9.69、四死球率3.00。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-01-07(土)|2018年社会人投手 | 福岡六大学 コメント(4) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
今年のドラフトは田中や柳が話題だが岩本の188cmの長身から低めに伸びていくキレのあるストレートは田中や柳以上だと思う。
九州共立大の岩本の投球について静岡高校野球の編集長栗山氏も「鳥肌が立つほど素晴らしく、これがドラフト1位でなかったら、誰がドラフト1位!本気で思いました。」とまでコメントしている。
| 匿名 | 2016年02月24日(Wed) 02:38 | URL #- [ 編集]
常葉菊川の時から注目している岩本。
出身地の静岡では大きく取り上げられている。
一番の魅力は制球力抜群のストレート!
引き続き応援したい。


静岡野球スカウティングレポート

http://tsukasa-baseball.cocolog-shizuoka.com/blog/?optimized=0
| ボル | 2015年11月02日(Mon) 12:54 | URL #5NEoDtS. [ 編集]
今、岩本に注目。

スポーツライター田尻さんの記事だ。


九共大、2投手リレーでソフトバンクに完封勝利! かつての「大黒柱」大瀬良の後を継ぐ投手が成長
http://bylines.news.yahoo.co.jp/tajirikotaro/20150326-00044253/


制球力がいいしプロを相手に3回を無四球で無得点とは堂々としている。
| sbfan | 2015年08月14日(Fri) 12:33 | URL #cWcd8Id2 [ 編集]
この安定感がプロ向き。
速球の切れ味が増せば変化球も活きてくるだろうし何より制球力の良さが財産だな!!
将来が楽しみだ!

Yahoo!ニュース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150803-00010000-baseballc-base


| ボル | 2015年08月05日(Wed) 21:25 | URL #cWcd8Id2 [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年社会人投手 | 福岡六大学 コメント(4) Page Top↑