漆原 大晟(新潟医療福祉大)|ドラフト・レポート

漆原 大晟(新潟医療福祉大)

ここでは、「漆原 大晟(新潟医療福祉大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



182cm83kg 右左 MAX151km スライダー・カーブ・シュート 新潟明訓
伸びのある直球とスライダー。1年秋に11連続Kをマーク。2年秋の関学大戦で初完投勝利を挙げた。
2018年オリックス育成1位(支度金300万円、年俸260万円)

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   15春: 1  0勝0敗    2  0  3  2  0  0.00(二部)
   15秋: 6  0勝1敗  19.2  12  25  10  8  3.66
   16春: 7  2勝1敗  21.2  12  22  13  4  1.66
   16秋: 8  3勝2敗  40.2  39  22  24  21  4.65(8位)
   17春: 7  1勝4敗  35.2  32  18  29  15  3.79(8位)
   17秋: 8  1勝4敗  38.2  27  33  23  15  3.49(9位)
   18春: 7  3勝3敗  42.1  36  41  21  18  3.83(6位)
   一部: 43 10勝15敗 198.2 158 161 120  81  3.67
          被安打率7.16 奪三振率7.29 四死球率5.44

  最新記事

 ■ 育成1位の漆原投手がオリックスと仮契約(日テレNEWS24) 18/11/30

 オリックスから育成1位指名を受けた新潟医療福祉大学の漆原大晟投手が30日、球団と仮契約を結んだ。支度金300万円、年俸260万円で、背番号は「127」に決まった。オリックスの牧田勝吾チーフスカウトは「支配下登録されて1軍で2ケタ勝利できるような投手に成長してもらいたいと強く思い、しっかりサポートさせてもらおうと思っております」と今後の活躍に期待を寄せた。

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   18秋: 6  3勝3敗   43         12  2.51(6位)

 ■ 新潟医療福祉大・漆原リベンジ果たしプロへの道開く(日刊スポーツ) 18/9/1

 ドラフト候補の最速151キロ右腕・漆原大晟投手が集大成のマウンドに立つ。春は山梨学院大戦で自己最速の151キロをマークした。ただ、チームの成績は4勝9敗で6位。2部との入れ替え戦を制して1部に残留した。入学時から将来のドラフト候補として注目されていた。今年は春先から複数球団が視察に訪れた。プロ入りに目標を定めていることに変わりはない。ただ、「今はシーズンに集中する」。プロ志望届の提出も「まだ考えていない」ときっぱり。それだけ秋季の成績にこだわっている。

 ■ 新潟医療福祉大・漆原、優勝&プロ入りへ全力尽くす(日刊スポーツ) 18/4/12

 最速150キロの右腕、漆原大晟にプロ複数球団が注目。2、3月に行った佐賀、千葉のキャンプにはセ、パ6球団が視察に訪れた。リーグ戦になれば、注目度はさらに上がる。昨春は右肩肩甲骨を痛め、不安をかかえてシーズンに入った。その反省から、今季は万全の体調に仕上げた。冬場に筋トレ、走り込みを重点的に行った。公称体重は78キロだが、実際は83キロ。昨秋のリーグ戦後から5キロアップした。直球、スライダー、カーブ、シュートと、持ち球すべての威力と切れが増した手応えがある。佐藤和也監督は「今年は1試合1試合がプロ入りの就職試験」と、漆原にあえてプレッシャーをかける。実力的には申し分ない。ただ、「むらがある。いい投球をしていても、突然崩れて簡単に失点する」と安定感を求めた。漆原も承知している。「今年の自分のテーマは粘り強さ。精神面が大切」。結果オーライのポジティブさをマウンドで表に出す。

過去記事

 ■ 帝京長岡バンゴーゼムが新潟医療福祉大に合格(日刊スポーツ) 16/12/13

 帝京長岡の左腕エースで4番のバンゴーゼム・ゲレック・高投手が、新潟医療福祉大の推薦入試に合格した。同大にはプロ注目150キロ右腕・漆原大晟(2年)ら、笠原が抜けても好素材がそろう。

