豊田 寛(国際武道大)

ここでは、「豊田 寛(国際武道大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm83kg 右右 外野手 50m6秒5 東海大相模
逆方向にも放り込める右の強打者。1年秋に外野ベストナイン獲得。打率.388点11盗6を記録した。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   16秋: 13 .388  49 19 3 1 0 11 5 6 6  .455  .490(2位)
   通算: 13 .388  49 19 3 1 0 11 5 6 6  .455  .490(不明分除く)
    ※ 16秋:ベストナイン

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   17選: 4 .000 10  0 0 0 0 0 5 0 0  .000  .000

 ■ 甲子園成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏: 1 .250  4  1 1 0 0 0 1 0 0  .250  .500
   15夏: 5 .381  21  8 1 0 1 6 3 2 2  .435  .571
   通算: 6 .360  25  9 2 0 1 6 4 2 2  .407  .560

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18UW杯: 3 .273 11  3 1 0 0 2 4 1 0  .333  .364

  最新記事

 ■ 昨夏甲子園V戦士の活躍で国際武道大がタイブレイク制す(スポーツ報知) 16/4/18

 国際武道大は、昨夏の甲子園V戦士のルーキー・磯網栄登二塁手(東海大相模)がタイブレイクの延長10回に走者一掃の右越え三塁打を放つなど2安打4打点で、勝ち点1をもたらした。新人カルテットで刺激し合っている。昨夏U―18W杯代表の4番・勝俣翔貴(東海大菅生)、5番・豊田寛左翼手(東海大相模)に、名門・横浜出身の7番・三河聖央一塁手と、開幕からスタメンに並ぶ。

 ■ 豊田「悔しかった」左ひざ骨折も一塁コーチで奮闘(日刊スポーツ) 15/9/7

 第27回U-18ワールドカップに出場し準優勝した高校日本代表が一夜明けた7日、大阪市内のホテルで解団式を行った。代打出場した8月30日のオーストリア戦で左ひざに死球を受け、ひびが入った東海大相模・豊田寛外野手は、一塁コーチャーとして大会を全うした。「骨を折ったのは初めてで…。せっかく選ばれたのに悔しかったです。でも、コーチャーをやって見えたこともありました」と振り返った。そのうちの1つが「打席の雰囲気」だった。「打ちそうな打者からは雰囲気が伝わってきた。津田とか、(杉崎)成輝がそうでした。自分もこれから打席に入る時、一塁側から見たことを意識しようと思いました」。2次リーグのキューバ戦では、打球が当たった球審にコールドスプレーをかけるため、痛めた左足をひきずりながら懸命に本塁へ駆け寄った。「痛くて走れないんですけど、甲子園(のグラウンド)で歩くなんて考えられなかった」。西谷浩一監督の「ベンチ外でもやれることはある」という言葉を体現し、日本の高校球児らしい、あるべき姿を見せた。
 大会期間中に膝を故障した豊田寛は系列の国際武道大へ進学すると聞いている」(前出のスカウト)。(日刊ゲンダイ)

 ■ 東海大相模・豊田、死球で左膝の骨にひび U18(日刊スポーツ) 15/8/31

 野球のU-18W杯、日本代表の豊田寛外野手が31日、大阪市内の病院で検査を受け、左膝の骨にひびが入っていることが分かった。代打出場した30日のオーストラリア戦で死球を受けた。西谷浩一監督は「今大会でプレーすることは厳しい」と話した。チームには帯同する予定。

過去記事

 ■ 東海大相模V王手 原貢監督以来45年ぶりへ10点(日刊スポーツ) 15/8/20

 東海大相模は、1回に4番豊田寛外野手の2ランなど5連打で4点を奪い、関東第一に勝利した。「頼むぞ」。バットにひと声かけ、カウント1-1から内角直球を振り抜いた。「最高の感触でした。外角を待っていましたが反応できました」。左翼席中段へ飛び込む高校通算38号2ランで4点目を奪い、完全に流れをつかんだ。「秘密特訓」の効果が出た。13日、門馬敬治監督に呼ばれ室内練習場へ向かい、指揮官の投げた約600球を休みなく打ち続けた。「ありがたかったです。今日もポイントを前にして、へその前で打てたのでサードゴロにならなかったと思います」。今春の県大会後、右ふくらはぎに死球を受け5月から約1カ月半、離脱。メンバーが遠征している時も、グラウンドで黙々とランニングやウエートトレーニングを行いパワーアップに励んだ。地力強化と監督への恩返しが生んだアーチだった。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15夏予: 7 .462 26 12 3 0 1 7 5 5 4  .548  .692

