杉山 晃基(創価大)

ここでは、「杉山 晃基(創価大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



杉山 晃基(創価大)

180cm77kg 右右 MAX154km スライダー・フォーク 盛岡大附
威力のある直球とスライダー、フォークが武器。1年春のデビュー戦で自己最速149㌔を叩き出した。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   16春: 1 0勝0敗   2  0  0  1  0  0.00
   16秋: 2 0勝1敗  4.1  5  3  3  2  4.15
   通算: 3 0勝1敗  6.1  5  3  4  2  2.84
         被安打率7.11 奪三振率4.26 四死球率5.68


 【 全国大会 】
   17神    回数 被安 奪三 四死 自責
   関西大 先   5  5  3  0  1 150㌔(神宮) ○

投手成績詳細

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責 
   流経大     2  0  0  1  0 149㌔

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責 
   高千穂     1  1  2  2  1
   共栄大    3.1  4  1  1  1 ●
          4.1  5  3  3  2 防4.15
      被安打率10.38 奪三振率6.23 四死球率6.23

  最新記事

 ■ 創価大・杉山 正義超えV宣言(西日本スポーツ) 17/11/11

 神宮大会が開幕、1回戦4試合を行い、初の日本一を目指す創価大は2-1で関大を破り初戦を突破。プロ注目の本格派右腕、杉山晃基投手が5イニングを1失点で全国大会初先発を白星で飾った。高校、大学を通じて初めての全国大会マウンドを、創価大の杉山が白星で飾った。5回にバランスを崩し、フォークが暴投になって先制されたが、その裏に代打を送られ逆転してもらった。最速150キロの直球を中心に無四球の5安打で5イニングを1失点で粘った。関東5連盟の代表を決める関東地区選手権は、3試合すべてに先発したが2試合が1回に失点。それでも、岸雅司監督から、神宮大会初戦先発に指名された。「お前でいくぞと言われ、同じことを繰り返すんじゃないかという不安もありましたが、修正もして結果が出せた」。送り出した岸監督も「関東のときより良かった」と納得の表情だ。楽天の沖原スカウトは「投げっぷりもいい。2年後が楽しみ」と評価した。

 ■ 創価大ルーキー杉山、2回無失点デビュー 自己最速149キロ出た(スポニチ) 16/5/21

 創価大に頼もしいルーキーが現れた。21日の流通経大戦(大田スタジアム)。8回から2番手でリーグ戦初登板のマウンドに上がった杉山晃基投手(1年、盛岡大付)は、2回を無安打無失点。自己最速を2キロ更新する149キロを計測し「ほとんどストレートだったけど抑えられて自信になりました」と笑顔で振り返った。盛岡大付では2年夏の甲子園に出場したがベンチ外。3年夏も準々決勝で敗れ、甲子園のマウンドに立つことはできなかった。創価大では今秋ドラフト候補の田中や池田隆英投手らの投球や姿勢を間近で見て「フォームや体づくりから見習っていきたい」と目を輝かせる。この日先発し、7回1失点でリーグ戦2勝目を挙げた小孫竜二投手(1年、遊学館)も同じ1年生。岸雅司監督は「1年生がたくさん経験を積めて収穫のあるリーグ戦になった。経験は教えられない。正義なしでも勝てるチームを作る。それで正義が帰ってくればもっと強い創価大野球部になる」と秋のリーグ戦を見据えた。

   17春    回数 被安 奪三 四死 失点 
   杏林大 先   6  5  7  3  3
       先   9  5  5  6  1 ○
   流経大 先  6.1  3  3  5  2 ○
   国際大 先  6.2  8  5  2  2 ○
       先   4  4  2  2  2
   駿河台 先   7  1  5  3  0 ○封
   共栄大 先  6.2  1  4  2  2
         45.2  27  31  23  12 防2.36(失点から計算)
      被安打率5.32 奪三振率6.11 四死球率4.53

 ■ 盛岡大付が初戦突破 エース杉山2失点完投(スポーツ報知) 15/7/13

 昨夏の覇者・盛岡大付がヒヤヒヤの初戦突破だ。2回に1点を先制し、4回に追い付かれたが、その裏に2点を勝ち越した。8回に1点差に迫られたが、エース・杉山晃基投手(3年)が9回2死一、二塁のピンチをしのいだ。9安打を許しながら2失点完投の杉山は「夏の大会ということで、今までとは違う雰囲気で怖さもあった。抑えられて良かった」と、ホッとした表情を浮かべた。久慈東の応援スタンドから、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のテーマ曲が鳴り響く中、最後の打者を封印するつもりだったフォークで空振り三振。“伝家の宝刀”を抜いて辛くも逃げ切り、自身の投球を「60点くらい」と辛口評価。昨年のドラフト1位でソフトバンクに入団した松本裕樹投手(19)から背番号1を受け継いだ右腕は「変化球が高めに浮いてしまった。もう少し低めにスライダーを投げられるようにしたい」と、“あまちゃん”の部分を反省していた。

   15夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:久慈東高 先   9  9  11  3  2
   4回戦:岩  手     1  0       0
   準々決:専大北上 先   6  5       2
               16  14       4 防2.25(失点から計算)