 ■ 新潟明訓8強!漆原6回12K/新潟(日刊スポーツ) 14/7/22

 新潟明訓の先発漆原大晟(たいせい)投手(3年)が、6回1安打無失点、12奪三振の好投で8強進出(7回コールド)に貢献した。今大会3試合目の登板に「順調によくなっている。特に三振は狙ってない」と振り返った。準々決勝は、新潟県央工と対戦する。

   16年7月  回数 被安 奪三 四死 失点
   大学代表  2.2  4  0  1  1

   14夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:学館新潟 先   4  4  5  0  0
   4回戦:豊  栄 先   6  1  12  0  0
   準決勝:関根学園 先  5.2  8  5  1  3
              15.2  13  22  1  3 防1.72(失点から計算)
          被安打率7.47 奪三振率12.64 四死球率0.57

  プロフィール

 新潟県燕市生まれ。
 漆原 大晟(うるしはら・たいせい)投手。
 粟生津小2年の時から野球を始め、吉田中時代は三条シニアに所属。
 中学3年春に全国大会出場を経験した。

 新潟明訓高校では1年夏からベンチ入り。
 竹石の控えとして甲子園(登板なし)に出場し、同年秋に背番号1で北信越4強入りを果たした。
 翌2年春の予選から再び控えに回り、村山賢人との本格派二枚看板で活躍。
 2年秋の県大会27回2/3で39三振(率12.69)、3年春の県大会20回で24Kを記録している。
 3年夏の県大会は関根学園に2対5(6回途中8安打3失点)で敗れ4強敗退。
 4回戦で6回1安打12Kの快投を披露するなど、3試合15.2回を13安打、22三振3失点に抑えた。
 当時の最速は143㌔。2学年上に竹石智弥ら。

 新潟医療福祉大では1年春から2部リーグ戦に出場。
 同年秋の1部リーグ戦で先発2番手の座を掴み、19.2回で25K、10四死球9失点の結果を残す。
 関学大2回戦で11者連続奪三振のリーグ新記録(福田の8個を更新)を樹立。
 翌2年春のリーグ戦7試合に主に抑えで登板し、延長を制した平国2回戦で初勝利を収めた。
 再び先発を任された2年秋に3勝2敗、防御率4.65で初のベスト10入りを達成。
 開幕カード・関東学園大2回戦で先発初白星となる3対2サヨナラ完投勝利をマークしている。
 大学入学後の体作りより力強さを増し、4年春の開幕戦で最速151㌔を計測。
 1部6季で43試合(先発30)198.2回に起用され、10勝(3完0封)15敗、防3.67の実績を残した。
 2学年上のチームメイトとして笠原祥太郎、竹石智弥ら。

 182cm83kg、プロ注目の最速151㌔本格派右腕。
 セットポジションから重心を下げてインステップし、開き早めに右肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速151㌔の伸びのある真っすぐと、スライダー、カーブなどの変化球。
 真っすぐを武器に空振りを奪取。1年秋の関学大戦で11者連続奪三振の快投を演じている。
 計9試合(3年春5、4年春3)で1回戦の先発を務めた。

  スカウトコメント

オリックススカウト|18/10/25
 「インステップから右肘を柔らかく使った投球フォームが持ち味。MAX151キロのストレートは、角度と力強さがあり、空振りも取れる。将来性豊かな好素材」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-11-30(金)|2018年ドラフト指名選手 | 関甲新学生 コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
最近は地方大学出身で好投手が多いけど彼もその一人だと思う。球速もまだ上がるだろうし、身体もまだまだ大きくなる。将来性も評価できる。
| 賀前酉黒才 | 2017年02月03日(Fri) 20:27 | URL #- [ 編集]
技術的にはタメがまったくない。良い指導者にめぐり会えます様に祈ります。
| 匿名 | 2016年12月03日(Sat) 23:54 | URL #- [ 編集]
高校の先輩にあたる
武蔵大→ホンダの永井剛にフォームが似ている
ただ彼より洗練されたというか、
彼より大人しいフォームに見える
今後が楽しみな投手の一人
| 与六 | 2016年02月26日(Fri) 11:50 | URL #zIpCGjC2 [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年ドラフト指名選手 | 関甲新学生 コメント(3) Page Top↑