伊藤 健太(中部学院大)

ここでは、「伊藤 健太(中部学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野



184cm74kg 右右 MAX150km カット・カーブ 海津明誠高
ストレート主体に押す救援右腕。2年春開幕戦で144㌔を計測。投打両面でプロから注目されていた。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   16春: 1 0勝0敗   1  2  0  1  2 18.00
   16秋:        登板無し
   17春: 2 0勝1敗  2.1  3  1  3  4 15.43
   17秋: 4 2勝0敗  4.2  3  7  1  0  0.00
   通算: 7 2勝1敗   8  8  8  5  6  6.75
         被安打率9.00 奪三振率9.00 四死球率5.63
   (東海)17秋:最優秀投手

投手成績詳細

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責
   岐阜大     1  2  0  1  2

   17春    回数 被安 奪三 四死 自責
   岐阜大     1  0  1  0  0 144㌔
   朝日大    1.1  3  0  3  4 ●
          2.1  3  1  3  4 防15.43
      被安打率11.57 奪三振率3.86 四死球率11.57

  最新記事

 ■ 大学野球東海地区秋季選手権あす開幕(岐阜新聞) 17/10/19

 東海地区大学野球秋季選手権は20日、三重県伊勢崎市のダイムスタジアム伊勢で開幕。中部学院の初戦は第2日の21日、1位決定トーナメント1回戦第2試合で日大国際関係学部戦。ドラフト候補の左腕西居建陽と長身サブマリンの若山蒼人の先発起用が予想されるが、逸材右腕の4年平岡敬人、2年の右下手投げ津山裕希、左腕の大中優吾と桜糀大輝、期待の1年生右腕村橋主晟と多彩。守護神に最速150キロ右腕の伊藤健太(海津明誠高出)が控える

   17秋      回数 被安 奪三 四死 自責
   岐阜:岐阜聖徳  1.2  2  3  1  0 ○
     :岐阜経済   1  0  0  0  0 ○
     :朝日大学   1  1  2  0  0
     :中京院大   1  0  2  0  0 150㌔
   東海:日大国関   1  0  3  0  0
     :朝日大学  1.1  0  1  1  0
   中部:金沢星稜   1  0  3  0  0
             8  3  14  2  0 防0.00
        被安打率3.38 奪三振率15.75 四死球率2.25

   15夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:岐阜高専 先   9  12  5  4  6
   2回戦:関有知高     4  1       0
   3回戦:大垣日大    2.2  4       ?
              15.2  17       ?

   14夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:関商工高 先   9  9  2  6  7
   3回戦:山県高校 先   9  7  5  6  3
               18  16  7  12  10 防5.00(失点から計算)
           被安打率8.00 奪三振率3.50 四死球率6.00

  プロフィール

 岐阜県海津市出身。
 伊藤 健太(いとう・けんた)投手。
 小2から石津クラブで軟式野球を始め、南濃中では野球部で投手、内野手。
 中学時代に県大会8強入りを経験した。

 海津明誠進学後2年春から本格的に投手に転向。
 2年夏の予選全2戦に主戦として先発登板し、計18回で12四死球、7K10失点の結果を残す。
 初戦2回戦でシード・関商工と対戦し、初回6失点、8対7完投で白星をマーク。
 続く秋の予選初戦で1対0完封を記録したが、2回戦を11回1対2完投で落とし敗退となった。
 翌3年春の予選(西濃地区敗退)大垣日大戦で9回0対3完投の力投を披露。
 巨人スカウトが訪れた同年夏1回戦で、12安打8対6完投、4打数4安打の活躍を演じている。
 2回戦・関有知高校戦で再逆転勝ちを呼びこむ4回1安打無失点の好リリーフ。
 3回戦・大垣日大戦(腰痛でリリーフ登板)は、4失策が絡んで7回コールド2対9の大敗となった。
 県大会3回戦が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 中部学院大では1年春からリーグ戦に出場。
 以降4シーズンで7試合(すべてリリーフ)に登板し、計8回で8K5四死球、防6.75の結果を残した。
 2季ぶり8度めの優勝を果たした2年秋の東海選手権で最優秀投手賞を受賞。
 全2試合に抑え投手として起用され、計2.1回で無安打、3者連続含む4K0封の力投を見せた。
 リーグ通算7試合、2勝1敗、8回、防御率6.75。

 184cm74kg、プロ注目の最速150㌔右腕。
 最速150㌔の真っ直ぐ主体に押すピッチングが持ち味。カットボール、カーブなどの変化球を操る。
 海津明誠高にピッチャーとして入学するもバラツキが多く一時三塁手に転向。
 高2春から本格的に投手を始め、同5月の練試で140㌔、3年夏3回戦で142㌔をマークした。
 大学では主に救援として活躍。2年春の岐大1回戦で144㌔を計測している。
 高校時代は主将・4番・エースとしてチームを牽引。投打で巨人などスカウトから注目されていた。
 50mを6秒2で駆け抜ける脚力を兼ね備える。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-11-23(木)|2019年大学生投手 | 東海地区大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生投手 | 東海地区大学 コメント(0) Page Top↑