大西 広樹(大阪商業大)

ここでは、「大西 広樹(大阪商業大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



176cm80kg 右右 MAX148km スライダー・フォーク・スプリット・ナックル 大商大高
最速148㌔直球とスライダー、フォーク。2年春に最多5勝で最優秀投手を受賞。主に救援を務める。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   16春: 8  1勝0敗   19  20  21  12  2  0.95
   16秋: 5  2勝1敗   18  9  24  10  4  2.00
   17春: 9  5勝0敗  37.2  22  43  10  6  1.43(1位)
   通算: 22  8勝1敗  74.2  51  88  32  12  1.45
         被安打率6.15 奪三振率10.61 四死球率3.86
    ※ 17春:最優秀投手賞 17春:平古場賞

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   17選: 1 先   9  4  6  2  0 144㌔(東ド) 京都学 ○
          被安打率4.00 奪三振率6.00 四死球率2.00

投手成績詳細

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責
   神院大    0.2  1  0  1  0
           3  2  3  1  0
   龍谷大    2.1  3  4  2  0 146㌔
   大院大    0.1  1  1  1  0
           5  4  6  3  0 ○
   大経大 先  4.1  7  4  1  1
   京産大    0.2  1  1  2  0
          2.2  1  2  1  0
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   京産大     1  1  1  1  1…優勝決定戦
          20  21  22  13  3 防1.35
      被安打率9.45 奪三振率9.90 四死球率5.85

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責 
   大経大 先   5  3  7  3  2 ●
          0.2  0  2  0  0
   京産大    6.1  2  7  3  0 ○
   神院大     1  1  1  1  2
   龍谷大 先   5  3  7  3  0 ○
          18  9  24  10  4 防2.00
      被安打率4.50 奪三振率12.00 四死球率5.00

  最新記事

 ■ 大商大が押し出しサヨナラ勝ち 大西が1失点の好投(日刊スポーツ) 17/6/6

 大商大が京都学園大との接戦を制した。7回まで0行進が続いたが、8回、1死二塁から4番坂田一平内野手の適時二塁打で先制。9回に失策から同点に追いつかれるも、直後に2死満塁から押し出し死球でサヨナラ勝ちした。先発の大西広樹投手(2年)は9回1失点の好投を見せた。自身初の全国の舞台に、試合前は緊張で足ががくがく震えるほど。それでもマウンドでは緊張を全く感じさせず堂々と完投した。初めての東京ドームのマウンドも「固いところがめっちゃいいです」と相性ばっちり。富山陽一監督も「大西がうちで1番いいピッチャー。落ち着いて投げていた」と信頼を口にした。

 ■ 大商大が2季連続V 関西六大学野球(デイリースポーツ) 17/5/22

 大商大が京産大を下して、2季連続優勝を決めた。二回に1点を先制。三回に2点を奪われたが、直後の三回の攻撃で太田光捕手(3年)が左中間へ逆転2点三塁打を放った。六回は4安打で3点を追加して京産大を突き放した。先発・大西広樹投手(2年)は9回4安打2失点。「全部、気持ちで投げた。監督に鍛えられてきたのでうれしいですね」。この試合までリーグトップの防御率1・26の右腕が、大一番で大学初完投を果たして優勝へ導いた。昨春は、最終節で京産大に先勝して優勝に王手をかけながら、2連敗して勝ち点を落とし、プレーオフでも京産大に敗戦。屈辱的な3連敗で優勝を逃した。富山監督は「悔しい思いはずっとあった。今日の試合前にも選手に話したけど、やられたことを思い出して、その気持ちを持ってやろうと言った。本当にうれしいですね」と声を弾ませた。

   17春     回数 被安 奪三 四死 自責
   大院大      2  1  1  0  0
            4  2  6  1  0 ○
   龍谷大     4.1  6  6  0  2 ○
       先   6.1  3  4  4  1 ○
   大経大     0.2  0  1  0  0
            4  1  7  3  1 ○
   神院大     3.2  5  6  0  0
           3.2  0  5  1  0
   京産大 先    9  4  7  1  2 ○
          37.2  22  43  10  6 防1.43
       被安打率5.26 奪三振率10.27 四死球率2.39

 ■ 大商大 岡田の系譜を継ぐ大西が無傷の3勝目(スポニチ) 17/4/17

 関西六大学野球は17日、連覇を狙う大商大が龍谷大を破り、勝ち点を2に伸ばした。先発右腕の大西広樹投手(2年)が6回1/3を被安打3の4奪三振、1失点と力投。今春無傷の3勝目を挙げた。大商大高、大商大の経歴は岡田(広島)とまったく同じだ。本人も「憧れの投手」と話すように、その背中を常に追ってきた。次節は同じく勝ち点2で並ぶ大経大との首位決戦。最速148キロ右腕は「ことしは絶対に神宮へ行きます」と意気込んだ。

