小川 武志(武蔵ヒートベアーズ)

ここでは、「小川 武志(武蔵ヒートベアーズ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm81kg 右右 MAX147km スライダー・シンカー・カーブ 松本大→信濃GS 27歳
守護神として活躍するスリークォーター右腕。シンカーとの緩急が持ち味。怪我からの復活を目指す。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   12年: 15 0勝0敗    18  23  13  11  7  3.50
   13年: 14 0勝0敗1S  22.2  33  12  10  13  5.16
   14年: 35 3勝5敗    66  81  39  17  41  5.59
   15年: 26 3勝3敗2S  37.2  41  24  16  15  3.58
   通算: 90 6勝8敗3S 144.1 178  88  54  76  4.74
          被安打率11.10 奪三振率5.49 四死球率3.37

  プロフィール

 千葉県君津市出身。
 小川 武志(おがわ・たけゆき)投手。
 君津市立久留里中学校を経て拓大紅陵高に進学。
 高校時代3年夏は背番号10で県4回戦敗退(鎌ケ谷に8回コールド負け)に終わった。

 松本大では4年間を通して2部リーグに所属。
 4年秋にエースとして9シーズンぶりの2部優勝、創部初となる1部リーグ昇格を成し遂げた。
 同学年に藤澤亨明(西武2011年育成1位)ら。

 信濃グランセローズでは1年目からリーグ戦に出場。
 入団以降2シーズン連続で未勝利と活躍できず、2年目のオフにアンダースロー挑戦を決断する。
 6回までを3失点にまとめた3年目6月22日の群馬戦でリーグ戦初勝利をマーク。
 後半戦から腕の位置をスリークォーターに戻し、147㌔を計測したことでプロからも注目された。
 急成長で首脳陣の信頼を獲得し、小林宏に代わるセットアッパーの座を獲得。
 4年目に主に抑え投手として26戦3勝3敗2S、37.2回24K、防御率3.58の結果を残している。
 8月20日に行われた石川MS戦で打線の大量援護を受けて先発白星を記録。
 その後、ケガにより9月2日付けでチームを退団し、翌年5月に武蔵ヒートベアーズ入団が決まった。
 リーグ通算90試合、6勝8敗3S、144.1回、防御率4.74。

 175cm81kg、最速147㌔のスリークォーター右腕。
 セットから上げた左足でタメを作り、上体を傾けて重心を下げ、開き早めに肘を使った腕の振りから
 繰り出す最速147㌔の威力のあるストレートと、スライダー、シンカー、カーブ。
 ストレートとシンカーとの緩急、内角を突く強気の投球が持ち味。3年目になって急成長を遂げた。
 4年目(2015年)に負ったケガからの復活を目指す。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況





 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する