山本 由伸(都城)

ここでは、「山本 由伸(都城)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



山本 由伸(都城)

177cm77kg 右右 MAX151km スライダー・カーブ・カット・チェンジ・ツーシーム・シンカー
切れの良い151㌔直球を武器とする本格派。2年秋の県2回戦で5回参考9K完全試合を達成した。
2016年オリックス4位(契約金4000万円、年俸500万円)

  動 画

  最新記事

 ■ 山本由伸、オリックスと入団合意 備前出身「球界代表する投手に」(山陽新聞) 16/11/26

 オリックスからドラフト4位指名を受けた都城高の山本由伸投手=備前市出身、177センチ、77キロ、右投げ右打ち=が25日、球団と入団で合意し、宮崎県都城市の同高で仮契約を交わした。山本は「将来は球界を代表する投手になりたい」と意気込みを語った。契約金4千万円、年俸は500万円(金額は推定)。背番号は43。中川隆治チーフスカウト、山口和男担当スカウトら4人が訪れ、本人と母由美さんを交えて交渉を行った。その後の会見で山本は「これからしっかり自覚を持ってやっていきたい。ストレートの切れ、多彩な変化球を持つ金子千尋投手を目標にしたい」と抱負を語り、球団が用意した色紙には高校時代にはなし得なかった「日本一」の文字を力強く記した。来年1月からの新人合同自主トレに向け、現在は走り込み中心のメニューをこなし、下半身の強化に取り組んでいる。山口担当スカウトは「ことし1年間追いかけ、投手としての能力の高さを感じた。オリックスの背番号43は山本と思われるように早くなってほしい」と期待を込めた。

   16夏予         回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:延岡学園 先  7.2  3  11     1 149㌔
   3回戦:宮崎商業 先   7  8  10  3  2 148㌔ ※8回から再登板
              14.2  11  21     3 防1.84
                 被安打率6.75 奪三振率12.89

 ■ 宮商、山本(都城)を攻略 守りも奮闘完封勝ち(宮崎日日新聞) 16/7/20

 宮崎商が好投手を攻略した。五回1死一、三塁、4番黒木一の適時打で先制し、川門のスクイズで加点。黒木一は無四球完投と、投打に活躍した。都城は主戦山本が7回途中被安打8。打線は七回まで三塁を踏めず、エースを援護できなかった

 ■ ソフトバンク熱視線 山本由伸11K(西日本スポーツ) 16/7/17

 「九州四天王」の大トリを務めた都城の山本が躍動した。サンマリンスタジアム宮崎を訪れた各球団のスカウトは約20人。太田龍、浜地真澄、梅野雄吾らと肩を並べる逸材は最速147キロの快速球でくぎ付けにした。「地元の選手ですからね山本君は能力も高いし、いいプレーヤー。しっかり評価し、注目しています。山本君に限らず今年は九州にいい選手が多い。縁があれば…」とうなずいたのはソフトバンクの福山スカウトだ。もちろん、他球団のスカウトも熱視線を送っている。「球の切れ、スピードもある。素材としても面白いA(クラス)に近い高評価だ」と、巨人の山下哲治スカウト部長は説明。投球だけでなく、フィールディング、けん制、さらに野手としての走塁などのレベルも高い。そのあたりもスカウトたちに再確認させた。延岡学園との実力校対決。点差が広がったことから8回途中から右翼に回った。9回、味方がピンチを迎えると再びマウンドに上がった。1死一、二塁で一塁強襲の二塁打を浴びたが、スイッチを入れなおして最後の2人は三振に切って取った。注目の夏の初戦はトータル7回2/3で被安打3の1失点(自責0)だった。
ロッテ・永野吉成チーフスカウト「組み立てとか配球などもうまいし、ピッチングができる。(プロでも)先発タイプだね。評価は変わらない」
中日・三瀬幸司スカウト「いろんな球種を操れるし、器用変化球も真っすぐも同じ腕の振り。高校生で打ち崩すのは難しい。ボディーバランスもいい
 この日の球場表示では147キロが最速だったが、巨人のスカウトのスピードガンでは149キロを計測した。入学から食事とトレーニングで17キロ増の体重77キロに成長。ネット裏には12球団25人のスカウトが集結。巨人・山下スカウト部長が「スピードとキレが魅力。総合的に高く評価できるし、3位までには消える」と絶賛すれば、ヤクルト・小川SDは「球種が豊富で、投げることに関して器用な印象。高校生として完成度は高い」と目を細めた。(スポーツ報知)