過去記事

 ■ 大商大・大西 3季連続優勝へ好投(デイリースポーツ) 16/4/18

 大商大が逆転で龍谷大を下し、2連勝で勝ち点を挙げた。1点差に迫られた六回2死二塁から登板した大西広樹投手(1年・大商大高)が、2回1/3を無失点に抑える好救援。一打同点の場面でも、大西はまったく動じなかった。「マイナスではなくプラス思考でいった」と簡単に追い込み、最後は低めに落とすフォークで空振り三振。鮮やかにピンチを脱した。九回こそ「ちょっと弱気になってしまって」連打を浴びて降板したが、試合の流れを左右する状況で勢いを断ち切った右腕。この日は自己最速となる146キロを計測し、低めに集まる変化球で4三振を奪った。高校時代から“大阪No.1右腕”の呼び声高く、プロのスカウトからも注目を浴びる存在だったが、志望届は出さずに進学。「富山監督に誘われて。大学で全国制覇を達成してからプロに行きたいと思ってます」と力を込める。くしくも、昨年のドラフトで広島から1位指名を受けた岡田も、大商大高から大商大へ進学。昨年の大学選手権で脚光を浴び、その評価は急上昇した。「憧れの存在です。すごいオーラが出てました」と大西は言う。

 ■ 大阪No・1右腕散る…大商大高・大西16Kも延長で涙(スポニチ) 15/7/22

 最速148キロを誇り大阪No・1右腕の呼び声高い大商大高・大西広樹投手(3年)の夏が終わった。延長11回2死二塁から南野に162球目を右前へサヨナラ打されると、マウンド上で崩れ落ちた。19日の2回戦・大塚戦で同じドラフト候補右腕・村林との投げ合いを制す12回完投。肩に張りが残る中での登板だったが、この日も10回2/3を被安打5で16三振を奪った。「最後は力が残っていなかったので気持ちで投げました。悔いはない」。今夏は3試合すべて完投し計28回2/3を被安打13の30奪三振で2失点。山岡大樹監督は「大西に最後まで任せた。本当によく投げてくれた。大西を含め、試合をする度に全員の成長を見ることができた」とナインを称えた。プロ注目の逸材だが、今後は大学進学を予定する。「(いつか)絶対プロの世界にいきたい」と夢の続きを語り、高校野球に別れを告げた。

   15夏予       回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:星光学 先   6  2  5  1  0封
   2回戦:大 塚 先  12  6  9  6  1 
   3回戦:阪柏原 先 10.2  5  16  5  1
             28.2  13  30  12  2 防0.63(失点から計算)
          被安打率4.08 奪三振率9.42 四死球率3.77

  プロフィール

 奈良県香芝市出身。
 大西 広樹(おおにし・ひろき)投手。
 香芝市立香芝西中時代は五條ドラゴンズでプレー。

 大商大高では2年秋に大阪8強進出。
 直球の最速を144㌔まで伸ばし、大阪桐蔭戦で5失点完投、4回以降無失点の力投を見せた。
 翌3年春の府大会初戦・大阪青凌戦で1試合20三振を記録する快投を披露。
 続く精華戦で自己最速146㌔を叩き出したが、桜宮に5対13で敗れ大阪4回戦にとどまった。
 同夏は28.2回30K2失点の力投及ばず、東大阪大柏原に0対1でサヨナラ負け。
 2回戦・大塚戦で12回1失点完投勝利を収め、敗れた3回戦で10.2回16K(完投)を記録した。
 大阪8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 大阪商業大では1年春からリーグ戦に出場。
 主に中継ぎとして8試合(先発1)19回に登板し、5回0封を記録した大院大戦で白星を収める。
 翌2年春に最多タイ5勝、防1.43(1位)で、最優秀投手賞、平古場賞を獲得。
 最終戦(V決定)で初完投勝利を挙げるなど、9試合37.2回を7失点に抑える好投を見せた。
 全国大会には2年春の第66回全日本大学野球選手権(2回戦進出)に出場。
 初戦・京都学園大戦の先発を務め、1失点(自責0)完投、2対1サヨナラで勝ち星をマークした。
 通算22試合、8勝(1完投0完封)1敗、74.2回、防御率1.45。

 176cm80kg、ガッチリとした最速148㌔本格派右腕。
 ワインドアップからタメて着地早めにインステップし、肘を柔らかく使った力強い腕の振りから投げ込む
 最速148㌔、常時130㌔台後半から140㌔強(先発時)の力のあるストレートと、
 120㌔前後のスライダー、120㌔台から130㌔前後のフォークボール。その他スプリットなどを操る。
 高校2年秋に144㌔、3年春に146㌔、同年夏に自己最速の148㌔をマークした。
 大阪府内屈指の投手として高校時代からプロが注目。3年春1回戦で1試合20Kを記録している。
 気持ちの強さも魅力。奪三振率10.61、四死球率3.86。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-06-15(木)|2019年大学生投手 | 関西六大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
大学OBにカープの岡田、楽天の吉持、福山、中日の桂、金子丈、オリックスの近藤大などが居るので気になりますね。
三振が取れるってピッチャーの魅力の1つなので、リリーフとして見てみたい選手です。
あとは何位で獲れるかとか。
| ぽにぽにぽにー | 2017年06月07日(Wed) 12:12 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生投手 | 関西六大学 コメント(1) Page Top↑