了海 航(中大)

ここでは、「了海 航(中大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



了海 航(中大)

180cm87kg 右右 捕手 遠投110m 国学院久我山
長打力を秘めた打撃で4番を担う強肩強打の捕手。勝俣翔貴から一発を放った。二塁送球1.8秒。

  動 画

  最新記事

 ■ 国学院久我山 3失策で失点(日刊スポーツ) 15/7/25

 痛恨の3失策で決勝進出を逃した。0-1の4回に内野手の送球エラー2つで3失点。5回にも2死から守備が乱れて追加点を与えた。終盤に2点差まで迫るも及ばず、ベンチ裏には嗚咽が響き渡った。2三振を喫したプロ注目の了海航捕手は、「自分がチャンスを生かせなくて、守備のミスが出てしまった。申し訳ない」と号泣。進路については「もっと頑張って、将来はプロを目指したい」と話した。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15夏予: 6 .412 17  7 3 0 0 6 5 6 2  .565  .588

 ■ 正妻候補に熱視線!国学院久我山・了海にGスカウト大挙7人(SANSPO) 15/7/19

 西東京4回戦で国学院久我山が法政に9-0で七回コールド勝ち。プロ注目の大型捕手、了海(りょうかい)航(3年)は、巨人7人ものスカウトを派遣する中、盗塁を2度阻止するなど活躍した。「体格がいいね。大型捕手だよ」。山下スカウト部長が真っ先に注目したのが、捕手としてはど迫力の1メートル80、87キロのボディー。了海はこの日、一、二回と続けざまに盗塁を阻止。「試合の入りが大切。そこで走ってきたのを冷静に刺せた」と、久我山ペースに持ちこんだ。「監督に絶対にそらすなと言われている」と猛練習したキャッチングも披露。打席では、やや勝負を避けられて1安打2四球だった。「地肩の強さがあるバッティングはパンチ力がある。伸びしろのある選手だし、鍛えがいがある」と山下部長。スローイング動作が大きい点を課題に挙げたものの「直せるよ」と評価が下がることはなかった。巨人は有力なドラフト候補を、複数のスカウトの目でチェックする。山下部長は東京ドームでの都市対抗を多くの人員で視察するため“経由地”にしたと説明したが、神宮など東京ドーム近郊での試合もある中、東京都下の多摩市で行われたこの試合が選ばれたことが、了海が有力選手である証明だ。巨人の“本気”がうかがえた。
 プロ注目捕手・了海(りょうかい)は2打数1安打も守備では初回と2回に二盗を阻止。初回2死一、三塁で二盗を刺した場面には「落ち着いて刺すことができた」。ネット裏では巨人のスカウト7人が視察。山下哲治スカウト部長は「肩の強さはいいものを持っている」と評価した。(スポニチ)
 総勢7人で視察に訪れた巨人山下スカウト部長は「地肩は素晴らしい。スケールの大きな捕手になるだろう」と評価した。(日刊スポーツ)

 ■ 了海2度けん制でアウト 6球団熱視線(日刊スポーツ) 15/7/16

 プロ注目の国学院久我山(西東京)了海航捕手の強肩が、逆転勝利を導いた。遠投110メートルを誇り、2点差で迎えた5回の守りだった。2死一塁。リードの大きい走者の動きを逃さなかった。「(走者は)いつも見ています。狙っていました」。時間にして1・4秒の早業。4回に続く2つ目のけん制でのアウトだった。その裏、先頭で打席に入ると中堅を襲う二塁打して反撃の口火を切る。この回2安打に5四死球も絡んで3点を奪い、逆転した。ネット裏ではプロ6球団のスカウト、法大、国学院大の関係者も見守った。日本ハム今成スカウトは「足がよく動く吸いつくようなキャッチングは天性のもの」と評価した。打っても2安打。初戦からの連続出塁は6打席で止まったが、目下8打数4安打と打席でも好調を維持する。「視野を広くしてプレーで引っ張りたい」。1-6からの大逆転。注目捕手は、自慢の肩をアイシングしながら引き揚げた。
 この日は6球団のスカウトが視察。中日・中田スカウト部長は「体に力がある。肩も強い」と評価した。(デイリースポーツ)