 ■ 東海大相模、七回コールドで決勝へ!横浜と激突(SANSPO) 15/7/27

 東海大相模は日大藤沢を8-1の七回コールドで下し、2年連続となる夏の甲子園出場へ王手をかけた。東海大相模は一回、豊田が右翼席へ2ランを放ち先制。三回には2点を追加した。五回、内野安打と暴投で無死二塁とすると、3番杉崎の中越え適時二塁打で1点を追加。さらに一死二、三塁のチャンスを作ると、そこから長倉主将の2点打などでさらに3点を入れ、リードを8点に広げた。先制2ランの豊田は「厳しい試合で先制点がほしいという中で打つことが出来てよかった。ライトに飛ぶとは思わなかった」と右打者として逆方向に飛ばした一発を振り返った。決勝へ向けては「横浜を倒すためにやってきた。全力で挑戦者としてぶつかりたい」と意気込んだ。

 ■ 東海大相模決勝進出!吉田165球14K完投(スポニチ) 15/5/2

 東海大相模が桐光学園を下し、決勝進出を果たした。右腕・吉田凌投手(3年)が10安打されながら14奪三振完投。165球の熱投だった。打線は初回に豊田が先制の左翼場外2ラン、2回には千野の右越え3ランで計5点をたたき出して援護した。

 ■ 全員安打で8強!15安打11点大勝(スポーツ報知) 15/4/25

 東海大相模が全員安打をマークし、15安打11点で大勝。今秋ドラフト1位候補の右腕・吉田凌と左腕・小笠原慎之介(ともに3年)の両エースを温存したまま8強進出した。ことごとく反対方向に快音が響いた。6点リードの2回1死二塁で、高校通算34本塁打の4番・豊田寛外野手(3年)が右前適時打チーム15安打のうち14本が、中堅から逆方向に飛んだ

 ■ 東海大相模“貫禄”14安打12点で4強!豊田が2打席連続弾(スポニチ) 14/7/28

 東海大相模が4本塁打を含む14安打で14得点を挙げ2年連続4強入り。3番・豊田は初回1死一塁から右中間へ先制2ランを放つと、3回にも左中間へソロ。2打席連発に「1本目は風に乗って入ってくれた。2本目は内角をしっかり振り抜けた」と振り返った。準決勝は横浜との対戦が決まり、門馬敬治監督は「全力で挑みたい」と力を込めた。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏予: 7 .481 27 13 1 1 3 14 1 2 2  .517  .926

  プロフィール

 神奈川県横浜市出身。
 豊田 寛(とよだ・ひろし)外野手。
 小6時にベイスターズJr.入りを果たし、名瀬中時代は戸塚シニアに所属。

 東海大相模高では1年時からベンチ入り。
 脇腹痛の影響で2年春予選を目立てずに終え、同年夏に3番・ライトで4年ぶり予選Vを果たす。
 全7試合スタメンで27打数13安打、打率.481、3本塁打14打点の活躍を披露。
 左越えの2点三塁打、右越えの満塁弾など、初戦2回戦・逗葉戦で3安打6打点を記録した。
 ハマスタで行われた準々決・橘学苑(6回コールド勝ち)で2打席連発の大暴れ。
 初回に右越えの先制2ラン(外高め直球)、3回に左中間中段ソロ(高め直球)を放っている。
 ショート内安(一塁到達4.32秒)、右前打、左前打と、決勝・向上戦で3安打。
 続く甲子園初戦(3対4)で松本裕樹の高め外スラをライトに弾き返すツーベースをマークした。
 3年春予選から4番打者として起用され、桐光戦でレフト場外への2ランを記録。
 準決で右ポール際弾(外高直球)を放つなど、同年夏予選で打率.462本1の活躍を見せた。
 甲子園初戦2回戦で内角直球に詰まらされながらも中前にはじき返す先制打。
 準決・関東一戦1回裏の好機で内寄り直球をレフトに叩き込む通算38号2ランを放っている。
 仙台育英との接戦をタイムリー3本を放つ奮闘で制して45年ぶり日本一を達成。
 左安2(内直球・外スラ)、三内安、左中間2塁打(高めフォーク)と、5の4の固め打ちを見せた。
 U18代表として出場した大会後のW杯壮行試合で一塁内安(4.27秒)をマーク。
 本戦開幕2試合で5番を務めたが、3戦目で左膝骨折を負い、以降は一塁コーチャーを任された。
 同学年のチームメイトとして小笠原慎之介吉田凌ら。

 国際武道大進学後は1年春からベンチ入り。
 開幕ゲームから左翼手としてスタメンで起用され、同年秋に打率.388でベストナインを獲得する。
 4番打者として13試合19安打4長打、0本塁打11打点6盗塁の好成績を記録。
 この活躍でユニバ代表候補メンバー入りを果たし、同年11月に松山代表選考合宿を経験した。
 通算13試合、打率.388、19安打、0本塁打、11打点。

 178cm83kg、強打が魅力の外野手。
 高校通算38本塁打、パンチ力を秘めた右の強打者。1年時から4番・左翼手でレギュラー。
 外角球に逆らわず右方向にも一発を放つ。内角への対応力も向上中。
 高2夏の予選7試合で3本塁打、2本の右越えアーチを記録した。積極的な打撃が持ち味。
 右打者で一塁到達タイム4.3秒台の脚力を備える。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-12-30(金)|2019年大学生野手 | 千葉県大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生野手 | 千葉県大学 コメント(0) Page Top↑