横山 楓(国学院大)|ドラフト・レポート

横山 楓(国学院大)

ここでは、「横山 楓(国学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



横山 楓(国学院大)

181cm84kg 右両 MAX149km スライダー・カット・チェンジ・カーブ 宮崎学園
柔らかい腕の振りから投げ下ろす角度のある直球が武器。3年秋の駒澤大2回戦で149㌔を計測した。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   16春:        登板無し
   16秋:        登板無し
   17春:        登板無し   
   17秋:        登板無し
   18春: 6 1勝0敗   11  8  8  9  3  2.45
   18秋: 5 0勝1敗  19.2  15  14  8  6  2.75
   19春: 7 2勝2敗  28.2  21  33  19  10  3.14(7位)
   通算: 18 3勝3敗  59.1  44  55  36  19  2.88
          被安打率6.67 奪三振率8.34 四死球率5.46

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   18春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   東洋大    1.1  1  1  1  0 141㌔
           2  0  1  1  0 145㌔(平均142.0㌔) ○
           3  3  1  0  0 142㌔
   中央大     2  1  2  3  0 143㌔
   亜 大    0.2  1  1  3  0 141㌔
   立正大     2  2  2  1  3 144㌔
           11  8  8  9  3 防2.45
       被安打率6.55 奪三振率6.55 四死球率7.36

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   立正大 先   6  0  3  3  0 146㌔
   駒澤大 先  8.2  3  5  2  0 149㌔…4回まで10回連続無安打
   中央大 先  1.2  5  3  1  3 146㌔
   亜 大 先  1.2  3  2  1  1 147㌔ ●
   東洋大 先  1.2  4  1  1  2 147㌔
          19.2  15  14  8  6 防2.75
       被安打率6.86 奪三振率6.41 四死球率3.66

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   立正大 先   5  2  7  3  0 145㌔ ○
   東洋大 先  6.1  4  8  4  2 148㌔ ●
       先   4  2  4  2  0 144㌔
   亜 大 先   6  4  9  4  1 146㌔ ○
   駒澤大 先  2.1  4  2  1  5 139㌔ ● 
       先   2  1  0  3  0 144㌔
   中央大 先   3  4  3  2  2 144㌔
          28.2  21  33  19  10 防3.14
      被安打率6.59 奪三振率10.36 四死球率5.97

 ■ 高校時代成績

   15春         回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:日  南 先   7  2  11     0
   2回戦:日章学園 先  12  7  14     1
   3回戦:延岡学園 先   9    13     3 144㌔
   準々決:日南学園 先   9          2
               37          6 防1.46(失点から算出)

   15夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:富島高校    7.2  3  5  1  0 144㌔
   3回戦:日南高校 先   8  6  13  2  1
   準々決:宮崎第一 先   9  8  7  5  2
   準決勝:都城商業 先   9  5  3  3  3
   決 勝:宮崎日大 先  3.2  6  3  0  5
              37.1  28  31  11  11 防2.65(失点から算出)
           被安打率6.75 奪三振率7.47 四死球率2.65

  最新記事

 ■ 国学院大・横山、5回零封で3勝目「今日は打者に助けられた」(スポニチ) 19/9/18

 横山は今秋3勝目にも笑顔はなかった。「体が前に突っ込み上半身で投げてしまった。今日は打者に助けられた」と2回に4得点の援護をもらった野手に感謝した。中4日の登板でバランスが狂い4四球。それでも直球とカットボールを軸に5三振を奪い、5回無失点と役割は果たした。視察したDeNA河原スカウティングディレクターも「真っすぐは力がある」と評価した。

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   駒澤大 先   7  5  7  5  2 ○
       先   6  3  2  4  0 ○
   立正大 先   5  3  5  4  0 ○
   中央大 先  5.1  7  2  2  4 ●
       先   3  5  3  1  1 ●
          26.1  23  19  16  7 防2.39
       被安打率7.86 奪三振率6.49 四死球率5.47

