深水 裕貴(専大)|ドラフト・レポート

深水 裕貴(専大)

ここでは、「深水 裕貴(専大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



深水 裕貴(専大)

180cm80kg 右右 捕手 遠投95m 50m6秒7 熊本工
打力のあるプロ注目捕手。1年秋からレギュラー。大学ではリーグ通算打率.177と苦戦が続いている。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春: 1 .000  1  0 0 0 0 0 1 1 0  .500  .000
   16秋: 12 .286  42 12 0 0 0 1 10 0 0  .286  .286
   17春: 10 .154  26  4 2 0 0 0 8 3 0  .241  .231
   17秋: 10 .120  25  3 1 0 0 2 4 3 0  .214  .160二部
   18春: 12 .136  22  3 0 0 0 1 6 4 0  .269  .136二部
   18秋: 9 .143  21  3 0 0 0 1 4 2 0  .217  .143二部
   19春: 14 .159  44  7 2 0 1 3 13 7 0  .275  .273二部
   一部: 23 .232  69 16 2 0 0 1 19 4 0  .274  .261
   二部: 45 .143 112 16 3 0 1 7 27 16 0  .250  .196

  最新記事

 ■ 専大4戦目で初勝利 金城―深水バッテリー、3安打寺沢ら1年生躍動(スポニチ) 16/9/15

 専大がリーグ戦4試合目にして今季初勝利を挙げた。捕手の深水(ふかみ)もルーキー。熊本工時代から追いかけて入学させた選手だ。1年生バッテリーを含め、3安打した寺沢(検見川)、8回に貴重なタイムリーを放った池間(糸満)守備で貢献した岡本良(専大松戸)ら1年生がハツラツと動き回った。決勝の本塁打を放った秦も2年生。この若い力が経験を積めば、戦国東都がさらに面白くなる

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19春入替: 3 .222  9  2 0 0 1 1 3 1 0  .300  .556

 ■ 熊本大会 きょう決勝 熊本工VS九州学院(毎日新聞) 14/10/12

 熊本工は、4番・深水裕貴選手(2年)が6打点の活躍を見せ、コールド勝ちした。夏の県予選で4強敗退後、1日1000本の素振りを自分に課した深水選手。三回表2死一塁から先制の左越え2点本塁打で口火を切ると五、六回の好機にも連続二塁打を放ち、宇土を突き放した。それでも「4番として当たり前の仕事ができただけ。今日は通過点」と話し、センバツ出場を見据えた。

     試合 打率 打 安 二 三 本 長打率
   14夏: 5 .300 20  6 1 1 0  .450 
   14秋: 7 .653 26 17 6 1 2 1.192 
   15夏: 3 .300 10  3 1 0 0  .400
   通算: 15 .464 56 26 8 2 2  .786

  プロフィール

 熊本県八代市出身。
 深水 裕貴(ふかみ・ゆうき)捕手。
 八代一中時代は軟式野球部で3年時から捕手。

 熊本工では1年時からベンチ入り。
 翌2年春の予選で4番・キャッチャーの座をつかみ、熊本2回戦・ルーテル学院戦で本塁打を放つ。
 続く2年夏の県大会5試合で打率.300(20打数6安打2長打)本0点6をマーク。
 同年秋の予選22打数で17安打を積み上げ、打率.773、6試合2本塁打の好成績を残した。
 6試合中5試合でロングヒットを飛ばし、合わせて9長打(二6、三1、本2)を記録。
 3回戦・済々黌戦で2、3塁打を含む4安打、4回戦・熊本一戦で左越えソロ弾を放っている。
 コールド勝利を収めた準決・宇土戦で先制左2ランなど3長打6打点の大暴れ。
 九州大会では無安打と思うように活躍できず、チームも2安打完封負けで初戦敗退となった。
 3年夏の県大会は多良木に2対3(3打数2安打1打点)でせり負け3回戦敗退。
 打撃力ある捕手としてスカウトから注目されたが、志望届を提出せず専大への進学を選択した。
 チームメイトとして1学年上に西山天翔、同学年に高木栄志ら。

 専修大学では1年時春からベンチ入り。
 1年生ながら秋季リーグ戦11試合の先発を担い、1部18位の打率.286で規定数到達を果たす。
 4年春までの7季で計68戦に起用され、内58戦(8番28・9番16)に先発で出場。
 1部3季を経て2年秋以降を2部で過ごし、東都通算32安打、打率.177本1点8をマークした。
 4年春のリーグ戦最終カード・拓殖大1回戦でレフトにたたき込む1号ソロアーチ。
 続く入替え戦・駒大2回戦で左越えの9回同点弾(そのウラの3ランでサヨナラ負け)を放っている。
 通算68試合、打率.177、32安打、1本塁打、8打点。

 180cm80kg、打力のあるプロ注目捕手。
 高校通算10発、振り切るスイングから鋭い打球を飛ばす右の強打者。1年秋からレギュラー。
 右打ちなど状況に応じた打撃でも高校時代の監督から評価を受けていた。
 スローイングの精度にやや課題が残るが、二塁送球タイム2秒前後と地肩の強さはまずまず。
 キャッチングに自信を持つ。脚力はいまひとつ。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年07月06日(土)|2019年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