内山 竣(明大)|ドラフト・レポート

内山 竣(明大)

ここでは、「内山 竣(明大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



内山 竣(明大)

175cm74kg 左左 外野手 遠投110m 50m5秒9 静岡高
3拍子揃ったプロ注目外野手。一塁到達4.1秒台の俊足。3年秋最終戦で4安打の固め打ちを見せた。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春:          出場無し
   16秋:          出場無し
   17春:          出場無し
   17秋: 1 .000  1  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000
   18春: 5 .250  4  1 0 0 0 1 1 0 0  .250  .250
   18秋: 13 .348  23  8 1 0 0 4 2 2 2  .400  .391
   19春: 12 .261  46 12 4 3 0 7 9 1 1  .277  .478
   通算: 31 .284  74 21 5 3 0 12 13 3 3  .312  .432

 【 全国大会 】
     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19選: 4 .267  15  4 0 0 0 1 0 2 1  .353  .267(3番・右)
   通算: 4 .267  15  4 0 0 0 1 0 2 1  .353  .267

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏: 1 .250  4  1 0 0 0 0 1 1 0  .400  .250(1番・中)
   15春: 3 .083 12  1 0 0 0 1 3 1 1  .154  .083(3番・中)
   15夏: 1 .000  4  0 0 0 0 1 1 0 0  .000  .000(3番・右)
   通算: 5 .100 20  2 0 0 0 2 5 2 1  .182  .100

  最新記事

 ■ 静岡・内山V弾 戦後初3季連続甲子園決めた(日刊スポーツ) 15/7/30

 静岡が飛龍を下し、昨夏、今春に続く甲子園出場を決めた。静岡の3季連続甲子園は戦後初。口火を切ったのは内山だった。1回1死一塁。カウント2-1から「真っすぐ。真ん中より」を振り抜くと、打球は右翼スタンドに吸い込まれた。「手応えあった。弾道は低かったけど、いったな、と」。今大会3本目となる1発は、理想的な形で先制点をもたらした。3回も1死から右中間真っ二つの二塁打を放ち、4回は1死満塁から痛烈な一ゴロで打点を稼いだ。昨秋は中軸3連発もあり注目を集めたが、内山はセンバツ3試合で12打数1安打1打点とふるわなかった。打順も7番まで下がった。それでも東海大会決勝で本塁打を放ち、潜在能力の高さを示してきた。

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14秋硬式: 10 .486 35 17 1 1 2 8 4 3 8  .526  .743
   15春東海: 3 .182 11  2 0 0 1 2 0 2 0  .308  .455
   15夏予選: 6 .375 24  9 1 0 3 14 1 5 3  .483  .792
   通  算: 19 .400 70 28 2 1 6 24 5 10 11  .475  .714

 ■ 静岡19点4強 内山1試合2発9打点(日刊スポーツ) 15/7/26

 3季連続の甲子園を狙う静岡が三島南に圧勝し、準決勝進出を決めた。主役は3番内山竣。3回2死満塁で右翼席に本塁打を放つと、7回にも1死二塁から右中間に豪快な1発をたたき込んだ。内山の今大会は、ここまで3試合で2安打だった。一転、この日は2回にも貴重な追加点となる右前2点適時打を放つなど、6打数5安打9打点と大車輪の活躍。中軸としてようやく結果を残し「1試合で2本も、満塁ホームランも、9打点もすべて初めての経験。素直にうれしい」と、ようやく笑みがこぼれた。3試合で1安打に終わった春のセンバツの悔しさが、内山を進化させた。「このままでは終われない」と、最後の夏に向けてフォーム改善に着手。プロ野球歴代3位タイの31試合連続安打を記録した西武・秋山を参考に、軸足の使い方や体重移動を意識した。センバツ以降は、この日の2本を含めて4カ月で7本と本塁打を量産。「夏前からずっと調子は良かった」と、手応えはつかんでいた。

 ■ 静岡56年ぶり東海王者 夏の甲子園へ弾み(日刊スポーツ) 15/5/25

 静岡がいなべ総合学園を下し、56年ぶり2度目の優勝を飾った。初回に3点を奪うと3回には内山竣(3年)に本塁打が飛び出し、投げても村木文哉(2年)が1失点完投した。プロも惚れ込む野球センスを、内山がいかんなく発揮した。3回裏2死、カウント1-2からの内角低め変化球をバットで切るようにしてすくうと、打球は放物線を描き右翼席中段への本塁打となった。「体が反応した」と振り返ったが、バットを振り切るのではなく、体の横に巻き付けるようなスイング。手首の返しが強い内山にしかできない打撃だ。「振り切ったらファウルになってしまう。打った瞬間は入ったかなと思ったけど、ファウルになるかもとも思った」。通算12号にベンチで笑顔をふりまいた。センバツは3試合で適時打1本と思うような結果は残せなかった県大会も2割6分7厘で、初戦は3番に入ったが24日の準決勝は6番、この日の決勝は「練習試合ではあったけど、公式戦では初めて」という7番だった。
 「上体に力が入ってしまっていた」と内山。抜群の打撃センスの持ち主を指揮官は「(自分に)求めるものが高いので考え過ぎてしまうだけ」と心配していなかった。三回、右翼席に運んだ球は低めのチェンジアップ。振り抜けばファウルになるところを絶妙なバットコントロールで飛球の軌道を変えた。「体が反応した」。狙い通りの放物線だった。(静岡新聞)

