西川 昇吾(JR西日本)

ここでは、「西川 昇吾(JR西日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm84kg 左左 MAX144km ツーシーム・スライダー・カーブ 大成→日本福祉大 2年目
内角直球とツーシームが武器。ライアン投法から投げ込む。日本選手権で3.1回5奪三振を記録した。

  動 画

  投手成績

     試合  回数 被安 奪三 四死 自責 
   16日: 1  3.1  4  5  3  0 137㌔ ヤマハ

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   14春: 12  4勝4敗  71.2  61  43  35  24  3.01(5位)
   14秋: 10  4勝4敗   73  57  53  28  21  2.59(4位)
   15春: 12  5勝6敗   93  75  66  23  27  2.61(5位)
   15秋: 9  3勝5敗  63.2  54  57  19  28  3.96(4位)
   通算: 43 16勝19敗 301.1 247 219 105 100  2.99
          被安打率7.38 奪三振率6.54 四死球率3.14

投手成績詳細

   14春    回数 被安 奪三 四死 自責
   中京大 先  6.2  4  3  7  2 ●
       先  6.2  9  6  3  2
   中部大 先   8  8  7  2  0 ○
       先   5  3  3  5  2
   名城大 先  3.1  3  2  7  6 ●
       先  7.1  7  7  5  2 ○
       先  5.1  6  2  0  1
   愛院大 先   5  8  5  3  7 ●
           3  2  1  1  0 ●
   愛知大 先  11  7  4  1  1 ○
          1.1  1  1  0  1
       先   9  3  2  1  0 ○封
         71.2  61  43  35  24 防3.01
      被安打率7.66 奪三振率5.40 四死球率4.40 

   14秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   愛知大 先  6.2  4  3  1  1 ●
       先   8  8  5  2  0
       先   9  2  4  2  1 ○
   名城大 先   9  5  2  3  0 ○封
   中京大 先   8  6  8  7  1 ○
       先   9  8  9  1  1 ○
   中部大 先   4  5  1  4  5 ●
       先   7  5  10  0  2 ●
   愛院大 先   8  6  8  4  4 ●
          4.1  8  3  4  6
          73  57  53  28  21 防2.59
      被安打率7.03 奪三振率6.53 四死球率3.45

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   愛知大 先   9  6  6  2  3 ●
           4  6  3  1  2
       先   9  4  11  2  0 ○封
   中部大 先   7  5  3  3  4 ●
          4.2  2  2  2  1 ○
       先   9  14  6  1  7 ●
   中京大 先   9  3  5  2  0 ○封
       先   9  6  6  1  0 ●141㌔
   名城大 先   9  7  8  1  2 ○
       先   9  7  5  5  1 ○
   愛院大 先  8.2  8  7  2  2 ●
       先  5.2  7  4  1  5 ●
          93  75  66  23  27 防2.61
      被安打率7.26 奪三振率6.39 四死球率2.23

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   愛院大 先   9  3  7  3  1 ○
   名城大 先   9  3  6  1  0 ○封
       先   8  10  10  1  9 ●
   中部大 先   9  7  11  2  3 ○
       先   5  8  5  2  6 ●
   中京大 先  4.1  5  5  2  2 ●
       先   9  10  5  3  3 ●
   愛知大 先   8  7  6  5  4 ●
          2.1  1  2  0  0
         63.2  54  57  19  28 防3.96
      被安打率7.63 奪三振率8.06 四死球率2.69

  最新記事

 ■ 西川(日福大) 強気の姿勢 高評価(中日スポーツ) 15/10/16

 愛知大学野球リーグの1部に、22日のプロ野球ドラフト会議で指名されそうな左腕が2人いる。西川は171センチ、76キロから繰り出す最速144キロの直球に力があり、決め球のツーシームも制球がいい右足を高く上げる独特の投法で「日福大のライアン」と呼ばれている。春は全14試合中12試合に登板。秋も既に6試合に先発し、3勝を挙げた。中日の中田宗男スカウト部長は「体重をうまくボールに伝え、重そうな球質スタミナもあり、毎試合登板機会がある中継ぎで即戦力になれる」。日本ハムの熊崎誠也スカウトも「ピンチのときほど内角を攻める強気の姿勢がいい」と魅力を語る。甲子園出場経験がなく、高校時代は無名だったが春の活躍で複数球団から注目されて本気でプロを目指すようになった。「先発もできる投手になる」と決意する。

 ■ 愛知大学野球 名城大・吉浦が決勝3ラン(中日スポーツ) 15/9/22

 名城大が日本福祉大に10-3で逆転勝ちし、勝ち点1を獲得した。3番・吉浦大樹外野手(2年・名古屋国際)は、7回に左中間を破る三塁打。さらに8回には勝ち越しの3ランを放ち、2安打3打点と勝利に大きく貢献した。日本福祉大の先発・西川は6回まで無安打に抑えていたが、8回以降連打を浴びて、9失点。「球も走っていたし、いけると思ったのに…。7回の吉浦の三塁打で集中力が切れてしまった。投げるテンポも終始一定で、対応されてしまった。力不足です」とうなだれた。ノーヒットノーランが見えていただけに、ショックを隠しきれない様子だった。

