内村 悠斗(取手松陽)

ここでは、「内村 悠斗(取手松陽)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



185cm76kg 右右 MAX143km スプリット・カーブ・スライダー・ツーシーム
角度のある直球とスプリット、カーブ。初先発でノーヒットノーランを達成。2年夏に創部初ベスト4進出。

  動 画

  最新記事

 ■ 常総サヨナラ16強 プロ注目エース対決は白熱延長決着(東京中日スポーツ) 15/7/16

 昨夏4強の取手松陽のドラフト候補右腕、内村悠斗投手はサヨナラ負けで最後の夏を終えた。味方が勝ち越せず気落ちもあった12回裏、先頭を四球で出し、続く石井の右前打で無死一、三塁とされ満塁策を取ったが、179球目の直球を中堅に運ばれた。「常総をぎりぎりまで追い詰めることはできたが、最後を抑えられなかったのが申し訳ない」と目を真っ赤にした。取手シニア時代は控え投手だったが、竜ケ崎一を率いて甲子園出場もした宮本正和監督の指導で開花した。この日は先制を許したものの、自身の二塁打で取り返すと、その後は直球の最速が138キロ止まりのなか、緩急2種類のスライダーとスプリットの制球もよく持ち味を発揮した。広島ソフトバンクなど4球団が視察し、阪神の中尾スカウトは「まだ体ができていないがこれからが楽しみ」と評価する。縦に伸びた体形は185センチ、74キロと線が細いが、直球の回転も良く伸びしろは十分プロ志望の内村は「こういう形では終われない。次のステージでレベルアップしたい」と雪辱を誓った。
 この日は阪神、日本ハムなど4球団が視察。(スポーツ報知)

   15夏予       回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:水戸桜 先   9  7  9  5  3 139㌔
   3回戦:常総学 先 11.1  9  3  10  3 138㌔
             20.1  16  12  15  6 防2.66(失点から計算)
          被安打率7.08 奪三振率5.31 四死球率6.64

 ■ 11球団視察!取手松陽・内村9K完投(デイリースポーツ) 15/7/7

 昨夏4強の取手松陽が初戦を突破した。プロ注目の最速143キロ右腕・内村悠斗投手が7安打3失点、9奪三振で完投左越え2ランも放ち、11球団のスカウトが視察する前で投打に活躍した。185センチの本格派右腕・内村が、大器の片りんを見せた。初回先頭から連続三振のスタート。長身から投げ下ろす直球は威力十分で、雨が降りしきる悪条件下で最速139キロを計測。フォークも効果的で9三振を奪った。「最初は流れをつくるために三振を狙った。中盤からは打たせて取ろうと思った」と考えた投球で、八回まで三塁を踏ませなかった。阪神の中尾スカウトは「初速と終速の差が2、3キロ。直球の質がいい」と評価。中日の佐藤スカウトも「体があるし(腕の)しなりもつかえる。おもしろい」と、のびしろに期待する。完封目前の九回、3安打に2四球が絡み3失点。「点差がついて心の隙が出た」と、バツの悪そうな表情を浮かべたが、三回に放った左越え2ランの話題には「つなごうとした結果です」と、笑みがこぼれた。順当なら、3回戦で今春センバツ8強の常総学院と激突する。内村は「この投球では抑えられない。もっと上を求めて倒したい」と、気を引き締め直した。
 1メートル85、74キロの恵まれた体格で、今秋ドラフト候補に挙がる。ネット裏には11球団のスカウトが集結し、ソフトバンク・宮田善久スカウトは「素材は素晴らしい」と評価した。(スポニチ)
 バックネット裏には、巨人以外の11球団のスカウト陣が集結。ロッテの諸積兼司スカウト(46)は「投げっぷりがいい。能力も高く今後も見続ける」と目を細めた。(SANSPO)

 ■ 第96回全国高校野球:茨城大会 決勝は藤代VS霞ケ浦(毎日新聞) 14/7/25

 1−1で迎えた五回表霞ケ浦無死一塁、9番・山本司選手(3年)の2打席目。1打席目でバントの構えを見せた時、取手松陽の内村悠斗投手(2年)の制球が乱れたことを覚えていた。「バント処理に苦手意識があるはずだ」。監督のサインも送りバント。山本選手は一、三塁線ではなく、あえて投前に転がすと、狙い通り内田投手が球をはじいて内野安打につながった。無死一、二塁にピンチを広げた内村投手は「また(バントが)来るかもしれない。警戒しすぎた」。ストライクが入らなくなり、四球を与えて交代。2番手が勝ち越し打を許した。宮本正和監督は「内村は本来、バント処理もうまい投手しかし、雰囲気にのまれていた」。相手先発の動揺を誘う絶妙なバントと洞察力だった。

   14夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:水戸工  先   9  5  4  7  1
   4回戦:岩瀬日大 先   7  5  5  2  1
   準決勝:霞ケ浦  先   4  4  4  3  3
               20  14  13  12  5 防2.25
           被安打率6.30 奪三振率5.85 四死球率5.40

  プロフィール

 茨城県守谷市出身。
 内村 悠斗(うちむら・ゆうと)投手。
 みずき野シティーボーイズで野球を始め、けやき台中時代は取手シニアに所属。
 3年夏に控え投手として全国大会準Vを経験した。

 取手松陽高では1年時からベンチ入り。
 1年秋初戦・江戸崎総合戦で初先発を任され、失策1個8三振でノーヒットノーランを達成する。
 2年夏に3年生エース左腕との二枚看板で創部初となる県ベスト4進出を経験。
 背番号11ながら6試合中3試合の先発を務め、合計20回12四死球5失点の粘投を見せた。
 2回戦で9回7四死球1失点完投勝ち、4回戦で7回5安打5K1失点完投勝ち。
 準決勝でも4回表までを1失点に抑えたが、5回に満塁ピンチを作り、4.0回3失点KOとなった。
 主戦を務めた2年秋、3年春夏の大会は、それぞれ地区・2回戦・3回戦で敗退。
 夏3回戦・常総戦(12回2対3サヨナラ負け)で11.1回10四死球3失点完投の粘投を演じている。
 県大会4強が最高成績。甲子園経験は無し。

 185cm76kg、長身細身の本格派右腕。
 セットから投げ下ろす最速143㌔の角度のある直球と、スプリット、カーブ、スライダー、ツーシーム。
 低めに決める直球と落差のあるカーブとの緩急。スプリットで空振りを誘う。
 2年夏の準決・霞ケ浦戦(4.0回3失点)では、スプリットを決め球として空振り4Kを記録した。
 制球力にはバラツキが残る。3年夏20.1イニングで四死球15個(率6.64)。
 角度を生かしたピッチングが持ち味。オーバースローで真上から投げ下ろしていく。スタミナが課題。
 高校で143㌔腕へと成長を遂げた。遠投100m、50m6秒3。

  スカウトコメント

阪神・中尾スカウト|15/7/16
 「まだ体ができていないがこれからが楽しみ」
阪神・中尾スカウト|15/7/7
 「初速と終速の差が2、3キロ。直球の質がいい」
中日・佐藤スカウト|15/7/7
 「体があるし(腕の)しなりもつかえる。おもしろい」
ソフトバンク・宮田善久スカウト|15/7/7
 「素材は素晴らしい」
ロッテ・諸積兼司スカウト|15/7/7
 「投げっぷりがいい。能力も高く今後も見続ける」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-08-30(日)|退団・引退・進路不明など | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
大谷と藤浪を足して2.5で割ったみたいな素材型
5位!上に見積もって
| フラワー | 2015年08月30日(Sun) 21:01 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | コメント(1) Page Top↑