竹田 和真(早大)

ここでは、「竹田 和真(早大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



竹田 和真(早大)

181cm78kg 右右 MAX146km スライダー・カーブ 金沢高
最速146㌔の直球と縦スラ。ゆっくり足を下ろすフォームでタイミングを外す。金沢学院東を1安打完封。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   16春:        登板無し            
   通算:        登板無し

  最新記事

 ■ 遊学館・小孫、金沢打線を完封!3年ぶり甲子園(スポーツ報知) 15/7/28

 石川大会の決勝が行われ、遊学館が3年ぶり6回目の甲子園切符を手にした。今大会前に右ひじを痛め、準決勝まで12打数2安打と不調だった5番・広橋敬大一塁手(3年)が6回2死二塁で、こちらも最速146キロでプロ注目の右腕・竹田和真(3年)から中前適時打を放ち、1―0で競り勝った。“モノマネ大作戦”が実を結んだ。この日の朝練習では、何人もの“竹田”が現れた。左足を上げた時のゆったりとした動作に特徴がある右腕を打ち崩すため、ベンチ外の投手たちが一肌脱いだ。1、2年生の数人が竹田になりきり、投手を除くベンチ入りメンバーが1時間にわたって約100球ずつ打ち込んだ

   15夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:加  賀     1  0  3  0  0
   準々決:金 沢 東 先   9  1  8  1  0封145㌔
   準決勝:小松大谷 先   9  7  10  4  3
   決 勝:遊 学 館 先   9  5  5  2  1
               28  13  26  7  4 防1.29(失点から計算)
           被安打率4.18 奪三振率8.36 四死球率2.25

 ■ 【石川展望】金沢、遊学館、星稜の3強軸に混戦模様(スポニチ) 15/7/4

 金沢、遊学館、星稜を軸に混戦だ。金沢の竹田は最速146キロ直球主体に縦横のスライダーを操る。春の県大会を制した遊学館は投打のバランスがいい。3連覇を狙う星稜は昨夏の経験者が頼り。金沢商、小松大谷なども上位をうかがう。

   15春            回数 被安 奪三 四死 自責
   石 川2回戦:羽  咋 先   4  1  5  0  0
      準々決:金 沢 東 先   6  3  6  3  1
      準決勝:小松工業 先   7  1  8  1  0封
      決 勝:遊 学 館     4  4  3  0  1
   北信越1回戦:松商学園     5  1  7  1  0
      準々決:敦賀気比 先  4.1  10  4  2  9…3ラン2発被弾
                 30.1  20  33  7  11 防3.26
              被安打率5.93 奪三振率9.79 四死球率2.08

 ■ 遊学館、金沢が北信越大会出場決めた!(スポーツ報知) 15/5/4

 春季高校野球石川県大会は4日、準決勝2試合を石川県立野球場で行い、遊学館、金沢が北信越大会出場を決めた。金沢は小松工に7―0で7回コールド勝ち。初戦から4試合連続となるコールド勝利と投打で圧倒してきた。被安打1で完封した竹田和真(3年)は、「高校で初。びっくりです」という3安打の活躍。6―0の7回に、先頭打者でコールド勝ちを決めるソロ本塁打を放った主将の岩井一平中堅手(3年)は「竹田も頑張ってくれていた。まず先頭として(塁に)出ようと思いました。打った感触は良かったです」と振り返った。