 ■ 日福大 西川3安打完封 竜スカウトも熱視線(中日スポーツ) 15/9/21

 日本福祉大と中京大が先勝した。日本福祉大は今秋のドラフト候補に挙がる144キロ左腕・西川省吾投手(4年・大成)が3安打完封。5-0で名城大を破った。圧倒的なスタミナで、名城大を寄せ付けなかった。中田スカウト部長以下、3人中日スカウト陣の熱視線を浴びながら、西川の球は終盤になるほど切れ味を増していく。最速144キロの直球と今夏覚えたばかりのスライダーで次々と打者を打ち取った。許した走者は3安打、1四球と失策の5人。西川は「最後まで自分のタイミングで投げられた」と納得の表情だった。中田スカウト部長も「最後までテンポよく投げられる体力はさすが。相手の打者をよく観察し、力の入れ具合も調節しながら要所要所でびしっと決められている」と太鼓判。西川に力をくれたのはライバルの存在だ。愛大のエース・中川は、今季は先発した3試合はすべて完投し、うち2完封。14日に2安打完封した名城大戦を、西川はスタンドから観戦した。「同じ左腕だし、絶対に負けたくない」と闘志はメラメラ。この日中川がプロ志望届を提出したこともあり、さらに気合を込めて臨んだ試合で、中川と遜色ない好投を披露した。西川も近々志望届を提出する。「長い間活躍できるプロ野球選手になりたい。これからもしっかりアピールしていきたい」と迷いなく言い切った。2006年に中日入りした先輩・浅尾に続いてみせる。

過去記事

 ■ 中日が日本福祉大・西川リストアップ(デイリースポーツ) 15/7/4

 中日が今秋のドラフト指名候補に、日本福祉大・西川昇吾投手(22)をリストアップした。愛知・大成高出の西川は最速144キロの力投型左腕。全国的には無名の存在だが、ストレートで押す強気の投球と連投を苦にしないスタミナが持ち味だ。変化球も多彩で、社会人からも声がかかったが、本人は「プロを第一に考えたい」と話しているという。中日は複数のスカウトがチェック済み。中田スカウト部長は「投げっぷりが良い。面白い存在」と評価していた。

 ■ 入れ替え戦へ気合 日本福祉大の西川(中日スポーツ) 15/5/25

 愛院大が日本福祉大に9-2で連勝。2季ぶり47度目のリーグ優勝を果たし、6月8日開幕の全日本大学野球選手権大会に2年連続23度目の出場を決めた。敗れた日本福祉大は最下位となり、30日から2部優勝校の東海学園大との入れ替え戦に臨む。1回戦に続き先発した日本福祉大のエース西川。同点で迎えた6回に連打を浴び、一気に4失点でマウンドを降りた。「先頭打者を四球で出して、焦ってしまった。調子がよかっただけに情けないです」とうなだれた。次週は入れ替え戦が控える。「力まずいつも通り投げられれば勝てる。自信を持って挑みたい」と前を向いた。

 ■ 愛知大学野球 日福大が勝ち点2(中日スポーツ) 15/5/12

 1部の第6週第3日は11日、名古屋市のパロマ瑞穂球場で3回戦1試合を行い、日福大が名城大に2-1で勝ち、勝ち点2とした。日福大は1回に暴投で先制。6回1死一、三塁から菅(4年、長野・上伊那農)が左翼線適時二塁打を放ち、これが決勝点となった。西川(4年、愛知・大成)が完投でリーグ単独トップの5勝目を挙げた。8回、1点を返され、なおも2死満塁。日福大の左腕西川は最大の窮地を迎えた。名城大の工藤(1年、愛知・東邦)を2ボール2ストライクに追い込んだ後、3球続けてカットされ、8球目の直球は低く外れてボール。フルカウントになった。追い詰められた状況で、捕手がストライクゾーンの真ん中にミットを構えた。「もう全力で腕を振ろう。それで打たれたら仕方がない」と腹をくくった。直球で詰まらせ、中飛に打ち取った。この日は制球が悪く、序盤から得点圏に走者を背負った。しかし、ここで勝ち点を失うと、最下位になる可能性もあった。「それだけは避けたくて、気持ちで抑えた」。最大のピンチを乗り越え、チームを救った。

 ■ 細川純が延長10回勝ち越し打 中部大が初勝ち点(中日スポーツ) 15/4/22

 昨秋優勝の中部大が延長戦の末、日本福祉大に7-5で勝ち、1つめの勝ち点を獲得した。中部大は、プロも注目する日本福祉大の先発左腕・西川を徹底的に分析。堀田崇夫監督(40)はこれまでの試合のデータから「内角の変化球でカウントを取り、最後の決め球に外角の直球が来る」と判断。読みが当たり、14安打を奪う大健闘で勝利を収めた。日本福祉大の先発・西川は9イニング0/3を投げ14安打7失点。16日の愛大戦から4試合連続登板。計29イニング1/3を投げ、球数は425球。体力自慢の西川もさすがに力尽きた。「きつかったです」と言葉少なに肩を落とした。プロ入りが注目される今年。中日の石井チーフスカウトは西川を「後ろにひねる投球フォームで、打者から球が見えないのが特長制球力も安定している」と期待を寄せる。同・中原スカウトも「自分がチームを引っ張るというタフさ、心意気がいい」と好評価。

