栗林 良吏(名城大)

ここでは、「栗林 良吏(名城大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



栗林 良吏(名城大)

176cm72kg 右右 MAX153km スライダー・カーブ・チェンジ 愛知黎明高
最速153㌔の直球とスライダー。2年秋に最多5勝でベストナイン受賞。22年ぶり神宮進出を果たした。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   15春: 9  5勝3敗  53.1  31  34  22  10  1.69(4位)
   15秋: 9  3勝2敗   36  43  25  23  15  3.75
   16春: 8  3勝2敗  50.1  44  41  19  14  2.50(3位)
   16秋: 10  5勝2敗   63  49  49  18  13  1.86(2位)
   通算: 36 16勝9敗 202.2 167 149  82  52  2.31
          被安打率7.42 奪三振率6.62 四死球率3.64
    ※ 16秋:ベストナイン 15春16春:敢闘賞 15春:新人賞

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   16神: 1 先   9  8  7  1  2 146㌔(神宮) 上武大 ●

 【 国際大会 】 
      試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   17日米: 2   3  2  3  0  0
           2  2  3  0  0 第2戦
           1  0  0  0  0 第5戦
   17ユニバ: 2   4  3  4  1  1
           1  2  0  1  1 USA
           3  1  4  0  0 CZE
   通 算: 4   7  5  7  1  1 防1.29
      被安打率6.43 奪三振率9.00 四死球率1.29

投手成績詳細

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   中部大     0  1  0  1  2
          4.2  1  5  3  0 ○
   愛院大 先   8  4  4  1  1 ●
   愛知大 先  5.1  3  3  3  2 ○
       先   7  5  2  3  0 ○
   日福大 先  5.2  8  4  1  3 ●
       先  5.2  4  5  1  0 ○
       先   8  3  7  6  2 ●
   中京大 先   9  2  4  1  0 ○封
         53.1  31  34  22  10 防1.69
      被安打率5.23 奪三振率5.74 四死球率3.71

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   愛知大 先   9  7  8  6  3 ○
           2  3  1  0  0
   日福大 先   8  6  4  6  1 ○
          0.2  0  1  4  1
   中部大 先  4.2  10  3  3  4 ●
   愛院大     2  4  2  1  1
           4  6  2  0  2 ○
   中京大    2.1  1  0  2  1
          3.1  6  4  1  2 ●
          36  43  25  23  15 防3.75
      被安打率10.75 奪三振率6.25 四死球率5.75

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責
   日福大 先   9  6  9  2  1 ○
       先   9  7  5  1  2 ○149㌔
   中部大 先  7.1  8  10  4  3 ○
   愛産大 先   9  11  3  2  3 ●
           1  0  2  0  0
   愛知大 先   3  2  3  3  0
   中京大 先   7  5  7  3  3 ●
       先   5  5  2  4  2
         50.1  44  41  19  14 防2.50
      被安打率7.87 奪三振率7.33 四死球率3.40

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   日福大 先   9  2  7  2  1
       先   7  5  5  0  1 ○ 147㌔
   愛院大 先   7  5  6  4  0 ○
       先   9  6  12  1  1 ○ 153㌔
   愛産大 先   7  3  3  2  0 ○
       先   5  1  3  2  0 ○
   中京大 先   6  7  4  3  2
          0.1  0  0  0  0
       先  8.2  10  4  3  3 ●
   中部大 先   4  10  5  1  5 ●
          63  49  49  18  13 防1.86
      被安打率7.00 奪三振率7.00 四死球率2.57

  最新記事

 ■ 名城大・栗林がノーヒットノーラン 惜しい…1四球のみ(スポニチ) 17/5/14

 愛知大学野球春季リーグは14日、愛知県日進市の愛院大グラウンドで行われ、名城大の栗林良吏(3年)が中京大戦で無安打無得点試合を達成した。同リーグでは2002年に鈴木義広(中部大)が同朋大戦で記録して以来、12人目(完全試合2度を含む)。栗林が許した走者は1四球による1人のみでアウト内訳は三振9、内野ゴロ8、内野飛球2、外野飛球8で投球数は89。試合は名城大が1―0で勝った。

