中道 大波(ゴールドジムベースボールクラブ)

ここでは、「中道 大波(ゴールドジムベースボールクラブ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



185cm87kg 右右 三塁手 遠投95m 50m6秒4 帝京高→駒大中退 1年目
高校通算34発、遅い始動からフルスイングで弾き返す右の強打者。高2夏予選で打率.429をマーク。

  最新記事

 ■ 帝京・中道敗退も1年生4番気遣う(デイリースポーツ) 15/7/25

 名門・帝京が4年間、8季連続で甲子園出場を逃した。今秋のドラフト候補と注目される主将の中道大波内野手(3年)は4打数2安打だった。勝利に届かず、「甲子園に行けなかったのは悔いが残りますけど、自分の中ではベストゲーム。次(の代を)、出させたい」。試合後はベンチ裏ですぐに1年生4番の岡崎に対して「お前が引っ張っていけ!」と悲願を託した。中道は185センチ、87キロと体格に恵まれ、今大会初戦となった足立西との3回戦では2本塁打を放った。この試合については「2回しか塁に出られていないのでそこはだめでした」と反省した。試合直後には岡崎に対して、あと4回(春2回、夏2回)チャンスがあること、これからは引っ張っていく立場になることなどを諭したが、「すいませんでした」と繰り返すばかりだったという。中道は「(岡崎は五回の2死一、二塁で)空振り三振だったんですけど、あれにびびって振れないことのないようにしてほしい」と最後まで後輩を気遣っていた進路については「まだ分からないです」とした。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15夏予: 5 .400 15  6 2 0 2 5 1 6 0  .571  .933

 ■ 中道2発 帝京コールド発進(西日本スポーツ) 15/7/18

 8季ぶりの甲子園へ号砲だ。帝京はプロ注目の中道大波三塁手が3回にバックスクリーンへソロ弾7回には左翼中段へ2ラン高校通算34本塁打とした主将は「1本目は風もありましたが、2本目は完璧。でもチームが勝ったのが一番、気を抜かないようにしたい」と浮かれることなく言った。カンフル剤も効いて主砲がよみがえった。この日の4番は1年の岡崎。前田三夫監督も記憶にないというルーキー抜てきが刺激になった。4番から5番になった中道は「おとといぐらいに聞いて、えっと思いました。岡崎には後ろにすごいバッターがいるんだから、楽に打てよと言った」と言うが、実は自分の気持ちも楽になっていた春の東京都大会は4番の重圧もあって4試合でわずか2安打。毎晩10時すぎまでバットを振ったことも手伝って、夏の初戦から結果が出た。前田監督は「春は打てなかったが、もともと力はある。スタートで打ってくれてほっとしている」と喜びながらも、バント失敗などを戒めた。

 ■ 帝京7・17初戦「絶好調」中道主将/東東京(日刊スポーツ) 15/6/20

 第97回全国高校野球選手権大会東東京大会の組み合わせ抽選会が20日、都内で行われた。強豪帝京は、7月17日に初戦を迎える。プロ注目の中道大波主将(3年)は「去年は決勝で二松学舎大付に負けたので、リベンジがしたい。絶好調です」と雪辱を期した。
 同校OBのDeNA・山崎康から寄贈された高性能の打撃マシンが、ナインの打力アップにつながった。コンピューター制御の最新式で「ボタン一つでスライダー、チェンジアップなどいろいろな球を打てる。変化球の打ち損じが減った」と効果を口にする。昨夏の決勝では二松学舎大付に逆転負けを喫しただけに、中道は「決勝でやってリベンジしたい。甲子園でも全国制覇します」と言い切った。通算30本塁打をマークし今秋ドラフト候補に挙がる4番打者が、猛打・帝京をけん引する。(スポニチ)

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏予: 6 .429 21  9 4 0 1 6 1 5 0  .538  .762

  プロフィール

 東京都江東区出身。
 中道 大波(なかみち・ひろなみ)三塁手。
 大島南央小4年時から野球を始め、大島西中では江東ライオンズに所属。
 2年夏に外野手としてジャイアンツカップを経験した。

 帝京高では1年秋から一塁手でレギュラー。
 主に3番・一塁手で2年夏の予選準Vに貢献し、21打数9安打5長打、本1点6の好成績を残す。
 5回戦・日大一戦で左翼席への2ラン、準々決で伊藤優輔から中前タイムリー。
 準決勝・関東一戦で詰まり気味ながらも内寄り真っ直ぐを中前に弾き返す安打をマークした。
 敗れた二松学舎大付戦でも右翼線適時二塁打(外直球)、右前打と2安打。
 2年秋の新チームから主将・4番・サードを務め、高校3年間で通算34発の実績を残している。
 3年夏の東大会(5番・サードで出場)は、関東一高に3対8で敗れベスト4敗退。
 バックスクリーンソロ本塁打、左翼席中段2ランと、初戦・足立西戦で1試合2発の活躍を見せた。
 東東京準Vが最高成績。甲子園経験は無し。

 185cm87kg、強打の大型三塁手。
 ボールを引き付けて振り切るスイングではじき返す右の強打者。右方向にも長打を飛ばす。
 高校通算34本塁打、フリー打撃で推定140m弾を放った実績の持ち主。
 1年秋から7番・一塁手でレギュラー。2年夏の3番を経て、秋から主将・4番・サードを務める。
 その他ライトを経験した。遠投95m、50m6秒4。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-06-06(火)|2018年社会人野手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
駒大中退→ゴールドジムベースボールクラブです
| ちくわ | 2017年06月06日(Tue) 15:37 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年社会人野手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