 ■ 日福大・西川 延長11回完投 初の1部残留グイッ(中日スポーツ) 14/5/18

 日本福祉大と中京大のリーグ下位チームが、ともに先勝した。日本福祉大は左腕エースの西川昇吾投手(3年・愛知大成)が延長11回を1失点で投げきり、3-1で愛大を破った。あと1勝すれば、初の1部残留が決まる。7年前にはかなわなかった1部残留に手を掛けた。その立役者となった日本福祉大の西川は、8安打を許しながらも1度しか本塁を踏ませず延長11回を完投。「今季で一番良かった」という自画自賛の出来だった。くしくもこの日は自身21回目の誕生日。自らを祝う勝利に、愛嬌のある表情が緩んだ。177センチ、79キロとすこしぽっちゃりとした体形ながら、大きく足を上げて目いっぱい投げ込む。「持ち味は勢い」という言葉どおり、打者のインコースを直球で攻めていった与えた四球は1つ11イニングで125球は制球力がさえた証拠だった。日本福祉大にとって1部は2度目の舞台。2006年秋にエース・浅尾(中日)を擁して初の1部昇格を果たしたが、翌07年の春は勝ち点を取れず、わずか1季で降格した。今季は開幕カードの中京大戦で初めて勝ち点を獲得したものの、その後は苦戦。4敗を喫している西川は「迷惑をかけている」と責任を感じていた。

  プロフィール

 愛知県一宮市出身。
 西川 昇吾(にしかわ・しょうご)投手。
 北方小2年の時から野球を始め、北方中では軟式野球部に所属。

 大成高では1年夏から控え投手としてベンチ入り。
 3年夏の愛知大会は西尾東高に7安打6失点完投負けで初戦2回戦敗退に終わった。
 県大会2回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 日本福祉大では2年秋に14季ぶりの1部昇格を経験。
 3年春のリーグ戦からエースとしてチームを牽引し、12戦71.2回をこなす奮闘で1部残留を果たす。
 8回8安打無失点の粘投を演じた中部大1回戦で1部リーグ戦初勝利をマーク。
 最終節・愛大1回戦で11回1失点完投勝ち、同3回戦で3安打2三振初完封勝利を挙げた。
 3年秋に4勝(3完1完)4敗、73回28失点の活躍で、Aクラス(3位)浮上を達成。
 愛知大3回戦で2安打2死球2対1完投勝利、名城大1回戦で1対0完封勝利を収めている。
 3年春から3季連続で最多勝を挙げ、4年春に自己最多5勝(4完2封)を記録。
 144㌔左腕として中日などスカウトから注目され、志望届を提出したがドラフト指名漏れとなった。
 通算43試合、16勝(12完投5完封)19敗、301.1回、防御率2.99。

 JR西日本では1年目から公式戦に出場。
 日本選手権準々・ヤマハ戦に2番手で登板し、3.1回5K0封救援で二大大会デビューを飾った。
 二大大会通算1試合、0勝0敗、3.1回、防御率0.00。

 175cm84kg、ガッチリとした体格のタフな左腕。
 セットから重心を下げて早めに着地し、テイクバック小さめに、左上手からヒジを使って振り下ろす
 最速144㌔、常時130㌔台前半から135㌔前後(リリーフ登板時)のストレートと、
 120㌔前後から120㌔台のスライダー、120㌔前後のツーシーム。その他に100㌔台のカーブ。
 トルネード気味フォームから投げ込む。右足を高々と上げるライアン投法も特長。
 内角に決めるストレートと変化球とのコンビネーションが持ち味。沈むツーシームで空振りを誘う。
 出所の見づらさも武器。豊富なスタミナの持ち主。

  スカウトコメント

中日・中田宗男スカウト部長|15/10/16
 「体重をうまくボールに伝え、重そうな球質。スタミナもあり、毎試合登板機会がある中継ぎで即戦力になれる」
日本ハム・熊崎誠也スカウト|15/10/16
 「ピンチのときほど内角を攻める強気の姿勢がいい」
中日・中田スカウト部長|15/9/21
 「最後までテンポよく投げられる体力はさすが。相手の打者をよく観察し、力の入れ具合も調節しながら要所要所でびしっと決められている」
中日・中田スカウト部長|15/7/4
 「投げっぷりが良い。面白い存在」
中日・石井チーフスカウト|15/4/22
 「後ろにひねる投球フォームで、打者から球が見えないのが特長。制球力も安定している」
中日・中原スカウト|15/4/22
 「自分がチームを引っ張るというタフさ、心意気がいい」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-02-27(月)|2017年社会人投手 | 愛知大学野球 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
まるでサンディコーファックス
| フラワー | 2017年03月19日(Sun) 00:21 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年社会人投手 | 愛知大学野球 コメント(1) Page Top↑