鈴木 佳佑(パナソニック)

ここでは、「鈴木 佳佑(パナソニック)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm82kg 右右 MAX147km カーブ・フォーク・スライダー・ツーシーム 履正社→奈学大 1年目
球速以上に威力ある直球と変化球との緩急。4年春に全国大会4強入り。27回30Kの力投を見せた。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   13春: 5  0勝1敗   14          2  1.29
   14春: 3  1勝0敗   13  8  16  4  1  0.69
   14秋:         登板無し
   15春: 7  2勝0敗  32.2  18  38  5  2  0.55(1位)
   15秋: 7  3勝0敗  32.2  11  39  8  3  0.83(2位)
   16春: 8  6勝0敗  44.2  28  60  9  1  0.20(1位)
   16秋: 4  2勝0敗   29  18  39  11  2  0.62(1位)
   通算: 34 14勝1敗  166         11  0.60(13年秋を除く)
         被安打率4.91 奪三振率11.37 四死球率2.19(2年春以降6季)
    ※ 16春:MVP 16春秋:最優秀投手 15春秋16春:ベストナイン

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   15選: 1     2  0  3  0  0 144㌔(神宮) 東亜大
   16選: 3    27  18  30  12  7
        先   9  3  10  2  0 145㌔(神宮) 中京大 ○
        先   9  6  12  5  2 144㌔(神宮) 九国大 ○
        先   9  9  8  5  5 145㌔(神宮) 中京学 ●
   通算: 4    29  18  33  12  7 防2.17
       被安打率5.59 奪三振率10.24 四死球率3.72

 ■ 甲子園成績

   12春    回数 被安 奪三 四死 自責
   愛工大名電   1  1  0  1  0 136㌔

投手成績詳細

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責   
   大工大     1          0
    〃
   大阪大     2  1  4  1  0
    〃  先   8  7  6  1  1 ○
   和歌大 
   大教大 先
   大市大 先   9  5  7  1  0 ○
         32.2  18  38  5  2 防0.55
      被安打率4.96 奪三振率10.47 四死球率1.38

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   神戸大     1  0  0  0  0
   大阪大 先   7  3  11  0  0 ○封
           2  1  2  1  0
   大教大 先   5  0       0 ○封…5回参考ノーヒットノーラン
   和歌大 先   4  3  6  2  0
       先   7  1  10  2  0
   大工大 先  6.2  3       3 ○
         32.2  11  39  8  3 防0.83
      被安打率3.03 奪三振率10.74 四死球率2.20

   15秋代決  回数 被安 奪三 四死 自責
   天理大 先  2.1  5  3  1  1 ●
   京都学    10  6  9  1  0 ○
         12.1  11  12  2  1 防0.73
      被安打率8.03 奪三振率8.76 四死球率1.46

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責
   大市大 先   8  3  9  2  0 ○封
   和歌大 先   7  5  13  2  0 ○封
           2  0  1  0  0
   神戸大 先   7  7  5  1  0 ○封
       先   9  8  11  2  1 ○
   大阪大 先   8  3  16  0  0 ○封
          2.2  2  3  2  0 ○…14季連続優勝
   大工大     1  0  2  0  0
         44.2  28  60  9  1 防0.20
      被安打率5.64 奪三振率12.09 四死球率1.81

  最新記事

 ■ 奈良学園大・鈴木、日本一の夢はパナソニックで(スポニチ) 16/11/1

 関西地区大学野球選手権は1日、大阪市の南港中央野球場で第2代表決定戦があり、大体大が奈良学園大を破り、4年ぶり5度目の出場を決めた。12年連続20度目のチャレンジも実らず、奈良学園大は初出場を逃した。第1代表決定戦の関大戦で165球を投げたエースの鈴木佳佑主将(4年=履正社)が3番手で登板し、4回を4失点。「僕のせいで2試合ともつぶしてしまった」と責任のすべてを背負った。春の大学選手権は4強に躍進したが、今秋はリーグ戦第4節の神戸大戦(9月25日)で右太もも裏を肉離れ全治8週間と診断されたが、痛みに耐えた今大会で265球を投げ抜いた。来春、社会人野球のパナソニックへ入社予定の右腕は「次は社会人で日本一を目指したい」と結んだ。

   16秋    回数 被安 奪三 四死 失点
   大阪大 先   9  6  14  3  3
   大市大 先   7  7  8  1  0 ○封
   和歌大 先   9  4  14  5  1 ○ 
   神戸大 先   4  1  3  2  1  …右太もも裏肉離れを発症
          29  18  39  11  5 防0.62
      被安打率5.59 奪三振率12.10 四死球率3.41

   16秋代決  回数 被安 奪三 四死 自責
   関西大 先  9.2  9  6  4  4 ●
   大体大     4  4  2  4  4
         13.2  13  8  8  8 防5.27
      被安打率8.56 奪三振率5.27 四死球率5.27