   17春    回数 被安 奪三 四死 自責
   愛院大 先   9  5  6  3  0 ○封
   愛知大 先   8  7  10  2  2 ●
   愛産大 先   7  5  5  2  3
   中京大 先   9  0  9  1  0 ○封…ノーヒットノーラン達成
          33  17  30  8  5 防1.36
      被安打率4.64 奪三振率8.18 四死球率2.18

 ■ 名城大・栗林、球審が死球と見間違うほどのスライダーを投げる(デイリースポーツ) 16/11/13

 名城大の153キロ右腕・栗林良吏投手(2年)は、いきなり2段モーションを指摘されるハプニングがありながらも2失点と粘りの投球。それでもチームが敗れたことで「勝てた試合だった」と唇をかんだ。初球、ど真ん中にストレートが決まったかに思われたが、球審が2段モーションによる反則投球を指摘。これがボールとなり、動揺した栗林はストレートの四球で先頭打者を歩かせた。「以前、愛知リーグで指摘されて今のフォームに変えたんですが…。そこからは指摘されたことがなかったので。すぐクイックに変えれば良かったんですが、動揺してしまった」と、四球をきっかけに先制された。以降も球速は140キロ台中盤までしか伸びなかったが、「一番、自信があります」と語るスライダーで強力な上武大打線をほんろうした。中盤には右打者の内角にコントロールされたスライダーが、打者をのけぞらせ、球審も反応してデッドボールのジェスチャーをしてしまうシーンがあった。結果的にはボールになったが、真後ろの球審も見間違ってしまうほどの曲がり幅と軌道。「2段モーションを取られないようなフォームを作って、来年また神宮に戻ってきたい。できすぎの1年でした」と来年以降の飛躍を誓っていた。

 ■ 名城大・栗林 全国デビューへ(中日スポーツ) 16/11/8

 最速153キロを誇る栗林の速球が、全国の舞台でどれくらい通用するか。「一発勝負のトーナメントなので、1球も悔いの残らないボールを投げていきたい」。愛知リーグで1年春にいきなり5勝し、今秋も最多の5勝を挙げ、通算17勝。大学日本代表候補に選出され、6月の選考合宿の紅白戦ではロッテドラフト1位指名の佐々木千隼に次ぐ151キロをマークした。中日・清水スカウトも「フォームは変えなくていいくらいこのままいけば2年後に上位で指名されるだろう」と高く評価する。神宮キップを懸けた中部地区の代表決定戦では、初戦の中部学院大戦に先発。1回にエラー絡みで4失点した。2回からは立ち直ったものの、満足のいく投球ではない。「体の開きが早いのか、真っすぐがシュートしていつもみたいに空振りが取れなかった」と受け止める。

過去記事

 ■ 栗林 自己最速153キロ 12K完投(中日スポーツ) 16/9/22

 名城大のエース右腕・栗林が1回にいきなり、自己最速を塗り替える153キロを球場のスピードガンでたたき出した。その後も何度も150キロ台を計測し、9回最後の打者に151キロをマーク。12奪三振、自責点1で完投し、今季3勝目を挙げた。リリーフに4年生右腕・浅川も控えていたが、「今まで助けてもらっていたし、リーグは長いので休んでもらいたかったので」とマウンドを譲らなかった。

