小荒田 大樹(日立製作所)

ここでは、「小荒田 大樹(日立製作所)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm81kg 左左 MAX149km スライダー 鹿児島実→神奈川大 3年目
140㌔台の直球を武器とする救援左腕。直球主体の投球が持ち味。2年目春に149㌔を計測した。

  動 画

  投手成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   15日: 1   1  1  1  0  0 138㌔ ホンダ 

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   10春:        登板無し
   10秋:        登板無し
   11春:        登板無し
   11秋:        登板無し
   12春: 8 1勝4敗 36.1  26  25  22  10  2.48(8位)
   12秋:        登板無し
   13春:        登板無し
   13秋: 7 0勝1敗   9  11  10  8  5  5.00
   通算: 15 1勝5敗 45.1  37  35  30  15  2.98
         被安打率7.35 奪三振率6.95 四死球率5.96

  プロフィール

 鹿児島県指宿市出身。
 小荒田 大樹(こあらた・だいき)投手。
 小学2年時からソフトボールを始め、開聞中では軟式野球部で外野手。

 鹿児島実で外野手から投手に転向。
 エース・松窪岬らを擁して2年夏の県大会を制し、背番号11で甲子園(登板はなし)を経験する。
 3年夏は徳之島高校に延長13回2対3で競り負け県大会初戦(2回戦)敗退。
 164球10安打13奪三振完投の力投も及ばず、延長13回裏2死からのサヨナラ左前打で敗れた。
 当時2学年下に野田昇吾(現西濃運輸)ら。

 神奈川大では3年春からリーグ戦に出場。
 主に先発として8試合(救援3)36.1回に登板し、1勝4敗、防2.48で投手十傑入りを達成した。
 7.2回3安打1失点の好投を見せた鶴見大学1回戦でリーグ戦初勝利をマーク。
 4年間2シーズンで合計15試合45.1回にとどまり、通算1勝(5敗)、防御率2.98で卒業となった。
 通算15試合、1勝5敗、45回1/3、35奪三振、防御率2.98。

 日立入社後は2年目から公式戦に出場。
 いずれもリリーフとして年間12試合に起用され、関東L・セガサミー戦で149㌔(大田)を計測する。
 秋の日本選手権準々決勝・ホンダ戦に9回表無死一塁から3番手として登板。
 高め直球で三振を記録したが、2死二塁から右中間を割られ、手痛い追加点(0対2)を許した。 
 二大大会1試合、0勝0敗、1回、防御率0.00。

 181cm81kg、149㌔直球を持つリリーフ左腕。
 ワインドアップから投げ込む最速149㌔、常時130㌔台後半の直球と120㌔前後のスライダー。
 社会人2年目春に149㌔(球速の出やすい大田スタジアム)を計測した。
 制球にバラツキを残しながらも両サイドに投げ分けていく。真っすぐ主体に押す投球が持ち味。
 2年目になってリリーフとして一定の実績を残した。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況





 Comments
この記事へのコメント
球速表示は同じ球場でも変化します。
大田スタジアムは辛いことで有名でしたが、昨年やたら甘くなった時期がありました。
| 管理人 | 2016年01月22日(Fri) 20:40 | URL #FR4U19ZM [ 編集]
大田スタジアムについて、この記事では「球速が出やすい」と書いてあるのに対し、田中正義投手では「球速が出にくい」と書いてありますね。どちらの評価が正しいのでしょうか。
| にゃん | 2016年01月22日(Fri) 19:41 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する