   15秋予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:宮崎海洋 先   5  0  9  0  0 ※5回参考完全試合
   3回戦:延岡学園 先   9  5  12  3  3
   準々決:富  島 先   8  9  12  1  3
               22  14  33  4  6 防2.45(失点から計算)
          被安打率5.73 奪三振率13.50 四死球率1.64

過去記事

 ■ 都城・山本 17年ぶり聖地導く(西日本スポーツ) 16/7/6

 9日に開幕する宮崎大会で第3シードの都城のエース山本由伸に注目が集まる。最速151キロのプロ注目の本格派右腕がチームを1999年夏以来の17年ぶりの甲子園へ導く。昨秋、一躍ドラフト上位候補に躍り出た。8月の新人戦で151キロをマークし、決勝の鵬翔戦で無安打無得点を達成。秋の県大会でも5回参考ながら完全試合を達成した。今春の県大会は故障で戦列を離れ、5~6月の県選手権で久々に公式戦で登板。ブランクを感じさせず140キロ台後半の直球を武器にチームの4強入りに貢献した。だが、鵬翔との準決勝は8四死球を出し、1-2で敗戦。「調子が良かったり、悪かったりと日によって波がある」と安定した投球が夏への課題だ。「由伸」という名前は両親から1字ずつもらった。現役時代、左の強打者として鳴らした高橋由伸監督の名前もあやかった。初戦はいきなり、甲子園準優勝経験のある延岡学園と対戦。「甲子園のチャンスはあと1回。最後に懸ける思いを盛り上げて熱くやっていきたい」。初戦からエンジン全開で剛速球を投げ込んでいく。

 ■ 期待される1、2年生 甲子園目指しレベルアップ(毎日新聞) 15/9/26

 9月の新人戦決勝で無安打無得点試合を達成した都城2年、山本由伸投手は秋季県大会でも2回戦で完全試合(五回参考)を記録し、県内屈指の右腕と評価が高い。入学時に130キロだった球速は下半身強化に加え、投球時に膝を内側に絞り込むフォームに改良して最速148キロに上がった。ただ今夏は膝をうまく使えず、高めに抜けるなど制球にばらつきが出た結果、1試合平均約120球とやや球数が多かった。そこで打者の内角を意識して投げ込むフォームに調整し、新人戦決勝では102球で完投した。「連投できる体力もつけ、来年は甲子園で優勝を目指す」と意気込んでいる。

 ■ 日大、投手戦制す 都城エース1点に泣く(宮崎日日新聞) 15/7/26

 宮崎日大がワンチャンスをものにし、緊迫の投手戦を制した。九回、先頭の益留が安打で出ると、2死三塁から杉尾が左前に運び決勝点。四回途中から救援した杉尾は六回以降パーフェクト。都城のエース山本由も10奪三振の快投を見せたが、攻撃が序盤の好機を生かせなかった。

   15夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:宮崎工業 先  10  4  11  5  3
   3回戦:延岡工業 先   8  5  9  3  0封
   準々決;宮崎日大 先   9  7  10  2  1
               27  16  30  10  4 防1.33(失点から計算)
          被安打率5.33 奪三振率10.00 四死球率3.33

  プロフィール

 岡山県備前市出身。
 山本 由伸(やまもと・よしのぶ)投手。
 小学1年で伊部パワフルズに入団し、備前中では東岡山ボーイズに所属。
 中3夏の全国大会(1回戦敗退)に出場した。

