堀 瑞輝(広島新庄)

ここでは、「堀 瑞輝(広島新庄)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



堀 瑞輝(広島新庄)

177cm72kg 左左 MAX150km スライダー・チェンジ・カーブ・カット・ツーシーム
サイド気味からキレの良い直球と鋭いスライダー。U18アジア選手権3試合9.2回で18三振を奪った。
2016年日本ハム1位(契約金7000万円、年俸750万円)

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

          回数 被安 奪三 四死 自責
   15夏: 2   12.2  18  7  4  5
        先   9  10  6  3  2 140㌔ 霞ヶ浦高 ○
        先  3.2  8  1  1  3 135㌔ 早稲田実
   16夏: 3    30  16  19  4  4
        先  12  7  7  4  1 144㌔ 関東第一 ○
        先   9  3  5  0  1 144㌔ 富山第一 ○
        先   9  6  7  0  2 143㌔ 木更津総 ●
   通算: 5   42.2  34  26  8  9 防1.90
       被安打率7.17 奪三振率5.48 四死球率1.69

 【 国際大会 】 
   U18アジア   回数 被安 奪三 四死 失点
   1次:台 湾  4.2  1  7  2  0 145㌔ ○
   2次:韓 国   1  0  3  0  0 145㌔
   決勝:台 湾   4  0  8  1  0 148㌔ ○ ※148㌔3球、145㌔以上13球  
           9.2  1  18  3  0 防0.00
       被安打率0.93 奪三振率16.76 四死球率2.79

  最新記事

 ■ 日ハム、1位指名の堀と仮契約 「気持ちで押す投球を」(北海道新聞) 16/11/12

 日本ハムは11日、ドラフト1位で指名した広島新庄高の堀瑞輝投手と広島市内のホテルで入団交渉し、契約金7千万円、年俸750万円で仮契約した。堀は今夏の甲子園はベスト16で姿を消したが、岩手国体ではチームを準優勝に導いた。18歳以下のアジア選手権では中継ぎなどで日本の優勝に貢献した。最速150キロの本格派左腕は「プロでも気持ちで押す投球をしたい。自分の力がどれだけ通用するか試したい」と意欲を見せた。日本シリーズは地元広島で行われた第6戦を右翼席で観戦し、日本ハムの優勝を見届けた。「日本一のチームに入るのかと思い、うれしかった。今度は胴上げの輪に加わりたい」と語った。担当の加藤竜人スカウトは「ストレートの球筋、完投能力の高さなど将来大成する要素が幾つもあるファイターズを背負っていく投手になってほしい」と期待した。(金額は推定)

 ■ 広島新庄・堀は疲労で登板回避(デイリースポーツ) 16/10/6

 履正社が4点ビハインドをひっくり返し、逆転で初優勝を果たした。初優勝を目指した広島新庄は前日、ダブルヘッダーに登板したエース・堀瑞輝投手が登板回避。履正社打線を止められなかった。登板がなかった広島新庄のエース・堀は「最後なので投げたかった」と無念さをにじませた。だが起床時間に起きられないほど疲労困憊だったため、迫田守昭監督は「これからのこともあるし、むちゃできない。休ませようと思いました」と明かした。ドラフトへ向けて本人は「自信は全然ないですけど、拾っていただいた球団に感謝して頑張りたい」と語った。