 ■ 国学院大が白星発進 横山7回2失点「力まずに投げれた」(スポニチ) 19/9/11

 国学院大は、プロ注目の横山が7回2失点で試合をつくり、開幕を白星で飾った。今春リーグ戦後、将来を見据えてフォーム改造に着手。「体の使い方が分かって力まずに投げられた」と4回まで無安打に抑えた。DeNA・吉田孝司スカウト部長は「この秋の内容をチェックしていきたい」と評した。

 ■ 国学院大・横山、開幕投手で先発初勝利 最速147キロをマーク(デイリースポーツ) 19/4/8

 開幕投手を任されたプロ注目の横山楓投手が先発初勝利を飾った。気温10度を下回る中、視察したヤクルトのスピードガンで最速147キロを計測。5回1失点で試合を作った。この日は母・香子さんの誕生日。「ウイニングボールを渡したい」と7奪三振で押し出し四球の1点のみに防いだ。
 中日、阪神などのスカウト陣の前で開幕戦勝利。昨秋に左足首靱帯を損傷したこともあって5イニングを2安打1失点、98球で降板したが、中日の正津スカウトは「真っすぐの球質がいい」と評価した。(西日本スポーツ)

過去記事

 ■ 国学院大・横山、連続無安打は10回でストップ(SANSPO) 18/9/21

 駒大は国学院大と3-3で引き分け、1勝1分けとなった。先発した右腕・横山が九回に2安打と失策などで3点を失い、引き分けた立正大2回戦からこの試合の四回まで計10回を無安打で、最速を更新する149キロの直球とカットボールなどで抑えてきたが「勝たないと意味がない。実力不足」と厳しい表情。鳥山監督は「いい投球をしていた。2つの失策がなければ勝っていた」と口を結んだ。

 ■ 宮崎学園エース横山 ミスに泣く(西日本スポーツ) 15/7/29

 宮崎学園のエース横山の最後の夏は、つらいものとなった。初回は2番打者の振り逃げ(記録は三振と捕逸)をきっかけに3連続長短打を許して2失点4回は味方失策から崩れてKOされた。「抑えられなかった自分が悪い。調整不足だし、力不足」とうなだれた。大会前に虫垂炎で緊急入院。プロ注目の右腕は薬で散らしながら力投を続けたが、同校初の甲子園には届かなかった。

 ■ ドクターK 宮崎学園、横山 病み上がり快投(西日本スポーツ) 15/7/18

 退院からわずか3日後の熱投だった。2点を追う4回1死満塁。打席に3番打者を迎え、宮崎学園はプロ注目右腕の横山を送り出した。6日に腹痛を訴え、虫垂炎と診断されて緊急入院。14日に退院したばかりで、体重は5キロも落ちていた。「後輩(先発の江崎)が頑張ってくれたので、あとは自分が抑えてやろうと思っていた」。万全にはほど遠い状態で投げた初球は、この日最速となる144キロ。この直球で遊飛に打ち取ると、4番打者は鋭く落ちる変化球で三振に仕留めた。実は医師に手術を勧められていたが、高校最後の夏のマウンドに立つために薬で散らす処理を選択した。崎田忠寛監督は「横山を投げさせない展開が理想だったが、投げさせずに負けたら本人も後悔する」。と最大のピンチで送り出した。直後の攻撃で打線が同点とし、延長11回2死一塁から2番河野晶がサヨナラ二塁打。横山は延長11回まで107球を投げ、7回2/3を3安打無失点。「横山をあらためて頼もしいと思った」。崎田監督も病み上がりでの力投をたたえた。昨夏から今大会前までの公式戦計109イニングで132奪三振。奪三振率10・9の「南国のドクターK」は大学進学希望を表明済みだが、福岡ソフトバンクヤクルトなど3球団のスカウトが状態の確認に訪れた。これも一級品の素材の証明だ。虫垂炎という不安材料を抱えながらの夏初戦は5奪三振。それでも、中日の三瀬スカウトは「上からあれだけ角度を付けて投げられる投手は少ないバランスも良い」と最速147キロを誇る右腕の能力を高く評価した。