 都城高では1年夏から三塁手でベンチ入り。
 高校入学後から投手の練習を本格的に始め、1年生大会・宮崎日大戦で16三振を記録する。
 冬場に11キロに及ぶ体重アップを果たし、2年春先の沖縄遠征で147㌔を計測。
 背番号1で春の県大会全5試合の先発をこなし、43回9失点の活躍で準優勝を成し遂げた。
 2回戦・都城商戦、3回戦・宮崎農戦(1安打無四球)で連続完封勝ちを記録。
 続く夏予選は3戦27回30K4失点の力投及ばず、宮崎日大に0対1で敗れベスト8に留まった。
 同年8月に行われた新人戦地区予選で自己最速4キロ更新の151㌔をマーク。
 9月の同決勝で12三振2四球ノーヒットノーラン、県2回戦で5回9K完全試合を達成している。
 翌3年春予選を脇腹痛で登板なく終え、夏予選で計14.2回21K3失点を記録。
 12球団視察の初戦2回戦で149㌔を出したが、宮崎商に7回2失点で敗れ3回戦敗退となった。
 県大会準Vが最高成績。甲子園経験は無し。

 177cm77kg、細身の最速151㌔本格派右腕。
 ノーワインドアップから投げ込む最速151㌔の切れの良い直球が武器。1年秋からエースを務める。
 入学当初の最速は122㌔。2年春先3月に147㌔、同8月に151㌔を叩き出した。
 縦横スラ、カーブ、カット、チェンジアップ、ツーシーム、シンカーと、多彩な変化球を器用に操る。
 1年冬に行ったトレーニングで体重11キロ増を達成した。遠投100m、50m6秒2。
 スピード能力、切れに加え、投球の上手さなど、総合力のある右腕としてプロからの評価が高い。
 打っても中軸。フィールディング等を巧みにこなす。

  スカウトコメント

オリックス・山口担当スカウト|16/11/26
 「ことし1年間追いかけ、投手としての能力の高さを感じた。オリックスの背番号43は山本と思われるように早くなってほしい」
オリックススカウト|16/10/20
 「身体能力、投手としての能力ともに高く、下半身の使い方が良く腕のしなりもいい。コースの出し入れをしっかりとできるコントロールも魅力の投手」
ソフトバンク・福山スカウト|16/7/17
 「地元の選手ですからね。山本君は能力も高いし、いいプレーヤー。しっかり評価し、注目しています。山本君に限らず今年は九州にいい選手が多い。縁があれば…」
巨人・山下哲治スカウト部長|16/7/17
 「球の切れ、スピードもある。素材としても面白い。A(クラス)に近い高評価だ」
 「スピードとキレが魅力。総合的に高く評価できるし、3位までには消える」
ロッテ・永野吉成チーフスカウト|16/7/17
 「組み立てとか配球などもうまいし、ピッチングができる。(プロでも)先発タイプだね。評価は変わらない」
中日・三瀬幸司スカウト|16/7/17
 「いろんな球種を操れるし、器用。変化球も真っすぐも同じ腕の振り。高校生で打ち崩すのは難しい。ボディーバランスもいい」
ヤクルト・小川SD|16/7/17
 「球種が豊富で、投げることに関して器用な印象。高校生として完成度は高い」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-11-26(土)|2016年ドラフト指名選手 | コメント(4) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
昨年のドラフトで「よくぞここまで残っていてくれた!」と思った選手。
それにしても素晴らしい投球技術ですね。前回の登板と同様にピンチで内野ゴロ併殺に打ち取るあたりは19歳とは思えない。
今後も大切に育てていってほしいです。
| バファローバル | 2017年09月01日(Fri) 05:11 | URL #- [ 編集]
プロ初勝利おめでとう!!!
| BS捲り | 2017年08月31日(Thu) 23:01 | URL #- [ 編集]
6/21の記事に、広島のあるスカウトが「プロ志望届を出してくれれば、2位、3位の上位にはなるでしょう。(前田と同じ)細身で、数少ない本格派。まだまだ伸びると思う」とのコメントを出したとあります。
| フィジック | 2016年08月21日(Sun) 20:13 | URL #- [ 編集]
本当に素晴らしいですね。腕の振りの柔らかさ、肘の立ち、指先感覚の良さ、これだけセンス溢れるピッチャーはなかなかお目にかかることはないですね。確実に2位以上で消えるでしょう。
| バズーカゴメス | 2016年02月13日(Sat) 23:09 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年ドラフト指名選手 | コメント(4) Page Top↑