 ■ 広島新庄・堀 150キロ出た!高校ビッグ4だけじゃない(スポニチ) 16/10/5

 「希望郷いわて国体」特別競技の高校野球硬式の部は4日、準々決勝1試合と準決勝2試合が行われた。今秋ドラフト上位候補の広島新庄・堀瑞輝投手は、ダブルヘッダーで計11回2/3を投げて、18三振を奪う力投。自己最速を2キロ更新する150キロの大台をマークした。「疲れました。“また投げるのか…”と思いましたが、ピンチで狙い通りに三振が取れた」。まず午前9時開始の準々決勝。堀は、東邦打線を5安打1失点完投、14三振を奪う快投を見せた。4回、U―18高校日本代表のチームメートで、今秋ドラフト候補の4番・藤嶋に投じた1球は、地元中継局のスピードガンで自己最速を2キロ上回る、圧巻の150キロの大台もマークした。これだけでは終わらない。1試合を挟んで行われた準決勝・聖光学院戦。「本人が“大丈夫です”と言うもんですから、好きに放らせました」と迫田守昭監督が振り返ったように、1点差に迫られた7回1死三塁でマウンドへ。連続空振り三振でピンチを切り抜けると、2回2/3を被安打3の4奪三振、無失点と力投。既に11球団から調査書も届いており、地元・広島の苑田聡彦スカウト統括部長が「左投手であれだけコントロールが良く、切れのあるスライダーを放れれば(プロでも)何とか生きていけるいい度胸もしている最終リストには残している。上位には来るでしょう」と話すようにプロの評価は急上昇中だ。
 4回の藤嶋への3球目は球場表示で148キロ、テレビ局のスピードガンで150キロをマーク。今では「最も早く1軍で使える高校生。外れ1位の可能性もある」と見る球団もある。(日刊スポーツ)

過去記事

 ■ 神ってる広島新庄・堀が完璧救援で日本V 台湾斬り(日刊スポーツ) 16/9/5

 U18アジア選手権決勝で、高校日本代表が台湾を1-0で破って2大会ぶり5度目の優勝を飾った。両軍無得点の6回。堀が2番手でマウンドに上がると球場の空気が変わった。「自信を持って投げました」。宝刀スライダーで先頭を空振り三振に取るなど、3番からのクリーンアップを3者凡退に封じた。緊迫した場面でも時折笑顔を見せる精神的余裕が、6試合48イニングを1失点に抑えた最強投手陣の象徴だった。9回も最後の打者から147キロ直球で8個目の三振、アジアの頂点に立った。小枝守監督(65)の絶大な信頼を得て、不慣れなリリーフにも動じなかった。3度の救援登板は、台湾と韓国の難敵ばかり。「いつもの先発と同じ気持ちでマウンドに上がりました。海外でスライダーが通用したことは自信になりました」。アストロズ大慈弥環太平洋担当部長も「消えるスライダー。ストライクゾーンにきっちり入れば1軍でもやれる」と評価。先発こそなかったが3試合、9回2/3を1安打18奪三振で無失点。2勝を挙げ投手陣の柱となった。

 ■ 広島新庄・堀「力んだ」2失点 早川との左腕対決で明暗(スポニチ) 16/8/18

 最速148キロを誇るドラフト候補、広島新庄・堀が姿を消した。初回1死無走者。木戸への3球目の直球が真ん中に入り、右翼席へ先制被弾した。「まずい、と思った。いい打線なので力んでしまった。悔いが残る」。9回を6安打2失点、103球で完投。早川との左腕対決を2試合連続無四球で投げ抜きながら数少ない失投が明暗を分けた。2年連続出場で2勝を挙げて同校初の16強へ導いた立役者。進路については「考えていないけど、できればプロに…」と意思を明かした。

 ■ 「田口2世」堀、12回完投177球!広島新庄、初戦突破(スポーツ報知) 16/8/11

 ドラフト候補左腕・堀瑞輝の力投で、広島新庄が2年連続で初戦を突破。延長12回を177球で1失点完投し、田口先輩からのエールに応えた。延長12回に味方が1点を勝ち越し「1点あれば抑えられる自信があった」と、その言葉通りに最後を締めた。「よっしゃ!という思いもあったが、ホッとした感じでした」。派手なガッツポーズはつくらず、緊張と疲労と酷暑からの解放感にひたった。1失点した初回から制球に苦しんだが、尻上がりに調子を上げた。プレートの立ち位置を普段の一塁寄りから真ん中付近に変え、抜け球をうまく修正。「後半からしっかり投げられるようになって、8回くらいから力を入れていった」。延長12回を7安打1失点で、8回以降に許した安打は1本のみ。この日の最速は巨人のスピードガンで146キロをマークし、昨夏に続く聖地で実力を発揮した。同じ左腕で3学年先輩の巨人・田口麗斗投手に憧れ、“田口2世”の呼び声が高い。開幕前には本人から電話で「甲子園では、しっかりお前のピッチングを見せてこいよ」と激励された。巨人の山下スカウト部長は「鍛えて体が大きくなれば、もっと速いボールが投げられる」と、投げっぷりの良さを評価した。昨夏は怪物スラッガー・清宮幸太郎を擁する早実の前に2回戦敗退。雪辱の思いを胸に冬場は徹底的に走り込み、130キロ台だった球速は147キロまで上がった。
 巨人・山下スカウト部長「投げっぷりがいいし、ウチの田口の後輩なので、何度も見ているスリークオーターで切れもいい」(SANSPO)
 4回にアストロズのスカウトのスピードガン148キロを計測し、自己最速を1キロ更新。計7奪三振も、延長に入ってから毎回の4三振とスタミナも十分だった。(スポニチ)

