比屋根 雅也(立大)

ここでは、「比屋根 雅也(立大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



比屋根 雅也(立大)

176cm74kg 左左 MAX136km スライダー・ツーシーム・カーブ・チェンジ 興南高
大きくインステップして投げ込む変則左腕。高2春の県決勝で10連続K、九州大会初戦で12回18K。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

   15夏     回数 被安 奪三 四死 自責
   石見智翠 先   8  8  6  4  5 134㌔
   鳥  羽 先   9  4  3  5  2 134㌔ ○
   関東第一 先   9  9  13  0  4 134㌔ ●
           26  21  22  9  11 防3.81
       被安打率7.27 奪三振率7.62 四死球率3.12

  最新記事

 ■ 勝者の姿 目に焼きつけた興南エース(西日本スポーツ) 16/7/20

 全国で最初に嘉手納が甲子園出場を決めた沖縄大会。球場を出ても興奮冷めやらぬ嘉手納の選手たちを、少し離れて見つめる高校生がいた。興南のエース比屋根だった。興南は3回戦で嘉手納に1-2で敗れた自責はゼロ。比屋根は8回まで無失点で抑えながら9回に逆転された。「やっと嘉手納の試合で調子が上がってきたんです。この試合に勝ったら甲子園に行けるぞって、思えたんですが…」。わずかの差で思いは届かなかった。「自分たちを破った相手が甲子園に行くことになって良かった」と比屋根は嘉手納を祝福した。「大学でまた頑張ります」。喜ぶライバルたちの姿をしっかり目に焼きつけて、トルネード左腕は次のステージに進む。

   17春   回数 被安 奪三 四死 自責
   慶大     3  3  2  0  1 135㌔
          2  1  2  1  0 136㌔
          5  4  4  1  1 防1.80
     被安打率7.20 奪三振率7.20 四死球率1.80

 ■ 昨夏王者の興南が姿消す 9回失策から2失点(日刊スポーツ) 16/7/10

 昨夏の王者・興南が嘉手納に1-2で敗れ、3回戦で姿を消した。序盤、雨で47分間試合が中断する中、エース左腕の比屋根雅也が8回まで無失点投球を続けたが、9回に味方の失策の後、2安打を許し、2失点。「もう1度甲子園に戻る気持ちでやってきた。昨夏の全国8強を超えたい」と話していたが、2年連続甲子園出場はならなかった。

 ■ エースの興南・比屋根が崩れる/秋季九州大会(SANSPO) 15/10/24

 興南は夏の甲子園で8強入りの原動力となった比屋根が四回途中7失点と崩れ、七回コールドゲーム負けした。本来の姿を見せられなかったエースは「こんなに大差で負けたのは記憶にない。今までで一番悪かった」と肩を落とした。持ち味のコースの投げ分けが決まらず、甘く入った球を痛打された。直球の球威もいまひとつで「修正できなかった」と悔やんだ。初戦で姿を消した大会注目の左腕は「冬の間にやることがいくつもある」と汚名返上を誓った

   15秋九州     回数 被安 奪三 四死 自責
   2回戦:海星 先  3.1  8  0  5  6

過去記事

 ■ 興南・比屋根、毎回13K力投もオコエの1発に泣く(日刊スポーツ) 15/8/17

 興南は接戦を物にできず、ベスト8で姿を消した。エースの比屋根雅也投手(2年)が毎回の13三振を奪う力投を見せた。しかし、同点の9回2死二塁から内角の直球をオコエに左翼席へ2ランを打たれたそれまでの4打席は2三振を含む無安打に抑えてきた。「インコースの直球を思い通りに投げて打たれた。オコエ選手が上だった」と相手をたたえた。
 “自己実況中継”がリラックス法だ。監督の知人に勧められ、3回戦から取り入れると、自分を客観的に見ることができた。この日も2―3の7回1死、オコエ瑠偉外野手との対決を前に「さあ、ここで今大会注目のオコエ選手が打席に入ります。何を投げるか」とブツブツ。見事、空振り三振を奪い「『ツーシームが決まったー!』って感じでした。あの場面が一番、楽しいところかなって思います」と大舞台を存分に楽しんだ。(スポーツ報知)

   15夏予       回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:石 川 先   9  3  6     0封
   3回戦:南風原    4.2  1  9     1
   準々決:八重山 先   9  7  12     0封
   準決勝:沖 尚 先   9  4  4  3  1
   決 勝:糸 満 先   9  7  4  0  2
             40.2  22  35  11   4 防0.89(失点から計算)
          被安打率4.87 奪三振率7.75 四死球率2.43

 ■ 興南が8強入り!砂川勝ち越し打、比屋根は3失点完投!(スポーツ報知) 15/8/16

 興南が終盤に底力を発揮した。1―3の6回、高良の適時二塁打で1点を返し、7回は仲の三塁打で同点。8回には砂川の左前適時打で勝ち越した。比屋根は5回まで3点を失ったが中盤以降は立ち直り4安打で完投した。

