西村 雅暉(上武大)|ドラフト・レポート

西村 雅暉(上武大)

ここでは、「西村 雅暉(上武大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



西村 雅暉(上武大)

186cm87kg 右右 MAX149km スライダー・カーブ・フォーク・カット・ツーシーム・チェンジ 熊本国府
140㌔台の威力ある直球を武器とする本格派。2年春に最多3勝をマーク。神宮で148㌔を計測した。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   16春: 2 2勝0敗   8  8  3  5  0  0.00
   16秋: 4 0勝0敗   5  7  5  3  2  3.60
   17春: 7 3勝0敗   30  26  17  11  5  1.50(2位)
   17秋: 4 1勝2敗  7.1  8  6  5  7  8.59
   18春: 4 0勝0敗  12.1  8  8  15  6  4.38
   18秋: 6 1勝1敗  20.1  18  13  7  9  3.98
   通算: 27 7勝3敗   83  75  52  46  29  3.14
         被安打率8.13 奪三振率5.64 四死球率4.99
    ※ 17春:最多勝 17春:新人賞

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   16選: 1     3  2  0  0  1 143㌔(神宮) 中央学
   17選: 2     7  3  9  4  1
            2  2  4  1  1 148㌔(神宮) 福工大 ○
        先   5  1  5  3  0 147㌔(神宮) 国武大
   通算: 3    10  5  9  4  2 防1.80
       被安打率4.50 奪三振率8.10 四死球率3.60

投手成績詳細

   17春    回数 被安 奪三 四死 失点
   新医大     1  0  2     0
       先   7  4  7     0 ○封
   作新大     1  1  1     0
   平国大 先   9  4  3     3 ○
   関東学     2  3  1     0
   白鴎大 先   5  7  1     1
       先   5  7  2     1 ○
          30  26  17  11  5 防1.50
      被安打率7.80 奪三振率5.10 四死球率3.30

  最新記事

 ■ 上武大・西村が始動「今年こそ日本一になる」(日刊スポーツ) 19/1/8

 上武大のプロ注目149キロ右腕・西村が7日、群馬県伊勢崎市の同大グラウンドで始動。「最後の年。がむしゃらにやる」と意気込んだ。強気の投球と制球力が大きな武器。「プロに行きたい。今年こそ日本一になる」と力強く語った。

  プロフィール

 福岡県福岡市出身。
 西村 雅暉(にしむら・まさき)投手。
 ビクトリーアローズで軟式野球を始め、当仁中では福岡城南シニアに所属。

 熊本国府では1年5月のRKK旗からベンチ入り。
 同年秋の大会から4番・エースの大黒柱を担い、鎮西高戦で延長12回2-4完投の実績を残す。
 翌2年春の県3回戦・秀岳館高戦で1対3(3回以降0封)完投の力投を披露。
 続く2年夏の予選2試合、計10.1回に登板し、八工戦(2対0)で6回1安打の好投を見せた。
 その後、右肩のケガにより調子を落とし、2年秋以降は主に左翼手として出場。
 翌3年春の熊本3回戦でマウンド復帰を果たし、九州大会で2回2奪三振2失点を記録した。
 3年夏の予選(登板なし)は3安打の奮闘及ばず松橋に3-4で敗れ初戦敗退。
 144㌔直球を持つ大型右腕として注目されたが、プロ志望届を提出せず上武大進学を選んだ。
 県V、九州2回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 上武大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 初登板の平国大1回戦で最速148㌔を計測し、2試合(先発1)計8回で2勝0敗の結果を残す。
 2年春のリーグ戦で先発の座をつかみ、最多タイ3勝、防1.50で新人賞を受賞。
 新医大2回戦で7回初完投・初完封を記録し、平国大1回戦で9回8-3完投勝利を挙げた。
 全国大会には1年春、および2年春の大学選手権(ともにベスト4敗退)に出場。
 先発・救援で2大会3試合に登板し、計10イニングで9奪三振、防御率1.80の実績を残した。
 2年春初戦・FUT戦(2回1失点で白星)で、最速148㌔、平均144.2㌔を計測。
 先発に抜擢された同準決勝・国際武道大戦で5回1安打5K3四死球0封の好投を演じている。
 リーグ通算27試合、7勝(2完投1完封)3敗、83回、防御率3.14。

 186cm87kg、恵まれた体格の最速149㌔右腕。
 ノーワインドアップから上体を傾けて重心を下げ、右肘を使った力強い腕の振りから投げ下ろす
 最速149㌔、常時140㌔前後から145㌔前後(先発時)の威力ある真っすぐと、
 120㌔前後のスライダー、120㌔台のフォークボール、100㌔台のカーブなど一通りの変化球。
 ストレートを武器とする本格派右腕。縦のスライダーなど変化球を織り交ぜる。
 リストの強い打撃で高1秋から4番。ケガの影響で2年秋以降は主に左翼手として起用された。
 コントロールにはバラツキが残る。四死球率4.99。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年04月07日(日)|2019年大学生投手 | 関甲新学生 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
来年のドラフト1位候補として追っていきたい投手。
| 賀前酉黒才 | 2018年02月03日(Sat) 15:00 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生投手 | 関甲新学生 コメント(1) Page Top↑