   16夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:海田高校 先   4  2  9  1  1
   3回戦:呉 高 専 先   5  0  11  0  0封…7者連続K、5回参考完全試合 
   4回戦:廿日市西 先   8  4  15  2  0
   準々決:広島商業 先   9  9  9  1  4
   準決勝:崇徳高校 先   9  7  11  3  1 145㌔
   決 勝:如水館高 先   9  10  8  2  4 147㌔
               44  32  63  9  10 防2.05(失点から計算)
          被安打率6.55 奪三振率12.89 四死球率1.84

 ■ 【小川SDチェック】きゃしゃな体でも抜群のスタミナ!器用さも◎(SANSPO) 16/8/11

 2年連続で、甲子園に出場している広島新庄の左腕、堀が延長十二回を7安打1失点で完投した。1メートル77、72キロの体格は、今の高校生投手ではきゃしゃな部類に入る。スリークオーターからの腕の振りがよく、うちのスピードガンで直球の最速は143キロ、平均でも140キロをマークした。一見、(プロでも)中継ぎですぐ使えそうなタイプだが、177球を投げ切るスタミナがあり、先発完投でも-という声が上がるかもしれない。昨年秋からチェンジアップ、カーブ、ツーシームと変化球を増やし、この日も序盤はプレートの一塁側に足を置いていたが、体の開きなどに気付くと少し三塁側に位置を変えるなど修正力、器用さもあると聞く。1メートル83、85キロの履正社・寺島、1メートル85、83キロの花咲徳栄・高橋昂の両左腕とはタイプが違うが、楽しみな存在だ。

 ■ エース堀、2年続けて甲子園 重圧に耐え完投(asahi.com) 16/7/27

 2年連続の夏の甲子園をつかめるのか。九回、2点を返されリードが1点に詰まって1死一、二塁。広島新庄のエース堀は「ドキドキしていた」。春季大会では如水館に九回に逆転負けを喫していた。思い切り腕を振った172球目。142キロで4番荒井を併殺に打ち取った。昨夏も2年生エースとして選手権初出場の原動力となった。今年は最上級生としての重圧に「大会を通じて連日吐きそうだった」。それでも広島大会は全6試合に登板。準々決勝からは3試合連続で完投した。この日は序盤から140キロ台の直球をテンポよく投げ込んだ。六回には自己最速を更新する147キロを3度記録。昨年の甲子園2回戦敗退の左腕は「今年は甲子園で自分の投球をして優勝したい」。如水館の迫田穆成監督の弟、守昭監督に、決勝対決で2勝1敗の勝ち越しをもたらした。
 ▽楽天・山下スカウト「高校生だと上位クラス。低めにも力強い直球を投げられている
 ▽ロッテ・永野スカウト「打者を見ながらしっかりと投球できている疲労がある中フォームが崩れずにしっかりと投げられている」(デイリースポーツ)