過去記事

 ■ 出場校トップ打率の静岡打線爆発!(デイリースポーツ) 15/3/22

 出場校中トップの打率(・419)と本塁打数(12本)を誇る静岡打線が、二塁打2本を含む10安打7得点と、破壊力のある攻撃を見せた。1点を追う三回には、プロ注目の3番・内山竣外野手(3年)が同点の右前適時打。さらに6番・平野英丸内野手(3年)の右翼線適時二塁打などでこの回一挙4点。五回にも下位打線の連打などで3点を奪った。

 ■ 【秋季大会】静高、コールド4強!3者連続アーチ(スポーツ報知) 14/10/20

 県王者・静岡と日大三島(県3位)が、ともにコールド勝ちで4強入りした。静高は計18安打で土岐商(岐阜3位)を圧倒。3回に内山竣、堀内謙伍、安本竜二(いずれも2年)の3者連続アーチが飛び出すと、4回には安本主将が2打席連続本塁打を放ち、11―3で快勝した。先頭の内山が「低めの球をうまく拾えた」と右翼へアーチを放つと、続く堀内も内角球を強振して本塁打。すると、「安本も続けよ」というスタンドの声に応えるかのように、主将が初球を左翼外野席へ運んだ。

  プロフィール

 静岡県湖西市出身。
 内山 竣(うちやま・しゅん)外野手。
 鷲津少年野球クラブで野球を始め、鷲津中時代は浜松シニアに所属。

 静岡高では1年秋から中堅手でレギュラー。
 1年生ながら東海大会全2戦に3番として出場し、8打数で4安打、打率.500点0の実績を残す。
 翌2年夏の予選(1番・CFで打率2割)2回戦で勝ち越しの右越え3ランを記録。
 星稜の岩下大輝と甲子園1回戦で対戦し、敗戦(4対5)の中で右前打、四球をマークした。
 同年秋に打率.486(35打数17安打)本2盗8の好成績で県V&東海Vを達成。 
 東海大会2回戦・土岐商戦で右翼席へのソロ弾(3者連続本塁打の一人目)を放っている。
 右手親指骨折の影響で東海大会決勝戦および神宮初戦2回戦には不出場。
 翌3年春の選抜に3番CFとして臨み、8強入りをとげたが、自身は打率.083と不振に苦しんだ。
 春季県大会でも思う様な結果が出ず7番降格となった東海決勝でソロを記録。
 同年夏の県大会準々決で右満塁弾・右中間2ランを含む5安打9打点の活躍を演じている。
 決勝戦・飛龍戦で内寄り高め直球を右翼ポール際に放り込む先制の2ラン弾。
 続く甲子園を1回戦敗退(4打数無安打)で終え、プロ志望せず明治大学への進学を選択した。
 同学年のチームメイトとして堀内謙伍安本竜二ら。

 明治大では2年秋からリーグ戦に出場。
 3年秋になってスタメン5試合と出場数を増やし、立大との最終戦で右適二を含む4安打を放つ。
 4年春のリーグ戦で3番・RFの座を掴み、打率.261本0点7で規定打席初到達。
 4季で計17試合(右14、左2)のスタメンを務め、通算21安打、打率.284本0点12を記録した。
 4年時春12試合で7長打(早大の加藤雅樹と並ぶ最多タイ3三塁打)をマーク。
 田中誠也と対戦した立大3回戦で内角低め直球を右線三塁打にする巧打を披露している。
 全国大会には2年時春の第68回全日本選手権大会(38年ぶり優勝)に出場。
 全4試合に3番・右翼手スタメンとして臨み、計15打数4安打、打率.267本0点1の結果を残した。
 通算31試合、打率.284、21安打、0本塁打、3盗塁。

 175cm74kg、三拍子揃った外野手。
 打撃技術で高い評価を受ける左の巧打者。高校通算19本塁打のパンチ力を秘める。
 フォームを改善した高3春の選抜後に8本塁打(公式戦で4発)をマーク。
 東海大会決勝で低めチェンジアップを右翼スタンドに放り込む巧みな打撃を見せた。
 守備範囲の広さも魅力の一つ。中堅を経て選抜後からライトを務める。
 50m5秒9、一塁到達タイム4.1秒台の脚力の持ち主。2年秋10試合で8盗塁を決めた。
 プロからも注目されている。遠投110m。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-06-24(月)|2019年大学生野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