近藤 均(王子)

ここでは、「近藤 均(王子)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



近藤 均(王子)

177cm80kg 右右 MAX146km カット・フォーク・カーブ・スライダー・チェンジ 福知山成美→関大 4年目
最速146㌔直球とカット、フォーク。実戦的な右腕。3年目の都市対抗で2戦連続完封勝利を挙げた。

  動 画

  投手成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   15都: 3   28.1  18  20  9  1
        先   9  4  10  3  0 146㌔ セガサミ ○封
        先   9  6  4  2  0 145㌔ ホ ン ダ ○封
        先 10.1  8  6  4  1 145㌔ 日本生命 ●
   16都: 2    16  11  12  3  1
        先  10  5  8  2  0     JR東日本 ○封
        先   6  6  4  1  1 143㌔ ホンダ鈴鹿 ●
   16日: 2    11  4  6  2  1
        先   9  4  4  2  1     東  芝 ○
            2  0  2  0  0     日本新薬 ○
   通算: 7   55.1  33  38  14  3 防0.49
       被安打率5.37 奪三振率6.18 四死球率2.28

 【 国際大会 】
        試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   15BFAアジア: 2  1.2  2  1  0  2

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   09春: 1  0勝0敗  0.2  3  1  0  1 13.50
   09秋:         出場辞退
   10春: 4  0勝1敗  6.2  2  8  4  1  1.35
   10秋: 8  1勝0敗  18.1  14  20  9  3  1.47
   11春: 7  1勝3敗  16.1  12  15  10  5  2.76
   11秋: 7  0勝0敗  10.1  8  11  8  1  0.87
   12春: 6  0勝0敗  13.1  12  12  3  6  4.05
   12秋: 7  1勝2敗   33  21  35  9  3  0.82(4位)
   通算: 40  3勝6敗  98.2  72 102  49  20  1.82
          被安打率6.57 奪三振率9.30 四死球率4.47

投手成績詳細

   09春    回数 被安 奪三 四死 自責
   関学大    0.2  3  1  0  1

   10春    回数 被安 奪三 四死 自責
   同 大    3.1  2       1 ●
   京 大     1  0       0
   関学大    1.1  0       0
   近 大     1  0       0
          6.2  2  8  4  1 防1.35
      被安打率2.70 奪三振率10.80 四死球率5.40

   10秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   同 大    2.2  0       0
           3  3       1 ○
   立命大    0.1  1       0
           2  1       0
   近 大     1  0       0
           5  6       1
   関学大    1.2  1       0
          2.2  2       1
         18.1  14  20  9  3 防1.47
      被安打率6.87 奪三振率9.82 四死球率4.42

   11春    回数 被安 奪三 四死 自責
   立命大    3.2  5       4 ●
           3  1       0 ○
           3  1       0 ●
   近 大    0.2  0       0
           2  1       0
   同 大    0.2  0       0
   関学大    3.1  4       1 ●
         16.1  12  15  10  5 防2.76
      被安打率6.61 奪三振率8.27 四死球率5.51

   11秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   近 大    0.1  0       0
   関学大    4.2  3       0
          0.2  1       0
   同 大    0.2  0       0
           2  1       1
   立命大     1  2       0
   京 大     1  1       0
         10.1  8  11  8  1 防0.87
      被安打率6.97 奪三振率9.58 四死球率6.97

   12春    回数 被安 奪三 四死 自責
   立命大 先  3.1  5  2  1  3
   京 大 先   5  3  6  1  1
           1  1  0  1  0
   関学大     1  3  1  0  2
   近 大     2  0  2  0  0
           1  0  1  0  0
         13.1  12  12  3  6 防4.05
      被安打率8.10 奪三振率8.10 四死球率2.03

   12秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   京 大    1.1  0  1  0  0
   関学大     1  0  1  1  0
   同 大     4  2  1  1  0
       先   9  5  12  2  0 ○封
   立命大 先  6.2  4  8  5  1 ●
   近 大 先   6  4  6  0  2
       先   5  6  6  0  0 ●
          33  21  35  9  3 防0.82
      被安打率5.73 奪三振率9.55 四死球率2.45

  最新記事

 ■ 王子・近藤投手 今秋ドラフト上位候補リストアップ(スポーツ報知) 15/10/4

 日本ハムが今秋ドラフトの上位候補として、最速145キロ右腕の王子・近藤均投手(25)をリストアップしていることが3日、分かった。球団関係者は「馬力があって直球も変化球もいい。(ドラフト)3巡目までには消えると思う」。ソフトバンク・森や、左右の違いはあるが巨人・戸根のようなパワーピッチャー。球団は中継ぎの即戦力で高評価している。近藤は7月の都市対抗野球で2戦連続完封勝利をマーク。日本生命との準決勝では延長11回、29イニング目にして大会初失点を喫して敗れたが、確かな実力を示した。その後、9月には侍ジャパン社会人代表としてアジア野球選手権に出場し、中継ぎで2試合に登板。日本ハムは増井、谷元、白村ら右の中継ぎ陣の人材は豊富だが、さらなる強化を目指して、マークを続けていく。