 ■ 広島新庄2年連続聖地王手!堀が圧巻11K完投(デイリースポーツ) 16/7/25

 準決勝2試合が行われ、広島新庄と如水館が決勝に進出した。広島新庄のプロ注目左腕・堀瑞輝投手は、崇徳を相手に9回7安打11奪三振1失点で完投。序盤から制球された直球とキレ味抜群のスライダーを武器に三振の山を築いた。「意識しているわけではないですけど、今日は勝負どころで狙って三振を取ることができた」と、流れを相手に渡さなかった。プロ注目の左腕を、阪神など複数球団が視察した。直球は自己最速にあと1キロに迫る145キロをマーク。「しっかりと寝ることができたので昨日よりも体が軽かったです。ペース配分を考えて投げています」と胸を張った。

 ■ 広島新庄・堀気迫の完投!OB巨人・田口エール背に広商封じ(デイリースポーツ) 16/7/24

 広島新庄のプロ注目の左腕・堀瑞輝投手が苦しみながら9回9安打4失点で投げ抜き、4強進出を決めた。130球を投げ抜いたエース堀の気迫が、チームを2年連続で準決勝に導いた。5-4の九回2死三塁。2ストライクからの3球目で、三走・田村に本盗を仕掛けられた。「走ったのが見えた」。外角低めにきっちりと外してタッチアウト。極限状態でも、広い視野で熱戦にピリオドを打った。本来の調子ではなかった。最速は145キロ。初回から2ランを浴びるなど直球は本来のキレを欠いた。二回からは「自分の自信あるスライダーで勝負しました」。臨機応変にスタイルを変えて広島商打線を封じた。この日は阪神、日本ハムなど5球団のスカウトが視察した。阪神・田中スカウトは「回を重ねるごとに調子が良くなった巨人の田口のようなタイプ高校生でこれだけ投げられたら十分」と高い評価をした。OBの田口は、同じ左腕ということもあり憧れの存在だ。大会前には「自分の投球をして甲子園に行ってくれ、と言われました」とエールをもらった。
 この日は寝不足で調子を崩したロッテ・高橋スカウトは「高校生の左腕では上位にくる」と高評価。(スポーツ報知)

 ■ 夏の広島大会を盛り上げる2人のドラフト候補(デイリースポーツ) 16/7/6

 第98回全国高校野球選手権広島大会が、7月9日からマツダスタジアムで始まる。今年は、2人のプロ注目選手に話題が集まる。1人目は広島新庄・堀瑞輝投手だ。最速145キロの直球と鋭く曲がるスライダーが武器の本格派左腕。すでに広島をのぞくプロ11球団が視察に訪れている。武器は何と言っても角度のある直球だ。冬場のトレーニングにより球速は5キロもアップした。昨年は2年生エースとして初めて甲子園に出場した。2回戦で1年生スラッガーとして話題を集めた清宮がいる早実と対戦。清宮に適時打を浴びるなど4回途中3失点でKOされた。堀は「自分の力のなさを感じた」と、自信は1試合で打ち砕かれた。「3年生に引っ張ってもらい出た甲子園。今度は自分が甲子園に連れて行く」。それまで控えめだった左腕は、先頭に立ちチームを引っ張った。練習では誰よりも走り込み下半身を鍛えスタミナをつけた。「ペース配分ができるようになった」。ただやみくもに三振を奪いにいくのではなく、状況に応じて打たせて取る投球も身に付けた。「一回りも二回りも成長した」と、迫田守昭監督が目を細めるまでたくましくなった。

   16春        回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:英数学館 先  7  4       1
   3回戦:広島工業 先  9  3  13  1  0封
   準々決:如水館高 先  9  8  8     6…9回表4失点で敗戦
              25  15       7 防2.52(失点から計算)

 ■ 広島新庄夢散…来春センバツ出場絶望的(デイリースポーツ) 15/10/25

 広島新庄は、今大会屈指の左腕・堀瑞輝投手(2年)が開星打線に6回6安打4死球7失点(自責点6)と打ち込まれ、七回コールド負け。来春センバツ出場が絶望的になり、夏春2季連続での甲子園出場が難しくなった。自慢の直球をことごとくはじき返された。0-2の四回には、4番・福間塁外野手に公式戦初被弾となる左越えソロを浴びた。「真っすぐを狙ってきた」。自身の投球を徹底的に研究し、速球対策をしてきた開星打線。迫田守昭監督も「圧倒的にやられた」と完敗を認めるしかなかった。変化球の割合を増やした五回からはいずれも3人斬り。迫田監督は「変化球を交えながら、どうすれば抑えられるかわかったはず」と今後の成長に期待を寄せた。