過去記事

 ■ 久我山・了海が聖地キャッチ/西東京(日刊スポーツ) 15/6/21

 第97回全国高校野球選手権東西東京大会の組み合わせ抽選会が20日、都内で行われた。西東京は「捕手ビッグ3」からも目が離せない。早実の加藤雅樹、日大三の小藤翼、国学院久我山の了海(りょうかい)航(すべて3年)には、プロのスカウト陣が熱視線を送っている。中でも了海は、昨秋の東京大会でプロ注目の東海大菅生・勝俣翔貴投手(3年)から本塁打を放つなど評価が急上昇。最後の夏へ「久我山の甲子園1勝をつかみたい」と意気込んだ。宿命のライバルを倒して頂点に立つ。加藤とは中学時代に福生シニアでチームメートだった。捕手のポジションは渡さなかったが、打順は4番の加藤の後だった。進路は「同じ西東京で戦うつもりだった」と、あえて別の道を選んだ。入学後、公式戦での対戦はなし。互いに勝ち進めば、決勝で初対決が実現する。了海は「絶対に負けられない」と甲子園への切符を争う大一番を心待ちにしている。二塁到達1秒8前後の強肩は、加藤や小藤を上回る打撃でも今春だけで3本塁打し、同校OBの日本ハム矢野から差し入れされた木製バットを振って進化を続けている。最速135キロの右腕3人をそろえる投手陣も引っ張り、了海が国学院久我山を聖地へ導く。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏予: 5 .471 17  8 1 0 0 5 1 2 1  .526  .529

  プロフィール

 東京都府中市出身。
 了海 航(りょうかい・わたる)捕手。
 武蔵村山一中時代は福生シニアに所属していた。

 国学院久我山では1年時から控えとしてベンチ入り。
 2年夏の予選全試合で5番・キャッチャーを務め、打率.471本0点5の活躍で4強入りを達成する。
 初戦3回戦・都市大等々力戦でレフト線二塁打含む4安打2打点の固め打ち。
 5回戦・日大桜丘高戦でセンター前にはじき返す2点タイムリーなど3安打の活躍を披露した。
 2年秋の都大会は東海大菅生(神宮大会ベスト4)に1対5で敗れ1回戦敗戦。
 4番打者としてドラフト候補・勝俣翔貴から一時同点とするレフトへのソロアーチを放っている。
 3年夏は打率.412点6の活躍及ばず、東海大菅生に3対5で敗れベスト4敗退。
 巨人、中日など複数球団から注目され、地肩、体格、パンチ力、キャッチングで評価を受けた。
 6球団スカウトが視察に訪れた3回戦・工学院大付で2度のけん制補殺を記録。
 巨人スカウト7人が集まった4回戦・法政高戦で2イニング連続の二塁盗塁阻止を披露している。
 西東京大会4強が最高成績。甲子園経験は無し。

 180cm87kg、強肩強打の大型捕手。
 振り切るスイングで左右にはじき返す右打者。長打力を秘めたバッティングで4番打者を務める。
 高校通算本塁打は8本と少ないが、うち3発を3年春になってマークした。
 小藤翼加藤雅樹以上と評される2塁送球1.8秒の強肩を備える。送球動作の大きさが課題。
 インサイドワークにも良さがあるプロ注目捕手。

  スカウトコメント

巨人・山下スカウト部長|15/7/19
 「体格がいいね。大型捕手だよ。地肩の強さがある。バッティングはパンチ力がある。伸びしろのある選手だし、鍛えがいがある。(スローイング動作が大きい点が課題だが)直せるよ」
 「地肩は素晴らしい。スケールの大きな捕手になるだろう」
日本ハム・今成スカウト|15/7/16
 「足がよく動く。吸いつくようなキャッチングは天性のもの」
中日・中田スカウト部長|15/7/16
 「体に力がある。肩も強い」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-09-01(火)|2019年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