 ■ 名城大 栗林 意地の7イニング1失点(中日スポーツ) 16/9/14

 名城大は右腕エース・栗林良吏(2年・愛知黎明)が7イニングを1失点に抑え、2-1で日本福祉大に連勝、勝ち点1とした。延長15回引き分けとなった1回戦で9イニング、133球を投げた疲れもあり、万全ではない。だが1回戦を投げ合った日本福祉大先発・前元を意識し、「勝ち投手になりたかったし、絶対にマウンドを先に降りたくなかった」と負けん気をむき出しにした。最初から飛ばし、初回は先頭から2者連続三振。最速152キロを誇る直球は147キロにとどまったものの、球威で押しまくり飛球を打たせた。7回に1失点して降板したが、後を継いだ浅川が僅差を守り、2年秋にして勝利数を12に伸ばした。6月に日米大学野球の日本代表候補合宿に初めて参加してから、直球を磨いている。参考にしたのは立大の田村伊知郎。今秋のドラフト候補に挙がる右腕で、174センチと上背はないが最速150キロを超える直球は、「打者が狙っていても打てない。詰まらされているようだった」。自らも紅白戦で151キロを計測。注目されたが、その直球で本塁打を浴び、レベルの差を体感した。田村とは投球フォームが違ってまねできないが、キャッチボールから伸びのあるボールを投げる点は取り入れている。「今まで以上の成績が求められる。勝利や防御率にこだわり、打たれない真っすぐを追求する」と意気込むエース。夏の経験を糧に、春にあと1勝で逃した優勝を目指す覚悟だ。

 ■ 名城大の右腕・栗林 151キロでアピール(中日スポーツ) 16/6/18

 首脳陣やスカウト陣に存在感を示したのが名城大の2年生右腕・栗林だ。9回表裏の2イニングを投げ、自己最速にあと1キロと迫る151キロを計測。2ランを浴びるなど3安打3失点だったが、横井監督は「知らなかったが、思った以上にいい投手」と興味津々。中日・中田スカウト部長も「制球と変化球に課題はあるが、球威は候補選手の中でも指折りど真ん中でも打者が力負けしている。155キロくらいまで出るのでは」とうなった。

 ■ 愛知大学野球 名城大・栗林完投算通10勝(中日スポーツ) 16/4/5

 名城大が日本福祉大を5-2で下し、勝ち点1とした。名城大の先発栗林良吏投手(2年)が2失点完投し、リーグ通算10勝目を挙げた。栗林が2日の開幕戦に続く完投勝ちで、開幕カード勝ち点をもたらした。ピンチほどスイッチが入る。2点を奪われた4回は、チームのスピードガンで自己最速を更新する149キロを計測。失点後の2死一塁は、日本福祉大の指名打者・天野に、3ボールから最後は空振り三振に仕留め、粘り強さも見せつけた。昨春にリリーフで1勝を挙げると、先発の柱となりリーグトップタイの5勝を挙げた。投手不足に悩んでいたチームを救い、新人賞、敢闘賞を獲得。続く秋は制球難に苦しみながら3勝した。今季の開幕前は、死球を恐れて内角を攻めきれない面があった。先輩たちから「ここで負けたら入れ替え戦、というくらいの覚悟でいけ」とプレッシャーを掛けられたことが奏功したようで、「かなり気持ちが入り、どんどん攻めて行けた」。母校の愛知黎明高の野球部員も応援に駆けつけ、ぶざまな姿を見せる訳にはいかなかった。「野球の神様が見ているかもしれないから」と、イニングごとにマウンドに一礼してから投球している。

 ■ 栗林良吏(名城大) 躍動1年生 負けない投手に(中日スポーツ) 15/9/5

 負けない投手になる。大学生になったばかりで、いきなりチームをけん引した右腕の目標はシンプルだ。「これからは投げたら勝つのが当たり前、と見られるので」。結果を出した者が担う重圧を、宿命のように受け止める。最速146キロの真っすぐと、切れのあるスライダーを低めに集める。ピンチになると、力を込めた直球で三振を奪う気持ちの強さも持ち合わせる。8月のプロ野球中日2軍との交流戦では、リーグ選抜チームの一員となった。1回1/3を無安打無失点。確かな実力を見せつけた。ただ春は6回以降に集中打を浴びる場面もあった。狙われたのは直球ばかり。秋に向けて、カーブやチェンジアップなどの変化球の精度を磨き、的を絞らせない投球を目指している。愛知黎明高2年の秋までは内野手で、本格的に投手となってから2年足らず。高校とは違い、投球練習に専念できることでフォームが安定したという。でも「力の出し入れやペース配分などは、まだよく分からないことが多い」と謙遜する。伸びしろがある逸材が、秋の戦いを熱くする。
■ 中日元スカウト 法元英明さん 西川(日福大)、神鳥(中部大)にも注目
 名城大の栗林は低めにボールを集め、どんどんストライクを取れるのがいい。1年生ながら精神面もしっかりしており、投球に強弱をつけられる。フォームも安定しているが、下半身を鍛えれば上体のひねりがシャープになって、もっと球に切れが出てくる

