谷川 昌希(九州三菱自動車)

ここでは、「谷川 昌希(九州三菱自動車)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm81kg 右右 MAX149km スライダー・カット・カーブ・2シーム・フォーク・チェンジ 東農大 3年目
威力ある直球と130㌔台の縦のスライダー。先発救援をこなす。韓国戦で8回11K0封の好投を見せた。

  動 画

  投手成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   15都: 1    0.1  3  0  1  1 147㌔ 日本生命
   16都: 1     1  0  2  0  0 143㌔ 日本通運
   17都: 1 先  11  6  13  1  2 143㌔ トヨタ自 ●
   通算: 3   12.1  9  15  2  3 防2.19
       被安打率6.57 奪三振率10.95 四死球率1.46

 【 国際大会 】
   17年BFAアジア 回数 被安 奪三 四死 失点 自責
   香 港 先   3  0  5  0  0  0     ○
   韓 国 先   8  6  11  1  0  0 145㌔ ○
   台 湾      1  1  0  0  0  0 148㌔
           12  7  16  1  0  0 防0.00
         被安打率5.25 奪三振率12.00 四死球率0.75

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   11春:          登板無し          二部
   11秋:          登板無し          二部
   12春: 5 1勝1敗   25  25  16  16  12  4.32二部(9位)
   12秋: 3 0勝0敗   3.2  5  4  2  2  4.91二部
   13春: 6 1勝3敗   41.1  34  22  18  12  2.61二部(6位)
   13秋: 4 0勝2敗   15.1  18  12  4  9  5.28二部
   14春: 7 2勝3敗   36  35  27  21  12  3.00二部
   14秋: 6 1勝3敗   26.1  22  14  9  10  3.42二部(9位)
   二部: 31 5勝12敗 147.2 139  95  70  57  3.47
          被安打率8.47 奪三振率5.79 四死球率4.27

投手成績詳細

   12春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   立正大 先   5  2  5  4  3 ○
   国士大 先  7.1  7  3  5  2
   拓殖大    3.2  3  2  4  2
       先   8  8  5  0  3 ●
   専修大     1  1  1  2  2
          25  25  16  16  12 防4.32
      被安打率9.00 奪三振率5.76 四死球率5.76

   12秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   日 大    0.1  1  1  1  0
          1.2  0  2  0  0
   国士大    1.2  4  1  1  2
          3.2  5  4  2  2 防4.91
      被安打率12.27 奪三振率9.82 四死球率4.91

   13春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   国士大 先   8  5  6  4  3 ●
   日 大 先   7  6  2  3  1 ○
   拓殖大 先   5  7  2  3  5 ●
   東洋大    3.1  2  3  3  1
           6  3  5  0  0
   立正大 先  12  11  4  5  2 ●
         41.1  34  22  18  12 防2.61
      被安打率7.40 奪三振率4.79 四死球率3.92

   13秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   国士大 先  5.2  9  6  2  6 ●
   日 大 先  4.2  6  3  2  3 ●
   立正大     3  2  2  0  0
           2  1  1  0  0
         15.1  18  12  4  9 防5.28
      被安打率10.57 奪三振率7.04 四死球率2.35

   14春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   立正大 先   6  2  3  4  0
           2  3  0  0  2
   国士大 先  7.1  6  5  3  3 ○
           5  3  4  1  0 ○ 
   東洋大 先  4.2  6  4  4  4 ●
   日 大 先   8  10  8  7  2 ●
   専修大     3  5  3  2  1 ●
          36  35  27  21  12 防3.00
      被安打率8.75 奪三振率6.75 四死球率5.25

   14秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   東洋大     3  1  3  2  0 ○
   日 大 先  9.2  7  4  3  3 ●
   立正大     4  1  3  2  0
           2  1  0  1  1
   国士大     2  4  0  0  1
   専修大 先  5.2  8  4  1  5 ●
         26.1  22  14  9  10 防3.42
      被安打率7.52 奪三振率4.78 四死球率3.08  

  最新記事

 ■ 九州三菱自エース谷川、156球13K実らず「力尽きました」(スポニチ) 17/7/15

 九州三菱自動車のエース谷川の粘投も実らなかった。スライダーと新球シュートを駆使し、延長11回まで13奪三振で1失点156球目の直球を満塁本塁打されたが「後悔はしたくなかったので、ストレートのサインにうなずきました。最後の最後に力尽きました」と敗戦を受け入れた。九州北部を襲った豪雨により、福岡県筑前町のグラウンドは水浸しとなり、練習は室内で行われた本大会前の練習試合は10日に東京入りしてから2試合行ったのみだった。バックネット裏から観戦した巨人の岡崎郁スカウト部長も「うちの高木勇人に似ている。ドラフト候補に入ってくる」と評価したが、谷川は「調整は難しかったが、それを言い訳にしたくなかった」と悔しそうに話した。