 ■ 広島新庄が仙台育英に逆転負け エース堀新球手応え(日刊スポーツ) 15/9/28

 広島新庄は夏準優勝の仙台育英に逆転負けした。2年生エースで今夏の甲子園でも好投した堀瑞輝が7回まで相手を2点に抑えたが、8回裏に3安打で決勝点を奪われた。ただ夏の甲子園では投げなかったチェンジアップを、秋は1試合ごとに自分のものに。「以前は自信がなくて、試合で投げられなかった。でも試合後半に緩い球があればと思い、練習してきました」と明かした。

   15秋          回数 被安 奪三 四死 失点
   広島3回戦:呉商業 先   9  5  15     0封
     準々決:広 陵 先   9  1  16  0  0封
     準決勝:国際学 先   9  6  13  1  5…9回表一挙5失点で敗戦
     3位決:宮島工 先   9  7  11  4  2…5者連続奪三振
   中国1回戦:開 星 先   6  6  6  4  7
                42  25  61    14 防3.00(失点から計算)
                  被安打率5.36 奪三振率13.07

 ■ 広島新庄 堀圧投16K完封で4強(デイリースポーツ) 15/9/21

 2会場で準々決勝4試合が行われた。今夏の覇者で昨秋の覇者でもある広島新庄が、広陵を3-0で下した。左腕エースの堀瑞輝(2年)が1安打無四球、毎回の16三振を奪う圧巻の投球を披露した。連投の疲れどころか、回を追うごとに威力を増した。最終回も3者連続三振で締め、1安打、毎回の16奪三振で強打の広陵打線を完封した。二回2死から初安打を許したものの、けん制で刺すとリズムに乗った。MAX140キロのキレのある直球と鋭い変化球を武器に三回からパーフェクト投球。終わってみれば打者27人で料理した。19日の3回戦・呉商戦も15三振を奪って完封。2日連続での完封勝利に「全部が良かった。完璧でした」と胸を張った。迫田守昭監督(69)は「連投した時のほうが力が抜けるんですかね。キレとコントロールが良かった。今日は連打されることはないなと思った」と褒めたたえた。次週はわかやま国体に出場。10月3日に中国大会出場を懸け、準決勝で広島国際学院と対戦する。エースは「次も普通に頑張るだけです」とサラリ。夏春連続での甲子園出場を目指すだけに、広島大会は通過点だ。

 ■ 広島新庄・堀、清宮は「ほかの打者とは違う感じが」(日刊スポーツ) 15/8/13

 広島新庄は4回に5点を奪って逆転しながらも、同点後の9回に勝ち越しを許して敗退した。エースの堀瑞輝投手(2年)は初回1死一塁から清宮をスライダーで空振りの三振に仕留めるなど、まずまずの立ち上がりを見せた。ところが、3回1死一、三塁から清宮に先制の右前適時打を打たれた。堀は4回途中3失点でマウンドを降りた。清宮との対戦に、「三振もヒットもスライダーだった。(2打席目は)外のスライダーでもついてきた。ほかの打者とは違う感じがした」と目を真っ赤にした。

   15夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:廿日市西 先   5  5  4  5  1
   3回戦:美鈴が丘 先   5  0  8  0  0封…5回参考完全試合
   4回戦:尾 道 商 先   9  7  5  1  0封
   準々決:如 水 館 先   9  5  12  0  1
   準決勝:広島工大 先   9  3  7  1  1
   決 勝:市  呉 先   9  6  9  4  1
               46  26  45  11  4 防0.78(失点から計算)
           被安打率5.09 奪三振率8.80 四死球率2.15

