小野寺 拓海(亜大)

ここでは、「小野寺 拓海(亜大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



小野寺 拓海(亜大)

183cm80kg 右右 MAX140km 三塁手兼投手 常葉橘
長打力のある強打の三塁手。最速140㌔の本格派右腕。杉山一樹からレフト場外弾を記録した。

  動 画

  プロフィール

 静岡県静岡市出身。
 小野寺 拓海(おのでら・たくみ)三塁手。
 常葉橘中時代は軟式野球部で主戦投手として活躍した。

 常葉橘では1年秋から三塁手でレギュラー。
 東海大会1回戦(4対6)に5番打者として出場し、田中空良相手に2安打1四死球を記録する。
 2年夏は主に5番・一塁手を任されながら18打数4安打、打率.222点4に低迷。
 2年秋の新チームで主将・エースの座を獲得し、県大会1回戦で2失点初完投勝利を収めた。
 続く2回戦は日大三島高の小澤怜史を攻略し切れず延長10回2対4で敗戦。
 3年春(県8強)の中部地区大会・駿河総合高戦で杉山一樹から左翼場外弾を放っている。
 3年夏の大会(3番・一塁手)は、12打数5安打、打率.417本0点4で8強敗退。
 打撃戦を制した4回戦・聖隷クリストファー戦で、先制適時打含む3安打3打点の活躍を見せた。
 1学年上のチームメイトに木村聡司(広島14年育成2位)ら。

 183cm80kg、恵まれた体格の強打の三塁手。
 振り切るスイングから強い打球を弾き返す右の強打者。飛ばす力、打球速度の速さが魅力。
 清水庵原球場(中堅122m、両翼100m)で左翼場外弾を放った実績を持つ。
 最速140㌔のストレートを武器に投手もこなし、投打両面の資質でプロから注目されている。
 2年秋に主戦を経験。3年春は4番・サードとして起用された。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-09-03(木)|2019年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