 ■ 南国の“ドクターK”横山 宮崎学園初切符へ「歴史つくる」(西日本スポーツ) 15/6/24

 南国の“ドクターK”が最後の夏を迎える。宮崎学園の横山は、新チームになった昨夏以降公式戦の計109イニング(14試合)で奪った三振の数は132で、奪三振率10・9。この春も身長180センチから伸びのある直球を投げ下ろし、三振の山を積み上げてきた。「三振の数を意識したことはない。チームが勝つためのピッチングをするだけ」。春の宮崎大会は、優勝した日南学園に準々決勝で敗れたが、2回戦で日章学園から14奪三振3回戦で延岡学園から13奪三振と強豪相手に快投を演じた。5月の招待試合では、今秋のドラフト上位候補、県岐阜商の右腕、高橋純平と投げ合いの中、9回2失点で11三振を奪っている。この日は、三振ばかりか、高橋目当てで集まったスカウトの視線まで奪った。「球の出所が分かりにくく、真っすぐで空振りを取れる。チームの中心、彼なしで勝ち抜くのは厳しい」と崎田忠寛監督の信頼は厚い。高校入学当初、最速123キロだった球速を著しく上げた。腰を痛めて投球練習ができなかった1年の冬、2カ月間集中して体幹トレーニングに励んで約15キロアップ2年の冬には週1回、ジムで肩甲骨の可動域を広げるメニューに取り組むなどした結果、さらに約10キロ速くなったという。「どんどん腕が振れるようになっていった。こんなに速くなるとは…」と本人も驚きを隠せない。体のバランスを整えるため、中学時代に始めた両打ちも継続。器用さも併せ持つ。そんな逸材を、ホークスはじめ、12球団のスカウトが視察に訪れ、熱視線を送るが、横山の気持ちは現状、大学進学傾いている。「体もまだできてないし、精神的にも未熟プロで活躍するために大学で鍛えたい」。夢への道筋を思い描く。宮崎大会の初戦は富島-小林西の勝者と対戦する。「夏は連戦になる。下半身を意識した投球で、どれだけ体力を温存しながら戦えるかがポイント。歴史をつくりたい」。最後の夏に輝くため、全ての試合でマウンドに立つ。

 ■ 県岐阜商・高橋純平、オトナのエコ投法!(スポーツ報知) 15/5/11

 今秋ドラフト1位候補右腕の県岐阜商・高橋純平(3年)が10日、宮崎県高野連の招待試合である宮崎学園戦(サンマリン宮崎)に先発し、8回を76球で4安打無失点。8日に18歳の誕生日を迎えてから初登板で、オトナのエコ投球を披露した。5番打者としては、1点リードの6回2死一、三塁で、最速147キロ右腕・横山楓(3年)から左前適時打。「まぐれです」と笑みを浮かべた。

 ■ 今春の覇者はどのチームか? 春の九州高校野球県大会(旬刊宮崎スポーツ) 15/3/15

 春の九州高校野球は、3月21日から、県営とアイビーの両球場で、48校が出場し行われる。第一シードの延岡学園は、投打の軸である岡田友輝(東海)がチームを引っ張る。2戦目の宮崎学園戦は、プロ注目横山楓(大宮)の快速球を攻略できるかが課題であろう。

  プロフィール

 宮崎県宮崎市出身。
 横山 楓(よこやま・かえで)投手。
 池内小学校4年時から軟式野球を始め、大宮中時代は宮崎中央ボーイズに所属。

 宮崎学園では1年夏から控えとしてベンチ入り。
 翌2年夏の県大会全3戦に主戦格として先発し、2回戦で8回9三振無四球完封勝ちを収める。
 3回戦で準優勝校・日章学園と当たり、4回途中9安打KO、5回0対10で敗退。
 続く2年秋の新チームから背番号1を背負い、同年12月に宮崎選抜で台湾遠征を経験した。
 翌3年春の予選で最速144㌔を計測し、強豪校・日章学園、延岡学園を撃破。
 日章学園戦で延長12回14K1失点完投勝ち、延学戦で13K3失点完投勝ちを挙げている。
 高橋純平目当てに12球団が訪れた同5月の招試で9回11K0対2完投を記録。
 虫垂炎を患いながらも3年夏の予選5戦に登板し、37.1回31K11失点の力投で準Vを果たした。
 県大会準Vが最高成績。甲子園経験は無し。

