坂本 裕哉(立命大)

坂本 裕哉(立命大)

ここでは、「坂本 裕哉(立命大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



坂本 裕哉(立命大)

179cm75kg 左左 MAX146km スライダー・カット・カーブ・チェンジ 福岡大大濠
最速146㌔の角度あるストレートとスライダー、カーブ。大学選手権で6.1回9K2失点の好投を見せた。

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   16春:        登板無し
   16秋:        登板無し
   17春: 3 0勝1敗   3  3  1  3  3  9.00
   17秋: 4 1勝1敗 13.1  9  10  10  4  2.70
   18春: 5 3勝1敗  33  30  38  15  14  3.82
   通算: 12 4勝3敗 49.1  42  49  28  21  3.83
         被安打率7.66 奪三振率8.94 四死球率5.11

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   18選: 1 先  6.2  6  9  1  2 141㌔(東ド) 国武大 ●
   通算: 1    6.2  6  9  1  2 防2.70
       被安打率8.10 奪三振率12.15 四死球率1.35

投手成績詳細

   17春    回数 被安 奪三 四死 自責
   近畿大     1  2  0  1  1
   京都大     1  0  1  0  0
   関西大     1  1  0  2  2 ●
           3  3  1  3  3 防9.00
      被安打率9.00 奪三振率3.00 四死球率9.00

   17秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   近畿大    2.1  1  4  1  1
   京都大    5.2  5  3  4  1 ○
   関西大     1  1  0  0  0
       先  4.1  2  3  5  2 ●
         13.1  9  10  10  4 防2.70
      被安打率6.08 奪三振率6.75 四死球率6.75

  最新記事

 ■ 立命大、連勝で勝ち点 ドラフト注目・辰己が決勝2ラン(スポニチ) 18/4/8

 立命大が連勝で勝ち点を挙げた。1―1の7回に辰己涼介外野手が左越えへ決勝2ラン。投げては先発の坂本裕哉投手(3年)が15三振を奪い、今季初勝利をリーグ戦初完投で飾った

   18春    回数 被安 奪三 四死 自責
   京都大 先   9  4  15  1  1 ○
   関西大 先  5.2  7  3  2  4 ○
   関学大 先   7  7  9  3  2 ●
   近畿大 先  7.1  8  7  3  3 ○
   同 大 先   4  4  4  6  4
          33  30  38  15  14 防3.82
      被安打率8.18 奪三振率10.36 四死球率4.09

 ■ 三振ショー!福岡大大濠・坂本、6回1安打10K(SANSPO) 15/7/6

 第97回全国高校野球選手権大会福岡大会(5日、福岡大大濠10-0朝倉光陽、桧原公園)福岡大大濠のエース左腕、坂本は10奪三振にも反省が先に出た。「三振は狙わず、打たせて取る投球を心がけたけど、球数が多くなってしまって…」と、自ら目標とした投球ができなかった。最速139キロの直球を主体にした投球。観戦したロッテ・山森スカウトは「初戦だからか、真っすぐが多かった。左腕で直球の角度があるが、変化球の切れをもっと見たかった」と視察を続ける構えだ。玄洋中(福岡市)時代には、軟式野球で九州大会優勝を経験。最後の夏は「誕生日(7月28日)にユニホームを着ていることが目標」。26日に予定される福岡大会の決勝に勝ち、チームを1989年以来26年ぶりの夏の甲子園へと導くことだ。「坂本はテンポがよかった。こちらはノーシード。次のシード校、九産大九州に勝てればと思っています」と八木監督は、9日に予定される3回戦を見据えた。

   15夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:朝倉光陽 先   6  1  10  0  0封…3回戦以降登板なく5回戦敗退

  プロフィール

 福岡県福岡市出身。
 坂本 裕哉(さかもと・ゆうや)投手。
 玄洋小4年時から軟式野球を始め、玄洋中時代に九州大会Vを経験。

 福岡大大濠では1年秋からベンチ入り。
 2年夏の予選で先発1試合(4.1回KO)を経験し、同年秋(地区3回戦敗退)から主戦を務める。
 地区2回戦・筑紫台戦で2回0封救援、続く福工戦で4.2回2失点救援を披露。
 翌3年夏の予選初戦で6回10K0封勝利を挙げ、ロッテスカウトから真っすぐの角度を評価された。
 県5回戦が最高成績。1学年下に濱地真澄ら。

 立命大では2年時からリーグ戦に出場。
 主に救援で年間7試合、合計16.1回に登板し、秋の京都大1回戦でリーグ戦初勝利を収める。
 翌3年春に山上大輔につぐ先発2番手として4シーズンぶりのリーグ優勝を達成。
 5試合33回で38K(京大2回戦で15K)を奪い、3勝1敗、防御率3.82(10位)の実績を残した。
 全国大会には3年春の第67回大学野球選手権大会(2回戦で敗退)に出場。
 2回戦・国武大戦(0-2)の先発を務め、9Kを奪ったが、援護が無く6.2回2失点で敗戦となった。
 通算12試合、4勝(1完投0完封)3敗、49.1回、防御率3.83。

 179cm75kg、最速146㌔直球を持つプロ注目左腕。
 ノーワインドアップから溜めて重心を下げ、インステップし、左ヒジを使った腕の振りから投げ下ろす
 最速146㌔、常時130㌔台前半から140㌔前後(先発時)の角度のある直球と、
 120㌔前後のスライダー、110㌔台から120㌔前後の落差あるカーブ、120㌔台のチェンジアップ。
 3年春のリーグ戦から先発2番手として活躍。低め変化球で空振り三振を奪う。
 直球は高め傾向。3年春の大学選手権で6.2回9K(すべて空振り、変化球8)の好投を見せた。
 奪三振率8.94。京大戦で1試合15Kを記録している。

  スカウトコメント

ロッテ・山森スカウト|15/7/6
 「初戦だからか、真っすぐが多かった。左腕で直球の角度があるが、変化球の切れをもっと見たかった」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-07-02(月)|2019年大学生投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