 ■ 都市対抗野球:自覚と飛躍、存在感 王子の近藤均投手(毎日新聞) 15/7/28

 試合の終わりを告げる打球が左前へ抜けていく。延長十一回1死三塁、日本生命の上西にサヨナラ打を許すとその場に崩れ落ち、涙を止められなくなった。王子の近藤均投手(25)。この試合162球目、そして今大会29イニング目で初めて許した失点。その十一回、心にわずかなスキが生じた。「何回でも投げようと考え、力を抑えてしまった」。先頭の広本に二塁打された直球はシュート回転し、続く山本真に簡単に送りバントを許した。上西には「外角低めのカットボール。ボールになってもいいと中途半端に投げ、甘く入った」。とはいえ、悔やむのはこの回だけだ。序盤から球威十分の直球と切れ味抜群の変化球を精密な制球力で操った。関大出の3年目は今年、覚悟を固めていた。「入社して2年は甘えがあり鳴かず飛ばず3年一区切り。今年だめなら引退する」。練習に身が入り、持てる才能が一気に開花した。そして迎えた自身初の都市対抗で2試合連続完封するなど、3試合に投げて1失点。チームを7年ぶりの4強へとけん引した。「マウンドは譲らない、と初めて思えた。心と技術がかみ合い、本当のエースになれたと思う」。自覚と飛躍、そして存在感を示した426球だった。

   15都予    回数 被安 奪三 四死 自責
   東海レックス 先   9  9       0封
   永和商事     1  3       3
   東邦ガス 先   9  11       2
   ト ヨ タ 先   9  4       0
           28  27  16  9  5 防1.61
       被安打率8.68 奪三振率5.14 四死球率2.89

 ■ 王子・近藤が2戦連続完封「出来過ぎ」/都市対抗(SANSPO) 15/7/24

 第85回都市対抗野球大会第7日(24日、王子2-0ホンダ、東京ドーム)王子の近藤が2戦連続完封で7年ぶりのベスト8に導いた。切れのある直球やカットボールで内角を突き、優勝候補のホンダを散発6安打に抑えた。走者を背負っても4併殺と冷静にしのいだ。「出来過ぎ。攻める投球ができた。打者の反応を見ても、(球に)差し込まれていた」と、満面に笑みが広がった。五回での交代も考えていたという稲場監督は「つい最後まで引っ張ってしまったが、本当に素晴らしい投球をしてくれた」とエースの働きをたたえた。

過去記事

 ■ 王子・近藤が4安打完封「ピンチでも守備を信じて投げ抜いた」(SANSPO) 15/7/20

 第85回都市対抗野球大会第2日(20日、王子1-0セガサミー、東京ドーム)王子はエース近藤が散発4安打で完封した。0-0のしびれる展開が続いたが「点を与えなければ、仲間が絶対に取ってくれると思っていた。ピンチでも守備を信じて投げ抜いた」と自信に満ちた表情で語った。140キロ台前半の直球が走り、フォークボールの制球も良く奪った三振は10を数えた。危なげない内容に稲場監督は「きちんと初戦に合わせて調整してくれた。満点に近い出来」と賛辞を惜しまなかった。

  プロフィール

 大阪府枚方市出身。
 近藤 均(こんどう・ひとし)投手。
 長尾西中時代はオール枚方に所属していた。

 福知山成美では1年時からベンチ入り。
 控えで1年夏の甲子園に出場し、主戦として3年春の近畿優勝、3年夏の県大会Vを達成する。
 春の近畿大会準決勝で智弁学園高相手に9安打2失点完投勝利をマーク。
 夏の甲子園初戦(1対2)で最速141㌔を計測し、2番手として1回無安打無失点救援を見せた。
 当時1学年下に長岡宏介(現王子)投手ら。

 関学大では1年春からリーグ戦に出場。
 4年春までに主にリリーフとして33試合を経験し、4年秋に防0.82の好成績で規定到達を果たす。
 シーズン中盤に先発2番手の座を掴み、合計33回で35奪三振の力投を披露。
 同志社大3回戦で12三振を奪う力投を演じ、5安打2四死球初完投・初完封勝利を記録した。
 通算40試合、3勝(1完投1完封)6敗、98.2回、102三振、防御率1.82。

 王子では1年目から公式戦に出場。
 入社当初は全力投球で思うような結果が出ず、脱力を意識したことで一段階の成長を遂げる。
 2年目の日本選手権東海最終予選・JR東海戦で1対0での完封勝利を記録。
 3年目の都市対抗東海予選で主戦格を務め、計28回27安打5失点で第3代表を獲得した。
 東海REXを9安打0封、東邦ガスに2失点完投勝利、代決でトヨタを4安打0封。
 続く本戦初戦・セガサミー戦で146㌔を計測し、4安打10奪三振1対0完封勝ちを挙げている。
 2回戦・ホンダ戦で散発6安打(6回以降1安打)4併殺2対0完封勝利をマーク。
 延長11回サヨナラ負けとなった準決勝・日本生命戦でも10.1回1失点完投の力投を見せた。
 この活躍で日本代表メンバーに選ばれ、9月のBFAアジア選手権2試合に登板。
 大一番の韓国戦で抑え投手の大役を務めたが、痛恨の2ラン被弾で1対2サヨナラ負けとなった。
 二大大会通算7試合、5勝2敗、55回1/3、防御率0.49。

 177cm80kg、総合力あるガッチリした体格の右腕。
 セットから上体を前に傾けて重心を下げ、開き早めに、スリークォーターの腕の振りから投げ込む
 最速146㌔、常時140㌔前後から140㌔台前半(東ド)程のストレートと、
 130㌔台のカット、130㌔台のフォーク、120㌔前後のカーブ、120㌔台のチェンジアップ。
 真っ直ぐと変化球とのコンビネーションが持ち味。丁寧に投げ込んでいく。
 得意球はカットボール。ボールの出し入れで打者を翻弄し、追い込めばフォークで空振りを誘う。
 稲場監督から評価される気持ちの強さも魅力の一つ。

  スカウトコメント

日本ハム・球団関係者|15/10/4
 「馬力があって直球も変化球もいい。(ドラフト)3巡目までには消えると思う」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-01-25(月)|2016年社会人投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年社会人投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