過去記事

 ■ 金沢・竹田0封!県NO1投手に8球団スカウト終結(スポーツ報知) 15/4/26

 金沢は羽咋に8―0の7回コールド勝ち。石川県NO1投手の呼び声高い竹田和真(3年)は、プロ8球団のスカウトが集結した中、4回を1安打、5奪三振、無失点に抑える好投を見せた。金沢の竹田が、直球を主体に安定した投球を見せた。巨人、横浜ロッテなどセ・パ合わせて8球団のスカウトがバックネット裏から見つめる中、4回を投げ被安打1で無失点。四死球もゼロで5奪三振と、ほぼ完璧な内容だ。自己最速は143キロ。この日のスカウト陣のスピードガンでも「142~3は出ていた」(巨人・井上真二スカウト)と初戦から好数字を記録した。それでも「(スカウトの視線は)あまり意識しないようにしています。全部全力だと肩の張りとかも出るので」と要所をしっかり締めつつ、制球重視の組み立てでゲームの流れを作った。昨秋は悔しい思いをした。県大会では、準決勝で金沢商に0―4で敗戦。完投した竹田だったが、腰を痛めてしまった北信越大会では、福井工大福井との1回戦(2〇1)で完投したものの、続く準々決勝・松商学園戦(長野)では腰痛で登板できず。チームの逆転サヨナラ負け(5●6)をベンチから見つめるしかなかった。竹田は「申し訳ないと思いました」と自分を責めた。「ケガは絶対したくない」と胸に誓い、秋以降は特に柔軟に重点を置いてきた。「体が硬かったので、お風呂上がりに毎日30分くらい股関節を軟らかくしてきました。徐々に軟らかくなってきているなと感じます」と今でも続けている。元巨人の松井秀喜氏(40)と同じ根上学童野球クラブ、根上中野球部出身。小学生の頃にはイベントで松井氏と対面したこともあるという。「春大会で優勝して(秋の)リベンジがしたい。プロに入って、将来は日本一の投手になりたいです」。偉大な先輩に負けない活躍を目指す。

   14秋            回数 被安 奪三 四死 失点
   石 川1回戦:金 沢 西 先   6  3       0
      2回戦:加  賀 先   2          0
      3回戦:遊 学 館 先   9  10  11  5  5 
      準々決:金 沢 東 先   7          0封
      準決勝:金 沢 商 先   9  10  5  3  4
   北信越1回戦:工大福井 先   9  8  11  0  1…5回まで1安打
                  42    46    10 防2.14(失点から計算)

  プロフィール

 石川県能美市生まれ。
 竹田 和真(たけだ・かずま)投手。
 浜小3年時から軟式野球を始め、根上中では軟式野球部に所属。

 金沢高では2年春からエースとして活躍。
 全て先発として2年秋の県大会5試合に登板し、石川県4位での北信越大会進出を達成する。
 投球イニングを上回る35三振を奪い、合計33回を9失点に抑える粘投を披露。
 3回戦で強豪校・遊学館と対戦し、10安打を浴びながらも、11三振5失点完投勝ちを収めた。
 北信越大会初戦で福井工大福井相手に11K無四球2対1完投勝ちを記録。
 翌日の準々決勝・松商学園戦は、腰痛により登板できず、惜しくも5対6サヨナラ負けとなった。
 春の大会でも北信越8強入りを果たし、30.1回で33K(県21回2失点)をマーク。
 北信越初戦・松商戦で5回1安打7K無失点救援を演じている(準々決は4.1回で10失点)。
 3年夏予選は小孫竜二との投手戦の末、5安打0対1完投負けで惜しくも準V。
 準々決勝で8回2死まで無安打、1安打完封の快投を演じ、オリックススカウトから高評価された。
 同学年のチームメイトに中川広大外野手ら。

 181cm78kg、プロ注目の最速146㌔右腕。
 ワインドアップから上げた左足でタメを作り、開き早めに、肘を柔らかく使った腕の振りから繰り出す
 最速146㌔の伸びのあるストレートと、切れの良い縦のスライダー、カーブ。
 ゆっくり足を下ろすフォームも特徴。直球主体に縦スラを織り交ぜる。2年秋42回で46Kを奪った。
 コントロールはまずまず。進学を希望している。

  スカウトコメント

巨人・井上真二スカウト|15/4/26
 「142~3は出ていた」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-08-30(日)|2019年大学生投手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生投手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