呉屋 開斗(八戸学院光星)

ここでは、「呉屋 開斗(八戸学院光星)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm75kg 左左 MAX138km スライダー・フォーク・カーブ
切れの良い138㌔直球とスライダー。2年春夏の甲子園で先発を経験。長身のスリークォーター左腕。
2015年中日育成5位(支度金200万円、年俸300万円)

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   14春: 2    2.2  2  1  3  1
        先  2.1  2  0  3  1 132㌔ 横  浜
           0.1  0  1  0  0 130㌔ 龍谷平安 
   14夏: 1 先   1  3  1  3  3 137㌔ 敦賀気比 ●
   15春: 1    0.2  0  1  1  0 135㌔ 大阪桐蔭
   通算: 4    4.1  5  3  7  4 防8.31
      被安打率10.38 奪三振率6.23 四死球率14.54

  最新記事

 ■ 育成枠5位の光星・呉屋投手、中日と仮契約(asahi.com) 15/11/20

 中日から育成枠5位指名を受けた八戸学院光星高の呉屋開斗投手が19日、八戸市で、球団と支度金約200万円、年俸約300万円(いずれも推定)で仮契約を結んだ。背番号はまだ決まっていないという。呉屋は兵庫県出身で、左投げ左打ち。仮契約後に会見に臨み、「やっとプロ野球選手になるという実感が湧いてきた。まず背番号が(支配下登録選手を意味する)2桁になるように頑張り、お世話になった人に恩返ししたい」と意気込みを語った。仮契約に同席した母親の知江好さんは「けがだけはしないよう頑張ってくれれば」と話した。球団の石井昭男スカウトは「まだ伸びしろがある。周りを見て盗んでいってほしい」と期待した。

 ■ 中日育成5位呉屋「真っすぐで勝負できる投手に」(日刊スポーツ) 15/10/29

 中日ドラフト育成5位の八戸学院光星・呉屋開斗投手が28日、同校で中日の中田宗男スカウト部長、山本将道スカウトから指名のあいさつを受けた。呉屋は「あいさつに来ていただいて(指名の)実感がわいた。真っすぐで勝負できる投手になり、まず支配下選手、そして1軍で投げたい」と話した。中田部長は呉屋について「思ったより体が大きい。左腕でいい球を投げるまだ持っている才能の5割ほどしか出ていないが、将来性を買って指名した」と話した。呉屋に対しては「プロは非常に厳しい。コンディションづくり、体力づくりをしっかり」とアドバイスを送った。呉屋は「緊張感を持って練習に取り組んでいきたい」と顔を引き締めた。

 ■ 中日育成5位呉屋「真っすぐで勝負できる投手に」(日刊スポーツ) 15/10/24

 中日から育成5位指名を受けた八戸学院光星の呉屋開斗投手が、ドラフトから一夜明けた23日、八戸市の同校で会見に臨んだ。「(指名は)ないと思っていたのでびっくりした。1軍で活躍できる投手になるため、頑張らなきゃという気持ち」と心境を語った。呉屋は昨春から3季連続甲子園で登板経験を持つ。180センチの左腕スリークオーターで、最速138キロの角度のあるストレートと鋭い変化球が武器。「140キロ台を出し、切れと角度を増して真っすぐで勝負できる投手になりたい。投手力のいい中日でチームの役に立ちたい」と話した。前夜は兵庫・尼崎市の母知江好さんから「おめでとう」と電話で祝福を受けた。光星・仲井宗基監督は「呉屋はまだまだ伸びしろのある選手。必ず支配下選手になってくれると思う」と期待した。

過去記事

 ■ 光星2年左腕呉屋 13K高校初完投(日刊スポーツ) 14/3/19

 第86回選抜高校野球に出場する八戸学院光星が18日、奈良・生駒市内で近大付と練習試合を行った。2試合目では2年生左腕呉屋開斗が高校初完投。自己最多の13奪三振、自己最速更新と快投し、1-1で引き分けた。呉屋が初物ずくめの快投を演じた。1回1死から4連続三振を奪うと、最後までペースが落ちない。8回を除く毎回の13三振を量産して9回を投げきった時、球数は167にまで達していた。直球は134キロを計測し、自己最速も2キロ更新。「(球数も三振も)こんなに多いのは記憶にない。投げてる時は夢中で気づかなかったけど、試合が終わってから疲れました」と充実の笑みを浮かべた。両手を背中に回して握手できるほどの柔軟性を生かした、しなやかで球持ちのいい投球フォームが特徴。素朴なキャラクターも魅力だ。

  プロフィール

 兵庫県伊丹市出身。
 呉屋 開斗(ごや・かいと)投手。
 神津小2年から軟式野球を始め、園田中では軟式野球部に所属。

 八戸学院光星では1年秋からベンチ入り。
 東北大会決勝・東陵高校戦で初先発を果たし、6回3安打5K無失点の好投で白星を収める。
 翌春に行われた近大付との練試で自己最多13奪三振1失点初完投をマーク。
 全国デビューとなった選抜1回戦・横浜高戦は、3回途中3四死球2失点でノックアウトとなった。
 同年6月の東北大会準々決勝・日大山形戦で10安打5対3完投勝ちを記録。
 先発を務めた2年夏の甲子園準々決・敦賀気比戦で自己最速となる137㌔を計測している。
 一発を浴びるなど内容には課題を残し、2回途中3四死球3失点でノックアウト。
 3年夏は救援1試合1イニング(無失点)に留まり、目立った活躍ができず県大会準Vに終わった。
 同学年のチームメイトとして八木彬投手ら。

 180cm75kg、手足の長い長身スリークォーター左腕。
 ノーワインドアップから上体を傾けて重心を落とし、テイクバック深めに肘を柔らかく使った腕の振りから 
 繰り出す最速138㌔、常時130㌔前後から130㌔台中盤の伸びのある直球と、
 110㌔台から120㌔前後の2種類のスライダー、110㌔台のフォークボール、100㌔台のカーブ。
 肩肘の柔らかさを生かした球持ちに良さのある柔らかい腕の振りから投げ込む。
 内角を突く直球とスライダー、フォークとのコンビネーションが持ち味。コントロールにはバラツキが残る。
 プロからも注目される好資質の持ち主。実績は少ない。

  スカウトコメント

中日・石井昭男スカウト|15/11/20
 「まだ伸びしろがある。周りを見て盗んでいってほしい」
中日・中田宗男スカウト部長|15/10/29 
 「思ったより体が大きい。左腕でいい球を投げる。まだ持っている才能の5割ほどしか出ていないが、将来性を買って指名した。プロは非常に厳しい。コンディションづくり、体力づくりをしっかり」
中日スカウト|15/10/22
 「両サイドにキレあるボールが投げられるコントロールの良い左腕、高校時経験不足だが、経験積めば楽しみな素材」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-11-20(金)|2015年ドラフト指名選手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年ドラフト指名選手 | コメント(0) Page Top↑