 ■ 広島新庄、夏の甲子園初勝利!2年生左腕・堀が2失点完投(スポーツ報知) 15/8/7

 広島新庄が霞ケ浦との初出場対決を制し、うれしい夏の甲子園初勝利を挙げた。立役者は2年生左腕の堀瑞輝だ。10安打を浴び、8回2死後に左ふくらはぎ裏をつるアクシデントに襲われながらも2失点完投同校OBの巨人・田口麗斗投手(19)に憧れ入学を決めた左腕は133球の熱投を「調子が悪いなりに試合をつくれた。8回は初めから足がピリピリしていたが、9回は気持ちで投げた」と振り返った。

 ■ 広島新庄が初の夏切符!堀が1失点完投(デイリースポーツ) 15/7/26

 広島新庄が1928年の創部以来、初の夏の甲子園出場を勝ち取った。一回2死一、三塁で重盗を仕掛け、三塁走者が生還して先制点を挙げた。四回に1-1とされたが、直後に盗塁を絡めて2点を奪い勝ち越しに成功した。投げては先発した2年生エース、堀瑞輝投手が6安打1失点で9回完投した。かつて尾道商で選抜大会に出場した名将・中村信彦監督が率いる呉は、五回1死満塁の好機で無得点に終わるなど堀を打ち崩せず。創部9年目での春夏通じて初の甲子園出場はかなわなかった。

 ■ 広島新庄エース堀2戦連続完封星(デイリースポーツ) 15/7/23

 広島新庄が、シード校の尾道商を破り8強入り。2年生左腕・堀瑞樹投手が、2戦連続完封勝利を挙げた。「初回から全力でいった」と、自慢の直球を中心に四回までパーフェクト投球。五回、先頭打者に四球を与えてから「カットボールを有効に使った」と、ピンチに動じなかった。中盤以降に7安打を許したが「点を与えなかったことがよかった」と胸をなで下ろした。昨夏も1年生でベンチ入り。決勝の広陵戦で先輩が涙を流す姿に胸が熱くなった。今夏は背番号「1」を付け、3回戦・美鈴が丘戦で5回参考記録ながら完全試合を達成した。迫田守昭監督(69)は「一番信頼しているのは堀。ただ、1人では乗り切っていけない」。兄・穆成監督率いる兄弟対決の如水館戦では大深、関藤の3年生投手を含め、総力戦で戦う。

 ■ 広島新庄・堀端が完全投で五回コールド(デイリースポーツ) 15/7/18

 悲願の夏甲子園出場を目指す広島新庄が五回コールド勝ち。4回戦に駒を進めた。エースナンバー「1」を背負う堀瑞輝投手(2年)は5イニング打者15人に対し、8奪三振のパーフェクト投球。堀は「先輩方がいる中、“1”を背負わせてもらっている。しっかり投げたい」と力を込めた。迫田守昭監督は「(堀は)前回とは全然違った。コントロール、キレが良かった」と褒めた。

 ■ 広島新庄「投魂三銃士」で初の夏狙う(デイリースポーツ) 15/6/15

 第97回全国高校野球選手権広島大会の開幕まで1カ月を切った。昨春のセンバツ出場校の広島新庄は、今夏、2年生左腕の堀瑞輝投手ら3投手を軸に守りの野球で、初の夏甲子園出場を目指す。悲願の夏甲子園初出場に向け、3投手がチームをけん引する。2年生左腕の堀投手と関藤真哉投手(3年)、大深穣投手(3年)だ。タイプが異なる投手の存在に、迫田守昭監督(69)は「連戦が続く夏は1人で投げ抜くことは難しい。彼らがいるのは大きい」と力を込めた。2年生の堀は、昨秋に背番号「1」を付けた。最速は138キロながら右打者の内角へ食い込む“クロスファイヤー”が最大の武器だ。大深は本格派右腕。直球は最速142キロを誇り力で打者をねじ伏せる。関藤は制球力に優れ、フォークが決め球の右腕だ。

   14秋          回数 被安 奪三 四死 失点
   広島2回戦:国泰寺 先  10          0封…藤枝大地との投手戦に勝利
     3回戦:瀬戸内 先   7          1
     準々決:崇徳高 先   9          1
     準決勝:広陵高 先   9  8  5  0  2
     決 勝:西条農 先   9  7  11  2  0封
   中国1回戦:関 西 先   3  7  1  2  5
                47          9 防1.72(失点から計算)