      試合 回数 被安 奪三 四死 防御率 被安率 奪三率 四死率
   17都予: 5 38.2  32  27  10  2.09  7.45  6.28  2.33

 ■ プロ注目右腕の九州三菱自動車・谷川 連投実らず敗戦(スポニチ) 17/4/20

 18日のシティライト岡山戦で3回2/3を投げた完了登板から約14時間後、九州三菱自動車の先発マウンドには再び最速147キロ右腕の谷川昌希(24)が上がっていた。「連投は予想していたし、軸として投げないといけない自覚を持ちながらやっています」。5回まではこの日の最速143キロの直球を軸に散発2安打。しかし、疲れの見え始めた6回に併殺崩れで同点とされ、7回は代打・橋本、岡に続けて適時長打を許したところで降板。6回2/3を5失点(自責4)で敗戦投手となった。昨年のドラフトではチームの先輩・有吉優樹投手(26)がロッテ5位指名を受けたが、自らの名前は呼ばれず。その分、「今年はプロしか見ていない」と強く意気込んでいる。昨年まで2年間、投手コーチを務めた元ダイエーの山内孝徳氏からは、インコースの使い方を指導された。「そこに投げきれることで投球の幅が広がるし、自分も楽になる」。この日は内角を突くあまり、2死球を与えたが、持ち味の強気の投球を貫いた。比嘉康哲監督は「都市対抗予選は連戦もあるので、これくらい投げてもらわないと。谷川で負けたら、しょうがないです」とかばった。

  プロフィール

 福岡県八女市出身。
 谷川 昌希(たにがわ・まさき)投手。
 北山小1年時から軟式野球を始め、筑南中では八女スカイホークに所属。

 筑陽学園では2年夏に県大会準優勝を経験。
 先発で8安打7K完封、9番打者でダメ押し弾と、2回戦・八女農戦で投打に渡る活躍を見せた。
 3年夏の予選は猿渡眞之を擁する飯塚高に惜しくも5対7で敗れ5回戦敗退。
 右肘痛による長期離脱を乗り越え、2回戦で7回0封勝ち、3回戦で6回1安打0封勝ちを収めた。
 県大会準優勝が最高成績。甲子園経験は無し。

 東農大進学後は2年春から2部リーグ戦に出場。
 主にリリーフ、先発2番手で計31試合に登板し、通算5勝(完投無し)、防3.47の実績を残した。
 147.2回139安打70四死球の不安定な投球で白星を大きく超える12敗を記録。
 3年春の立正大2回戦(3対4で敗戦)で、12回170球、11安打5四死球完投の粘投を見せた。
 2部通算31試合、5勝(0完投)12敗、147.2回、防御率3.47。

 九州三菱自動車では1年目から公式戦に出場。
 都対2次予選で3.2回5K、自責0の結果を残し、1年目から西部ガス補強で本戦出場を果たす。
 本戦1回戦・日生戦(1対8の8回)で1/3回3失点のホロ苦全国デビューを経験。
 自己最速147㌔、常時145㌔前後を投げたが、不運な打球もあって8回コールド負けとなった。
 2年目の都市対抗にも補強で出場し、3年目に自チームでの本戦進出を達成。
 九州2次予選で5試合38.1回27三振、32安打10失点、防御率2.09の力投を披露している。
 続く本戦初戦でトヨタと接戦を演じるも、援護に恵まれず12回TB1対5で敗戦。
 11回までを13K1失点に抑えたが、12回に満塁弾を浴び、自責2でサヨナラ完投負けとなった。
 この力投が評価されて代表に選ばれ、BFAアジア選手権でエース格として活躍。
 Sラウンド・韓国戦で8回6安打11K0封を記録し、決勝・台湾戦(1回0封)で148㌔を計測した。
 二大大会通算3試合、0勝1敗、12.1回、防御率2.19。

 175cm81kg、ガッチリとした体格の本格派右腕。
 セットポジションから重心を下げて早めに着地し、肘を柔らかく使った力強い腕の振りから繰り出す
 最速149㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半(先発)の威力のある直球と、
 120㌔台から130㌔前後の縦スラ、130㌔前後のカット、110㌔台のカーブ、130㌔台の2シーム。
 真っ直ぐで内角を攻め、縦スラで空振りを誘う。その他にチェンジアップ、フォーク。
 ストレートと縦のスライダー、カットボールとのコンビネーションが持ち味。先発・救援の両面をこなす。
 マウンド度胸の良さも魅力。都市対抗12.1回で15K。

  スカウトコメント

巨人・岡崎郁スカウト部長|17/7/15
 「うちの高木勇人に似ている。ドラフト候補に入ってくる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-07-15(土)|2017年社会人投手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
変化球の攻め方が多彩で直球もキレがある
昨年指名された先輩のロッテ有吉のように、下位指名ながら即戦力リリーフとして期待できる選手
| 平峰 | 2017年08月31日(Thu) 14:35 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年社会人投手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