 国学院大では3年春からリーグ戦に出場。
 いずれもリリーフとして6試合11イニングに登板し、2回を0封した東洋大2回戦で初勝利を収める。
 以降3季で計18戦、59.1回に登板し、通算3勝(0完0封)3敗、防2.88を記録。
 3年秋になって清水に次ぐ先発の座をつかみ、その後2季で計12戦(1回戦2)の先発を務めた。
 3年時秋のリーグ戦1・2カード目で14回連続0封(10回無安打)の好投を披露。
 自己最長の8.2回を投げた駒大2回戦(自責無しの3失点)で最速149㌔をたたき出している。
 4年時春のシーズンにエースとして臨み、2勝、防3.14で初のベスト10入りを達成。
 開幕戦で先発初勝ち星を挙げたが、本来の調子ではなく、3カード目から2番手に降格となった。
 通算18試合、3勝(0完投)3敗、59.1回、防御率2.88。

 181cm84kg、手足の長いプロ注目最速149㌔右腕。
 ノーワインドからタメてグラブを掲げ、重心を下げてインステップし、右肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ下ろす最速149㌔、常時130㌔台後半から145㌔前後(先発時)の直球と、
 130㌔前後のカット、120㌔台から130㌔前後の縦スラ、120㌔台から130㌔強のチェンジアップ。
 ゆっくりと始動して足を上げた後にもう一度溜めを作る変則気味の投球フォーム。
 右上手から投じる角度のある直球が持ち味。小さく曲がるカット、沈むチェンジアップなどを交える。
 遠投97m、50m6秒3。奪三振率8.34、四死球率5.46。

  スカウトコメント

DeNA・河原スカウティングディレクター|19/9/18
 「真っすぐは力がある」
DeNA・吉田孝司スカウト部長|19/9/11
 「この秋の内容をチェックしていきたい」
中日・正津スカウト|19/4/9
 「真っすぐの球質がいい」
中日・三瀬スカウト|15/7/18
 「上からあれだけ角度を付けて投げられる投手は少ない。バランスも良い」
ヤクルト・鳥原公二チーフスカウト|15/6/16
 「モノのよさは誰が見ても感じるであろう本格派右腕です。投げ方に少しクセはありますが、投手らしい体型と腕の振りがいい部分に魅力を感じます。プロの指導者にとっては育てがいのある、面白い素材だと思います」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019年09月18日(水)|2019年大学生投手 | 東都大学 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
個人的には5位~6位くらいかな?って思いますが、嶋、聖澤、山﨑剛に続く国学院大学4人目の楽天指名あると思っています(* ̄∇ ̄)ノ
| ぽにぽにぽにー | 2019年05月14日(Tue) 06:05 | URL #- [ 編集]
昨年から県内では二年生ながら屈指の右腕として注目されていました。
もともと素材はピカイチなのですが、なかなか結果に恵まれませんでした。
それがこの春、県内の強豪校 延学・日章を破る快投。
特に延学戦の気迫の投球には、鳥肌が立ちました。
特にストレートが素晴らしい。
この調子で今大会優勝、また夏の大会でも甲子園に出て、全国レベルの打者にそのストレートが通用するか、自らの手で確かめてみてください。
あまりプロ野球選手が出ていない宮崎の高校から、今年はプロが出るのではないかと期待しています。
| 宮崎の高校野球ファン | 2015年03月30日(Mon) 21:13 | URL #DhNyDY/U [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生投手 | 東都大学 コメント(2) Page Top↑