  プロフィール

 広島県呉市出身。
 堀 瑞輝(ほり・みずき)投手。
 昭和西小3年から軟式野球を始め、呉昭和中では軟式野球部に所属。
 小学生時代からサイド気味フォームで投げていた。

 広島新庄高では1年夏からベンチ入り。
 1年秋の県大会で5戦連続完投、44回4失点の好成績を残し、主戦格として優勝を達成する。
 準々決勝・崇徳戦で1失点完投勝利、続く広陵戦で無四球2失点完投勝利。
 連投で翌日に行われた決勝・西条農戦に臨み、7安打11三振2四死球完封勝利を挙げた。
 2年夏に6戦5完投2完封(3回戦で5回完全)46回45K4失点で県初Vを達成。
 続く甲子園1回戦・霞ヶ浦戦で10安打2失点完投勝ち(8回にふくらはぎ痙攣)を収めている。
 同秋の大会は42回61Kの活躍及ばず、開星にコールドで敗れ中国1回戦敗退。
 広陵を1安打16奪三振無四球完封で下すなど、県大会で4戦連続2桁奪三振を記録した。
 翌3年夏の県大会を6試合44回63K(3回戦で7連続K)10失点の活躍で制覇。
 甲子園3試合を一人で投げ抜き、2完投勝利、30回4失点、防1.20の好成績を残している。
 関東第一戦で12回177球2対1完投、木総戦で9回無四球0対2完投をマーク。
 この活躍によりU18代表メンバー入りを果たし、秋のアジア選手権で全勝優勝を成し遂げた。
 8回二死1、3塁から登板したセミファイナルラウンド・韓国戦で3者連続Kを記録。
 翌日の決勝・台湾戦で最速148㌔を計測し、4回ノーヒット8三振1四球リリーフを演じている。
 3戦9.2回1安打、18K0封のMVP級の活躍で救援左腕としての適性をアピール。
 同年10月の岩手国体で大台150㌔を叩き出し、東邦相手に14三振1失点完投勝ちを収めた。
 2学年上のチームメイトに山岡就也(現国学院大)ら。

 177cm72kg、奪三振率の高いスリークォーター左腕。
 ノーワインドアップから体をやや捻ってインステップし、左肘を柔らかく使ったサイド気味の腕の振りから
 繰り出す最速150㌔、常時130㌔台後半から145㌔前後の切れの良い真っすぐと、
 120㌔台の鋭いスライダー、110㌔台のチェンジアップ、100㌔台のカーブ。その他にツーシーム。
 ストレートに横滑りのスライダーを織り交ぜる。右打者の外角に沈むチェンジアップ。
 右打者膝元(左打者外)スライダーと常時140㌔台(リリーフ登板時)の直球で空振りを奪う。
 U-18アジア選手権9.2回で18K(空振り15個)。うち12個をスライダーで記録した。
 ピンチでもあえて笑みを浮かべる度胸の良い左腕。サイド気味から右打者内角に投げ込んでいく。
 3年10月の岩手国体で自己最速150㌔を叩き出した。