 ■ 興南が甲子園一番切符!10年の春夏全国制覇以来5年ぶり出場!(スポニチ) 15/7/19

 第97回全国高校野球選手権の沖縄大会決勝戦が19日、沖縄セルラーで行われ、興南が4―2で糸満を下し、夏の甲子園一番切符をつかんだ。興南の選手権出場は、エース島袋(現ソフトバンク)らを擁し沖縄勢で初めて夏の甲子園を制した10年以来5年ぶり10回目の出場。興南の2年生エースでトルネード左腕の比屋根は、2回に先制を許すも粘りの投球を見せる。6回も最小失点で切り抜け、7回には自らのバットでダメ押しの追加点を叩き出した。比屋根は一人でマウンドを守り抜き、9回2失点完投。糸満の春夏連続出場を阻んだ。
 ▽ソフトバンク・島袋「今日まで3軍は休みだったので、沖縄の実家でテレビを見ていました。比屋根君が投げているのを初めて見たんですけど独特ですね。インステップして左打者には逃げていくし、右には食い込んで打ちにくいだろうなと。我喜屋監督も久しぶりに楽しみな夏になったと思います」(日刊スポーツ)

 ■ トルネード左腕 興南・比屋根1失点完投(西日本スポーツ) 15/7/19

 興南のトルネードが聖地へあと1勝に迫った。2年生左腕の比屋根が宿敵の沖縄尚学を相手に被安打4の1失点。「変化球でカウントを整えられたので楽に投げられた」と自ら合格点をつけた。背中を反転させて投げ込む姿は、5年前のエース島袋洋奨をほうふつとさせる。2回にゴロを処理した際に内野手と交錯。軸足の左膝とかかと付近を痛めたものの、気力でカバーした。初戦で福岡工大城東と対戦した春の九州大会では延長12回で18三振を奪ったが、3-4で惜敗。「三振より打たせて取ることを考えている。その方が野手も自分自身も楽だから」と、勝つための投球に徹した。この日は4奪三振。自己最速136キロの直球をあえて抑え気味に投げ、スライダーを効果的に交えながら6回の1失点に抑えた。前夜は2010年春夏連覇を達成した島袋が寮を訪れ「しっかり頑張れ」と激励してくれた。先輩のフォームは動画でチェック。ベースの横幅を最大限に使った投球を参考にしており、この日も実践した。「右打者の内角を突いたのが良かった」と、我喜屋優監督は左腕の成長にうなずいた。

   15春予       回数 被安 奪三 四死 失点 
   1回戦:知 念 先   7  2  5  3  1
   2回戦:読 谷 先   8  6  12  2  1
   3回戦:コ ザ 先   7  2  5  2  0封
   準々決:美里工 先   9  4  4  3  0封
   準決勝:沖 尚 先   9  4  6  3  0封
   決 勝:宮 古 先   6  1  13  1  0
              46  21  45  14  2 防0.39
          被安打率4.11 奪三振率8.80 四死球率2.74

  プロフィール

 沖縄県うるま市出身。
 比屋根 雅也(ひやね・まさや)投手。
 西原小2年時から軟式野球を始め、あげな中では軟式野球部で県4強。

 興南高では1年時からベンチ入り。
 翌2年春の県大会全6戦に背番号10で先発し、5完投3完封、防0.39で13年ぶりVを達成する。
 決勝・宮古戦で10連続K、6回13Kを記録するなど、計46回で45三振を奪取。
 コザを7回完封、美工を1対0完封、沖尚を2対0完封と、3試合連続で完封勝利を記録した。
 九州大会から1番を背負うも、18Kの力投及ばず、12回3対4完投で初戦敗退。
 続く夏予選で5戦40.2回4失点の活躍を演じ、2010年以来5年ぶりとなる優勝を成し遂げた。
 甲子園全3試合(2完投)の先発を務め、2戦連続の逆転勝ちで8強まで進出。
 3回戦・鳥羽高校戦で9回4安打5四死球4対3(6回以降1安打0封)完投勝ちを収めている。
 敗れた準々決・関東一戦でも、13三振無四球、9回4対5完投の力投を披露。
 内角攻めでオコエを5の1、2三振に封じたが、5打席目9回の2ラン(内低直球)で敗退となった。
 秋の九州2回戦を7失点KOで落とし、3年夏も目立てず県大会3回戦で敗退。
 8回まで3安打0封と好投しながら、9回に失策絡みで2失点し、嘉手納高に1対2逆転で敗れた。
 甲子園通算3試合、1勝1敗、26回、防御率3.81。

 176cm74kg、細身の変則サウスポー。
 セットから上体を捻って右膝を上げ、重心を下げてインステップし、左肘を柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速136㌔、常時130㌔前後から130㌔台前半の伸びのある直球と、
 120㌔前後のスライダー、120㌔前後のツーシーム、120㌔前後のチェンジ、100㌔台のカーブ。
 ストレート主体に変化球を織り交ぜる。右打者内角へのクロスファイアが武器。
 腕が遅れ気味に出てくる投球フォームから球速表示以上に伸びのあるストレートを投げ込んでいく。
 大きくインステップして投げ込む球筋が持ち味。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-05-03(水)|2020年大学生投手 | 東京六大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
> 秘密コメント様へ
ご指摘ありがとうございます。スポーツ紙を参考に「西原小」としました。
今後スポーツ紙等にプロフィールが掲載される機会もあるでしょうから、あげな小学校出身であることが確認でき次第修正いたします。
| 管理人 | 2015年08月17日(Mon) 12:24 | URL #FR4U19ZM [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 東京六大学 コメント(1) Page Top↑