  プロフィール

 愛知県愛西市生まれ。
 栗林 良吏(くりばやし・りょうじ)投手。
 勝幡小学校2年時から軟式野球を始め、佐織中時代は軟式・藤華クラブに所属。

 愛知黎明では当初ショートでレギュラーを獲得。
 3番・ショートとして2年夏の県大会準Vに貢献し、32打数で18安打、本1点12の好成績を残す。
 3年夏は栄徳高に8回6安打4四死球2失点完投負けで愛知大会5回戦敗退。
 主将・4番・エースの大黒柱としてチームを牽引し、4回戦で5安打8三振2対1完投勝ちを挙げた。
 県大会準Vが最高成績。甲子園経験は無し。

 名城大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 主戦として9試合(先発7)53.1イニングに登板し、5勝、防1.69(4位)で敢闘賞、新人賞に輝く。
 最終登板の中京大1回戦で2安打1四死球、4K初完投初完封勝利をマーク。
 以降4季で通算16勝(5完投1完封)を挙げ、投手ベストナインを1度、敢闘賞を2度受賞した。
 2年秋のリーグ戦・愛院大3回戦(12奪三振、3対2完投勝利)で153㌔を計測。
 愛知2位で進出した続く中部王座決定戦で初優勝(22年ぶり神宮進出)を成し遂げている。
 全国大会には2年秋の明治神宮大会(打線振わず初戦2回戦敗退)に出場。
 初球を反則投球と判定されながらも立て直し、上武大相手に7K1対2完投の粘投を見せた。
 2年生で日本代表候補50名に選ばれ、夏の選考合宿で151㌔(平塚)を計時。
 リーグ選抜として出場した1年夏の中日2軍戦で、1.1回無安打無失点の好救援を演じている。
 36試合、16勝(5完投1完封)9敗、202.2回、防御率2.31。

 176cm72kg、153㌔直球を持つスリークォーター右腕。
 セットから膝を高く上げて溜めを作り、深めのテイクバックを取り、着地早めに肘を使った腕の振りから
 繰り出す最速153㌔、常時130㌔台後半から140㌔前半のキレの良い真っすぐと、
 110㌔台から120㌔前後のスライダー、120㌔台後半のチェンジアップ。その他にカーブを操る。
 高2秋までは遊撃手としてプレー。大学2年春に149㌔、秋に153㌔を叩き出した。
 140㌔台の直球にキレの良いスライダーを織り交ぜ、まずまずのコントロールで内外角に投げ分ける。
 内角を攻める強気の投球も持ち味。与四死球率3.64。

  スカウトコメント

中日・清水スカウト|16/11/8
 「フォームは変えなくていいくらい。このままいけば2年後に上位で指名されるだろう」
中日・中田スカウト部長|16/6/18
 「制球と変化球に課題はあるが、球威は候補選手の中でも指折り。ど真ん中でも打者が力負けしている。155キロくらいまで出るのでは」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-05-14(日)|2018年大学生投手 | 愛知大学野球 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
体は小さいけどピッチングは大きい。
勢いのあるフォームから速球のキレが抜群で、プロではセットアッパーでガンガン投げさせたいタイプ。

代表合宿でも、柳や佐々木、濱口あたりと並び、他の候補者よりも頭一つ抜けるような快投を見せていたのに、何で落選したの?
| 東京漢(とんちんかん) | 2016年07月02日(Sat) 07:14 | URL #mQop/nM. [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生投手 | 愛知大学野球 コメント(1) Page Top↑