 ■ プロ注目右腕の奈良学園大・鈴木佳佑が2試合連続完投(スポーツ報知) 16/6/8

 7年連続20度目出場の奈良学園大が、九州国際大との接戦を制して、4年ぶりの8強進出を果たした。プロ注目右腕の鈴木佳佑は、9回を6安打2失点、155球の力投で2試合連続完投勝利だ。前日(7日)の中京大戦で10奪三振をマークし、連投のこの日も12奪三振と緩急を生かした投球が光った。主将のエースは「交代は考えていなかったし、投げきるぞという気持ちだった。キャプテンなので僕が引っ張らないといけない」と頼もしかった。7年ぶり出場で2回戦敗退の九州国際大は、5回に一時同点に追いつくも、決定打を欠いた。伊藤健治監督(65)は、「もう少し打線が打たないと。(鈴木君は)タイミングを外すような、いいチェンジアップを投げていた。いいピッチャーをどう打っていくか」と、秋への課題を挙げた。
 2日間で計291球を投げた鈴木は「連投は大会前から決まっていた。高校時代に先輩の坂本さん(現阪神捕手)から教わったツーシームと、2月に7日間、毎日200球を投げ込んだ成果」と胸を張った。(SANSPO)

 ■ 奈良学園大、12年以来の初戦突破!プロ注目の鈴木が1失点完投(スポーツ報知) 16/6/7

 7年連続20度目出場の奈良学園大が中京大に快勝し、ベスト8に進出した2012年以来の初戦突破を果たした。プロ注目の147キロ右腕・鈴木佳佑(4年)は「少し力が入ってしまい、球数が多くなってしまった」と、初回こそ制球に苦しみ1失点したが、2回以降は立て直し、140キロ台の直球を軸にしたピッチングで相手打線を圧倒。3安打10奪三振で完投した。
 この日は恩師の履正社・岡田龍生監督がスタンドから観戦。「監督が来られていたので、緊張したのかもしれません。(球場の)空気が硬かったので…。にらまれてたのかなと思います。めっちゃ怖いです」と話していた。(デイリースポーツ)

過去記事

 ■ 奈良学園大・鈴木が10回ロング救援 第2代表望み(日刊スポーツ) 15/11/1

 奈良学園大が京都学園大との延長16回の熱闘を制し、敗者復活2回戦に進んだ。今秋から主将を務める鈴木佳佑投手(3年=履正社)が7回から16回までの10イニングを無失点のロングリリーフ。延長15回2死一、三塁の、あわやサヨナラ負けの大ピンチも空振り三振でしのぎ、ベンチで「もう1度気持ちを引き締めて行こう」とナインを鼓舞。延長16回に村上海斗外野手の三塁打と浅田愁弥内野手の中前打で決勝点をもぎ取った。履正社時代は投手5番手だったという鈴木は、今夏は自己最速147キロを出すまでに成長。「高校時代の悔しさがあるから、今の自分があると思います」と力強かった。

  プロフィール

 大阪府守口市出身。
 鈴木 佳佑(すずき・けいすけ)投手。
 守口第三中時代は全守口ボーイズでプレー。

 履正社では3年春に控えとして甲子園を経験。
 2回戦・愛工大名電戦に9回途中から起用され、135㌔前後の真っ直ぐで押す投球を披露した。
 3年夏は大阪桐蔭に8対10(8回表に一挙7得点)で競り負け府大会準優勝。
 3試合10.1イニング(10四死球1失点)に登板し、決勝戦で自己最速更新の143㌔を計測した。
 当時のチームメイトに熊本颯(東海大)ら。

 奈良学園大では1年春から主に救援でリーグ戦に出場。
 3年春のリーグ戦途中で先発2番手の座を掴み、2完投勝利、防0.55でベストナインを獲得する。
 同年秋からエースとしてチームを牽引し、通算15勝(11完投7完封)1敗を記録。
 6勝(5完4封)0敗、44.2回60三振1失点の自己最高成績を残した4年春にMVPを受賞した。
 ベストナインを3度(3年春から3季連続)、最優秀投手を2度(4年春・秋)獲得。
 3年秋の大教大戦で5回参考ノーヒットノーラン、4年春の大阪大戦8回16Kをマークしている。
 3、4年春の2度大学選手権に出場し、4年春に創部初となる4強進出を達成。
 4試合中3試合(3完投)の先発をこなし、27回30K、450球18安打8失点の力投を披露した。
 中京大戦で3安打10K5対1完投勝ち、九国大戦で12K3対2完投勝ちを記録。
 準決でも8回2失点と試合を作ったが、9回に3点を失い、惜しくも4対5逆転負けで敗退となった。
 通算34試合、14勝(11完投7完封)1敗、166回、防御率0.60。

 178cm82kg、ガッチリした体格の本格派右腕。
 セットポジションから足を上げて溜めを作り、重心を下げ、球持ちに良さのある力強い腕の振りから
 繰り出す最速147㌔の球速以上に威力ある直球と、120㌔台のフォークボール、
 120㌔台から130㌔前後のスライダー、120㌔台から130㌔前後の2シーム、90㌔台のカーブ。
 130㌔台後半から140㌔台前半の真っすぐに変化球を織り交ぜて三振を奪取。
 大学選手権2大会4試合29回で33奪三振(直球空振り18、直球見逃し11)を積み上げた。
 インコースを強気に突くなど、内外角に投げ分ける。落差のあるカーブとの緩急。
 堂々としたマウンド捌きも持ち味。大学4年春にキャプテン兼エースとして全国4強入りを果たした。
 被安打率4.91、奪三振率11.37、四死球率2.19。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-04-11(火)|2018年社会人投手 | 近畿学生 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
パナソニック
いけたらプロ野球選手、
この活躍ならドラフト4位、
契約金5500万円 年840万で契約してくれるでしょう。
| どん季純baby | 2016年06月11日(Sat) 12:10 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年社会人投手 | 近畿学生 コメント(1) Page Top↑