タイシンガー・ブランドン大河(東農大北海道オホーツク)|ドラフト・レポート

タイシンガー・ブランドン大河(東農大北海道オホーツク)

ここでは、「タイシンガー・ブランドン大河(東農大北海道オホーツク)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm77kg 右右 MAX147km 三塁・遊撃・外野 石川高
身体能力の高い4番・サード。米国人の父を持つハーフ。3年春の大学選手権で左越え3ランを放った。

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 本 点
   17春: 4 .267  15  4  0  2
   18秋: 8 .385  26 10  2  7(4位)
   19春: 11 .436  39 17  1 11(1位)
   通算: 23 .388  80 31  3 20

    ※ 18春:ベストナイン(指名打者) 18秋19春:ベストナイン(三塁)
      19春:首位打者 18秋:優秀選手賞 

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17選: 1 .250  4  1 0 0 0 1 0 1 0  .400  .250(4番・左)
   19選: 4 .231 13  3 0 0 1 4 4 4 0  .412  .462(4番・三)
   通算: 5 .235 17  4 0 0 1 5 4 5 0  .409  .412

  最新記事

 ■ 東農大北海道オホーツクが初の4強(デイリースポーツ) 19/6/13

 東農大北海道オホーツクが初の4強入りを果たした。アメリカ人の父を持つブランドン大河内野手(3年)が五回に左翼へ全国大会1号となる3ラン。七回コールドの大勝に大きく貢献した。高校時代からプロ注目で、二刀流として活躍した。沖縄出身ながら、熱心な誘いを受けて「一番遠い北海道で頑張ってみたいな」と東農大北海道オホーツクに進学。大学からはもともと好きだった打撃に専念している。

   【一塁到達タイム】 19春選手権(2回戦):3回4秒37(三ゴ)、6回4秒38(遊ゴ)
            19春選手権(準決勝):6回4秒37(三ゴ)

 ■ 堤GM、沖縄で“金の卵”発掘「面白いなという選手は何人かいた」(スポーツ報知) 16/1/10

 由伸巨人が、常勝軍団構築に向けた“金の卵”発掘へと動き出した。堤辰佳GM(50)が9日、沖縄・読谷村陸上競技場での「第44回 沖縄県高等学校野球部対抗競技大会」に球団として初視察。加盟64校が100メートル走や遠投、打撃などの計8種目を行う中、逸材探しに没頭した。そんな中、堤GMが目を光らせたのが打撃部門だ。ホームベース付近に設置したティー打撃用ポール上に、ボールを置いた状態から飛距離を測定する種目で「この選手が伸びたら面白いなあというのは何人かいた」と明かした。具体名こそ挙げなかったが、会場中で注目を浴びていたのは、石川のタイシンガー・ブランドン大河投手(2年)=178センチ、72キロ、右投右打=。今秋のドラフト候補にも名を連ねる逸材で、飛距離112メートルの破壊力を披露。優勝校や詳細データは今後、発表になるが、もちろん上位の記録だった。GMは「万が一、見ていた選手がドラフトの対象になった時に、自分で見たか見ていないかでは全然違う。『そういえば、あの時にこういう動きをしていたなあ』という材料になるので」と説明。巨人以外にも数球団のスカウトが視察した。

   15夏予      回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:本部高校   1  0       0 145㌔
   2回戦:興南高校   1          1
              2          1 防4.50(失点から計算)

  プロフィール

 沖縄県うるま市出身。
 タイシンガー・ブランドン大河(たいが)三塁手。
 小4から前原ルーキーズで軟式野球を始め、伊波中時代は軟式野球部で投手兼捕手。
 中学3年夏に全国大会(初戦敗退)を経験した。

 沖縄・石川高校では1年時からベンチ入り。
 1年秋(県1回戦)の新チームで4番の座を掴み、翌2年春に5割の高打率で県8強入りを果たす。
 10-2の快勝を収めた初戦・北谷戦で、左ソロ弾、左適三を含む4安打を記録。
 同年夏の予選に4番・遊撃兼投手として臨み、1回戦で145㌔(1回無安打0封)を計測した。
 先制タイムリーを放つなど打者としても3塁打を含む3安打3打点の活躍を披露。
 続く2回戦で比屋根雅也擁する興南と対戦し、計3安打と打撃振るわず0-6で敗退となった。
 2年秋の予選を2回戦(6回1-11)で終え、同12月に右肩骨挫傷のケガを経験。
 巨人・堤GMが訪れた翌1月の野球部対抗競技大会ティー打撃で111.25mを計測している。
 3年春夏の県大会は怪我の影響もあって目立った活躍が出来ず1回戦で敗退。
 上位進出校の沖縄尚学(ベスト4)、美里工(準V)と当たり、それぞれ0対4、2対5で競り負けた。
 県大会8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 東農大北海道オホーツクでは1年春からベンチ入り。
 打力を生かして野手として出場機会をつかみ、2年時春のリーグ戦からDHでレギュラーを務める。
 以降、主軸打者としてチームを引っ張り、2度の北海道学生リーグ優勝を経験。
 2年秋のシーズンから三塁を守り、ベストナインを3度(三2、指1)、優秀選手賞を1度受賞した。
 打率.436本1点11の好成績を残した3年時春に首位打者賞のタイトルを獲得。
 2年春の北教大函館校戦で1試合2本塁打、同秋の北教大旭川戦で満弾を記録している。
 全国大会には1年春(1回戦)及び3年春(4強)の全日本大学選手権に出場。
 全5戦に4番(17春LF、19春3B)として先発し、17打数で4安打、打率.235本1点5をマークした。
 3年春1回戦で先制打を含む左安2本(低め変化球、外低め変化球)を記録。
 同準々決勝・城国大戦でレフトに叩き込む3ラン(外寄り高めの甘い135㌔直球)を放っている。
 通算23試合、打率.388、31安打、3本塁打、20打点。

 178cm77kg、身体能力の高い三塁手。
 振り切るスイングから強い打球をはじき返す右の強打者。高校通算18発のパンチ力を秘める。
 高校時代は1年秋から4番。池宮城監督からスイングスピードを評価されていた。
 高2冬の野球部対抗競技大会・打撃部門で飛距離111m25(7位)の好成績を残している。
 100メートル11秒8、右打席から一塁までを4.3秒台で駆け抜ける脚力の持ち主。
 守備では最速147㌔を計測する強肩を生かした強い送球が魅力。2年時秋からサードを守る。
 米国人の父と日本人の母を持つハーフ。

 高校時代はリリーフピッチャーとしてもチームに貢献。
 最速147㌔、常時130㌔台後半から140㌔強をマークするストレートが武器。カーブとの緩急。
 救援登板した2年夏1回戦・本部戦で145㌔を計測した。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-06-22(土)|2020年大学生野手 | 北海道学生 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
現地で試合を観た方のブログによると、大学では1年生ながら野手でスタメン出場しているようです。
彼のように高校時代からある程度名の知られた選手が北海道の大学にやってくるのはそうそうあることじゃないので今後の活躍と成長に期待です。
| 北風 | 2017年05月31日(Wed) 15:21 | URL #- [ 編集]
下位指名か育成枠でプロ入りできれば面白い素材だと思ってたんですが進学するんですね。スケールを損なわず大きく成長してほしい。大学では投手と野手のどちらでやるんでしょう?
| 北風 | 2016年10月04日(Tue) 08:37 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生野手 | 北海道学生 コメント(2) Page Top↑