塩田 大河(龍谷大)

ここでは、「塩田 大河(龍谷大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



塩田 大河(龍谷大)

183cm80kg 右左 MAX143km スライダー・フォーク 神戸国際大附
スリークォーターから繰り出す最速143㌔直球とスライダー。高3春の決勝・社戦で11奪三振完投勝利。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   16春:         登板無し
   16秋:         登板無し            
   通算:         登板無し

  最新記事

 ■ 神戸国際大付、尼崎小田に勝ち県内22連勝!(SANSPO) 15/7/16

 兵庫2回戦で尼崎小田に6-2で勝ち、昨夏から県内22連勝。2年連続出場へ青木監督は「夏はやっぱりこの暑さ(が敵)。東郷は打たれすぎ。塩田も最後はバテてた」。背番号10の2年生左腕・東郷は来秋のドラフト候補。阪神など6球団のスカウトが詰めかけたが、四回途中降板。救援した背番号1の塩田は八回に4安打を集められ2点を失った。東郷は「負けたらあかん試合で緊張感があった」と反省した。

   17春    回数 被安 奪三 四死 自責
   大商大     3  3  1  2  0
   京産大 先  5.2  5  1  3  2 ●
          8.2  8  2  5  2 防2.08
      被安打率8.31 奪三振率2.08 四死球率5.19

   15夏予       回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:尼崎小田    5.2  6  3  1  2
   4回戦:神港学園 先  5  3  1  1  0
   準々決:津  名 先 4.1  4  3  3  3
   準決勝:明石商業   0.2  2  0  0  1
             15.2  15  7  5  6 防3.45(失点から計算)
          被安打率8.62 奪三振率4.02 四死球率2.87

 ■ 神戸国際大付14年ぶり2度目V(デイリースポーツ) 15/6/1

 近畿大会決勝が県立彦根球場で行われ、神戸国際大付が逆転で北大津を下し、14年ぶり2度目の優勝を果たした。最大5点差をひっくり返す逆転劇の流れを生み出したのが今秋ドラフト候補最速143キロ右腕・塩田大河投手。六回から登板し、4回2安打無失点の快投でチームの空気を変えてみせた。4点ビハインドの六回からマウンドに上がると、北大津打線をあっさりと三者凡退。中盤までの6失点で沈んでいたベンチの空気が塩田の好投でリセットされると、ゲームは逆転へ向かって動き出した。直後に妹尾の3ランで1点差に迫ると、八回には一挙5点を奪って逆転に成功。塩田は変化球をコーナーに投げ分ける丁寧な投球で相手を寄せ付けなかった。「自分的にも六回に三者凡退で終われたのが良かった」と納得の表情。だが試合前にはある“鬼指令”が飛んでいた。「アップもせんと、ブルペンで投げとけ言うたんです」と明かした青木監督。前日の準決勝で変化球が決まらず、カウントを苦しくした。一夜明け、球場到着直後からブルペン投球を開始。試合中もブルペンから離れず、一心不乱にスライダーを投げ続けた。その数は実に150球超。猛特訓からの快投劇に「練習して良かったです」とはにかんだ塩田。エースの投球が14年ぶりの栄冠を呼び込んだ。

   15春          回数 被安 奪三 四死 失点
   兵庫2回戦:夢  前 先  5  1       0封
     3回戦:津  名 先  5  5       5
     準々決:報徳学園   2.1  1  1  1  0
     決 勝:  社   先  9  7  11  2  3
   近畿準決勝:智弁和歌    3  1  1  3  0
     決 勝:北 大 津    4  3  1  0  0…10対6逆転勝利
               28.1  18       8 防2.54(失点から計算)

 ■ 神戸国際大付が3期連続V塩田が11K(デイリースポーツ) 15/5/5

 神戸国際大付が粘る社を振り切り、3季連続の優勝を決めた。同校は23日から彦根球場で行われる近畿大会に出場する。試合はドラフト候補MAX143キロ右腕・塩田大河が社打線から11三振を奪う力投。3点リードの最終回2死二塁から連続長短打で1点差に迫られたが「最高のボールを投げようと。気持ちをしっかり持って投げれた」と、自慢の直球で見逃し三振に仕留めた。3回戦の津名戦で大量失点を喫し、青木監督からは「お前、もう(出番は)ないぞ」と最後通告を受けたという。「ピンチになったら弱気になっていた」という精神面を見直し、どんな状況でも内角を厳しく突けるように練習に取り組んできた。それが決勝での力投につながり「夏はもっと簡単にアウトを取れるように。自分の投球から攻撃にリズムを作っていけるように」と力を込めた。

   14秋          回数 被安 奪三 四死 失点
   兵庫2回戦:育  英    6  0       0
     3回戦:科学技術    8  3       0
     準々決:尼崎小田 先  9  8  2  2  2
     準決勝:津  名 先  6  6       3 
     決 勝:報徳学園    2  0  1  1  0
   近畿1回戦:立命宇治 先  5  8  5  2  5
                36  25       5 防2.00

  プロフィール

 富山県高岡市出身。
 塩田 大河(しおだ・たいが)投手。
 南星中時代は高岡ヤングベースボールクラブでプレー。
 平沼翔太(日ハム15年4位)らと共にヤングリーグ日本代表として台湾遠征を経験した。

 神戸国際大附では2年秋から公式戦に出場。
 2回戦・育英戦に4回表から2番手として登板し、6回無安打0封の好リリーフでデビュー戦を飾る。
 初先発を任された準々決勝・尼崎小田戦で8安打2失点初完投勝利を記録。
 県大会で5戦(先2)31回5失点、防1.16の結果を残し、背番号11からエースに昇格となった。
 続く近畿大会初戦の先発を務めるも、5回8安打5失点と振わず7対11で敗戦。
 翌3年春に6試合(先発3)28.1回18安打8失点の活躍で県V、近畿大会Vを達成している。
 県決勝・社戦で11K4対3完投勝利、近畿決勝・北大津戦で4回0封をマーク。
 3年夏予選は明石商に12回4対5逆転サヨナラ負け(中継ぎで0.2回1失点)で4強敗退となった。
 1学年下のチームメイトとして140㌔左腕・東郷太亮ら。

 183cm80kg、スリークォーター右腕。
 セットから上体を傾けて重心を下げ、インステップ気味に着地し、開き早めに肘を使った腕の振りから
 繰り出す最速143㌔の力のあるストレートと、スライダー、フォークボール。
 ストレートを武器とする力投型の右腕。一塁側に倒れ込むようにして力強い腕の振りから投げ込む。
 サイド気味からスリークォーターにフォームを変更した。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-05-08(月)|2019年大学生投手 | 関西六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生投手 | 関西六大学 コメント(0) Page Top↑