濱元 航輝(日立製作所)

濱元 航輝(日立製作所)

ここでは、「濱元 航輝(日立製作所)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm78kg 左左 外野手 柳川高→神奈川大 2年目
広角に鋭い打球を放つ左打者。一塁到達4秒を切る俊足も魅力。神宮で左越えソロ弾を放った。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率
   17都: 1 .200  5  1 0 0 0 0 2 0  .200  .200
   17日: 2 .200  5  1 0 0 0 0 0 1  .333  .200
   通算: 3 .200  10  2 0 0 0 0 2 1  .273  .200

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13春:          出場無し
   13秋:          出場無し
   14春: 11 .341  44 15 3 2 0 7 4 3 1  .383  .500(9位)
   14秋: 12 .265  49 13 1 1 0 2   2 8  .294  .327
   15春: 13 .212  52 11 3 0 0 2   3 2  .255  .269
   15秋: 11 .326  43 14 2 1 0 4 11 5 3  .396  .419(4位)
   16春: 13 .220  50 11 1 1 1 3 5 8 1  .328  .340
   16秋: 12 .333  45 15 3 0 0 3 5 9 3  .444  .400(9位)
   通算: 72 .279 283 79 13 5 1 21  30 18  .348  .371 
    ※ 15秋:ベストナイン

 【 全国大会 】
     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14選: 5 .444  18  8 0 0 1 2 3 2 1  .500  .611
   15選: 3 .500  12  6 1 1 1 1 1 0 2  .500 1.000
   通算: 8 .467  30 14 1 1 2 3 4 2 3  .500  .767

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16日米: 1 .000  1  0 0 0 0 0 0 1 0  .500  .000

  最新記事

 ■ 神奈川大 打線沈黙し2年連続決勝進出ならず(日刊スポーツ) 15/6/13

 神奈川大(神奈川)が2安打で三塁も踏めず、2年連続の決勝進出はならなかった。初回、2四球に暴投と捕逸が絡んで3失点。その後は3投手の継投で追加点を与えなかったが、打線が流通経大・生田目翼投手(3年=水戸工)の前に手も足も出なかった。チーム全2安打を放った浜元航輝外野手(3年=柳川)は「直球も変化球も、今大会で見た投手の中で一番良かった。テンポも速くてスキがなかった」と脱帽していた。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17都予: 6 .231 26  6 0 0 0 0 3 3 0  .310  .231

 ■ 神奈川大、延長タイブレイク制し4強入り(スポーツ報知) 15/6/11

 神奈川大が延長タイブレイクにもつれ込んだ熱戦の末で大商大を下し、準優勝した昨年に続く4強入りを決めた。3―3のまま9回で決着がつかず、今大会初のタイブレイクに突入。延長10回は1死満塁から再開され、神奈川大は山原からの攻撃を選択。山原は、7回途中から救援していた大商大の今秋ドラフト1位候補右腕・岡田明丈のフォークを左前に運ぶ2点打。続く4番・高田脩平二塁手も左前適時打を放ち、3点を勝ち越した。その裏、大商大は適時内野安打と敵失で1点差に迫ったが、なお1死満塁から3番・日下部光三塁手の浅い中飛で、三塁走者がタッチアップで本塁を狙い、憤死。併殺が完成し、あっという間にゲームセットとなった。

  プロフィール

 神奈川県横浜市出身。
 濱元 航輝(はまもと・こうき)外野手。
 二谷小学校時代から軟式野球を始め、栗田谷中では横浜金沢シニアに所属。

 柳川高では旧チームから1番・ライトとして活躍。
 3年夏予選は2戦8打数5安打の奮闘およばず、九産大九産に4対6で敗れ2回戦敗退となった。
 九州大会進出、甲子園出場などの実績は無し。

 神奈川大では2年春からリーグ戦に出場。
 開幕戦から1番・右翼レギュラーとして起用され、打率.341(9位)の活躍で9季ぶりVを達成する。
 翌3年春(優勝)から1番・中堅を務め、同年秋に外野手ベストナインを初受賞。
 2年春以降の6シーズンで79安打を積み上げ、通算打率.279本1点21盗18の実績を残した。
 全国大会には2・3年春の選手権に出場し、2年春に創部初の準優勝を達成。
 全8試合1番スタメン(2年春:ライト、3年春:センター)で打率.467本2盗3の活躍を演じている。
 2年春の初戦・西工大戦で内寄り直球を右翼ポール際に放りこむ2ランを記録。
 持ち前のスピードを武器に5本の内安を放ち、愛院大戦で一塁到達タイム3秒87を計時した。
 準々決・仙台大戦で熊原健人の外角ストレートを逆らわずはじき返す中前打。
 右翼線スリーベース(10秒83)、左中間二塁打と、3年春初戦で左右2長打をマークしている。
 同準々決・大商大戦で外角高め直球を左翼ポール際に叩き込むソロ本塁打。
 続く準決で中安、左安(チーム全安打)を放ったが、生田目の前に0-3完封負けで敗退となった。
 同学年に濱口遥大(DeNA2016年1位)ら。

 日立製作所では1年目から公式戦に出場。
 ルーキーイヤーから1番・中堅レギュラーを任され、同年7月の都市対抗で全国デビューを果たす。
 V候補と目されながら三菱名古屋に3-5(5打数1安打)で競り負け初戦敗退。
 6回表の中堅守備で左中間飛球の好捕を見せ、7回に左安(若林の140㌔直球)をマークした。
 二大大会3試合、打率.200、2安打、0本塁打、0打点。

 181cm78kg、三拍子揃った外野手。
 神奈川リーグ通算79安打、振り切るスイングから広角に鋭い打球を弾き返す左の中距離打者。
 一塁到達タイム4秒前後、三塁到達11秒を切るスピードを備えたリードオフマン。
 セーフティで出塁を狙い、脚力を生かして2・3塁打を記録。大学選手権8戦で3盗塁を決めた。
 ポジションはライトを経て大学3年から中堅手。正確な送球で補殺をマークする。
 3年春の選手権準々決10回1死満塁6対5からの中飛で試合を締めくくる本塁補殺を記録した。
 大舞台での強さも魅力。大学日本代表
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-01-29(月)|2018年社会人野手 | 神奈川大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
濱元航輝 vs高校侍ジャパン
一塁駆け抜け 3.94 (二塁ゴロ)
| フラワー | 2016年08月27日(Sat) 21:02 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年社会人野手 | 神奈川大学 コメント(1) Page Top↑