  スカウトコメント

日本ハム・加藤竜人スカウト|16/11/12
 「ストレートの球筋、完投能力の高さなど将来大成する要素が幾つもある。ファイターズを背負っていく投手になってほしい」
広島・苑田聡彦スカウト統括部長|16/10/5
 「左投手であれだけコントロールが良く、切れのあるスライダーを放れれば(プロでも)何とか生きていける。いい度胸もしている。最終リストには残している。上位には来るでしょう」
アストロズ・大慈弥環太平洋担当部長|16/9/5
 「消えるスライダー。ストライクゾーンにきっちり入れば1軍でもやれる」
ヤクルト・小川シニアディレクター|16/8/18
 「もともと堀の評価は高かった。1回戦で(延長12回)177球を投げても球速が落ちないところを見るとスタミナもあるタイプ。先発型だと思う。外角に決まる球がいい」
楽天・早川副会長補佐|16/8/18
 「(中日の左腕)大野のような投手。負けん気が強くてコースを狙うとかじゃなくて、ストライクゾーンに『オラ!』って打てるものなら打ってみろという意気のある投球をする」
巨人・山下スカウト部長|16/8/11
 「鍛えて体が大きくなれば、もっと速いボールが投げられる」
 「投げっぷりがいいし、ウチの田口の後輩なので、何度も見ている。スリークオーターで切れもいい」
ヤクルト・小川SD|16/8/11
 「今の高校生投手ではきゃしゃな部類に入る。スリークオーターからの腕の振りがよく、うちのスピードガンで直球の最速は143キロをマークした。一見、中継ぎですぐ使えそうなタイプだが、177球を投げ切るスタミナがあり、先発完投でも-という声が上がるかもしれない。昨年秋からチェンジアップ、カーブ、ツーシームと変化球を増やし、修正力、器用さもあると聞く」
楽天・山下スカウト|16/7/27
 「高校生だと上位クラス。低めにも力強い直球を投げられている」
ロッテ・永野スカウト|16/7/27
 「打者を見ながらしっかりと投球できている。疲労がある中、フォームが崩れずにしっかりと投げられている」
阪神・田中スカウト|16/7/24
 「回を重ねるごとに調子が良くなった。巨人の田口のようなタイプ。高校生でこれだけ投げられたら十分」
ロッテ・高橋スカウト|16/7/24
 「高校生の左腕では上位にくる」
巨人・山下哲治スカウト部長|16/6/16
 「しっかりと、思い切りよく腕を振って投げられる左投手は貴重です。スピードも140キロ台後半に乗ってきて、寺島くんに続く左投手として注目しています。春先に見ましたが、昨夏の甲子園よりも成長していました」
中日・中田宗男スカウト部長|16/6/16
 「キレのあるいい球を投げていて印象に残っています。ストレートもスライダーも両方ともキレがある。腕の振りがシャープ。右バッターの懐を攻めることもできます。左ピッチャーとして大事な要素をもっている選手です」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-11-12(土)|2016年ドラフト指名選手 | コメント(8) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
堀君のピンチの時の笑顔が忘れられません。
本当にJAPANの最高殊勲選手だと思います。
| 匿名 | 2016年09月06日(Tue) 19:05 | URL #- [ 編集]
広島新庄の監督は左投手作るの上手いな‼
| 匿名 | 2016年09月05日(Mon) 21:02 | URL #- [ 編集]
JAPANの最高殊勲選手です。感動しました。プロでの活躍を期待します。
| 匿名 | 2016年09月05日(Mon) 19:30 | URL #- [ 編集]
即戦力。変則的な投げ方から繰り出されるクロスファイアー。スライダーは一級品で緩急がある。制球も良し。球が軽いのだけが難点。一年目からやれる逸材
| 宇宙人たけし | 2016年08月26日(Fri) 16:15 | URL #WGv/JGO2 [ 編集]
3巡目には指名確実
| 匿名 | 2016年07月29日(Fri) 14:57 | URL #- [ 編集]
堀投手のピッチングは美しいです
今年の甲子園でまた大きく成長したと思います
僕は来年も楽しみにしてます
それと、堀投手のピッチングフォームを真似て
頑張っています(右投げですが、、、)
これからの結果に期待しています!!!
頑張ってください!!!!!
| 匿名 | 2015年08月16日(Sun) 16:50 | URL #- [ 編集]
彼は球はまだそんな速くないけど、キレがとてもいい。制球も安定してきた。打ちにくい投手だと思う。甲子園の目玉になると思う
| 名無し2 | 2015年07月31日(Fri) 20:55 | URL #- [ 編集]
実際見てみたけど球はまだそんなに早くないけどキレがいいのと制球が安定してきたので、打つのは難しそう。球速も発展途上なので、三年には先輩の田口投手みたいな注目される投手になりそう
| 名無し | 2015年07月30日(Thu) 13:41 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年ドラフト指名選手 | コメント(8) Page Top↑