植谷 翔磨(日大)

ここでは、「植谷 翔磨(日大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



植谷 翔磨(日大)

174cm73kg 右右 MAX144km スライダー・カーブ 松戸国際高
130㌔台後半の直球と2種類の鋭いスライダー。高3春の練試・和智弁戦で15奪三振をマークした。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   16春:        登板無し
   16秋:        登板無し            
   通算:        登板無し

  最新記事

 ■ 日大・植谷 4回1/3完全投球 救援で2勝目(スポニチ) 17/4/28

 5回2死一塁から救援した日大の2年生右腕・植谷が、4回1/3を無安打で零封。今季2勝目を挙げた。先発した田村孝を勝利投手の権利まであと1アウトのところで交代した仲村恒一監督は「つながれたら嫌な展開。心を鬼にした」。四死球も与えない完全投球だった植谷は「先発したい気持ちはあるが田村孝や山本龍がいる。僕はしっかり抑えるだけ」と頼もしかった。

   17春    回数 被安 奪三 四死 自責
   中央大     3  0  5  0  0 140㌔
           4  3  3  1  0 139㌔ ○
          0.1  3  0  0  3
   国学大    1.1  2  0  1  0 139㌔
   専修大    4.1  0  5  0  0 137㌔ ○
          13  8  13  2  3 防2.08
      被安打率5.54 奪三振率9.00 四死球率1.38

 ■ 日大が延長サヨナラ今季初勝利 2年生リレー奏功(日刊スポーツ) 17/4/5

 昨秋覇者の日大が延長10回サヨナラで今季初勝利を収め、1勝1敗に持ち込んだ。リーグ戦初先発の山本龍之介投手(2年=札幌日大)、植谷翔磨投手(2年=松戸国際)の2年生リレーが奏功。7回途中まで6安打2失点(自責1)の右腕山本は「ピンチの場面が多くて苦しかったですけど、要所で抑えられたのがよかった」と話した。

 ■ 松戸国際 プロ注目の植谷が6回零封(日刊スポーツ) 15/7/14

 ノーシードから甲子園を狙う、昨秋県大会準優勝の松戸国際が、プロ注目の右腕・植谷翔磨投手(3年)の好投でCシード校を破った。植谷は0-1と1点を追う4回から2番手で登板。最速142キロの速球とキレのある高速スライダーで、5回の3者三振を含む計8奪三振6回5安打無失点とエースの役割を果たした。打線も植谷が引き寄せた流れに乗った。同点の7回、2者連続のスクイズで勝ち越し。8回にも1点を加え、試合を決めた。植谷は「直球が走っていたので、スライダーも有効に使えた。自分よりチームの勝利がうれしいです」と喜んだ。市船橋時代にソフトバンク岩崎を指導した石井忠道監督(59)は「シード校に勝てて良かった。植谷も安定した投球を見せてくれた。これからも常にチャレンジャーとして戦いたい」と次を見据えた。

   15夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:千葉英和     6  5  8  0  0
   3回戦:柏日体高    5.2  2       0 139㌔
   4回戦:成  東     1  1       0
   5回戦:拓大紅陵 先   8  7  4  3  4
              20.2  15       4 防1.74(失点から計算)

過去記事

 ■ 松戸国際が初戦突破 植谷が1失点完投(デイリースポーツ) 14/10/25

 松戸国際が県立校同士の対決を制し、初戦を突破した。初回1死三塁から4番・植谷翔磨投手(2年)の右前適時打で先制。一度は同点とされたが、六回に9番・今吉翼内野手(1年)と1番・橋本泰詩外野手(2年)の連続適時打で2点を勝ち越し。七回にもスクイズで加点した。投げては、植谷が3安打しか許さず、1失点完投鋭いスライダーを武器に、8三振を奪った。投打で勝利に貢献した右腕は「自分たちは後半の粘りを練習から意識している。追いつかれてもやりやすい」と自信のコメント。エースが役割を果たし、攻撃でも12安打に9犠打を絡めて終始主導権を握った戦いぶりに、石井忠道監督も「こんないい試合ができるとは思わなかった」と、感心していた。

   14秋           回数 被安 奪三 四死 失点
   千葉2回戦:専大松戸 先  14          2
     3回戦:流経大柏 先   6          2
     準々決:習志野  先   9  5  2     2
     準決勝:千葉黎明 先   9  6  14  2  0封
     決 勝:木更津総 先   8  5  7  2  4
   関東1回戦:宇都宮南 先   9  3  8  0  1
     準々決:健大高崎 先   9  15  2  2  9
                 64         20 防2.81(失点から計算)

  プロフィール

 千葉県野田市出身。
 植谷 翔磨(うえたに・しょうま)投手。
 野田南部小1年から軟式野球を始め、野田南部中では軟式野球部に所属。

 松戸国際では1年時から控えとしてベンチ入り。
 下級生の頃から主戦投手としてチームを牽引し、2年秋に4完投勝利の活躍で県準Vを果たす。
 延長14回の接戦となった2回戦・専大松戸戦で3対2サヨナラ完投勝利を記録。
 準々決・習志野戦で5安打2失点完投勝利、準決・千葉黎明戦で14K完封勝利を挙げた。
 続く関東初戦・宇都宮南戦で3安打無四球1失点(自責0)完投勝ちをマーク。
 同準々で健高崎と接戦を演じたが、初回の6失点が響き、15安打6対9で完投負けとなった。
 3年夏の県大会は拓大紅陵に8回7安打4三振4失点完投負けで5回戦敗退。
 2回戦・千葉英和戦で3者連続を含む8奪三振、6回無四球無失点の好救援を披露している。
 県準V、関東8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 日大進学後は2年春から救援でリーグ戦に出場。
 開幕・中大1回戦で3回5Kの好デビューを飾り、延長10回を制した2回戦で初白星を記録した。
 通算4試合、1勝0敗、8.2回、8奪三振、防御率3.12。

 174cm73kg、プロ注目のスリークォーター右腕。
 セットポジションから溜めを作って早めに着地し、右ヒジを柔らかく使った腕の振りから繰り出す
 最速144㌔の伸びのあるストレートと、大小2種類の切れの良いスライダー。
 直球にスライダーを交えて三振を奪取。智弁和歌山との練試で15K(6発被弾)を記録した。
 高校時代は4番・エースの柱。日大では救援を務める。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-04-28(金)|2019年大学生投手 | 東都大学 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
大学でも頑張れ!
四年後のドラフト楽しみにしてます。

松戸東高校OBより
| 匿名 | 2015年12月25日(Fri) 20:56 | URL #- [ 編集]
昨日の柏日体戦を観ました
4回途中からマウンドに上がりました
縦のスライダーは鋭く直球もキレがあって良かったです
最終回には90キロ台のスローカーブを2,3球混ぜたりと余裕を感じました
昨日の最速139キロでした
| 鴎 | 2015年07月19日(Sun) 15:07 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生投手 | 東都大学 コメント(2) Page Top↑