過去記事

 ■ 盛岡大付・杉山が完璧救援2度「悔しさぶつけた」(日刊スポーツ) 15/6/5

 盛岡大付が、秋田商との大会史上初の延長タイブレークを制した9回表1死満塁から登板した右腕杉山晃基(3年)が2者連続奪三振タイブレーク10回表無死一、二塁では、バント小飛球を好捕して併殺を取るなど、2度の火消しに成功。10回裏のサヨナラ勝ちを呼んだ。背番号10の杉山の意地がチームを救った。出番が訪れたのは、1-1で迎えた9回表1死満塁。少しのミスも許されない場面で「あわてないで落ち着いていた」と、この日2安打の7番会田をフォークで空振り三振。続く8番近野への3球目は自己最速の146キロをマーク。4球目のフォークで三振に打ち取り、切り抜けた。初めて経験するタイブレークでも強心臓は変わらない。10回表無死1死一、二塁。目の前に打ち上がった小飛球に「自然と反応した」と長い手を伸ばし、飛びつく。すぐさま一塁に送球し、併殺で一気に状況を2死二塁と楽にした。続く打者は三邪飛に打ち取る。「悔しさをぶつけました」と杉山。負けられない理由があった。先月23日の一関学院との県大会準決勝では4-4と同点の8回裏から登板その回に一挙6点を奪われ負けた。翌日の3位決定戦では同じ右腕花森禎樹(3年)が3安打で公式戦初完封勝利。昨秋から背負う背番号1は、今大会から花森のものになっていた。昨秋までは最速140キロに満たなかったが、5キロ体重を増やしたことで球速も5キロ以上伸びた。1回2/3、13球の投球でもネット裏の巨人榑松スカウトを「フォークで腕を振れている。今まで見た中で一番いい」とうならせた。

   15春東北       回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:秋田商業    1.2  0  2  0  0 146㌔
   2回戦:仙台育英 先   3  3       3
   準々決:青森山田 先   8  10  5  0  3
              12.2  13       6

 ■ 盛岡大付・杉山 初先発白星発進も笑顔なし(日刊スポーツ) 14/9/3

 今夏の甲子園に出場した盛岡大付が、新チーム初戦で盛岡四を下し、白星スタートを切った。打線が13安打10得点と爆発。新エース右腕、杉山晃基(2年)は10安打4四球6失点で完投した。新チーム初公式戦で、自身にとっても初先発。「変なピッチングは出来ない」と臨んだが、思うように制球が定まらない。高く浮いた球を捉えられ10安打を浴び、2度の暴投や5失策も絡み6失点。「エースとして情けない」と消え入りそうな声で話した。この夏、甲子園メンバーからは外れたが、打撃投手として同行。初戦の東海大相模(神奈川)の「140キロカルテット」対策として、ほぼ毎日10メートルの距離から打者に投げ続け、優勝候補撃破を陰で支えた。新チームで1番に選ばれたが、これまで公式戦の登板は6戦でいずれも短いイニングのみ。今大会直前に練習試合2試合で先発を経験したが、まだ経験不足は否めない。杉山は「球が高いと分かっていても修正できなかった」と悔しがった。

  プロフィール

 東京都葛飾区生まれ。
 杉山 晃基(すぎやま・こうき)投手。
 梅田小3年時から硬式野球を始め、立石中学校では墨田ポニーに所属。
 中3夏の全日本選手権大会で準優勝を達成した。

 盛岡大附では2年春からベンチ入り。
 エース・松本裕樹を擁して県大会準Vを果たし、リリーフで東北大会を1試合1イニング経験する。
 2年夏の甲子園をメンバー外で過ごし、同年秋の新チームでエースの座を獲得。
 3年春に県3位進出を達成したが、準決勝で1回6失点を喫し、再び控え投手に降格となった。
 続く東北1回戦(10回TB2対1サヨナラ勝利)で自己最速更新の146㌔を計測。
 9回表1死満塁のピンチを2者連続Kで救うなど、抑えで1.2回0封の好リリーフを披露している。
 3年夏の予選(背番号1)は、専大北上に6回2失点、2対6で競り負け8強敗退。
 久慈東相手に9安打3四死球と苦戦しながらも、初戦2回戦で11K2失点完投勝ちを記録した。
 同学年のチームメイトとして遠藤真ら。

 創価大では1年春からリーグ戦に出場。
 最終戦・流経2回戦でリーグ戦デビューを果たし、自己最速149㌔直球で2回を0失点に抑えた。
 リーグ通算3試合、0勝1敗、6.1回、防御率2.84。

 180cm77kg、最速154㌔直球を持つ本格派右腕。
 ノーワインドアップから投げ下ろす最速154㌔の威力ある真っすぐと、スライダー、フォークが武器。
 現状被安打数、および与四死球数が多く、リーグ戦での実績はまだ少ない。
 高2秋時点での最速は140㌔弱。一冬越えて体重を5kg増やし、5㌔超の球速アップを遂げた。
 大学1年春のデビュー戦で最速149㌔を叩き出している。

  スカウトコメント

楽天・沖原スカウト|17/11/11
 「投げっぷりもいい。2年後が楽しみ」
巨人・榑松スカウト|15/6/5
 「フォークで腕を振れている。今まで見た中で一番いい」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-11-11(土)|2019年大学生投手 | 東京新大学 コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
ソースはNumber Webの記事ですかね?
“8月のオープン戦で154キロを投げたという噂”とありましたが、実際どうなんでしょう。とりあえず確実なところで同記事にあった151キロに更新しておきます。
| 管理人 | 2017年11月06日(Mon) 20:26 | URL #FR4U19ZM [ 編集]
154キロ出したようですよ
| 通りすがり | 2017年11月06日(Mon) 08:25 | URL #- [ 編集]
準々決勝の青森山田戦では敗れたものの8回3失点完投。
被安打10、無四死球、5奪三振という内容でした。
| ハルタカ | 2015年06月08日(Mon) 12:42 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生投手 | 東京新大学 コメント(3) Page Top↑